れいわ平成何年。 平成は何年まで?西暦ではいつからいつまでなのかと新元号の決め方は?

2020は平成何年

れいわ平成何年

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

2020は平成何年

れいわ平成何年

年度と何年分、事業年度の違い 学校や公官庁、あるいは大手企業などでは、1年の区切りを「4月1日から翌年3月31日」に設定しているケースが多いです。 この1年間の区切りは「 年度」と呼ばれています。 一方、単に 何年分といった場合は「平成何年の1月1日~12月31日」、あるいは「西暦何年の1月1日~12月31日」のことを意味しています。 年度の「度」の1文字があるかないかによって意味が違ってくるので注意しましょう。 ・平成28年分(平成28年1月1日~平成28年12月31日まで) ・平成28年度分(平成28年4月1日~平成29年3月31日まで) 例えば、学校行事の卒業式で年度が使われる場合、その年度の卒業式は翌年3月の式のことを指しています。 (平成28年卒) この年度には学校年度や会計年度、事業年度などの種類があり、一般的には4月から翌3月までが1年の区切りとされています。 課税期間や納付期間の「何年分」と「年度」の違い 個人事業の場合は 事業年度を自由には決められず、「1月1日~12月31日」までと決まっているため、課税対象となる期間は「何年の1月1日~12月31日」までとなります。 けれども、 納付期間については役所の会計年度である「4月1日~翌年3月31日」までが使用されるため、「何年分」や「何年度分」によって意味が違ってきます。 国の財政法第11条には以下のように記述されており、また、自治体についても会計年度は「4月1日~翌年3月31日」で変わりありません。 財政法 「第十一条 国の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終るものとする。 」 地方自治法 「第二百八条 普通地方公共団体の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わるものとする。 例えば、「平成27年分の所得税を平成28年3月の確定申告で申告する。 」といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の所得に対する所得税を、翌年の平成28年3月の確定申告で申告するという意味になります。 所得税と同様、住民税についても課税対象となる期間は「1月1日~12月31日」までで変わりはありません。 けれども、住民税の普通徴収の場合、その年の4月から翌年3月までの役所の年度期間中に、第1期~第4期などの分割で払うことになります。 第1期は6月頃になりますが、翌年1月の第4期にかけて原則4回払いで納付することになります。 そのため、仮に平成27年の1月に大きな所得が発生したとすると、翌々年の平成29年1月まで関係してくるので注意しましょう。 住民税の場合は4回の分割払いですが、は7月~翌年3月までの10回に分割して支払うことになります。 こちらは毎月払いですので、4月~翌年3月の12回払いになります。 個人事業と法人の事業年度の違い 上記のように、個人事業の事業年度は「1月1日~12月31日」までとなっていますが、の場合は「4月1日~翌年3月31日」となっている会社が多いです。 けれども、法人は自由に事業年度を決めることができるため、必ずしも1年間の区切りが4月~翌3月末に設定されているわけではありません。 中小企業によっては税理士が忙しくなる3月末の時期を避け、事業年度の開始時期を8月や9月に設定し、対応してもらいやすい時期を決算期にしている会社もあります。 法人の3月決算や7月決算のように自由に決めることはできません。 また、一般的には年度ではなく「 何年分」の確定申告といった言い方をします。 例えば、平成27年分の青色決算といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の期間に対する決算になります。 あえて年度でいいますと、事業年度は1月1日~12月31日までの扱いなので平成27年度ということになります。 一般的な大企業は、公官庁や学校の年度と同じ4月1日~翌年3月31日のケースが多いですが、なかには9月1日~翌年8月31日などの会社もあります。 このの場合は「年度」が使われるケースもありますが、会社によってそれぞれ決算期が異なっていて紛らわしいため、通常は「 何年何月期決算」などという言い方がされています。 例えば、平成28年3月31日が決算日の場合は以下のようになります。 平成28年3月期決算(平成27年4月1日~平成28年3月31日) これは平成27年度決算と同じ意味です。 上場企業の場合、ホームページ上で決算公告がされていることが多いので、機会があれば確認してみるとよいでしょう。

次の

令和2年の西暦と意味は?変換方法やR2

れいわ平成何年

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の