ご配慮いただき。 ご配慮 /文例・敬語の使い方・意味

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

ご配慮いただき

ビジネス文書(メール)の挨拶• ビジネス上のお願いをしたい時 1を使うときは特に問題ありませんが、2の意味で使うとやや厚かましい表現になってしまうので注意が必要です。 普段づかいのビジネスメールに「ご高配を賜りありがとうございました」のように書くこともありますが、畏まりすぎなので一般的ではありません。 普段使いのビジネスメールであれば、「ご配慮いただきありがとうございました」の方が自然です。 よく使われる表現ではありますが、相手に心配りを要求しているので厚かましい感じがするので、あまり使わない方がいいでしょう。 相手にお願いをするときは 「(ものごとが上手く運ぶように考え、処理すること)」を使う方が適切です。 例:Your consideration or kindness、support would be really appreciated. 5.注意したい「ご高配」を使った表現 ここで紹介する表現「ご高配を賜りたく〜」「ご高配を賜りますよう〜」は相手に心配りを要求するやや厚かましい表現です。 表現として間違いではありませんが、 「お取り計らい」を使って言い換えた方が無難です。 知らずに使っていると相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、使いどころをわきまえておきましょう。 5-1.ご高配を賜りたく(頂きたく存じます) 「ご高配を賜りたく存じます」という文章は お願いのビジネスメールでよく出てくるフレーズです。 「存じる」は「思う」の謙譲語で、「相手のお心配りをもらいたいと思います」という意味になります。 賜りたく(いただきたく)はお願いの中でも 自分の勝手な都合をどうにかしてくれという気持ちが入っているので、それを一言詫びる文章を入れて使った方がいいでしょう。 例:内容をご検討の上、ご お取り計らいくださいますよう、お願い申し上げます。 では最後に「ご高配」と同じニュアンスで使える類語を見てきます。 6.「ご高配」の類語 ここでは「ご高配」とほぼ同じ意味で使うことができる言葉を4つ紹介します。 では、順番に見ていきましょう。 6-1.お心遣い 「」の意味は「配慮、祝儀(お金)」という意味で、以下のようなシーンで使います。 金品(お土産、見舞金、暑中見舞いなど)をもらった時• ご祝儀(お金。 結婚祝い、出産祝いなど)をもらった時• 普通のお礼(相手が心配してくれた時、仕事を頼まれてくれた時など) 例えば、以下の例文のような使われ方をします。

次の

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

ご配慮いただき

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現

ご配慮いただき

「ご考慮」と「配慮」の意味の違いは「優しさの意味が含まれるかどうか」といった点にあります。 「ご考慮」という言葉は、「色んなことをふまえて深く考える」といった意味合いがあります。 また、もう一方の「配慮」という言葉には、「周囲の人に対する思いやりをもった気遣い」といったニュアンスが含まれます。 そのため、「ご考慮」という言葉には、「配慮」という意味に含まれる「思いやりをもった気遣い」というニュアンスが含まれていないことがわかります。 これらのことから、「ご考慮」と「配慮」の意味の違いは「優しさのニュアンスが含まれるかどうか」といった点であることがわかります。 「ご考慮」と「配慮」の意味の違いは各言葉を正確に理解することが重要 「配慮」の意味は「色んなことを考えた心遣い」です。 「配慮」の「配」という字には、「配る」、「注意を払う」といった意味合いがあります。 また、もう一方の「慮」という字は、「考慮」の「慮」と同じでで、「色んなことを考える」といった意味が含まれています。 これらのことから、「配慮」という言葉には、「色んなことを考えた心配り」といった意味合いがあることがわかります。 つまり、「配慮」という言葉は自分に対して使う言葉ではなく、他人に対して使う言葉であることがわかります。 「配慮」という言葉は、「周囲の人に対して色んなことをふまえたうえで思いやりをもった言動をする気持ち」のことであると言えます。 ご考慮の敬語の使い方例文5選 ご考慮の敬語の使い方例文の1番目は「本件についてご考慮いただけますでしょうか」といった使い方です。 「ご考慮」というように「考慮」に丁寧語の「ご」をつけることで尊敬語として使うことができます。 この例文はビジネスシーンで使われることが多く見られる使い方で、取引先や関係会社などに対して、何かしらの提案や相談などをする際に見受けられる表現です。 例えば、新商品の取り扱いをお願いしたい場合に、「この度は弊社で新しい商品を販売することになりました。 つきましては、新商品の取り扱いについてご考慮いただけますでしょうか」といった使い方がされます。 この使い方は、ビジネスシーンの他にも、礼儀を重んじた場面で使われるケースも多く、会議やイベントなどで問題があった際に見受けられる表現です。 この例文のように「次回からは円滑な運営についてご考慮のほどお願いします」といった表現から、相手に対する強い要望であることが読み取れます。 相手に対して下手にでる表現や、丁寧な言い回しをする場合には、「ご考慮いただけますでしょうか」と表現するケースが多いですが、会議やイベントなどで運営上の問題が生じた場合には、相手に強く要望する必要があり、「次回からは円滑な運営についてご考慮をお願いいたします」といった表現で使われることがあります。 この使い方は、本来予定していた案では問題解決ができなかった場合や、何らかの都合で当初の案が実行できなかった場合などに使われる例文です。 ビジネスに携わるうえで、当初の案では不都合が生じてしまった際には、やむを得ず代替案を考えて、次善の策として問題の解決にあたらなければいけないケースというのは多く存在します。 そういった際には、関係者の了承や理解を得たうえで、代替案で仕事を完了させるための段取りや事前の相談などが必要です。 そういった様々な相談や打ち合わせを経て仕事が無事に終わった場合には、この例文のように「代替案についてご考慮いただき感謝申し上げます」といった表現がされます。 ご考慮の英語表現の例文には、「商品開発の件について考慮することはできますか」を意味する「Can you consider the matter of product development? 」という表現があります。 「Can you consider」と表現することで「考慮することはできますか」といった意味合いを含ませている例文です。 ご考慮という言葉を理解して感情や考えを適切に表現しましょう ご考慮という言葉はビジネスシーンや礼儀を重んじる場面で使われるケースが多いことから、間違った使い方や解釈をしてしまうと恥をかいてしまう恐れがあります。 人間関係や仕事をそつなくこなすためにも、ご考慮という言葉を理解して感情や考えを適切に表現しましょう。 ちなみに以下の記事では、「そつなくこなす」という言葉が、必ずしも褒め言葉であるとは限らないという内容について詳しくお伝えしています。 「そつなくこなす」という言葉の意味や仕事をそつなくこなす人の特徴などを紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

次の