労働 基準 監督 署 相談 - 労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

相談 監督 署 労働 基準 労働基準監督署への内部告発はどうやる?知られたら解雇されるのか?|労働問題コラム|ベリーベスト法律事務所

相談 監督 署 労働 基準 労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

労基署は役に立たない?労働基準監督署が動かない原因と対処法

相談 監督 署 労働 基準 結論、労働基準監督署への相談は電話より窓口がベター|残業代請求弁護士ガイド

労働基準監督署(労基)へ相談する前に知っておきたいこと

相談 監督 署 労働 基準 会社とトラブルになった時にはどこに相談すれば良いの?労働基準監督署と労働局の違い

会社とトラブルになった時にはどこに相談すれば良いの?労働基準監督署と労働局の違い

相談 監督 署 労働 基準 労働基準監督署ではどんな相談ができますか?

相談 監督 署 労働 基準 労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

相談 監督 署 労働 基準 総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

結論、労働基準監督署への相談は電話より窓口がベター|残業代請求弁護士ガイド

相談 監督 署 労働 基準 労基署は役に立たない?労働基準監督署が動かない原因と対処法

労働基準監督署(労基)へ相談する前に知っておきたいこと

相談 監督 署 労働 基準 会社とトラブルになった時にはどこに相談すれば良いの?労働基準監督署と労働局の違い

相談 監督 署 労働 基準 労働基準監督署への内部告発はどうやる?知られたら解雇されるのか?|労働問題コラム|ベリーベスト法律事務所

労働基準監督署(労基)へ相談する前に知っておきたいこと

」労働問題の対処法について、弁護士が解説します。

  • そのため、 「どうしても解決したい!」という 重大なトラブルなら、会社を休んででも相談に行くか、もしくは 他の解決の方法をおすすめします。

  • 労基署の行動により、企業が労働者の相談した問題に対して、適切な対応を行うようになるケースも少なくありません。

  • パワハラ・セクハラなどハラスメントに関する慰謝料請求• これに対して、その他の労働法の中には、労基署の「労働基準監督官」についてのルールが法律に定められておらず、労基署の扱うことのできない法律もあります。

労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

労働基準監督署以外に相談出来る場所 労働基準監督署以外にも相談出来る場所はあります。

  • 予約不要、ご利用は 無料です。

  • それに対し、労働基準監督官の数は全国で約 3000人しかおらず、明らかに人員不足です。

  • 休憩時間や仮眠時間、手待時間が労働時間にあたるかどうか• 【対応エリア】埼玉県/春日部市、越谷市、草加市、さいたま市(浦和区、大宮区、岩槻区など)、川口市、蕨市、幸手市、久喜市、吉川市、三郷市、八潮市、上尾市、蓮田市、加須市、行田市、伊奈町など埼玉県全域、東京都/千葉県/栃木県/茨城県/神奈川県(横浜市など) の首都圏・関東 群馬県を除く。

労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

立ち入り調査の必要性が乏しい場合、出頭要求書が届き、帳簿書類などを持参させて話を聞く方法によることもあります。

  • そんな時に、外部の専門家の力を使って解決しようと考えるのは正しい判断です。

  • まとめ 電話相談をすると、労働基準監督署からアドバイスをもらえたり、解決に向けて動いてくれたり等が期待出来ます。

  • これらは事業所全体への是正勧告や指導をおこなう労働基準監督署とは異なり、個別労働紛争解決制度にもとづく 個々の問題解決に期待できる機関です。

労働基準監督署へ通報する場合の効果的な方法とは?|労働問題コラム|ベリーベスト法律事務所

労基署は、行政機関であり、労働基準法、労働安全衛生法といった、労働者を保護するための法律を、会社に守らせるために監督、指導する機関です。

  • 調査の具体的内容や流れは明確には決まっていませんが、労働関係帳簿の確認や責任者・労働者への聞き取り、事業場への立ち入り、口頭での指導や指示が行われるのが一般的です。

  • そのほとんどのことについて労働基準監督署は業務範囲外となってしまいます。

  • 会社が働かせてもいい労働時間の上限(1日、1週)• 年少者(未成年者、18歳未満、15歳要件)• 労働基準監督署へ相談するときに気をつけておきたいことをご紹介します。

相談機関のご紹介|確かめよう労働条件:労働条件に関する総合情報サイト|厚生労働省

電話相談は全国対応。

  • ただし、 あっせんなどの手続きは、相応の手間や時間がかかります。

  • 性的指向・性自認に関連する労働問題も対象としています。

  • 相談に応じる職員は、労働基準法などの専門的な知識が豊富です。

労基署は役に立たない?労働基準監督署が動かない原因と対処法

解雇が妥当か違法か• なお、労働基準監督署では電話やメールでの受付もしていますが、 電話では問題解決に向けたアドバイスはもらえるものの直接動いてくれませんし、メールは告発内容を立ち入り調査の参考資料とされるのみです。

  • 労働基準監督署が行政機関の一つである以上、労働基準監督署は法律で与えられた権限の範囲内の権力しか行使することが出来ませんから、労働基準監督署の権限が規定されている労働基準法の範囲内でしか監督権限を行使することはできないことになります。

  • 具体的には、「立ち入り調査」「是正勧告」「逮捕」等を行います。

  • しかし、いくら粘っても 労働基準監督署は、解雇が正当か違法かの判断はしません。

労働基準監督署へ相談できる内容とは?相談から解決までの流れと対応|あなたの弁護士

労基署に相談するメリット ここでは労働基準監督署に相談するメリットについてご紹介します。

  • そのため、あなたの抱えるトラブルが危険作業や労働災害などの「人命に関わる問題」である場合は、優先的に取り扱ってもらえる可能性がありますが、 「サービス残業がある」「残業が長い」などのトラブルなら、動いてもらえない可能性が高いです。

  • また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。

  • 最低賃金を下回っている 最低賃金法• 上記の通り、ましてや解雇が違法かどうかについては具体的なコメントはないと考えた方がいいでしょう。




2021 cdn.snowboardermag.com