炭 カナ 可愛い。 ss小説【鬼滅の刃】炭カナの公式内エピソードを原作から紹介!【鬼滅の刃】

TanKana(Tanjiro) Manga/「最近は露出の多い炭カナが流行ってるようでして 」

炭 カナ 可愛い

その間、胡蝶カナエはお館様に連絡を取り、すぐに柱合会議が開かれることとなった。 カナエと義勇だけが炭治郎のことを知っているが、他の柱には伝えないようにとお館様は言った。 『彼が、どういう人間か。 柱のみんなが直接見て、判断して欲しいからね』 カナエと義勇が受け取った手紙には、こう書かれていた。 しかしカナエは、その前に妹のしのぶにだけは炭治郎のことを話してしまっていた。 それをお館様にお伝えしようと思ったのだが、カナエが貰った手紙の最後に。 『カナエ、この手紙が届く前までに喋った人にも、このことは伝えておいてね』 と書かれていたので、やはりお館様はなんでもお見通しのようだ。 そして、そのしのぶは……。 「絶対に!! 反対だわ!!」 「えー、しのぶー……」 姉のカナエが、鬼と友達になったというのに断固反対していた。 「人を喰わない鬼だとしても反対よ! そもそも、本当に人を喰わないのかもわからないじゃない!」 「本当に喰わないわよ。 冨岡くんと一緒にいたから、知ってると思うわ」 「冨岡さんなんてどうでもいいわ!」 その場に義勇がいたのなら、「心外!」とでも言うように目を見開いていただろう。 「炭治郎くんはまだ13歳で、可愛いのよ? それにすごい強いし!」 「そこ! 鬼になったばかりで人も喰ってないのに、なんで柱の姉さんと冨岡さんにおにごっこで勝てるのよ!」 しのぶの一番の疑問、不審に思う点はそこであった。 通常鬼は、人を喰らうほど力を増していく。 柱であるカナエと義勇に勝てる鬼など、下弦の月どころではない。 今まで100年間討伐されていない、上弦でないとそのような強さは持っていないだろう。 それなのに、数日前に鬼になったばかり? 人を喰わない? 太陽を克服した? そんな鬼、本当にいるのであれば鬼殺隊の最大の脅威でしかない。 「……姉さんと冨岡さんが、血鬼術にかかったってことはないの?」 「うーん、可能性としては非常に低いと思うけど」 まだ血鬼術で、幻覚を見せられたと言う方が納得出来る。 「今日、炭治郎くんがこの屋敷に来るから」 「えっ!? き、聞いてないわ、姉さん!」 「あら、言ってなかったかしら? じゃあ今言ったわ」 「姉さん……!」 ニコニコしながらそんなことを言うので、怒る気も失せてしまう。 「というかなんで今日来るのよ。 柱合会議は明日じゃないの?」 「前日に蝶屋敷に来た方がすぐにお館様のお屋敷に行けるじゃない? それに、しのぶとも炭治郎くんと仲良くなって欲しいし!」 「私は鬼と仲良くならないわよ!」 「しのぶ、怒ってばかりじゃダメよ。 私はしのぶの笑った顔が好きなんだから!」 「誰が怒らせてるのよ、誰が……」 何を言っても聞かない姉なので、もう諦めるしかない。 炭治郎という鬼が来るみたいだが、少しでもおかしな行動をしたら……。 (すぐに毒を打ち込んでやる……!) 蝶屋敷ではあまり帯刀していたくはないが、しょうがない。 自分の身を、そして蝶屋敷で働く皆を守るためだ。 夜になり、炭治郎と約束した場所があるので、カナエが一人で蝶屋敷を出てその場所へと向かう。 「うーん、しのぶも炭治郎くんと仲良くなって欲しいのに……まあ炭治郎くんは良い子だし、すぐ仲良くなれるわよね」 そんなことを思いながら、夜の道を歩いていく。 「こんばんは、素敵なお嬢さん。 今夜は月が綺麗だねー」 月が照らす小道の先に……女の身体の一部を喰らいながら歩いて来る、男の姿があった。 任務や見回りが入っていなくても、蝶屋敷ではやることが多い。 特にしのぶは蝶屋敷での仕事の他に、自身が使う毒を研究しないといけないのだ。 血を吐くような努力を重ね続け、ようやく鬼の頸が切れなくても殺せるようになった。 最近、しのぶは一人で下弦の鬼を殺した。 つまりそれだけ強い鬼にも、しのぶが作った毒は効くのだ。 だがそれでも、しのぶは毒の研究をやめない。 憎き鬼を、全て滅するまで。 (その鬼が……今からこの蝶屋敷に来るのよね……) カナエと義勇が会ったという、人を喰わない鬼。 今までそんな鬼、会ったことがない。 しかも柱のカナエや義勇よりも強いらしい。 カナエにも言ったが、まだ血鬼術に惑わされていると言われた方が納得出来る。 そんなことを考えながら、患者の世話を終えて研究室に行こうとした時……。 「……ん? 鎹鴉?」 蝶屋敷の上空に、鎹鴉が飛んで来るのが見えた。 (あれ、あの鴉……たしか、姉さんの……) 「カァー! 胡蝶カナエ! 上弦ノ弐ト戦闘中! スグ向カエー!」 それを聞いた瞬間、しのぶはいつも患者に言うことを忘れ、蝶屋敷の廊下を駆け抜けた。 「姉さん……!」 すでにしのぶも、柱に匹敵するほどの実力は持っている。 下弦の鬼を殺し、鬼を50体以上も殺していた。 だが柱という地位を欲しているわけではない。 今、柱は欠員がいないし、なれないなら別に構わない。 むしろ柱になれない方が、欠員が出ないということでいいのだ。 しのぶが柱になるときは、柱が年齢などの理由で引退するか……死ぬかしかないのだから。 (姉さん、やめてよ……! 私、姉さんの代わりに柱になるなんて、絶対に……!) 嫌な想像をしてしまう。 下弦をも殺せる柱が死ぬときなど、限られたことでしかない。 ほとんどが……上弦と遭遇し、殺されることである。 しかも今カナエが遭遇した相手は、上弦の弐。 鬼舞辻無惨を除いて、鬼の中で二番目に強いとされる鬼なのだ。 全力で走った時間は10分ほどだろうか。 いつもなら息一つ切れないが、今はなぜか呼吸が荒くなってしまっている。 相手が氷の血鬼術を使ってから、しばらく戦っていたら……攻撃を喰らってないにも関わらず、血を吐き出した。 「あはは、俺の血鬼術を吸っちゃったんだね。 可哀想に、今楽にしてあげるからね」 朗らかに笑いながら、近づいてくる上弦の弐・童磨。 対の鋭い扇を持っており、不覚にもお腹を斬られてしまい、もう思ったようには動けないだろう。 「大丈夫だよ、もう怖がらなくていいから。 俺が救ってあげる」 そう言いながら近づいてくるが、カナエはもう何も出来ない。 自分はここで死ぬ。 この鬼は強すぎる。 呼吸を使う鬼殺隊士にとって、この鬼の血鬼術は天敵である。 「じゃあね。 「っ!!」 童磨は凄まじい反射速度で攻撃を察知し、それを避けた。 それは、ただの拳だった。 鬼ならともかく、人間の拳。 武を習っている人間でもない、ただの拳の突き出しにもかかわらず……童磨は避けた。 避けていなければ、確実に頭部を破壊されていただろう。 「……誰だい? 君は」 突如現れた男は、まだ少年とも言える歳である。 いや……もうその者は、人間ではなかった。 「なんで鬼なのに、俺の邪魔をするのかな?」 「……」 「もしかして、君がこの子を狙ってたの? ダメだよ、俺がちゃんと救ってあげるんだから」 楽しそうに話す童磨を他所に、その少年のような鬼はカナエが落とした日輪刀を拾った。 そして、強く、強く握る。 「お前は、人ではないみたいだな」 「だって、鬼だからね」 何を当然のことを、というように返す童磨。 「違う。 俺は鬼に会ったことがあるが、その鬼でも感情の匂いは人間のようにあった。 だけど、お前からは何もしない」 「……感情の、匂い? 何言ってるのかな?」 「お前はいつから感情がないんだ? 人間の時から? それとも鬼になってからか?」 初対面で何を根拠に言っているのかわからない。 しかしなぜか目の前の少年は、確信を持って言っている。 童磨の作られた笑みが、徐々に冷えて、冷酷な表情となっていく。 その巫女が息を吐き出すように、口から氷を吐き出す。 広範囲を凍結させる技で、防ぐことは困難だろう。 逃げないと死ぬが、少年の背後には虫の息の女がいる。 その瞬間、童磨が放った冷気が全て霧散した。 まるで太陽に当たって、氷が溶けるかのように。 「えっ……?」 そんな防がれ方をしたのは初めてだったので、童磨は一瞬固まってしまう。 そして少年を見ると、その姿が、何かを思い出させる。 (いや、俺はこの少年を知らない。 この記憶は……あの方の……?) 髪型も、その額にある痣も。 先程まで女の刀で淡い桃色をしていたはずが、今は炎に包まれたかのように真っ赤に染まっている。 その赫い日輪刀も。 無惨様が数百年前に見た、あの剣士の姿を思い出させる。 どれだけ強くても、童磨の血鬼術は呼吸を使う者に対して、有利で……。 天と地が逆転し、地面へ近づいている光景が映る。 察しが良い童磨は、もうすでに理解した。 (あっ……俺、頸斬られたんだ) 地面に頭が転がり、身体が倒れていくのが視界に入った。 (えー、なんか呆気ない。 死ぬときはもっと、上弦の弐らしく、柱の強い奴らに囲まれて死ぬと思ってたんだけど、まさかよくわからない少年に斬られるなんて。 しかも同族の鬼だし) 自分の身体が灰になるように消えて行き、残った頭が頸の辺りから消えていくのがわかる。 しかし、何も怖くない。 何も感じない。 (あーあ、やっぱりか……まあ特にやり残したことはないし、いいか。 それに……可愛い女の子も見れたしね) 最期に目にした光景は、自分が救おうとした女を抱き上げる、これまた可憐な少女だった。 真っ赤な日輪刀を持った……鬼。 一見では鬼とわからないが、しのぶほどの実力者ならその気配でわかる。 しかし、鬼である者が日輪刀を持ち、そして背後には姉であるカナエがいる。 明らかに、目の前の扇を持った鬼から、姉さんを守っていた。 なぜだか全くわからないが、その鬼が姉が話していた竈門炭治郎ということが理解できた。 赤が混じった黒髪を後ろで纏めて、横顔からは端正な顔立ちが見える。 相手の軽薄そうな笑みを浮かべた鬼を貫くように捉えている瞳は、鬼特有の縦長の瞳孔をしていたが、鬼のような薄っぺらい瞳はしていない。 その姿を見るだけで、今までの鬼とは違うと断定出来た。 (っ! 見えな、かった……!) いつの間にか軽薄そうな鬼のすぐ側に立っていて、その鬼の頸が斬れていた。 それをしのぶは目の当たりにして、固まってしまっていた。 しかしすぐに姉の苦しそうに咳き込む声が聞こえて、ハッとして姉に駆け寄った。 その第一歩を、しのぶは目撃したのだった。 次の話はこちらです。

次の

#炭カナ #かまぼこ隊 可愛い子よ

炭 カナ 可愛い

Sponsored Link 【鬼滅の刃】炭治郎のその後!子孫は竈門炭彦と竈門カナタ! 最終回では、炭治郎たちの子孫である 竈門炭彦と 竈門カナタが登場しました。 名前や風貌、そして炭彦の家に飾られている 日輪刀や 耳飾り、写真を見るに、 炭治郎とカナヲが結婚し、その血筋を引いていることは間違いありません。 (C)吾峠呼世晴 (みんな幸せそうな笑顔で嬉しい) その上で、世代としては善逸の子孫と思われる善照(よしてる)の発言より、 おそらく炭治郎たちの曾孫。 3世代離れているということになります。 ……めちゃくちゃ似てるので、善照の言う 「絶対みんな転生して生きてるんだ、平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは」という発言も、もしかしたら、と思ってしまいます。 ただ、これからご紹介しますが、炭彦はけっこう性格が炭治郎とはあんまり似てないのが面白い。 炭治郎の未来の子孫:竈門炭彦(15) (C)吾峠呼世晴 炭治郎似の少年、 竈門炭彦。 15歳で、竈門家の次男。 学校に遅刻寸前まで爆睡してるのんびり屋で、兄のカナタが28回起こしても全く起きない。 「起きてるよぅー」って鼻提灯出しながら言ったり、起きても「わあ、遅刻だあ。 どうして誰も起こしてくれなかったんだろう~」ってのんびりしてるマイペースっぷりです。 (C)吾峠呼世晴 もし、 炭治郎が長男じゃなくて次男だったら……こんな感じで、もうちょっと肩の力が抜けてたのかも、なんて思っちゃいますね。 ただ、 炭治郎たち剣士の血筋だからなのか、それと も炭治郎の中に残ってた無惨の遺伝子のせいなのか、 運動神経が人間離れしてます。 (C)吾峠呼世晴 窓から軽々飛び降りたり、アクロバティックに高いところを飛び回ったり、 不死川兄弟っぽい警察の乗ったパトカーをまたいだり……。 (C)吾峠呼世晴 すんごい運動神経で学校へ向かっています。 なお桑島のじいちゃんっぽいおじいちゃんによると 毎朝のことのようです。 ホントマイペース。 そして……一番エモかったのは、 煉獄さんっぽい同級生、桃寿郎と仲良しなこと。 (C)吾峠呼世晴 桃寿郎くんは剣道部のようで、炭彦の運動神経を高く買って勧誘したり、運動部に入ることを薦められています。 いやこれさ…… 煉獄さんに真の意味で認められたというか……対等になった、求められるようになった、みたいに思えてすごく良いんですよね。 憧れて、近づこうとした背中に、ついに追いついた。 炭治郎の努力が認められた。 そういうことなのかな、って思います。 カナヲに似た美少年で、こちらが長男です。 しっかり者感がすごくて、 炭治郎の長男要素は彼がしっかり受け継いでいそうです。 善逸と禰豆子の子孫で、 長女の燈子と仲良し。 (C)吾峠呼世晴 「今日は髪を巻いてるんだね、可愛いよ」 「燈子が地球で一番可愛いと思うよ」 と めちゃくちゃナチュラルに口説くというかイチャつきます。 禰豆子似の燈子を溺愛するあたり……やっぱり炭治郎の血を継いでるなあ、って思いますね。 のこれがもはや懐かしい。 (C)吾峠呼世晴 Sponsored Link 【鬼滅の刃】炭治郎はカナヲと結婚!?いろいろあったよね…… さて、最終回では炭治郎がその後どうなったのか……ということについては直接的には描かれず。 ただおそらく、出会ったときから204話までの歩みを見ると、 炭治郎とカナヲの結婚はめちゃくちゃ嬉しい。 軽く、出会ったときから最終決戦までの 炭治郎とカナヲの関係を振り返ってみます。 (C)吾峠呼世晴 にて炭治郎が蝶屋敷を出るとき、初めてカナヲと会話します。 何もかもがどうでもいい。 だから自分のことを、自分で決められない。 そんなカナヲに、炭治郎は言います。 「どうでもいいことなんてないと思うよ」と。 (C)吾峠呼世晴 そして、カナヲに道を示す。 コインを投げて、表ならカナヲは自分の心の声をよく聞いて、心のままに生きる! そう言って、彼女のコインを投げます。 (C)吾峠呼世晴 表。 それを見て、炭治郎は彼女の手を取って言います。 (C)吾峠呼世晴 「頑張れ!人は心が原動力だから! 心はどこまでも強くなれる!」 表が出るまで、何度でも投げるつもりだったと、笑顔を向けて去っていく炭治郎。 彼から渡されたコインを、カナヲはきゅっと握りしめる……。 彼女が感情を持ち始めた瞬間でした。 (C)吾峠呼世晴 そして、無惨に身体を乗っ取られた炭治郎が、自分を取り戻せたのはカナヲのおかげ。 きっかけとなった 藤の花の香りを炭治郎へ届けたのは、カナヲでした。 「炭治郎、だめだよ。 早く戻ってきて。 禰豆子ちゃん泣かせたら、だめだよ……」と。 彼女の活躍なくして、炭治郎は戻ってくることはなかった。 …… 最初は、自分の感情なんてなかった彼女が。 炭治郎のために自分で動き出した。 もう最高に泣ける。 そして、 戦いが終わった後の炭治郎とカナヲが、もう本当にかわいい。 (C)吾峠呼世晴 顔真っ赤にして(やさしい)って思ってる炭治郎、べた惚れじゃないですか? その後の笑顔も、めちゃくちゃ美人。 こんなの結婚するよね……。 (C)吾峠呼世晴 というわけで、そんな二人は幸せに過ごして、結婚して……。 3世代後に炭彦とカナタという兄弟が生まれたのでした。 鬼滅の刃を読むなら 鬼滅の刃を今から読むなら、いくつかお得な方法があるのでご紹介します。 ebookjapanで原作を一気に読む 鬼滅の刃の原作を一気に見たい方は、ebookjapanで原作を揃えるのがおすすめです。 無料登録時にので、それで1冊単行本を半額で買うことができます。 さらに、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、買った漫画の30%分のポイントが返ってきます。 かなり安く買えるので、今から鬼滅の刃を揃えるならおすすめです。 Sponsored Link まとめ 鬼滅の刃の炭治郎の未来、その後についてでした。 炭治郎はカナヲと結婚し、曾孫の 竈門炭彦とカナタという、彼らに似た兄弟が現代を過ごしています。 炭彦の方は、炭治郎に似たマイペースな子。 炭治郎が次男だったら、こうなってたのかも。 煉獄さんの子孫と仲良しなのがもうね……たまんない。 泣ける。 カナタの方は、カナヲ似の長男。 しっかりもので、 禰豆子に似た燈子ちゃんを溺愛しています。 こっちもしっかり炭治郎の血を引いてるなあ、って思いますね。 炭彦の運動神経のヤバさについて考えてみました。 今はグッズ同梱版の予約ができるので、こちらからどうぞ。

次の

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

炭 カナ 可愛い

app. goo. 普通に考えたらちょっと意味が分からないような言葉ですよね。 しかしこの台詞には理由があるのです。 小さな兄弟たちに「どんな御嫁さんがいいの?」と聞かれた炭治郎がまだ小さな子供だから分かりやすく伝えようとして、花と動物に例えて話たのですが、それによって分かりにくくなってしまいました。 もちろん兄弟は混乱して、「お兄ちゃんが犬と結婚したがっている」と驚きを隠せないでいる様子であわてて母親に報告に行きました。 さすがに長男が犬と結婚したがっていたら大騒ぎになりますよね。 鈴蘭のような柴犬とは兄弟に分かりやすく説明したつもりが大きな誤解を招いてしまったという事です。 app. goo. 鈴蘭の花の最盛期は5月である事が有名で、5月の誕生花としても馴染まれています。 日本において鈴蘭には2つの別名あって、ひとつは「君影草」もうひとつは「谷間の姫百合」といいます。 「君影草」 は男性を支える女性のイメージです。 「谷間の姫百合」 はドイツ語の学名を組み合わせることによって成立しています。 花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」という言葉になります。 美しい見た目と綺麗な花言葉をもつ鈴蘭は結婚式のブーケにも使われることもあります。 女性らしいイメージが強い花になります。 しかし実は鈴蘭は全草有毒で、根に至るまで強い毒を持っているのです。 実際に心臓麻痺の症状が起こり、死亡例もあるのです。 怖いですね。 しかも水で溶けるので家で飾って、その後普通の水として飲んでしまうと毒としての効果があるのです。 app. goo. カナヲは無傷で合格しえいて、初期の段階からでもその強さが伺えます。 幼少時代のトラウマ 詳しくはカナヲ編で読んで下さい から自分の意思でものごとを判断することや言葉で伝える事ができないためにコイントスで決めていました。 ですが炭治郎との出会いにより、少しづつ変わっていくのです。 「この世にそうでもいい事なんてない 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と炭治郎がカナヲの手をとって励ましたシーンはとても素敵でした。 戦いにの末二カ月の昏睡状態だった炭治郎が目覚めた時に近くにいたカナヲが一番に気づきこれまで話さなかったカナヲが「目が冷めて良かった・・・」と言葉に出しました。 自分の気持ちを言葉であらわせた事はカナヲにとって大きな変化だったのです。 炭治郎の「鈴蘭のような 柴犬 」とはカナヲの事ではないのでしょうか。 鈴蘭と柴犬をつなげてみると 「美しさ」「女性らしさ」「強い毒性」「忠実さ」「家族を大切にする」「敵に対して勇敢」炭治郎の女性が好みなのではないでしょうか。 app. goo. いつも微笑み口数も少なく、「君影草」のような女性であること童磨との戦いではかなり勇敢で攻撃的だったこと。 鈴蘭 の花言葉が「再びの幸せ」であること。 炭治郎の理想の女性はカナヲなのではないでしょうか。 そしてカナヲも自分を励まし意思を持ち、表現することを教えてくれた炭治郎の事は恋心として芽生えているのではないでしょうか。 炭治郎はカナヲの誕生日や花言葉について知っていたのでしょうか?気になるところですが、これはワニ先生しか知らない真実なのでしょうね。 花言葉に関しては過去のカナヲを考えるとなるほどと、納得できます。 救って育ててくれたカナエを失い、師匠であり憧れていたしのぶも失う血のつながりこそないものの、肉親や姉と明言したことからも本当に2人の事が大好きだったんだなと感じました。 美しく勇敢で家族を大切にするカナヲ炭治郎が「再びの幸せ」に導いてくれるのではないかと信じていました。 app. goo. 炭治郎は恋愛とかに関しては少し鈍感なところもあるように思いますが、カナヲの心を動かした事は事実です。 他のカップリング同様叶わぬ恋に終わってしまうのでしょうか。 カナヲの目の状態も分からないので心配ですね。 鬼滅のカップリングは人気なんですが、本編でれがかれる事は少なく、叶わない切なさが残るものが多いのが特徴的ですね。 叶わないからまた想像をふくらます事ができるのかもしれないですが、やっぱり来世ではなく今!幸せになって欲しいと思います。 今回も最後まで御愛読ありがとうございました。

次の