ジュノンボーイ ジャニーズ。 白岩瑠姫【JO1】は元ジャニーズ&ジュノンボーイ|イケメンプリンスに彼女は?|KOREANROOM

ジュノンボーイ: ジャニーズ イケメン アイドルゆーちゅーぶ情報

ジュノンボーイ ジャニーズ

1973年6月創刊。 概要 [ ] 創刊当初はヤングミセスのための「総合ファッション雑誌」だった。 1982年8月にリニューアルされた。 以降は、主に若手の人気男性・男性・若手女優を中心にインタビュー記事を扱っている。 ライバル誌の『』が所属の男性アイドルを中心に取り上げているのに対し、本誌は下半期以降ジャニーズ事務所側の取材拒否により、別冊の『新オールスター名鑑』を除いて扱っておらず、写真掲載もない。 2006年夏に名鑑とは別に綴じ込み付録として付けられたタレント名鑑でも、ジャニーズ勢のプロフィールは文字のみだった。 近年では、所属の女性アイドルも掲載頻度が皆無に近くなっている。 1988年から毎年「」を主催しており、開催中は本誌でその選考状況が報告される。 2012年から始まった「」も主催している。 会員制の携帯サイト「PLATINUM JUNON」を運営している。 脚注 [ ].

次の

樋口裕太

ジュノンボーイ ジャニーズ

窪田正孝が主役を務める2020年度前期の連続テレビ小説『エール』(NHK)に、「ジュノンボーイ」受賞者の坪根悠仁(つぼねゆうと)の出演が決定。 その意気込みをコメントした。 2018年の『ジュノン・スーパーボーイコンテスト』で、フォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞のW受賞を果たした坪根。 その後は音楽と俳優の両立を目指してレッスンを積み、本作への出演が俳優デビューとなる。 本作で坪根が演じるのは新人歌手役で、窪田演じる作曲家・古山裕一が契約しているレコード会社のオーディションに参加するという役柄だ。 初めてのドラマ出演に「俳優デビューが朝ドラなんて。 うれしいし、驚いています。 親や祖母が毎日見ている作品でもあるのでプレッシャーでもあります」と、さまざまな感情を抱きながらも喜びをあらわにコメントした。 また、中学時代からバンド活動をおこない、地元・福岡では専門学校で学ぶなど音楽経験もある坪根。 「歌うシーンは緊張したのですが、新鮮で楽しかった」と、収録を楽しむ余裕も見せた。 俳優デビューについてSNSでファンに報告すると「おめでとう!この日を待ってた!」「毎日見てるドラマだからさらにうれしい」「歌と演技が見れるなんて今から楽しみ」など喜びの声が多く寄せられている。 本ドラマは、新型コロナウイルス感染拡大防止のために収録を見合わせた影響で、6月27日で一時放送を休止。 休止期間中は『エール』を第1回から再放送することが決まっている。 坪根の出演は6月下旬を予定。 文/たなかゆうこ Lmaga.

次の

『エール』で俳優デビューの坪根悠仁が、窪田正孝と交わしたジュノントーク

ジュノンボーイ ジャニーズ

(C)まいじつ 今や連日のようにテレビドラマに登場するジャニーズタレント。 【関連】ほか 熱烈なジャニーズファンからは大人気のようだが、一部のネット民からは、「まずは演技力を身につけてから主役やろうな」「芝居がうまいならまだしも、下手を主役にするな」など、辛辣な意見が飛び交うのも、お約束となっている。 「ジャニーズタレントは早い内からバックダンサーや舞台などで下積みをしているので、業界慣れしている分、使いやすいのは事実ですが、必ずしもみな演技力が伴っているとは言えません。 明らかに事務所のゴリ押しで主演に据えられるタレントも多く、視聴者から『いいかげんにしてほしい』という声が年々大きくなっているんです。 そんな中で、最近は『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』出身者の俳優が重宝される傾向が強くなっています」(エンタメ誌記者) ジュノンボーイ絶賛浸透中 最近、ドラマに映画とまさに引っ張りだこの俳優といえば。 2008年、『第21回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のファイナリストに選出され、翌年、『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)にシリーズ史上最年少で初主演を飾ると、新ママ世代から圧倒的な支持を獲得した。 「『広告会社、男子寮のおかずくん』(テレビ神奈川ほか)で、連ドラ初出演の黒羽麻璃央は、『第23回ジュノン〜』の準グランプリを獲得。 2012年の舞台『テニスの王子様2nd』で青学・菊丸英二役を好演し話題となり、最近では舞台『黒子のバスケ』の黄瀬涼太役で一躍脚光を浴びましたね。 また、『ゆうべはお楽しみでしたね』(TBS系)で、主演の本田翼と訳ありな好青年・タカシ役を演じているのは、第22回大会でグランプリを獲得した稲葉友です。 稲葉も『仮面ライダードライブ』のマッハ役で人気を集めました」(同・記者) 他にも『私のおじさん〜WATAOJI〜』(テレビ朝日系)でAD・九条隼人役を演じる戸塚純貴や、『BRIDGE はじまりは1995. 17神戸』(フジテレビ)で、葵わかな演じるヒロイン・服部瞳の幼なじみ役を演じる佐野岳もジュノンボーイ出身者だ。 昨年、小学生の間で大人気になったドラマ『今日から俺は!! 』(日本テレビ系)では、ジャニーズタレントが一切出演しなかったことで、演出につまらない忖度が入らず、結果的に面白さが倍増したという関係者の話もある。 今後、ジャニーズ離れが加速していく可能性は決して低くはなさそうだ。 はで公開された投稿です。

次の