花言葉 由来 日本。 トチノキの花言葉/古代日本人を支えた大事な木の実

6月の雑学!紫陽花(アジサイ)の歴史や種類は?花言葉の由来は?

花言葉 由来 日本

春の訪れを感じさせる可愛らしい花であるスノードロップ。 スノードロップの花言葉は「希望」ですが、スノードロップには怖い意味の花言葉もあるのです。 スノードロップの怖い花言葉は「あなたの死を望みます」。 スノードロップの怖い花言葉の由来は、イギリスのある地域に伝わる伝説が元になっているといわれています。 その伝説は、恋人を失った女性が恋人の亡骸にスノードロップを置きました。 すると、恋人の亡骸は雪のしずくになって消えてしまった、というものです。 以来、スノードロップは「死」を意味する花とされ、家の中にあるだけでも不幸になるといわれています。 とても可愛らしい花ですが、悲しい伝説もある花なので、お見舞いのときに送るには避けたほうがよさそうな花です。 イトスギというとあまり聞かないかもしれませんが、公園や街路樹などによく植えられている世界中に広く分布する木です。 イトスギの花言葉は「死」「人の死を悲しむ」といった死にまつわる悲しい花言葉が多い木です。 イトスギの花言葉の由来は諸説ありますが、どれも死を連想させる怖いものばかりです。 一番有名な由来は、イトスギの木がイエスキリストが磔にされた木であったという説です。 キリスト教は世界で一番多くの人が信仰している宗教なので、キリストの死を悲しいと思った人々に死を連想させる花となったとでしょう。 花言葉が「死」という事から墓地に多く植えられています。 人の死を悲しむという花言葉は死者を偲ぶことができる花なのではないでしょうか。 桑にも怖い花言葉があり、その花言葉は「共に死のう」です。 この花言葉は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」という有名な悲しいお話がありますが、その話の元になったといわれるギリシャ神話が花言葉の由来になっています。 ピュラモスとティスベは両親から交際を反対され駆け落ちをし、桑の木の下で待ち合わせをします。 先にティスベが到着しますが、ライオンがやってきたためその場を逃げてしまいました。 その時、かぶっていたベールを落としてしまいます。 遅れて到着したピュラモスは待ち合わせの桑の木の下に口に赤い血が付いたライオンとティスベのベールがあったため彼女が食い殺されたと勘違いをし、自殺をしてしまいます。 戻ったティスベはそれを見て自分も自殺してしまう、という悲しいお話が由来です。 桑の実は白から赤、赤から黒へと変化するため、桑の実は2人の赤いの血を吸って赤くなったという話もあります。 日本では雷が落ちないおまじないの「クワバラ」という言葉が、雷様が桑の木に雷を落とさないという昔話に由来している話の方が有名かもしれません。 栄養価も高く美味しい桑の実ですが、桑には悲しい心中の由来があるのです。 コケモモは寒い地方に生息する花で、苔ぐらいの高さで這いつくばるように成長し、-40度の寒さにも耐えることができる花です。 花が咲いて赤い実もつけますが、実は広葉樹で木の一種なのです。 そんなコケモモの花言葉には「裏切り」という怖い花言葉があります。 この「裏切り」という花言葉がなぜコケモモについたのかはっきりしないようなのですが、コケモモには他にも「反抗心」などの花言葉があります。 この花言葉は、広葉樹は冬になると葉を全て落として冬を越しますが、コケモモは冬も葉を落とさずに越すことができます。 冬でも葉をつけているため「反抗心」という花言葉が付いたのです。 「裏切り」という花言葉も他の広葉樹と違い、冬なのに葉をつけたままという様子を見て裏切り者のように感じたのかもしれません。 コケモモの花言葉の由来ははっきりしないものもありますが、他にも「冷淡」「不信」などの花言葉があるので贈り物にはあまり適さない花であるといえるでしょう。 スポーツなどで勝利の証として勝者に送られるゲッケイジュ。 ゲッケイジュの冠を見たことのある人も多いでしょう。 勝者に贈られる花として利用されるゲッケイジュの花言葉は「栄光」「勝利」なのですが、ゲッケイジュの木の花言葉とゲッケイジュの花の花言葉では全く花言葉の意味が違い、ゲッケイジュの花の花言葉は怖い意味を持ちます。 ゲッケイジュの花の花言葉は「裏切り」です。 ゲッケイジュの花の花言葉はキリスト教に由来しています。 ゲッケイジュの花は黄色い色をしており、キリスト教では黄色は不吉な色だとされています。 それはイエスキリストの最後の晩餐でイエスを裏切るユダが黄色い服を着ていたからだそうです。 花と木とで全く違うの意味の花言葉になるのも不思議ですね。 ハナズオウにも怖い花言葉が付いています。 ハナズオウの花言葉は「裏切り」と「不信仰」です。 花言葉の怖い花言葉の由来は、こちらもキリスト教に由来しています。 ハナズオウはキリスト教を信仰する地域では「ユダの木」と呼ばれていることに由来しています。 ユダがイエスを裏切ったことでイエスは処刑されてしまいます。 イエスを裏切ったことを後悔したユダは、後悔のあまり、ハナズオウの木で首つり自殺をしてしまいます。 以来、ハナズオウはユダの木と呼ばれており、花言葉はそれに由来しているといわれています。 日本では春に咲く花のため、いい意味の花言葉が主に使われていますが、キリスト教を信仰する地域では怖い意味の花言葉に受け取られてしまうので、贈り物としては気をつけたい花です。 オキナグサには「何も求めない」、「裏切りの恋」という怖い花言葉があります。 オキナグサの花言葉の「何も求めない」、「裏切りの恋」にはそれぞれに由来があります。 「何も求めない」という花言葉は、オキナグサはタンポポのような綿毛のついた種を作ります。 綿毛で種を遠くに飛ばす様子が「何も求めない」という花言葉に由来しています。 また、「裏切りの恋」という花言葉は、オキナグサの咲き方に由来しています。 オキナグサは最初は下向きに咲きますが、時間が経つにつれ上を向いて咲くようになります。 その様子が、健気に下を向いて咲いていた花が相手を裏切って違う相手に向かって咲いている様子が浮気しているように見えることからこの花言葉が付いたそうです。 ダリアはその見た目から花束などでも人気のある花です。 花言葉も「栄華」などのいい意味の花言葉がありますが、ダリアには気をつけたい意味の花言葉があります。 ダリアにまつわる怖い花言葉は「移り気」「裏切り」です。 「移り気」「裏切り」の花言葉には由来があり、ナポレオン皇帝の妻であったジョセフィーヌに由来しています。 ジョセフィーヌはダリアを愛しており、庭でも大切に育てていました。 ある日ダリアを譲ってほしいという婦人があらわれますが、ジョセフィーヌはその申し出を無視します。 怒った婦人はジョセフィーヌのダリアを盗ませますが、そのことが発覚してしまい、怒ったジョセフィーヌは婦人を追放します。 この事件がキッカケでジョセフィーヌはダリアを愛でるのをやめてしまいました。 この話が由来となり、ダリアには「移り気」「裏切り」という花言葉ができたのです。 見た目も豪華でブーケなどにぴったりな花だけに、贈り物にするには花言葉の意味に気をつけたい花です。 白い可愛らしい花を咲かせる日本水仙。 日本水仙の花言葉もちょっと怖い花言葉があり、その花言葉は「偽りの愛」です。 日本水仙の花言葉の由来はナルキッソスという美少年が出てくるギリシャ神話に由来しています。 ナルキッソスは多くの女性を自分の虜にしていくほどの美貌の持ち主でしたが、誰かを愛するということはありませんでした。 自分を慕ってくる女性を無下にするナルキッソスに呆れた復讐の女神ネメシスが自分を愛するという呪いを彼にかけます。 ナルキッソスは泉で自分の姿を見ると自分に恋をしてしまいますが、泉に移った自分と恋が成就することはなくナルキッソスは自分に恋焦がれて死んでしまい、彼の死んだ後に水仙が咲きました。 この話が由来となり、「偽りの愛」という花言葉がついたそうです。 このギリシャ神話はナルシストの由来だそうですが、自分しか愛せない呪いというのは怖いですね。 アザミにも怖い花言葉があり、その花言葉は、「復讐、報復」です。 その由来は、スコットランドの国花がアザミなのですが、国花になった由来が怖い花言葉の由来にもなっています。 ノルウェー軍がスコットランドと戦争をし、攻めてきました。 ノルウェー軍はスコットランドを確実に奪うために夜襲をかけたのですが、音を立てないようにするため軍靴を脱ぎ、裸足で夜襲をかけました。 その夜襲の最中にアザミを踏んでしまい、アザミにあるトゲが足にささり兵士が声をあげてしまったためスコットランドは夜襲に気が付き国を守ることができたといわれています。 この話が由来でとなり、アザミに「復讐、報復」という花言葉がついたそうです。 ちなみに赤いアザミが「復讐、報復」という意味を強く持つため、贈り物にするのは避けたほうがいい花です。 クロユリは花言葉を知っている人には怖い花言葉の多い花として有名かもしれません。 クロユリの怖い花言葉は、「呪い 、復讐」です。 この花言葉の由来は戦国時代に実在した武将である佐々成政とその側室の早百合という女性の話にまつわるといわれています。 佐々成政には早百合という側室がおり大変かわいがっていました。 ある日、早百合が懐妊し、佐々成政は喜びます。 しかし、早百合は身分が低いこともあり、面白く思わなかった正室や他の側室が早百合のお腹の子は浮気相手の子供だという噂を流します。 それを聞いた佐々成政は怒り、早百合を一族ごと処刑してしまいます。 処刑の直前、早百合は佐々成政の家が断絶するよう呪いました。 その呪いのせいか佐々成政は実際に一族が滅びています。 そういう悲しい伝説もあることからか、クロユリの花言葉は怖い花言葉が多い花のようです。

次の

芙蓉(フヨウ)の花言葉の由来・意味・誕生花|花言葉のシャルロー

花言葉 由来 日本

の画家による《薔薇のこころ The Soul of the Rose 》 植物に象徴的な意味を担わせる伝統は世界の多くの文化が持っているが、現在行われているような花言葉の慣行は、とりわけ19世紀の西欧社会で盛んになった。 その起源については不明な点が多いが 、フランスの貴族社会では、19世紀初頭には草花を擬人化したが人気を博し、草花と特定の意味の組み合わせ例を示した手書きの詩作ノートが貴族サークル内で回覧されていた。 そうしたノートは、草花の性質にことよせて恋人の美しさを賞賛したり、あるいは不実や裏切りを非難するといった恋愛の駆け引きのために参照されたとも言われる。 1819年頃に出版されたシャルロット・ド・ラトゥール『花言葉』 Le Langage des Fleurs は、こうした流行を背景に登場した最初期の花言葉辞典である。 ラトゥールは独自の花言葉を270超のリストにまとめているが、その命名手法の特徴は、大きく2つに分けられる。 第一は、その植物の外形や香り・色・生態といった植物の性質・特徴を言葉で表現しようとする観察重視の姿勢。 たとえばについて、自らの観察をもとに「人目を避けるように生え、ひとたび口に含むと苦さだけが残る」とまとめた上で、花言葉を「嫉妬」と名付けるような手法がその例である。 第二は、西欧社会で草花が積み重ねてきた文化史的伝統を、一つの単語に凝縮して形容しようとする文化史重視の姿勢である。 例えばの伝統を参照しながらに「栄光」の花言葉をあてたり、の記述をひいて「の花言葉は平和」などとする。 ラトゥールの著作においては、花の中でもに重要な位置が与えられているが、これも文化史的伝統を重視した結果とみなされている。 バラは「花の中の花」と称されるほど西欧文化において重視されてきた花の一つで、伝承や神話がとりわけ豊富だからである。 西欧の伝統において赤いバラは勝ち誇る美と愛欲を象徴する一方で、日本におけるのように現世のうつろいやすさを象徴するとして様々な図像表現に登場した。 また病室に白いバラを持参することを忌避するといった、バラにまつわる俗信・慣行も少なくない。 こうした伝統の豊富さから、ラトゥールはほぼ一章をバラの記述にさいて、色の違いのほか「バラの花束」「一輪のみのバラ」といった飾り方の違いごとに様々な花言葉を考案している。 こうしたラトゥールの命名スタイルは、後に続く数多くの花言葉辞典の踏襲するところとなり、彼女の本自体も、フランス以外でたびたび版を重ねた。 社会の各層に庭園文化が浸透していたのイギリスでもさまざまな花言葉辞典が出版されるが、中でも著名な絵本画家が著した挿絵入りの辞典は大きな評判を呼び、花言葉という慣行の普及に大きく寄与したとされる。 欧米ではラトゥールやグリーナウェイの考えた花言葉を基本的な輪郭としつつ、現在でも新しい花言葉の考案が続けられている。 日本 [ ] 花言葉を利用して草花を楽しむ習慣が日本に輸入されたのは、初期とされる。 当初は輸入された花言葉をそのまま使っていたが、その後、日本独自の花言葉も盛んに提案されるようになった。 また、園芸産業の広がりとともに、花言葉は花卉類の販売促進のためさまざまに活用が試みられている。 日本独自の新品種が開発された際に開発者自身が花言葉を命名しているほか 、生産者が新しい花言葉を消費者から募集・命名したり 、販売会社が独自に命名する といったケースがある。 現在、花言葉を公式に認定する機関は存在しない。 この節のが望まれています。 花言葉の例 [ ] 上述のとおり、花言葉は様々な組み合わせが考案されている。 ここでは、ラトゥールとグリーナウェイの花言葉辞典で、共通して紹介されている組み合わせの一部を掲げる。 名前 花言葉 Olive 平和 Peace Laurel 栄光 Glory Imperial Lily 威厳 Majesty Narcissus 自己愛 Egoism Sweet Violet 節度 Modesty Rose 愛情 Love Daisy 純真 Innocence Lily of the Valley 戻ってきた幸福 Return of Happiness Flos Adonis 悲しい思い出 Painful recollection Red Poppy 慰め Consolation 日本の花言葉の例 名前 花言葉 精神美 純潔・淡泊など 待ちかねる• イギリスでは、その起源がにある(にいる王の側室たちが宮廷外の若い恋人へ花に託した思いを伝えるセラム(selam)という習慣だった、等)とする説明も広まったが、時代特有の異国への憧憬にすぎないとして斥ける研究者もいる• 病人が白いバラを夢に見ると死期が近いと信じられたためと言われている。 一例として、アメリカの作家ヴァネッサ・ディフェンバーは、独自の花言葉辞典を下敷きにした小説 を著した。 すでに20世紀初めに田寺寛二『花ことば』(良明堂書店、1909)が日本独自の花言葉を発表しているほか、現在でも花言葉辞典の類が多数出版されている• の開発、生産をするでは、花言葉を「夢かなう」であるとしている• の開発、生産をするサントリーフラワーズは、花言葉を募集し、「咲きたての笑顔」に「決定」した。 カスミソウの花を青い染料で着色した商品について、花言葉を「清い心」であると謳う販売業者がある。 このほか西島樂峰編『世界花言葉全集』(春陽堂、1930)は「サクラ(櫻)=淡泊、純良な教育」「ヤマザクラ(山櫻)=愛国心、純潔、忠勇義烈」などと記す。 出典 [ ]• 英語の表記・用例は"flower" Oxford English Dictinary, Oxford UP, 1997 を参照。 英語圏では近年 "floriography"という名称も使われている。 73-86. 若桑みどり『薔薇のイコノロジー』青土社、2003• 谷口幸男「バラ(薔薇) - 神話・伝承・民族」(『世界大百科事典』平凡社)。 ;"Kate Greenaway" Oxford Dictionary of National Biography, Oxford UP, 2001• ヴァネッサ・ディフェンバー(金原瑞人ほか訳)『花言葉をさがして』ポプラ社、2011(Vanessa Diffenbaugh, The Language of Flowers: A Novel, New York: Ballantine Books, 2011。 樋口康夫『花ことば:起原と歴史を探る』(八坂書房、2004);春山行夫『花ことば:花の象徴とフォークロア 上』(平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1996);森山倭文子「花言葉」(『世界大百科事典』平凡社、1988)• 2012年11月26日閲覧。 サントリー. 2012年12月4日閲覧。 青いバラ、レインボーローズの専門店 ROSESHOP. 2012年12月4日閲覧。 倉石忠彦「花言葉」(『日本大百科全書』小学館、1997) 日本語文献 [ ]• 春山行夫『花ことば:花の象徴とフォークロア 上・下』(平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1996年)• 樋口康夫『花ことば:起原と歴史を探る』(八坂書房、2004年)• ケイト・グリーナウェイ(岸田理生訳)『花言葉』(白泉社、1982年)• 中尾佐助「花と木の文化史」(『中尾佐助著作集:第4巻 景観と花文化』北海道大学図書刊行会、2005年);『花と木の文化史』(岩波新書、1986年)• ピーター・コーツ(安部薫訳)『花の文化史』(八坂書房、1978年)• リース・ド・ブレイ『ボタニカル・アート:古代から現代までの花と人の文化史』(エム・ピー・シー、1990年) 外部リンク [ ]• 誕生花花言葉366日, ,• Charlotte de La Tour, , 7e ed. Kate Greenaway, , 1855. Frederic Shoberl, , 8th ed. Catharine H. Waterman et. al eds. , , Philadelphia: Hooker and Claxton, 1839. 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

トチノキの花言葉/古代日本人を支えた大事な木の実

花言葉 由来 日本

紫陽花 アジサイ の歴史は? 多くの方に愛されている紫陽花 アジサイ ですが、実は戦後あたりまであまり人気のない花でした。 でも、鎌倉の明月院や長谷寺のように紫陽花 アジサイ が観光の名所となっていくなかで、その美しさや育て易さが注目され、現在のような人気の高い花となっていたそうです。 ちなみに、日本各地には上述した寺院以外にも紫陽花 アジサイ の花をたくさん植えている「アジサイ寺」と呼ばれているお寺があります。 これは、医療の発達していなかった時代、気候が不安定な梅雨の時期には多くの病死者が出たそうです。 そのため死者に手向ける花とも呼ばれていた紫陽花 アジサイ を、病気が流行した地区の寺院には多く植えられていたそうです。 紫陽花 アジサイ の種類は? 育て方が容易なために人気の高い紫陽花 アジサイ は、 現在 2000種もの品種が存在しているそうです。 その中で原産国が日本である紫陽花 アジサイ は、おおよそ 50種類ほどですが、その品種をざっくりと分けると 「ハイドランジア」と 「ガクアジサイ」に分類されます。 ハイドランジア(てまり咲きの紫陽花) 日本原産種であるものの欧米で改良されて逆輸入された品種。 一重咲きや八重咲きの種類もあり、楕円形で先のとがった明るいグリーンの葉をつける。 ガクアジサイ(額咲きの紫陽花) 紫陽花 アジサイ の原種の一つで日本の本州以南の海岸沿いに自生。 中心に集まっている小さなつぼみのような花びらの外側に大きなガクがついている。 続いて、最近の人気品種をご紹介します。 ・万華鏡 友達が母の日に贈ってた紫陽花の『万華鏡』って品種が本当に綺麗でオススメ! 画像検索するだけで気分が華やかになります🌸 — 木崎アオコ aokororism 細長い小さな八重咲きの花びらで、その一枚一枚が白く縁どられている、とても繊細な紫陽花 アジサイ。 ・アナベル アナベル 蕾は緑色で徐々に白くなっていく紫陽花。 装飾花は小さめですが、毬のような大輪になります。 ・コットンキャンディ ことし、母に贈った紫陽花。 コットンキャンディという品種です💠 — Orca Minami MinamiOrca 可憐なピンクの品種。 咲き始めのクリーム色からピンク色が濃くなっていく。 6月以降には緑がかった秋色に変わっていきます。 紫陽花 アジサイ の花言葉の由来は? 紫陽花 アジサイ の花言葉は、 西洋では「移り気」や 「辛抱強さ」といったネガティブなものが多いなか 日本では「一家団欒」といったポジティブなイメージのものがつけられています。 各々の由来として、「移り気」は、紫陽花 アジサイ が咲き始めるともに色が変化していくところからつけられたとされており、また「辛抱強さ」は紫陽花 アジサイ の花の長さからとられたようです。 ただ日本における紫陽花 アジサイ の花言葉である「一家団欒」は、紫陽花 アジサイ が小さな花が寄り集まって咲くことから、団結をイメージするような花言葉となっているようです。 ところで紫陽花 アジサイ にはその他にも数多くの花言葉が存在すえることをご存知でしたか? 紫陽花 アジサイ の花の色は、土がアルカリ性なら青色、酸性なのば赤色といったように酸度で色がで決まるということはよく知られていますが、実はその花の色によって、花言葉がつけられているのです。 そこでそれらの花言葉もご紹介します。 ピンク:元気な女性 青色:冷淡 白色:寛容 ピンクの紫陽花は、母の日のプレゼントとしてピッタリな花言葉なので、カーネーションに次ぐ人気があるようです。 まとめ 今回は紫陽花の雑学を紹介させていただきました! 見慣れた紫陽花に、さまざまな花言葉や品種、歴史があることを知るとより一層楽しむことができるのではないでしょうか。 もうすぐ訪れる梅雨の季節。 紫陽花についての雑学を思い浮かべながら、美しい紫陽花を満喫してくださいね!.

次の