勢い 2。 当初の勢い過去のものに…なぜ、山本太郎は女性に嫌われてしまったのか 次の一手は広島か

大器・佐々木勇気七段(25)竜王戦2組で優勝を果たして勢いよく本戦進出(松本博文)

勢い 2

先週の「」で今季3勝目を挙げ勢いに乗るが首位と2打差の2位タイと好スタートを切った。 昨年のこの大会では最終日に、 韓国 との熾烈な戦いの末、3位に終わった吉田。 昨日の会見では「リベンジしたいなぁ。 でも、目の前の一打に集中します」と話していたが、その言葉通り初日にスタートダッシュをきっちり決め、リベンジのチャンスに一歩前進。 「さすがメジャーというぐらい難しいコースとセッティング」というタフな状況の中、好調なショットでチャンスをつくると、それをことごとく沈めリーダーズボードを駆け上がった。 今、間違いなく一番勢いのある女子プロだが「あと3日間あるし、難しいですし、あんまり自信をもちすぎるとカラ回りしちゃうので 苦笑 」と本人はいたって控えめ。 リベンジへ高ぶる気持ちを抑えながら「パッティングも落ち着いて、長いのが残っても落ち着いて寄せてパーを獲れる様になった。 そのホールでいっぱいいっぱいにならずにスムーズに次のホールに気持ちを切り替えられている」と笑顔の中で冷静にプレー。 どこのホールかは明かさなかったが、1メートルのパーパットを打つとき、鼻の穴に蚊が入るハプニングがあったがそこもきっちりパーで切り抜けたという。 この落ち着き、心の強さが昨年との一番の違いなのかもしれない。 昨年は逃したメジャータイトル、このままのプレーを続け運も味方すれば今年はつかめるに違いない。

次の

大原優乃『カバーガール大賞』今年はコミック部門女王 総合2位で勢いキープ

勢い 2

【北京時事】今年4~6月期の中国の経済成長率は3.2%となり、2四半期ぶりにプラス成長を回復した。 新型コロナウイルスの封じ込めに伴う経済活動の正常化に支えられた。 ただ、成長の柱だった個人消費に勢いは戻ってきておらず、景気回復の重しになる可能性もある。 6月の小売売上高は前年同月比1.8%減。 前月から若干改善したものの、プラス転換を見込んでいた市場予想(0.3%増、ロイター通信調べ)を大きく下回った。 昨年は年間で8.0%増と、新型コロナの流行前には成長のけん引役を果たしていただけに、消費の回復の遅れが際立っている。 消費の弱さの背景にあるのが、失業や所得減に対する不安だ。 6月の都市部失業率は5.7%。 直近ピークだった2月(6.2%)からは低下傾向にあるが、流行前の昨年12月(5.2%)を依然上回っている。 今年上半期の実質可処分所得は前年同期比1.3%減少した。 政府は5月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で雇用確保を最優先課題に掲げるなど、不安の払拭(ふっしょく)に懸命だ。 雇用の受け皿である中小・零細企業の経営を支えるため、金融緩和を通じた資金繰り支援に加え、減税や社会保険料の引き下げで2兆5000億元(約38兆円)以上の負担軽減を図る方針を打ち出した。 国家統計局の劉愛華報道官は16日の記者会見で「消費の持ち直しには制約がある」と指摘、特に外食などが影響を受けていると認めた。 一方、流行時に登場した新産業や新業態が景気を下支えするなどとして、下半期も回復基調が続くとの楽観的な見通しを示した。

次の

当初の勢い過去のものに…なぜ、山本太郎は女性に嫌われてしまったのか 次の一手は広島か

勢い 2

2019年に発売された雑誌のカバーを最も多く飾った女性タレントを表彰する『第6回 カバーガール大賞』が発表され、女優でグラビアアイドルの(20)が「コミック部門」を受賞した。 昨年は「大賞」「グラビア部門」「10代部門」の3冠を制したが、今年も総合ランクで2位に入るなど、勢いをキープしている。 昨年、念願の『カバーガール大賞』を受賞し、名実ともにグラビアクイーンとなった大原。 「ようかい体操 第一」を歌ったの元メンバーという肩書きもかすむほどの大活躍で、昨年10月発売の2nd写真集『吐息』では大人の色気も発揮。 現在は女優としても多数の作品に出演している。 カバーガール受賞後、昨年のグラビアについて「数にこだわらず、自分の中でマイペースに一つひとつの質とか、自分の中で体型管理だったりとかポージングだったり、表情の幅を広げていこうという意識しながらやってきて、海外で撮影させていただいたりうれしい1年でしたね」と笑顔を見せた大原。 また「この1年でパーソナルトレーニングに通うようになって、結構毎回の撮影にかける想いも大きかったりしたので見てくださってる方がいるんだなって思うとすごくうれしいですし、また今季2020年も感謝を忘れずにこれを糧にして頑張りたいなって思います」とさらに前を見据えている。 そのほかの部門賞も発表され、「大賞」と「20代部門」は女優の(27)、「エンタメ部門」と「10代部門」はの(19)、「ファッション部門」と「30代部門」は女優の(33)、「グラビア部門」は女優・グラビアアイドルの(21)、今年から新設された「メンズ部門」は、人気グループ・の(23)が受賞した。 また、話題となった雑誌を実行委員会が選定する「話題賞」は、俳優の(34)と女優の(32)が初共演&結婚後公式で初の2ショットが表紙を飾った女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』12月号が選ばれた。 同賞は3月4日の「雑誌の日」にちなみ、大会実行委員がオンライン書店「Fujisan. jp」で取り扱われる約1万点の雑誌から、カバーを飾った回数が多かった女優やアイドルを表彰する。

次の