重曹 うがい やり方。 歯科医もすすめる「重曹うがい」の正しいやり方とは?

重曹うがいでは口臭は治らない!?正しいやり方とその効果

重曹 うがい やり方

掃除や洗濯に使用される「重曹」は私たちの生活の身近なアイテムですよね。 そんな重曹が、実は歯のホワイトニングに活用できる!と話題になっているようですが、本当のところはどうなのでしょうか? 気になる重曹のホワイトニング効果や副作用などを徹底調査してみました。 そもそも重曹って何? 重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、食塩水を原料に二酸化炭素を加えて作られています。 もともと炭酸水素ナトリウムは人体に無害な物質のため、安全性の高いお掃除アイテムとして、また入浴剤やふくらし粉などとしても広く活用されています。 重曹はアルカリ性であるため、口内の酸性を中和し、虫歯予防の働きがあるのではないかということから口内ケア用品としても注目されるようになりました。 また重曹には研磨作用があり、歯の着色汚れを落とす働きがあることからホワイトニングにも活用できるのではと話題になっています。 身近にあるもので歯のホワイトニングが出来るならとても便利ですが、重曹で本当にホワイトニングが出来るのかは気になりますよね。 ホワイトニングに重曹とアルミホイル、塩を活用? まずは重曹を用いた今話題のホワイトニング方法をご紹介します。 歯磨き粉に重曹と塩を加えることで歯の表面の汚れを取り、着色汚れを綺麗にする方という方法です。 アルミホイルは歯に歯磨き粉を密着させるため使用します。 重曹を使ったホワイトニングのやり方• 重曹を使ってブラッシングする際は、強くこすりすぎないように注意してください。 ホワイトニングには重曹とレモンもいい!? 重曹にレモンをしぼり、自分でホワイトニング剤を作るという方法も話題になっています。 確かに、レモンに含まれるクエン酸には汚れを中和して溶かし落とす働きがあるため、重曹と同じくレモンもお掃除剤としても使用されます。 それなら歯のホワイトニングにも効果があるのでは…?ということで話題になっていますが、実はレモンを使ったホワイトニングはおすすめできません。 強い酸性のレモンで歯をこすると歯の表面が白くなったように見えることがありますが、酸は汚れだけでなく大切なエナメル層まで溶かしてしまう可能性があります。 エナメル質は歯を守る大切な役割をしているので、溶けたり削られたりすると歯が傷つき、それによって痛みが出たり、内部の象牙質まで露出してしまい虫歯になりやすくなることがあるのです。 ホワイトニングでレモンを使用するという方法は、自己判断で行うのは危険ですのでやめましょう。 「重曹うがい」って?作り方は?気になる効果、副作用 ネット上の口コミやSNSで話題となっている「重曹うがい」をご存知でしょうか? 重曹のアルカリ性を生かし、お水で溶かした重曹で歯みがき後にうがいすることで口内の細菌の酸性を中和させ、虫歯予防をするというものです。 重曹うがいのやり方や気になる効果、副作用の有無についてご紹介します。 重曹うがい水の作り方 重曹うがい水の作り方は「水で重曹を溶かすだけ」と、いたってシンプルです。 目安としては水100ccに重曹を小さじ半分ほど溶かして使用します。 また「重曹うがい」といってもがらがらうがいをするのではなく、重曹うがい水を口に含み、くちゅくちゅしてから吐き出すようなイメージで使用します。 重曹うがいの効果は? 重曹うがいは口内を中性にするため、歯周病や口臭の改善にも役立つのではと言われています。 重曹には歯の着色汚れやタバコのヤニなどによる汚れを取るホワイトニング効果も期待できますが、ホワイトニング目的であれば、うがいよりも直接歯をブラッシングする方法の方がその効果は高いと言えるでしょう。 重曹うがいの副作用 重曹うがいには副作用が起きる可能性もあると言われています。 重曹は炭酸水素ナトリウムという塩と同じナトリウム化合物で構成されています。 そのため、もし重曹うがい中に、重曹うがい水を過って飲んでしまうと、塩分の過剰摂取になってしまうこともあります。 また、重曹はアルカリ性の物質で、油脂やタンパク質を分解する働きがあります。 そのため重曹による歯磨きやうがいの頻度が高いと、歯茎やのどなど口内の粘膜を刺激しダメージを与える可能性がありますので注意しましょう。 安心、安全にしっかりホワイトニングしたいなら、ホワイトニングバーがおすすめ 自宅で簡単にできる重曹歯みがきや重曹うがいも良いですが、やりすぎや誤った方法では大切な歯の表面を削りすぎて逆効果となってしまうこともあります。 安全な方法でしっかりとしたホワイトニングをしたい方には「ホワイトニングバー」がおすすめです。 ホワイトニングバーも自分でホワイトニングを行うセルフホワイトニングですが、専門スタッフがしっかりとケア方法を教えてくれ、歯を削らずしみないジェルを使用していきますので安心、安全にホワイトニングをすることが出来ます。 もちろんその効果も高く評価されていますので、安心して本格的なホワイトニングを行いたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

重曹うがいをおすすめする4つの理由とその効果!歯磨き粉は危険!

重曹 うがい やり方

スポンサーリンク 重曹鼻うがいの効果とおすすめな理由 重曹鼻うがいを行なうと鼻の中の粘膜に付着した 花粉やウイルスなどの有害物質や鼻の奥につまった鼻水を洗い流してくれます。 花粉症・慢性鼻炎・副鼻腔炎・黄砂・PM2. 5・ほこり・風邪・インフルエンザなどによって起こる鼻水や鼻づまり、鼻のムズムズや不快感を緩和してくれます。 重曹には鼻水のネバネバを弱める効果があります。 さらに 重曹には刺激を抑える働きがあります。 なので生理食塩水だけで鼻うがいをおこなうよりも、重曹を加えた鼻洗い液を使うほうがツーンとした鼻の痛みをより感じにくくなります。 適度な回数おこなう重曹鼻うがいは、鼻の中の粘膜に付着した花粉やウイルス、ゴミなどをスッキリ洗い流して、鼻の粘膜の自己治癒力を高めてくれる効果があります。 スポンサーリンク 重曹鼻うがい洗い液(重曹入り生理食塩水)のつくり方 重曹鼻うがい洗い液(重曹入り生理食塩水)のつくり方• 水を沸騰させてから冷ましたぬるま湯(または精製水)500ml• 食用重曹 2. 食塩 5g を用意し、清潔な容器(耐熱ビーカーなど)に入れてかき混ぜます。 かき混ぜてつくった重曹鼻うがい洗い液を、鼻腔洗浄器(鼻うがい洗浄用ボトル)の中に使用する分量だけ入れて準備完了です。 水道水をそのまま使わないようにしましょう。 雑菌が鼻の中に入らないように、必ず一度沸騰させてから冷ましたぬるま湯を使用します。 精製水やミネラルウォーターでも構いません。 鼻腔洗浄器(鼻うがい洗浄用ボトル)は市販されています。 スポンサーリンク 重曹鼻うがいのやり方 重曹鼻うがいのやり方について説明します 1.鼻をかむ まず重曹鼻うがいを行う前に必ず鼻をかみましょう。 正しい鼻のかみ方については後述しますのでぜひ参考にして下さい。 2.洗面台や洗面器を用意する 洗面台で、または洗面器を用意して鼻うがいを行います。 3.鼻うがい液を鼻の中に注入する 鼻うがい洗い液を入れた洗浄用ボトルを片手に持って、容器の先端を片方の鼻の穴に当てます。 耳の中(中耳)に洗い液が流れていかないようにするために、頭を後ろに傾けないようにします。 首はまっすぐ、顔は正面を向いた状態で「アーーー」と声を出しながら、洗い液を鼻の中に注入します。 洗い液は反対側の鼻の中から出てきても、口から出てきても、どちらでもきちんと洗えています。 3.しっかりと鼻をかんで鼻の中の洗い液を出す 重曹鼻うがいが終わったら再度、しっかりとやさしく鼻をかんで鼻の中にある洗い液を全て出しきりましょう。 4.反対側の鼻の中も鼻うがいを行なう 同じやり方で、反対側の鼻の穴も同様に鼻うがいをして洗います。

次の

重曹うがいで口臭が消える?その方法と注意点

重曹 うがい やり方

Contents• お口の中を弱アルカリ性に保つ必要がある?! お口の中は、普段、弱アルカリ性に保たれています。 でも、食後やおやつを食べた後は、酸性になってしまうのです。 お口の中が酸性に傾くと、虫歯菌や雑菌が繁殖しやすい環境になります。 酸性の状態のままだと酸が歯を溶かしてしまい、それが虫歯となります。 定期的に歯磨きをしない方は、お口の中が虫歯菌や雑菌ですごいことになっていますので、仕事中や外出先で歯磨きができない方は、せめて重曹うがいだけでもすることをお勧めします。 そもそも重曹って何? 重曹って安全なの? 重曹は、「炭酸水素ナトリウム」のことで、「炭酸水素」と「ナトリウム」がくっついてできています。 ナトリウムは、食塩のもと。 炭酸水素は、レモンなどの酸を加えると、二酸化炭素と水に分解される物質です。 重曹は、弱アルカリ性で、掃除や洗濯に使えば汚れを落としてくれますし、パンやケーキを膨らませる発泡作用もあるんですよ。 重曹って本当に万能ですね。 重曹うがいの作り方とやり方をご紹介! 重曹は、炭酸水素ナトリウムで塩分の仲間。 重曹うがいをしていて、間違って飲んでしまっても体に悪いことはありません。 合成物質を多く含むうがい薬を使うより安心で安全。 お子様にも安心して使えってもらえちゃう。 神経質にならずに大雑把で良いと思います。 塩水という感じで、結構、塩辛いので、苦手な方は少し薄めでも良いと思います。 私流の重曹うがいの作り方とやり方をご紹介! 私の場合は、このように塩や胡椒、一味、七味の入っていた空き容器を活用して、重曹を入れています。 コップにうがいをする分量の水を汲んで、重曹をパッパッとふりふりしてスプーンや歯ブラシで混ぜるだけ。 この方法だと毎回作ったとしても面倒臭くないので、本当にお勧め! 子どもだって簡単にできるので、子どもにも寝る前の歯磨きの後に重曹うがいをするように勧めています。 特に子どもは「歯が弱く、虫歯になりやすい。 」「口臭が気になる。 」などありますから、重曹うがいを習慣化させたいものです。 重曹うがいの効果と注意点 まだまだ始めたばかりの重曹うがいですが、いろいろと効果があるんですよ。 お口スッキリ~ 重曹うがいをすることで、お口の中がスッキリとします。 お口の中がヌメヌメするような気持ち悪い時に重曹うがいをするとスッキリとしますよ。 虫歯予防 先ほども述べたようにお口の中が酸性に傾くと、雑菌や虫歯菌が繁殖し、虫歯や歯周病にも繋がります。 重曹うがいでお口の中をアルカリ性に保ち、清潔を保ちましょう~。 口臭予防 重曹には、消臭効果もある、気になる口臭予防にもなります。 口内炎の予防 重曹の殺菌効果で口内炎の傷口のバクテリアを退治してくれるので、痛みも和らぎ、治りも早くなります。 (勿論、個人差はありますが。 ) 風邪やインフルエンザなどの予防 重曹でガラガラうがいをすることで雑菌の侵入を防ぎ、風邪やインフルエンザの予防にも繋がります。 今年の冬は、重曹うがいでインフルエンザの予防に努めようと思います。

次の