シャル アクスティカ - フォン・スパーク

アクスティカ シャル フォン・スパーク

フォン・スパーク (ふぉんすぱーく)とは【ピクシブ百科事典】

アクスティカ シャル フォン・スパーク (ふぉんすぱーく)とは【ピクシブ百科事典】

【Gジェネ クロスレイズ】「シャル・アクスティカ」の入手方法とアビリティ【ジージェネ クロスレイズ】

アクスティカ シャル シャル・アクスティカ

アクスティカ シャル シャル・アクスティカ (しゃるあくすてぃか)とは【ピクシブ百科事典】

アクスティカ シャル 【Gジェネ クロスレイズ】「シャル・アクスティカ」の入手方法とアビリティ【ジージェネ

アクスティカ シャル フォン・スパーク

アクスティカ シャル シャル・アクスティカ

【Gジェネ クロスレイズ】「シャル・アクスティカ」の入手方法とアビリティ【ジージェネ クロスレイズ】

アクスティカ シャル シャル・アクスティカ (しゃるあくすてぃか)とは【ピクシブ百科事典】

アクスティカ シャル フォン・スパーク

アクスティカ シャル シャル・アクスティカ

【Gジェネ クロスレイズ】「シャル・アクスティカ」の入手方法とアビリティ【ジージェネ クロスレイズ】

しかし、心の底では変わらずフォンを仲間として想い続けており、全く違う二つの感情に挟まれて苦悩することもあった。

  • その間にフォンと何度か邂逅を繰り返し、再び自己を確立していく。

  • 後にルイードのプロポーズを受け入れて結婚し、フェルトを授かる。

  • 01-00 イノベイドの中から6人の仲間を見つけよ。

機動戦士ガンダム00外伝

『00P』の陽気な性格とは反対に物静かな性格に変貌しており、ハヤナと行動を共にする。

  • をマイスターとして招集し、ソレスタルビーイングを後方からサポートしていく。

  • 「仲間を目覚めさせる者」テリシラ・ヘルフィ• 労働者階級の出身であり、家族を連れて、宇宙での労働に従事していた。

  • その行動力の源は「 自分が自分の能力を活かし、自分として自分らしく生きてゆく為にはどんな不都合な事実からも目を逸らさず、問題解決の過程が困難であればあるほど熱意をかきたてられる」という性格であり、そのためにCBやフェレシュテの利益や理念に反する行動も厭わない。

シャル・アクスティカ (しゃるあくすてぃか)とは【ピクシブ百科事典】

『00F』2ndでは理念の違いからシャルと決裂、アストレアTYPE-F2とともに、フェレシュテから脱走する。

  • しかしでの自爆テロが起こる事をの情報で知り、介入しないと言うヴェーダの方針に異議を唱え、プルトーネを暴走させる事で死傷者を出さないプランを逆提案して認められる。

  • 後にCBとも関わりを持つこととなり、一時行動を共にし、その兵器開発にも一部携わった。

  • 戦っている間に妙に相手のことを理解するようになっており、お互いのパートナーも含めると「腐れ縁」のような関係とも言えるか。

フォン・スパーク (ふぉんすぱーく)とは【ピクシブ百科事典】

フェレシュテ所属のパイロットとなっている。

  • 普段は肩の少し下あたりでリボンを結んでいるが、ミッション時には後頭部の高い位置で結んでいる。

  • 脳量子波を自由に使いこなせないために、正式な超兵として認められてはいないものの、勘働きのような形で能力が発現し、センサー類に反応しないガンダムの存在を感じ取ることが出来る。

  • 月基地に乗り込んだフォンに対し賞賛の言葉を送り、月基地を含むオリジナルのヴェーダの機能を全て停止させた。

シャル・アクスティカ

その後、ヴェーダの指示で地球で活動していた仲間と合流するため地球に赴いた際にフォンと再会、すでに反逆者扱いをすることもなく『 ソレスタルビーイングよりもっと始末が悪いモノ』と言って黙認しつつ、フォンにガンダム用の新装備と用の新型端末を渡している。

  • 全てが終わってからは仲間たちと離れ単独行動をとる。

  • 自身の頭にも猫の耳のような突起がついている。

  • ロバーク・スタッド 『00P』に登場。

フォン・スパーク

グラーベは研究所時代の同僚・旧友でもある。

  • MSJ-06II-ED ティエレン軌道エレベーター守備型(ティエレンジィージュー)• 現場上空からは、リィアンと思しき機影が飛び去っている。

  • 仲間集めの理由も判明した事もあって『00I』終了時点では彼に代わるイノベイドは選抜されていない。

  • 『00N』によれば、彼はサキブレの1号機に搭乗しており、人類未到達の宙域で未知の生命体が住む惑星を発見している。




2021 cdn.snowboardermag.com