お手数 を かける。 「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

「この度はお手数をおかけして」の意味と使用に適した場面|ドクモバ!

お手数 を かける

「お手数おかけしました」の意味と漢字 「お手数をおかけしました」の意味は「こちらの依頼に対して、労力をかけさせました」 「お手数をおかけしました」は 「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせました」という意味になります。 こちらのために何かをしてくれた 相手に対しての、感謝やお詫びの気持ちが込められています。 「手数」の意味は「それに施すべき手段の数、その物事または他人のために特に力を尽くすこと」です。 ビジネスシーンで使われる場合は「自分以外の第三者のために行う物事を達成するために必要な労力」を意味します。。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「掛ける」は「他に向けてある動作・作用に及ぼす」「ある物・場所などに事物の一部をささえとめる」を意味します。 「手数を掛ける」以外にも、「迷惑を掛ける」「時間が掛かる」「電話が掛かる」などと使います。 ただ、 「お手数をおかけしました」は「お手数をお掛けしました」と漢字で表記することは少ないです。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数をおかけしました」はビジネスシーンで使う 「お手数をおかけしました」は、ビジネスシーンで 目上の人に使うことができる表現です。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしました」は二重敬語ではないので、正しい敬語表現です。 より丁寧にしたい場合は「する」の謙譲語「いたす」を使って、「お手数をおかけいたしました」とします。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 使い方としては、 ・お手数をおかけしました。 ありがとうございました ・お手数をおかけしましたにもかからず〜ありがとうございます ・お手数おかけしましたが〜心から感謝申し上げます などとなります。 例文 ・この度は、大変お手数をおかけしました。 ・わざわざ遠いところからお越しいただきありがとうございます。 お手数をおかけいたしました。 ・お手数をおかけしましたが、おかげで報告書が完成いたしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 また、謝罪の言葉だけを述べるよりも「お手数をおかけしました」を添えると、何に対してのお詫びかということが伝わりやすくなります。 「お手数をおかけしました」は少々堅い表現のため、多少の謝罪に使うには仰々しいです。 使い方としては、 ・お手数をおかけして、申し訳ございません ・お手数をおかけして、大変恐縮です ・お手数をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます などとなります。 例文 ・お手数をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・この度は、私の個人的なお願いで何かとお手数をおかけいたしました。 ・問題が解決したので、ご連絡いたします。 お手数をおかけしました。 ・先日は当方の不手際で、大変お手数をおかけいたしました。 「お手数をおかけしました」への返事・返信 ビジネスシーンでは「とんでもないです」「お気になさらないでください」などを使う 相手が「お手数をおかけしました」と使ってきた場合「申し訳ない」という気持ちが含まれています。 そのため「謝らなくて大丈夫ですよ」「迷惑ではありませんよ」といった気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、 ・とんでもございません ・お気になさらないでください ・滅相もないです ・お役に立てて光栄です などが適切です。 「とんでもないです」「お気になさらず」は「心配しないで」「気に留めないで」という意味合いになります。 「問題ないです」「大丈夫です」だと少々素っ気ない感じがでてしまいます。 「とんでもないです」「お気になさらず」だと印象が柔らかく、相手に不快感を与えることもないです。 「お手数をおかけしました」に対する返事の例文 ・お気になさらないでください。 ・とんでもないです。 お役に立てて光栄です。 ・これぐらい何ともありません。 ご安心ください。 ・滅相もないです。 少しでもお力になれて良かったです。 ・お役に立てたようで、安心しました。 「お手数をおかけしました」の類語 ご面倒をおかけしました 「面倒」の意味は、 ・体裁の悪いこと、見苦しいこと ・ものごとをするのが煩わしいこと、手数のかかること になります。 「ご面倒をおかけしました」も「お手数をおかけしました」と同様に、謝罪や感謝をするときに使います。 「ご面倒〜」という表現はかなり面倒なことをお願いしてしまった場合に使うのが適しています。 「ご面倒をおかけしました」は親しい間柄の相手に使用する言葉なので、目上の人にはあまり使いません。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、ご無理なお願いでご面倒をおかけしました。 ・ご面倒をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしました 「迷惑」の意味は、 ・どうして良いか迷うこと ・困り苦しむこと、難儀すること ・他人からやっかいな目にあわされて困ること になります。 「ご迷惑をおかけしました」は自分の行動や招いたことによって、相手に悪い影響を及ぼしてしまった場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご迷惑」は、自分が何らかの失敗をしているときでないと、使うべきではありません。 また「ご迷惑をおかけしました」だけでも謝罪の気持ちは伝わりますが、「ご迷惑をおかけしました」のみだと物足りない感じがするので、謝罪の言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・この度は、当方の手違いにより、大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。 深くお詫び申し上げます。 お手間を取らせてしまいました 「お手間を取らせてしまいました」で使う「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 となります。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 例文 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 お手を煩わせてしまいました 「手を煩わす」は「人の世話になる」「面倒をかける」「厄介をかける」を意味します。 ビジネスシーンでは、目上の人に、例えば書類の整理を手伝ってもらったり、責任者として謝罪の席に同席させてしまったりなどと様々な場面で使うことができます。 例文 ・この度は、お忙しい中、私のお願いでお手を煩わせてしまいました。 誠に申し訳ございません。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 「お手数をおかけしました」の英語 「お手数」は「inconvenience」「trouble」など 「お手数」つまり「迷惑」を意味する英語は、 ・inconvenience ・trouble などになります。 「toruble」は名詞としても動詞(他動詞)としても使います。 謝罪の表現は「apologize for... 」「be sorry for... 」 「お手数をおかけしました」という表現には謝罪・お詫びのニュアンスが含まれています。 よって、英語では、 ・apologize for... ・be sorry for... / be sorry to... 動詞 などの形を使います。 「お手数をおかけしました」の英語の例文 「お手数をおかけしました」は英語で、 ・I'm sorry for your inconvenience. ・I'm sorry to trouble you. ・Sorry for the trouble ・I know it's a big ask などと表現します。

次の

お手数おかけしますって英語でなんて言うの?

お手数 を かける

「お手数おかけします」の意味と読み方 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、行動をしてくれる相手に対し、お詫びや感謝の気持ちを表現する言葉です。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「手数」は、行動に必要な動作や細工の数、またそれが多くて面倒なことを、「かける」は、あることや物のために労力や時間などを費やすこと、負担をかけることを示しています。 「お手数」の2つの読み方 「お手数おかけします」は「おてすうおかけします」と読まれることが一般的です。 「手数」=「てすう」は訓読みと音読みが混じった変則的な読み方になります。 一方、「お手数」を「おてかず」と読むこともあります。 「手数」だけを抜き取って考えると「てすう」のほかに「てかず」という読み方が存在しており、「手数」単体では訓読みをする「てかず」が本来の読み方になります。 「てかず」は、なにか物事をするための労力や手間、将棋や碁の手の数、ボクシングでの手を出す数を意味します。 基本的には「おてすう」「おてかず」どちらのの読み方をしても問題はありません。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 その「面倒」の負担をかけることかけることへのお詫びや感謝を表現する言い方です。 意味としては「お手数おかけします」と同じで、使うシチュエーションも同じです。 「お手を煩わせる」との違い 手を煩わせる、つまりこれは相手に面倒をかけることをへりくだる表現です。 「お手数おかけします」や「ご面倒をおかけします」は、それ単体でお詫びや感謝を伝えることができます。 「お手を煩わせる」は、「お手を煩わせて申し訳ありません」などのように、お詫びの言葉などと組み合わせて使用します。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」はクッション言葉 お詫びの気持ちや感謝を伝えるだけではありません。 後に続く文章にワンクッション置く、クッション言葉としても使えるのが「お手数おかけします」なのです。 そのほかには「恐縮ですが」や「申し訳ございませんが」などもクッション言葉です。 ビジネス上でクッション言葉を使用すると、表現を少しぼかすことができ、話や取引を円滑に進めることにつながることもあります。 文章としては助詞がある「お手数をおかけします」が正確ですが、口語で使う場合には「を」と「お」がつながり「お手数おかけします」と使われる場合が多いようです。 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 表現のバリエーションとして覚えておきましょう。 「お手数おかけします」は上司にも使える 上司など、目上の人にも使うことができる表現です。 相手に手間や面倒に当たる「手数」をかけさせてしまう場合に使用する尊敬語にあたります。 単純にお願いをする「よろしくお願いします」などの表現だけを使用するよりも、「お手数おかけします。 よろしくお願いします」もしくは「お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」のように1文加えるだけで、より丁寧で好印象を持たれる表現になります。 相手に何かを教えてもらう時や、確認して欲しい時など幅広いシーンで使うことができます。 「お手数おかけします」の例文や返事 「お手数おかけします」を使った例文• お手数をおかけして恐縮ですが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします• お手数をおかけしますが、ご確認いただけますでしょうか• お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• 私用なお願い事で、何かとお手数おかけしました• お忙しいところ、お手数おかけします 「お手数おかけします」だけでも感謝や詫びの気持ちは伝わりますが、さらに「申し訳ありません」や「恐縮です」と言った詫びの意味を持った言葉をつなげて表現することがあります。 ビジネス上で何かと使用する「お手数おかけします」の表現を、いくつか覚えておくと表現の幅が広がるので便利です。 「お手数おかけします」への返事 相手に「お手数おかけします」と言われた場合はどのように返事をすれば良いでしょう。 大丈夫ですよ。 いつでもおっしゃってください。 構いません。 気にしないでください。 どういたしまして。 滅相もないことです。 とんでもございません。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 立場的に対等な相手であれば、どの表現を使っても良いのですが、目上の人には「とんでもございません」「滅相もないことです」などが好ましいでしょう。 まとめ 「お手数おかけします」「お手数をおかけしますが」は、相手への気遣いを感じさせる表現です。 ビジネスシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンで使われます。 場面や相手に応じたやりとりを上手にこなすことで、マナーのきちんとした常識のある人物だという印象を相手に与えることができます。 ぜひマスターしておきましょう。

次の

お手数おかけしますが何卒よろしくお願いします

お手数 を かける

「お手数」とは 「お手数おかけします」や「お手数ですが」という場合の「お手数」はどのような意味なのでしょう。 「お手数」は「手間」のこと 「お手数」の「手数」とは、一言でいうと、「手間」という意味の言葉です。 もう少し詳しく言うと、「手数」には、「あることをするための労力・動作・手間」といった意味があり、「手数の多い仕事」というと、労力や手間がかかる仕事を意味します。 また、「多い」という言葉を用いなくても、「その労力(動作)が多く面倒である」といったニュアンスも持つ言葉です。 それに尊敬の意味を持つ「お」を付けた言葉が「お手数」です。 相手を敬った表現なので、自分の動作・労力に「お手数」は使うことはしません。 読み方は「おてすう」が一般的 「手数」には、「てすう」「てかず」の二通りの読み方があります。 どちらでも問題ありませんが、「お手数おかけします」や「お手数ですが」という意味で使う時は、「おてすう」という読みを使うのが一般的です。 なお、「てかず」という読みは、碁や将棋の「手」の数という意味で用いられることが多い読み方です。 「お手数」の使い方と例文 手間・労力という意味の「お手数」という言葉は、実際にはどういった使い方が正しいのでしょう。 よく使う表現や便利な表現を例文とともに紹介します。 「お手数ですが」はクッション言葉 「お手数」はよく、「お手数ですが、ご確認ください」という風に、前置き・クッション言葉として使われる表現です。 この場合は、「お手間をおかけしますが」という意味になり、時間を割いてもらう申し訳なさ・感謝のニュアンスを含み、文字通り、言葉を和らげるようなクッションの役目を担います。 つまり、「お手数ですが」とすることで、同じ内容でも柔らかい印象を持った文章となるのです。 「お手数をおかけしますが」は依頼・お願いの表現 「お手数ですが」と同じニュアンスの表現に、「お手数おかけしますが」というものもあります。 意味は「お手数ですが」と同じですが、「(時間・労力・費用などを)そのために使う」という意味の「かける」という言葉を使った表現です。 特に、依頼内容を明記したうえで、「お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします」と締めくくるのもよくある例で、ただ「宜しくお願いします」と依頼するよりも気持ちのこもった表現になります。 「お手数ではございますが」はやや丁寧 「お手数ですが」「お手数をおかけしますが」という表現とともに用いられるのが「お手数ではございますが」という表現です。 「ございます」は丁寧語のひとつで、「お手数」という言葉だけでなく、ビジネスシーンではよく用いられます。 なお、「お手数ではございますが」の使い方は、先の2例と変わりありません。 文の頭につけてクッション言葉として使うことができます。 「お手数をおかけして恐縮ですが」もOK 「恐縮(きょうしゅく)」とは、「恐れ入ること」という意味の言葉で、相手に迷惑をかけたり、逆に厚意を受けたりした際に申し訳なく思うことを表します。 「お手数をおかけしますが」という表現にも、すでに「申し訳ない」というニュアンスが含まれてはいますが、「恐縮ですが」と言葉にすることでよりお詫び・感謝の意図が強くなります。 「お忙しいところ」とセットで配慮ある表現に 「お手数」という言葉は、「お忙しいところ」という言葉とともに用いることもよくあります。 たとえば、「お忙しいところお手数をおかけしますが」や「お忙しいところお手数ではございますが」といった表現です。 相手への配慮がより一層感じられるのが特徴で、「お忙しいところ」以外にも「ご多忙のところ」や「ご多忙中に」という言い方をすることもあります。 訂正依頼などでは「お手数をおかけして申し訳ございません」 書類や日程変更などを依頼する場合には、「お手数をおかけして申し訳ございません」とします。 特に、こちらの都合で変更をお願いするような場合に用いる表現です。 既に対応してもらったことに対し、「お手数をおかけして申し訳ございませんでした」という風にすることもあります。 「お手数おかけします」は誤りではない 「お手数」は、「お手数をおかけします」という表現で紹介してきましたが、「お手数おかけします」という風に助詞の「を」を省くことがあります。 「を」を省略した「お手数おかけします」という表現も、間違いではありませんが、文字にした場合には特に違和感を覚える人もいるようです。 そのため、文字で書く場合には「を」を省略せずに「お手数をおかけします」とするのがベターです。 「お手数」の類語・言い換え表現 「お手数」という言葉は、様々な形で用いられていますが、似たような意味の言葉は他にもあります。 類語や言い換えに使える言葉を紹介します。 「ご面倒」は言い換えに便利な類語 「お手数」の類語のひとつに「ご面倒」があります。 「面倒」とは、手間がかかってやっかいなこと・わずらわしいこと、という意味の言葉で、尊敬の「ご」をつけることで、相手に「面倒」な思いをさせる意味で使用します。 たとえば、「ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします」や「ご面倒をおかけして申し訳ございません」という風に、「お手数」の言い換え表現としても使用することが可能です。 「お手間をとらせてしまい」も類似表現 「お手数をおかけして恐縮ですが」という表現と同様の意味で使える表現に、「お手間をとらせてしまい」という言い回しがあります。 簡単に言うと、面倒なことを受けてくれた場合に使う表現です。 「お手数」は「おかけして」と言いますが、「お手間」は「かける」ではなく「とらせてしまい」という風にするのがポイントです。 「お手間をおかけして」とは言いませんので、注意しましょう。 「ご足労おかけしますが」という表現も たとえば、相手にこちらに来てもらうように依頼するような場合には、「ご足労おかけして申し訳ございません」や「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」といった言い方も「お手数おかけしますが」の類似の表現として使用できます。 「ご足労」とは、相手が歩く・行く・来るなどする場合に使う表現で、「ご足労おかけしますが」とは相手が出向くことへの感謝の気持ちを表した言い回しです。 「ご迷惑をおかけしますが」は使い方に注意が必要 「お手数をおかけしますが」と似た表現には、「ご迷惑をおかけしますが」という言い方もあります。 たとえば、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします」という風な使い方をされることがありますが、実はこの表現はおすすえめできる言い回しではありません。 「迷惑」とは、不利益や不快感の事ですので、「よろしくお願いします」と後に続けてしまうと「不利益ですがよろしく」という意味になり失礼なのです。 「ご迷惑おかけしますが」という表現は、必ず、「申し訳ございません」など謝罪の言葉と使うのがマナーです。 「お手数」を英語にすると? 「お手数ですが」や「お手数をおかけしますが」を英語にすると、どうなるのでしょう。 国際社会でも欠かせないフレーズですのでぜひおさえておきましょう。 以下のように、感謝の言葉を添えて使うのが一般的です。 Thank you for your cooperation. (お手数をおかけいたします。 ご協力に感謝します/よろしくお願いいたします) また、日本語の類語として紹介した「ご面倒」を使った表現では、• まとめ 「お手数」は、「お手数ではございますが、ご確認ください」や「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」という風にビジネスシーンではよく使う必須の表現です。 感謝や謝罪のニュアンスを含む表現で、文章全体を和らげてくれるような効力もあります。 相手に配慮した表現なので、積極的に使いたいものです。

次の