日立 おひつ 御膳。 日立の炊飯器「ふっくら御膳」を徹底レビュー!これは「失敗したくない人」へのベストアンサーだ

ジャパネットたかたで日立のおひつ御膳(RZ

日立 おひつ 御膳

日立の炊飯器、おひつ御膳は実際に使用した ところの使用感はどうなのでしょうか。 実際に日立の炊飯器、おひつ御膳を使用したことの ある人の口コミ情報を調べてみました。 Oさん 日立の炊飯器、おひつ御膳でご飯を使ってみたら、お米のうまみがはっきりとわかりました。 噛んだ瞬間、うまみが広がっていくような感じです。 新米を日立の炊飯器、おひつ御膳で炊くととてもおいしく感じます。 Iさん 日立の炊飯器、おひつ御膳に変えてから味の違いに驚きました。 昔使っていた炊飯器は、味が淡泊な感じがします・・・。 とても満足です。 Oさん 日立の炊飯器、おひつ御膳でご飯を炊いて保温しておくと、水分が蒸発しやすいかもしれません。 古いお米ですとちょっと気になってしまいました。 ですが、炊いたばかりの味は最高です。 Eさん 日立の炊飯器、おひつ御膳は真上に蒸気が出るので、置く場所が限られてしまいました。 何だか残念だったなぁ・・・。 味に関しては、おいしかったです!今までのよりも断然いいです。 Tさん CMを見て、外見がよかったので買いました! 蓋はプラスチックだったので、ちょっと残念でした・・・。 電源のスイッチがわかりづらく、最初はどうしても探してしまいました。 内がまにご飯がくっついてしまいます。

次の

日立の炊飯器、おひつ御膳の口コミを紹介!

日立 おひつ 御膳

本サイトでは、主要メーカーのハイエンド炊飯器のなかでも人気の高い5機種を集め、徹底的に比較・検証した記事を連載してきました。 今回は、日立「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」の検証をまとめ、その個性に迫っていきます。 検証によると、ご飯の味のバランスが良いほか、少量炊飯や保温など、細かい部分にも配慮が感じられ、あらゆる面でバランスが取れた良機ということが判明。 ふっくら艶やかで甘み豊かなごはんに炊き上げる。 アルミ合金の内釜の底に発熱性の高い鉄の粒子を打ち込むことで効率的な発熱と高い伝熱性を両立し、内釜全体に素早く熱を伝えることで炊きムラを抑える。 5合でもおいしく炊き上げる「少量炊き」機能も特徴。 「蒸気カット」機能付きで、キッチン棚の中で使っても棚の天面が濡れず、設置場所の自由度が高い。 5~5. 6kg 日立 【テストその 1 食感・味の傾向は? 】 最も上質な炊飯ができるコースで炊き上げ、その香りや味、食感を比較しました。 お米は岩手県産ひとめぼれ(無洗米)を使用。 コシヒカリの強い味わいと、ササニシキのさっぱりした味の中間にあたる、バランスの取れた味のお米です。 米は3合で炊飯。 今回は機種の味の傾向を知るために、中庸(ふつう)の食感設定を選択しました。 また、食感と食味は炊きたてに加え、冷やごはんと冷凍・再加熱したものについてもチェックしています。 冷やごはんは、炊きたてをラップに包んでおにぎりにし、室温で5時間ほど冷ましたものを試食。 冷凍ごはんは、炊きたてをラップに包んで冷凍庫で冷凍し、1日経ったものを電子レンジで温めました。 バランスのいい味と食感で噛むほどに甘みが増してくる 極上炊き分けの「ふつう」で炊飯。 他機種と比べるとやや控えめながら、昔ながらの「炊き立て」のいい香りがしっかり広がります。 ごはんのハリ、つやもまずまず。 食感は柔らかくなりすぎず、ほどよい弾力と粘りがあります。 口のなかで米がほどける食感もあり、バランスのいい炊き上がりだと感じました。 味は最初甘さやや控えめに感じましたが、噛むほどにどんどん甘みが増します。 食感と味のバランスの良さが、画像からも伝わってきます ややベタつくが、ほどける食感と雑味のない味が堪能できる 冷やごはんは、ベタつきがやや感じられますが、口の中でほどける食感は健在。 モチモチした食感がやや出てきたように感じました。 雑味のない甘みも堪能できます。 冷めてもごはんの味と食感のバランスは健在でした 粘りが強く出てきたが、甘みが増してくる特徴は変わらず 一方、冷凍ごはんを温めると粘りがかなり強くなり、少し団子感が出てきました。 表面の水分が飛んだせいか、やや固めに感じる部分もあります。 最初はさっぱりでどんどん甘さを増すおいしさは、冷凍でもしっかり味わえます。 かたちもやや崩れ始めています 日立 【テストその 2 食感炊き分けの幅は?】 その炊飯器で「最もしゃっきり硬めの食感に炊き上げるモード」と、「もっとももちもちに炊き上げるモード」で炊飯。 それぞれの食感の違いを見ることで、その機種が実現できる食感の幅を確認しました。 さっぱりした食感がベースで、「もちもち」モードでももっちり度は控えめ 本機の白米の炊き分け機能は「極上ふつう」と「極上しゃっきり」「極上もちもち」の3種類のみ。 ここでは、「極上しゃっきり」「極上もちもち」を試してみました。 「極上しゃっきり」で炊いたごはんはその名の通りしゃっきり硬めの食感。 わずかに粘り気がありますが、食べるとほろりとほぐれます。 甘みはすっきりで、炊き立てのごはんの風味がありながら、粒感が立っている感じです。 今回検証した5モデルの中では三菱電機に次いで、しゃっきり感を強く感じました。 他の機種にはない、独特のしゃっきり感でした 一方、「極上もちもち」で炊いたごはんのほうは、もちもち度は他機種ほど高くなく、口の中でほぐれる食感が感じられました。 パナソニックや象印の食感設定を「ふつう」にして炊いた場合より弾力は弱く、柔らかさも他機種と比べると控えめ。 ただし、ごはんの甘みはかなり強くなっていました。 「もちもちモード」で炊いた割には、弾力や粘り気は他機種ほど強くなりませんでした。 ただし、茶碗によそってしばらく経つと、少しもちもち感がアップ 日立 【テストその 3 少量炊飯の炊き上がりは?】 これまで同様、米は岩手県産ひとめぼれ(無洗米)を使用。 米1合を標準(ふつう)の食感設定で炊飯し、3合炊きしたときのごはんの味・食感との違いをチェックしました。 「少量」ボタンで3合炊飯とほぼ変わらないおいしさに 本機の特徴は、0. 5合〜2合の炊飯に適した「少量」ボタンを搭載していること。 3合を炊いたときと同じ「極上ふつう」モードで少量1合を選択して炊飯しました。 炊き立てを食べた第一印象は、「3合炊飯とほとんど味と食感が同じ」だということです。 香りは他機種と比べるとやや穏やかですが、炊き立てごはんのいい香りが広がります。 食感は柔らかながら、適度な粘りがあり、食べると口の中でほどよくごはんがほどけます。 最初は控えめながら、食べ進むうちにどんどん甘くなっていく味わいも前回と同じでした。 3合を炊いたときと見た目もほとんど同じです 日立 【テストその 4 保温性能は?】 最もオーソドックスなモードで、3合炊きしたごはんを24時間保温。 炊飯6時間後の味と食感とニオイ、24時間後の味と食感とニオイをチェックしました。 保温6時間後の食感・食味は申し分なし 本機は、「スチーム40時間保温」を搭載しており、炊飯時に出た蒸気を水に変えて備蓄し、保温時に定期的にスチームとして釜内に送り込みます。 保温モードは、ごはんの変色や乾燥を防ぐ「保温低」(40時間以内)と、高めの温度でふたの内側や内釜につゆがつくのを抑える「保温高」(12時間以内)の2種類ありますが、今回は保温時間の長い「保温低」で試してみました。 保温6時間後のごはんは、炊き立て時の米の弾力と粘り気が持続していました。 甘みも変わらず、ニオイもまったくありません。 全体の食味・食感は申し分ないです。 食感もかなり柔らかくなっていますが、食べている間にほどける感覚と、米一粒一粒の弾力はまだ残っていました。 ごはんのハリ、つやも少なくなりました 日立 【テストその 5 操作性/メンテナンス性は?】 「操作性」に関しては、炊飯設定する際の液晶パネルの見やすさや、ボタン操作のしやすさをチェック。 特に、目的の炊飯設定にするまでの工程に注目し、取扱説明書を見なくても炊飯設定がスムーズにできるかどうかを確かめました。 「メンテナンス性」に関しては、炊飯後に洗うパーツの数や洗いやすさ、フレームに付いた汚れや露の拭き取りやすさをチェックしました。 <操作性> 「戻る」ボタンが欲しいが、見やすいパネルと「少量」ボタンは便利 高級炊飯器のなかでは貴重なタテ長の液晶パネルを採用。 パネルのサイズが大きく、バックライト式で文字もくっきり表示されます。 「お米」ボタンで米の種類や「調理モード」を選択。 「メニュー」ボタンで炊飯メニューや調理メニューの選択をします。 「お米」ボタンも「メニュー」ボタンも1回押すと右側のメニューに移動する方式で、「戻る」に相当するボタンがなく、特にメニューボタンで1回押しすぎるともう一周する必要があるのが面倒でした。 メニュー選択の際に「戻る」ボタンがないのがやや不便なので、時刻設定の左右キーを「戻る・進む」キーと共用できるよう、設定できれば良かったです <メンテナンス性> 内ぶたは洗うパーツが多いが、内釜は軽量で毎日の手入れがラク! 炊飯ごとに洗うパーツは内釜と「給水レスオートスチーマー」(内ぶた)。 「給水レスオートスチーマー」はさらにふた加熱板とプレート、蒸気口上ケースに分解して洗います。 ふた加熱板の裏には調圧ボールが付いていて、これも丁寧に洗う必要があります。 軽くて丈夫で洗いやすく、扱いやすいです。 また、フレームはステンレス製でフラット。 つゆ受け部が窪んでいて、つゆが集まるようになっています。 つゆ受け部も含め、フレーム部表面にはステンレスが使われているので、汚れが拭き取りやすいです 日立 【テストその 6 独自機能/設置性は?】 「独自機能」は各炊飯器に搭載されている、ごはんのおいしさにつながる独自の機能や技術、炊飯のバリエーションを広げる機能などをチェックします。 また、使い勝手向上やお手入れの手間を省く便利機能も見ていきます。 「設置性」に関しては、横幅と奥行き、重さを確認します。 また、炊飯中の蒸気の出方もチェック。 さらに、設置性を高める独自の工夫があれば、それもチェックしていきます。 <独自機能> 玄米の3通りの食感炊き分けができ、「少量炊飯」モードも便利 本機は内ぶたに「給水レス オートスチーマー」を搭載。 炊飯中の蒸気を水に戻して回収し、蒸らしや保温時に再びスチームにしてごはんに潤いを与えます。 またこれにより、外に出る蒸気の量を少なくしているのも特徴です。 ふた加熱板とプレートの間に貯めた水をヒーター加熱し、7つの穴からスチームとして放出します 食感炊き分けは3種類と少なめですが、玄米も3種類の食感に炊き分けられるのはメリット。 玄米の「おかゆ」のほか、玄米の「炊込み」メニューを搭載しているのも特徴です。 さらに、少量炊き専用のボタンを搭載し、ボタンを押すだけで少量炊飯に適した炊き方に変えられる点は、1〜2人世帯にはうれしい機能です。 5~1合用に、2回押すと1. 5~2合用に切り替わります。 3回押すと少量モードが解除されます ちなみに、内釜の白米(無洗米・雑穀米・発芽玄米)用の水位線には、「やわらかめ」「かため」に炊くための水位線も表示されていて、ユニークです。 新米を炊くときも「かため」の水位線を目安に少なめの水量にすると、炊き上がりのベタつきが抑えられます <設置性> 「蒸気カット」機能搭載で設置場所の自由度が圧倒的に高い! 本体幅は26. 8cmで奥行きは35. 2cmというサイズは、今回検証した5モデル中ではパナソニックに近い大きさ。 重量は約6. 6kgで、三菱電機に次ぐ軽さです。 本体に取り付けた「しゃもじ受け」にしゃもじを挿しておけるのも便利です。 しゃもじの置き場所に困らず、さっと使えてさっとしまえます 他の機種にない設置性での優位点は「蒸気カット」機能を持っていること。 これで設置の自由度が圧倒的に高くなります。 白米の炊飯コースではほとんど蒸気が出ていませんでした。 ただ、「おこげ」など蒸気カットしない炊飯コースもあるので、キッチン用収納棚などに置いて使うときは、注意が必要です 日立 日立 ふっくら御膳 徹底レビューのまとめ ほどよい弾力や硬さのごはんに炊き上げ、少量炊飯が得意 本機の炊き上がりの食感は、ズバリ「中庸」。 「極上炊き分け」の「ふつう」で炊いたごはんはふっくらしながら柔らかすぎず、弾力と粘り、米の粒感のバランスが取れています。 しゃっきり感を感じさせながら、つや感もしっかりあります 最初さっぱりしながら食べるうちに甘みが増してくる味わいも良好です。 冷やごはんはややベタつきが出るものの、粒感のなかにモチっと感がもあり。 冷凍ごはんを再加熱すると粘りが強くなり、やや硬めの食感に。 1合炊飯では「少量」ボタンを使うことで、3合炊きとほぼ同じ味と食感を実現できました。 パネルの左には「少量」ボタンがあります 食感炊き分けは3種類。 「しゃっきり」は三菱電機に次ぐしゃっきり感で、「もちもち」で炊いた場合も、もっちり感は象印やパナソニック、タイガーの「標準」で炊いた場合より控えめでした。 玄米を3種の食感に炊き分けられるのも特徴です。 保温性能は優秀で液晶パネルは視認性が高い 本機はパナソニック同様「スチーム保温」がウリ。 保温温度の低いモードで検証したところ、保温6時間後は炊き立ての食感と味をほぼ申し分なく維持していました。 操作性の面では、本機は大きめの縦型の液晶パネルを採用しており、視認性は高いです。 炊飯設定で、メニューを逆方向から選べるボタンがないのがやや不便でした。 「蒸気カット」機能の装備で設置の自由度は最優秀 メンテナンス性については、内ぶたが調圧ボール搭載の放熱板とプレート、蒸気口上ケースの3パーツ構成で洗浄がやや面倒。 ただし、内釜が軽く丈夫で洗いやすいのは魅力です。 一方、設置性は本機が最も優秀。 他機種が炊飯中に大量の蒸気を放出するのに対し、本機は「蒸気カット」機能搭載で通常の炊飯なら蒸気がほとんど出ません。 キッチン用収納棚などに置けるのはメリットです。 「蒸気カット」機能付きで置く場所を選ばない バランスの良いしゃっきりめのご飯が好みの方に本機はうってつけ。 少量炊飯をするケースが多く、設置の自由度が高い蒸気カットタイプということで、少人数世帯にも好まれそうです。 このほか、内釜が軽く、日常のお手入れがラクなのもポイントですね。 協力:楽天市場.

次の

「炊飯器を修理する〜日立「おひつ御膳」RZ

日立 おひつ 御膳

Contents• 炊飯器を変えようと思った背景 これまで使っていた炊飯器は、 象印の圧力IH炊飯ジャー「炊き立て」の5.5合炊きです。 お米は美味しく炊けますし、 見た目もビビッドな赤でかわいくて気に入っていました。 買ってから3年くらいしか経っていないので、壊れてもいないです。 それなのに、炊飯器を変えたいと思ったのには理由があります。 それは、 お米を普通米から、低グルテリン米に変えたことによるのです。 低グルテリン米はたんぱく質調整米に比べると、とてもおいしいのですが、 それでも、美味しい普通米に比べると味は落ちます。 そこで、少しでも美味しく炊いて、美味しいお米を食べようということで、 まずは炊飯器を変えてみることにしました。 おひつ御膳を選んだ理由 決め手となった理由は、 他の炊飯器にはない大きな特徴が2つあった点にあります。 おひつ御膳の特徴• 少量のお米が美味しく炊ける• 冷凍したご飯をチンしてそのまま出すこともありません。 そうなると、大人2人+幼児という家族構成で、 さらに、大人一人は食事制限有で、もう一人も小食ということで、 一度に炊くお米の量は0.5~1.5合程度になります。 ここで、問題になったのが炊飯窯の水加減を示す目盛りです。 これまで使用していた5.5合炊きの炊飯器では、 最小の水加減目盛りが1合だったので、 0.5合を炊く場合は目分量で水を入れていました。 また、我が家の場合、 3人で残さず食べるお米の際適量は、現状1.25合なのですが、 5.5合炊きの炊飯器の水加減目盛りは普通は1合か0.5合刻みです。 我が家のものは1合刻みだったので、 1.25合となると、なかなか難しいと感じていました。 水を計量カップで測れば解決するのですが、それも毎日となると面倒になってしまい・・・ たまに、べったとした感じのごはんになったり、 逆に、ふっくら感が少ないことも多々ありました。 上の写真は新たに購入した炊飯器「おひつ御膳」の炊飯窯の内側です。 水加減を示す選を見ていただくと、0.5合があります! そして、目盛りも0.5合刻み。 購入した結果、期待通りとっても使いやすくなりました。 私、家族によく使われるので、 落ち着いて座って食事したかったんですよ。 この点も、期待通り、食事中に立ち上がる回数は減って満足しています。 1か月使って分かったメリット・デメリット 購入して1か月が経ちました。 現時点で感じたメリットとデメリットについて書きたいと思います。 最初にメリットです。 蓋が洗いやすい 水加減やおひつ部が外せることは、購入前から期待していたことですが、 それに加えてよかった点として、 コンパクトなことと手入れが楽なことがあります。 2合炊きなので、サイズは非常にコンパクトです。 これまで5.5合炊きを置いていた場所にそのまま置いたら、 キッチンがすっきりして、ちょっと嬉しかったです。 また、手入れについても、 以前の炊飯器は蒸気口周りの汚れを取るのが大変でした。 取り外せない蓋の部分にも、汚れがつく構造だったからです。 しかし、おひつ御膳はそんなことはなく、 汚れるのは取り外して丸洗いできる部分のみです。 この点は、蓋の汚れが気になる私にとっては結構大きなメリットでした。 蓋なんか毎回洗わなくてもOKの夫にとっては、大したことではないのですが・・・ 次に、デメリットも挙げておきます。 タイマー時間設定が1つしかできない• 2合しか炊けない タイマー設定はちょっと面倒です。 平日は、朝夕ご飯用に2回ご飯をタイマーをセットしますが、 時間設定が記録できるのは1つだけなんです。 なので、毎回、時間設定する必要があるというのが残念。 また、少量炊きなんだから当たり前ですが、最大2合しか炊けません。 例えば、お客さんをよんで手巻き寿司なんて場合、 ご飯を2回以上炊く必要がでてくるので、困ります。 我が家は、結構人を招いてご飯を出すことがあるので、 以前使っていた5.5合炊きを捨てずにキープすることにしました。 5.5合炊きは別の部屋にしまっておいて、 必要な時だけ使うようにしています。 しかし、これらのデメリットを考慮しても、 結論は 買ってよかった!です。 やっぱり、毎日おいしいご飯が食べれるのが一番です。 低グルテリン米をさらに美味しく食するために、 今後は精米機の導入も考えています。 まだ、どの機種を買うかも迷っているところですが、 またご報告したいと思います。 最後に、購入はこちら。

次の