シェルフ コンテナ 25。 スノーピーク「シェルフコンテナ25」の購入とスライドする天板の自作 · 妻が突然「キャンプ推進宣言」で、始めましたキャンプ・登山♪

【スノーピーク】オススメ収納ボックス!ファニチャーシェルフコンテナ25/50 家もキャンプも使用可

シェルフ コンテナ 25

こんな感じでシャープな見た目になります。 カッコよくなりますね。 よくこの「ステンレストップがシェルフコンテナ25にジャストフィット」、 ということで紹介されていますが、実際にはジャストフィットではなく、ほぼジャストフィットって感じです。 寸法がちょっと余り気味になってます。 あとは中身をかっちりしたもので固定しちゃうと若干蓋がしづらくなってしまいます。 でも実使用上はほぼ問題ありません。 シェルフコンテナを開いた状態でも天板として機能します。 テーブル化できると何かと便利になりますよね。 ホームセンターのすのこ 2つ目に紹介する天板は、ほぼそのまま使えるホームセンターのすのこです。 我が家は、ホームセンターロイヤルで購入。 これがほぼぴったり。 ほぼといったのは、裏側の支えが少しだけ長く、シェルフコンテナと干渉してしまうので、 ここだけ5mm程度のこぎりで削りました。 あとは紙やすりですのこの角を滑らかにして、ワックスを塗るだけです。 すると本当にジャストフィットする天板の出来上がりです。 こんな感じです。 コンテナを開いてもばっちりフィットします。 個人的には持ち手の竹材ともフィットしてナチュラルな感じになるこの天板のほうが気に入っています。 まとめ シェルフコンテナ25はキャンプやアウトドア用のコンテナとして大人気なアイテム。 ただでさえいろいろなアレンジができる優れものですが、 これに天板が加わればテーブルとしても使用できるようになりさらに活用の幅が広がります。 我が家はmyテーブル ステンレストップとホームセンターのすのこを使ってテーブル化しています。 本当に便利になりますので、まだ天板をお持ちでない方はぜひ参考にしてください。 以上、 「シェルフコンテナの天板を紹介します。 我が家は、2通りの天板を使い分けています。 」でした。

次の

シェルフコンテナ25の使い方は?中に何を入れている?シェルコンの中身が見たい

シェルフ コンテナ 25

クワークです。 誰もが失敗したくないと思っています。 勢いに身を任せず、まずは本文を読んでシェルフコンテナ25、50の特徴、使い勝手などを理解してもらえたらと• 物が散らかっていないこと• 収納ボックスがおしゃれであること この2つの条件が必須だと思ったわけです。 その 理由はカスタマイズ性です。 ご存知の通り、シェルフコンテナは超有名なキャンプギアです。 シェルフコンテナを愛する物が集まった シェルコン会なんて集まりもあるくらいです。 なので持っている人もたくさんいます。 この辺が嫌だと思う方もいると思います。 私も極力人と被りたくありません。 ですが、その気持ちをも上回るカスタマイズ性がこのシェルフコンテナにはあるんです。 カスタマイズ性があるということは、 オリジナリティーが出せるわけ。 (私にそんなセンスはないけどねw) そしていろんなショップも、このシェルフコンテナに合わせたカスタマイズグッズを出しているし、個人が作成して販売しているケースもあります。 ちょこっと紹介すると、まずはこの天板。 ミヤさん と言う方が作成していらっしゃいます。 パレ男、パレ子 — 2019年 2月月19日午後3時14分PST シェルフコンテナを購入する際に一番悩むところがここですよね。 どのサイズを購入したらいいか。。。 私も悩みました。 買いたいと思った時点では何を入れるかなんて考えていません。 とりあえずおしゃれな収納ボックスが欲しいとしか思っていませんでした。 予め収納するものが決まっているのであればサイズを選びやすいかもしれませんね。 私のようにとりあえずおしゃれな収納ボックスが欲しい。 とりあえずシェルコンが欲しい。 そう思う方は悩まれるかと思います。 (私と同じように悩む方は絶対に多数いると思います) そこで私が出した答えが両方でした。 だから勢いで踏み込めましたw シェルフコンテナ25を使った感想 私のシェルコン25は2つあります。 一つは無印良品のラックを入れて小分け収納しています。 もう一つは何も入れずにボンボン突っ込んでいるだけです。 — 2019年 3月月5日午後3時01分PST 使って見た感想としては 小分けしてある方は何をいれるか決まってくるので収納が楽です。 入れる物のサイズがラックのサイズ以下にしなければいけないので、必然と入れるもの、入れる場所、収納方法が決まるんです。 逆にラックを入れていないシェルコンはとりあえず詰め込めろ〜って感じになります。 とは言っても私なりに綺麗に収納するようにはしていますが、 何か物を取り出した際に、取り出した物の隙間に他のギアが雪崩れ込むので結構ぐちゃぐちゃになっちゃいます。 なので ラックを使ったほうが綺麗に収納できるかも。 箱系などの形が崩れない収納するのであれば雪崩現象が起きないのでラックは必要ないかもですね! シェルフコンテナ50を使った感想 こちらはシェルコン25とは違い大きいサイズが入るので私も大きいサイズを入れています。 写真からも分かるとおり、ランタンやシングルコンロ、ケトルなどを入れていますが大きいものを入れるとどうしても頭が出ちゃうんですよね シェルコン50の高さより小さいギアを入れられればいいのですが、どうしても大きいギアを入れたくなっちゃうんですよ。 シェルコン50からギアが飛び出すと何が起こるかというと、天板が上に置けないわけです。 テーブルとして使わない、という方も入ると思います。 でも 天板が置けないと言うことは、積載時に上に物が置けないという問題に発展するんですよ〜 積載時に上に物が置けないのは困った問題です。 シェルコン50はただでさえサイズ的にかなり大きい収納ボックスです。 積載に余裕があればいいですが、余裕なんてありますか? 見てください。 ここからさらに家族4人分の衣類やらごちゃごちゃした物がたくさんw) シェルフコンテナのサイズ選びで迷っている人にアドバイス 私の思いとしては、 シェルコン25の方が断然使いやすいと思います。 なのでもし25か50で迷っているのであれば25をお勧めします。 50は本当にでかいです。 大きいのはいいことです。 大きいの大好きです。 でも、積載の問題が。。。 あ、車が大きくて積載するスペースがあるのであれば良いと思います。 そんなでかい車乗っている人なんてそんなにいないぜ〜 恐らく日本車では難しい気がします。 (ハイエースとか、軽バンならいけるのかな?) まとめ いかがでしたでしょうか。 多少モヤモヤ感は晴れましたかな? シェルフコンテナは本当にカスタマイズ性が高いのでこれから色んなオプションパーツが増えると思うし、自分でアレンジすることもできると思います。 なのであとは問題のサイズ選びだけです。 先程も言ったように 私はシェルコン25をおすすめします。 まずは25を買って、それでももっと大きいものが欲しい、積載に余裕があるのであれば50をポチればいいと思います。 とは言っても、、、と迷う方は、両方逝っちゃいましょう もし失敗したとしても潰しが効く物なのでなんとかなりますよ.

次の

スノーピーク シェルフコンテナ25の我が家の使い道│Camp&Aquarium

シェルフ コンテナ 25

50 幅 625mm 奥行 405mm 高さ 270mm 重さ 5. 5kg 価格 12,200円 運搬時はコンテナとして、キャンプ中はラックとして、2WAYで使えるスノーピークのギアコンテナです。 最大で3段まで重ねて使うことができます。 1つの耐荷重は20kgまでです。 軽量でサビに強いガルバリウム鋼板が使われているので屋外での使用も気になりません。 細かいものでも汚れたものでもなんでも入れられます。 非常に人気があり入荷してもすぐ完売してしまうので、見つけたら直ちに買うか予約して気長に待ちましょう。 我が家はアウトドアヴィレッジのスノーピークでふたつ予約して三ヶ月ほどして買えました。 入荷連絡が来る少し前にWILD-1デックス東京ビーチ店で販売されているのを友人が教えてくれたので、タイミングが良ければ予約無しでも買うことができます。 シェルコンを導入した理由 キャンプをしていると細かいものの出し入れが頻繁にあります。 トーチとか燃料用アルコールとかヘッドランプとかナイフとかシングルバーナーとか漏斗とか着火剤とかグローブとか。 使用頻度が高いものは手近なところに置いてすぐ使えるようにしておきたいんですが、なんでもかんでも出しっぱなしにしておくと散らかってしまいます。 かといってまたフタを開けてコンテナに戻すのは面倒です。 出しっぱなしにはしたくないけど、わりと使用頻度が高い細かいものを、使いたい時にスッと出せて、終わったらスッと戻せる、置いてあっても収まりが良い、そしてまたスッと出せる。 そういうものをキャンプ場でも自宅で保管する時もまとめて置いておける。 そんな使い方をするのに、シェルコンはピッタリだな、と思ったんです。 シェルコンの使い方 コンテナの状態で重ねてみました。 箱から出したてなのでピカピカです。 角のところが鋭利になっていないか心配だったんですが、そこはちゃんと考えられていて滑らかになっています。 ガルバリウムの表面もコーティングがされたような感じでスルッと気持ち良い触り心地です。 側面にエンボス加工のロゴが入っています。 ハンドルの素材は竹で優しい握り心地です。 ハンドルの付け根の部分がロックになっています。 ロックをくるっと回して下げると解除され、開いたり閉じたりできるようになります。 ロックを解除した状態で両手でガバっと広げると開きます。 置いておく時は、足を引っ掛けたりしても崩れないようにロックをしましょう。 開いて重ねた状態です。 開くと取り出し口が斜めになって塞がらないので、ここから物を出したりしまったりすることができるんです。 よく考えられた構造ですね。 閉じてあるものと開いてあるものを重ねることもできます。 下を閉じて上を開くこともできます。 脚のところで引っ掛かるようになっているんですね。 色々入れてみた 実際に我が家のギアを入れて収まり具合を確かめてみました。 積み重ねて使うので、高さがはみ出さないものが中心になります。 ちなみに我が家が購入したシェルフコンテナは 25サイズです。 ガスカートリッジ、燃料用アルコール、ジェントスのランタンです。 CB缶は出し入れがしやすそうです。 OD缶の250サイズは積み重ねて入りますが、若干不安定です。 ケースに入れたルミエールランタンがジャストで収まります。 あとはスノーピークのガスランタン天やイワタニのシングルバーナーとか。 ヘッドライト、本橋テープ、UCOのキャンドルランタンなど。 もうひとつの方にはシェラカップや、ホットサンドメーカーなどキッチン系のものをまとめて入れています。 ジャンルごとにコンテナを分けると、より使いやすくなりそうですね。

次の