単身 引越し 費用 比較。 日通やクロネコヤマトの単身パックで引越しする注意点

【単身パック比較】おすすめの単身引越しが安いプランと業者別料金見積もりの相場

単身 引越し 費用 比較

単身引越し費用の相場はどれくらい? 単身引越しの相場は、一般的な1Kで生活する用の荷物で、だいたい25,000円~50,000円くらい。 荷物の量や移動距離によって料金は多少高くなることがあり、それ以外に引越しの繁忙期2月~4月終わりくらいまではだいたいどこの引越し業者も多忙ゆえに料金が多少高くなることがあります。 単身パックの引越し料金を当サイトで調査してみました。 季節変動で値段の上下や確定的に料金を出せない業者も多いのですがおおよその目安になる単身パックの引越し比較表です。 尚、こういった料金に縛られずに一番安く引越しをしたい方には引越し一括見積もりがおすすめです。 引越し業者名 単身プラン名称 料金【季節変動あり) 対応エリア おまかせパック 50km近距離30000~ 200km~長距離50000 全国 らくらくコース せつやくコース ご一緒便コース 50km近距離30000~ 200km~長距離50000 全国 日通 単身パック当日便 単身パックS・L 単身パックX 50km近距離15120 200km~長距離50000 全国 単身引越サービス 単身引越サービスmini 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 スタンダードプラン エコノミープラン パーフェクトプラン エクセレントプラン 50km近距離22000 200km~長距離45000 全国 ミニ引越しプラン ミニ引越し長距離プラン 荷物多め単身プラン すべてお任せフルプラン 50km近距離30000~ 200km~長距離50000 全国 アリさんマークの引越社 超ミニ引越しプラン 特ミニ引越しプラン ミニ引越しプラン 50km近距離40000~ 200km~長距離70000 ~ 全国 基本プラン らくらくプラン 節約プラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 とくとくコース らくらくコース おまかせコース 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 浜松・袋井 超経済コース 経済コース らくらくコース おまかせコース 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 — 東京都で2時間 トラック&ドライバーのみ 13,500円~ 全国 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 ひとりパック せつやくパック 22,000円~ 全国 節約パック 楽々おまかせパック 完全おまかせパック 大物限定パック フリータイムパック 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 限定タイプ らくらくタイプ スピーディタイプ おまかせタイプ 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 — 近距離14,800円~ 長距離39,800円~ 全国 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 お財布安心コース 荷ほどきだけ自分でらくらくコース まるっと全部おまかせコース 単身19,000円~ 家族35,000円~ 全国 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 シングルコース 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 近距離プラン 中距離プラン 長距離プラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 経済コース おまかせコース 単身15,000円~ 家族25,000円~ 全国 スタンダードコース フリー便 混載便 学生割引サービス有り 単身&家族23,000円~ 全国 標準コース ゴールド シルバー ブロンズ 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 長野県 山梨県地域 単身プラン 荷造りプラン らくらくプラン レジェンドプラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 大阪 兵庫 滋賀 和歌山 京都 シングルプラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 エコノミープラン ラク1プラン ラク2プラン フリープラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 愛知県 東京など 荷造り・荷解きスペシャルコース 標準作業スタンダードコース 小さなお引越コース ペットちゃんお引越コース 海上コンテナコース 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 東京都 — 8,000円~ 大阪・神戸 ミニミニプラン ワンルームプラン スタンダード ミニミニプラン12,000円 ワンルームプラン 15,000円~18,000円 スタンダード 18,000円~28,000円 東京 千葉 埼玉 神奈川発着 シングルプラン 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 北海道 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 神奈川 介護引っ越し 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 九州 全国 シングルプラン 単身29,000円~ 家族75,000円~ 東京 神奈川 単身引越プラン 今すぐ引越プラン 格安長距離便 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 神奈川 横浜 川崎 小さな単身引越 大きな単身引越 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 愛媛県 — 21,384円~ 東京 フリー便 時間指定便 単身16,200円~ カップル34,560円~ 家族54,000円~ 関東 標準プラン らくらくプラン おまかせプラン トラック積切プラン リスト運搬 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全国 超経済コース 経済コース らくらくコース おまかせコース 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 全部 — 15,000円~ 東京 埼玉 神奈川 千葉 外国人・家族 引越し向きの引越業者 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 東京 川崎 横浜 ミニ引越プラン 単身引越プラン ミニ引越9,800円~ カップル・家族 24,800円~ 千葉 東京 — 時期や状況に応じるので見積もりを行って下さい 東京 単身引越しプランで安い引越し業者はどこ?徹底比較 まずは長距離引越しにも対応していて有名な大手引越し業者についてみていきましょう。 サカイ引越センターの単身パックの値段は意外と安い! パンダのマークでお馴染み。 サカイ引越センターはリーズナブルな料金と質の高いサービスで知られ、安定して高評価を獲得している引越し業者です。 それゆえ繁忙期には予約が集中し、希望した日で対応できなかったり時間指定ができなかったりする可能性はゼロではありませんが、それでもリピーターを獲得し続けていることから、非常に期待できる引越し業者だといえます。 単身引越しのパックについては、進学や就職等で初めて1人暮らしをする、不安でいっぱいな方々も多く利用しますが、サカイ引越センターなら安心して任せられると考える親御さんは多いです。 サカイ引越センターの単身引越しの料金相場は30,000円~ サカイ引越センターはベッド輸送にも完全対応 もちろんベッドの輸送にも対応しています。 ベッドが大きいサイズだと、場合によっては料金が上がる可能性はあります。 分解できるタイプのベットや、折り畳みベッドだと手慣れたスタッフさんたちがまるでテトリスのように上手く隙間にフィットさせて運んでくれるので、リーズナブルなままで対応してくれることが多いです。 アーク引越しセンターの単身パック。 ミニ引越しプランとは スタッフが迅速でてきぱきと作業してくれて、全体的に好印象という評価の高い引越し業者です。 作業が速い分、細かいサービスよりもとりあえず早く引越しを終えて日常生活に戻りたいというニーズを持っている方には特におすすめです。 スタッフたちは皆一生懸命働いてくれて、少々お願いしても頑張って対処しようとしてくれるサービス力もあるようです。 比較的料金交渉に対して柔軟な面も知られています。 グイグイ料金交渉して、早く引越しを終わらせたい。 そのような希望を持っている方はぜひチェックしてみてください。 アーク引越しセンターの単身パック(ミニ引越しプラン)の相場は30,000円~ですが、料金交渉しやすいということもありもっと安くなることもあります。 アーク引越しセンターでももちろんベッド輸送を行ってます! もちろんベッド輸送にも対応しています。 アート引越しセンターの単身パック。 単身引越スイスイを解説 アート引越しセンターは料金交渉しなくてもリーズナブルで、満足度が高い引越し業者です。 料金重視なら特におすすめです。 営業所にもよりますが、アート引越しセンターは全体的にスタッフの人数が多いので繁忙期でも予約に割と融通が利きやすいです。 スタッフの教育も行き届いていて、長く勤務するスタッフが多いからなのか作業に安定感といいますか安心感があります。 当日作業してくれるスタッフ以外に事務スタッフも対応が良いと評判です。 アート引越しセンターはどちらかというと大規模な荷物の引越しや長距離引越しといった少し難易度の高い引越しに特に強みを持ち、効率良くてきぱき作業してくれる実力派ですが、もちろん単身引越しも丁寧に対応してくれます。 引越し料金の相場は25,000円~とかなりお安め 単身引越スイスイはもちろんベッド輸送にもおすすめ ベッド輸送にももちろん対応しています。 てきぱき運んでくれます。 ハート引越しセンターの単身パックはスタンダードプランがおすすめ ハート引越しセンターは対応が速いことが多いです。 見積依頼をしたらすぐに連絡をくれる迅速さがあるので、早く引越しをしたい方におすすめです。 最初の対応だけではなく、もちろん引越し作業もてきぱきと迅速です。 料金面は大手の引越し業者の中ではトップクラスでリーズナブルです。 料金交渉は気まずくて苦手だなという方は、最初から引越し業者の中でもトップクラスでリーズナブルな料金を提示してくれるハート引越しセンターの見積を優先して聞いてみるといいかも? 引越し料金の相場は20,000円~こちらはスタンダードプランの場合ですね。 ハート引越しセンターの場合単身パックプランではなく別プランでベッド輸送を行う もちろんベッド輸送にも対応しています。 ただスタンダードプランではなく、エコノミープランもしくはパーフェクトプランで行う事をおすすめします。 大手を利用するなら料金交渉をしよう! 大手の引越し業者は圧倒的な知名度と安心感があるので、初めて単身引越しを経験する女性でも、親御さんは安心して依頼できます。 長距離引越しに対応しているのも魅力ですが、繁忙期は普段より多少料金が高くなる傾向にあります。 まずは、料金交渉がおすすめです。 料金交渉の時におすすめのフレーズは「他の引越し業者はもっと安い料金を提示してくれた」です。 料金交渉は気まずくて不得意という方は、料金交渉しなくてもリーズナブルな傾向が強いハート引越しセンターを優先的にみてみると良いかも? ちなみに大手の各引越し業者をご紹介するにあたり、各社のベッド輸送についても触れましたが、ベッドはサイズが大きいタイプや分解できないタイプだと引越し料金が高くなる可能性があります。 こだわりがないのであればベッドは荷物に含めなかったり、引越し先の近所のニトリや通販、そのほかリーズナブルなホームセンターで購入するほうが結果的に安くなることもあります。 もし、引越し料金が予想の範囲より高いといった場合には、ベッドを含めなかったら安くなるのか聞いてみるのも良いかもしれません。 安く抑えることは大切ですが、とはいえ新生活は何かと緊張したりストレスを感じたりしやすいものでもあります。 普段愛用しているベットがあるほうが新居でリラックスできるなら、多少料金が高くなるとしても持って行ったほうが良いです。 引越し見積一括サイトを利用すると料金交渉しやすい! 各社のホームページから直接見積を依頼するのももちろんありですが、比較的料金交渉がしやすくなるのは引越し見積一括サイト経由での見積の依頼です。 経由だと、引越し業者も他社との競争があることを把握しているので、料金交渉がスムーズにいきやすいです。 単身引越しは地域密着型の引越し業者のほうが大手より安い? 大手の引越し業者はもちろん魅力的ですが、単身引越しのようなコンパクトな引越しだと地域密着型の引越し業者が強いことが多いです。 地域に根付き、地域のことを知り尽くして地道に運営していきた地域密着型の引越し業者には特有の温かさや魅力を実感できることも。 以下では、地域密着型の引越し業者の中でも人気上位の引越し業者についてみていきます。 人力引越社は料金交渉に柔軟で作業も丁寧!単身パックも便利? 人力引越社は最初から最後まで一貫してサービスが丁寧と評価が高いです。 電話対応も好印象、作業員も好印象で、非常に魅力的です。 長距離引越しも得意としていて、要望にも柔軟に対応してくれます。 これほどしっかりしたサービスを提供してくれるにも関わらず、とにかく安いです。 状況にもよりますが、10,000円台後半~対応してくれることも。 多いのは20,000円くらい~ですが、料金交渉をしっかり聞いてくれるので、ぜひ試してみて欲しいです。 人力引越し社でもはベッド輸送についてもちろんベッド輸送にも対応しています。 引越しのシードはサービス力抜群!単身パックはどう? 関東の引越しを得意としている引越しのシード。 スタッフが全体的に爽やかで好感度が高く、大切に育てられていることがわかります。 マナーもしっかりしているので、大切な荷物を安心して預けることができます。 引越しのシードは、対応が速いです。 単身パックはとにかくあっという間に対応してくれます。 スピード感重視かつ関東で引越しするならおすすめ。 引越しのシードも料金交渉には柔軟です。 引越し料金の相場は20,000円くらい~ ベッド輸送についてもちろんベッド輸送にも対応しています。 関西の引越しならお任せ!ザジャパニーズスピリットの単身パック ザジャパニーズスピリットは関西の引越しに強みを持ちます。 迅速かつ丁寧。 かゆい所に手が届くようなきめ細かなサービスをしてくれて、スタッフの愛想も良いです。 地域密着型の引越し業者特有の温かさや親切感があって、快適な引越しに期待できます。 初めての単身引越しでも安心して荷物を任せることができます。 引越し料金の相場は20,000円くらい~ ベッド輸送にも対応しています。 長距離引越しなら大手で短距離引越しなら地域密着型が安くなりやすい ここまで大手、地域密着型、それぞれの引越し業者の中で人気が高くリーズナブルな傾向がある引越し業者を厳選してご紹介しました。 引越しは、移動距離や荷物の量によって料金が変動します。 単身引越しといっても、女性だと荷物が多めで、男性だと荷物が少ないということも珍しくありません。 そうなると、料金に開きがでることもあるのですが、今回ご紹介した引越し業者であれば、精一杯料金面は努力してくれます。 単身引越しで引越し業者を選ぶ基準ですが、中距離や長距離なら大手の引越し業者がおすすめ。 短距離なら地域密着型の引越し業者がおすすめです。 どうしてかというと、大手の引越し業者は全国各地に拠点(営業所)を持ち、路線ネットワークが整備されていたり、人員数も全国的に確保しているので中距離や長距離でも、可能な限り早めに荷物を輸送対応してくれることが多いからです。 また、長距離引越しの経験も豊富なので任せやすいです。 それに対し地域密着型の引越し業者は、長距離に対応しているところは多いですが、大手程路線ネットワークが整備されていることは少なく、普段長距離引越しをこなしている数も大手の引越し業者と比べると少ない傾向にあります。 その代わり、地域密着型だからこそ短距離の引越しは大得意。 道路情報も精通していることが多く、近道等もよく知っている傾向にあります。 それ以外にも地域のおいしいお店の情報等にも詳しいスタッフさんが多く、新生活を始めるにあたって色々な情報を事前に収集したいという方にもおすすめです。 このように、大手の引越し業者なら中距離と長距離、地域密着型の引越し業者なら短距離に強みを持つ傾向にあると覚えておきましょう。 もちろん、各引越し業者によっても細かい事情は変わってくるので、できれば複数社に対し一括見積をして、総合判断して依頼する引越し業者を決めましょう。 他人から高評価の引越し業者でも、自分との相性があるのは事実です。 引越しの満足度は引越し業者が左右することが多いので、電話対応の印象等も含めて選択の際はよくみて考えるようにしましょう。 どの引越し業者を選ぶにしても一括見積サイトを利用しないと損! どの引越し業者を選択するとしても、一括見積サイトは便利なので駆使しましょう。 一括見積サイト経由だと、料金もリーズナブルにしてもらいやすくサービス面でも期待できます。 同時に複数社での見積を確認することができるので、どこが一番安いかも一目で判断することができます。 引越し料金は、引越し業者に相談すればけっこう割引してくれることが多いので、できれば上手く活用していきましょう。 「まとめ」単身引越し費用は交渉してリーズナブルな引越しを実現しよう! いかがでしたか。 今回の記事では、単身引越しをする場合の料金相場やピックアップした引越し業者の特徴等を詳しくご紹介しました。 単身引越しは家族引越しとは違い、何かと不安がつきものではないでしょうか。 特に進学や就職で初めて単身引越しを経験する方は、引越し業者のスタッフがどんな人なのか気になってしまうこともありますよね。 今回ご紹介した引越し業者はユーザーの満足度も高くスタッフの研修もしっかりしている引越し業者なので、安心度は高いです。 まずは複数社の一括見積から初めてみてくださいね。 引越しの一括見積サイトをしっかり利用していきましょう。 引越しの満足度は引越し業者が左右することが多いです。 自分と相性の良い引越し業者をみつけて、スムーズに快適な引越しを目指してくださいね! ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

単身 引越し 費用 比較

「単身で引越しするんだけど、単身パックってお得になるの?」 「単身パックのメリットは、どんなことがあるの?」 「単身パックの比較サイトを探しているんだけどどこかない?」 「クロネコヤマトと日通で単身パックを迷っているんだけどどっちがいいの?」 あなたはこんなことでお悩みではないでしょうか。 単身で引越しを考えている人なら、荷物少ないために出来るだけ安い料金で引越ししたいと考えるのは当然のことです。 そんな時におすすめしたいのが「単身パック」で、運送料を割り勘に出来る事で格安な料金で利用出来ますが、荷物を運ぶ量には限りが有るなどのデメリットもあります。 上手に単身パックを利用して格安で引越しができるように、単身パックのメリットやデメリット、そしてそれぞれの引越し業者のおすすめの単身パックを比較しランキング形式でご紹介します。 ぜひ皆さんも単身で引越しする時の参考にして見て下さい。 引越しの単身パックって何? 単身パックとは、各引越し業者がそれぞれの規格のサイズのコンテナボックスに、家財道具を積んで引越し先まで運搬するサービスのことを言います。 コンテナのサイズも各引越し業者によって微妙に違っていて、大小2つのサイズを準備していたり、料金も似たような価格帯ではありますがそれぞれに違っています。 コンテナサイズにすべての荷物が収まる場合には、格安料金で引越しが出来ますが、コンテナに収まらない荷物がたくさんある様だと、逆に通常の引越しプランを利用した方がお得になるケースもあります。 それだけに自分の荷物が依頼した業者のコンテナボックスに、しっかりと収まるか確認する必要があります。 単身プランとも違うの? 単身プランとは、単身パックのコンテナボックスの中にすべての荷物が収まらない人を対象にしたプランで、単身パックのコンテナは混載便での運搬ですが、単身プランはトラックを貸し切りにて運搬します。 それらの荷物の量に応じて、少ない荷物の場合には軽トラックやライトバン、軽ワゴンなどの車両を利用したり、荷物が多い場合には1. 5tクラスのトラックを利用したりします。 単身パックが混載便なので運送料は割安になるのに対して、単身プランは貸し切りなのでどうしても料金は割高になってしまうデメリットがあります。 訪問見積もりが無い 通常の引越の場合では、事前に引越し業者の担当者が自宅に訪問して、より正確な引越し費用を算出して見積もりを提示してくれます。 しかしこの作業は立ち会いが必要となるために、引越しをひかえている忙しい人にとっては、なかなかわずらわしい作業となってしまいます。 単身パックの場合には、コンテナに決められた量を入れての引越しになるので、ずばりコンテナに入る量が引っ越しの荷物の総量となるので、事前に訪問見積もりをしてもらう必要がありません。 これは引越しを間近にひかえて忙しい人にとっては、大変便利なシステムです。 追加料金も無い 引越しを行った場合には、案外想定外に荷物が多かったり作業員の人数が足りなかったりと、様々な理由で、追加料金が発生する場合がよくあります。 しかし単身パックであれば、決められたコンテナボックスにすべて荷物が収まっている限り、追加で料金が掛かることは無いので安心して依頼する事が出来ます。 混載輸送で格安で引越しができる そもそも単身パックの料金が格安で利用出来る理由には、1台のトラックに何台ものコンテナを積んで運送していくために、運送に掛かる人件費や輸送費を割り勘にすることができます。 そのような理由があって、単身パックは通常の引越し作業よりも格安で利用することが出来るようになっています。 運送時の荷物の破損や紛失のリスクが少ない 通常の引越し荷物の場合には、人の手によってトラックの中に運び込まれ、新居に到着してからもまた何度となく作業員の手によって運び出されるために、どうしても荷物の破損や紛失のリスクがあります。 その点単身パックの引越し用の荷物は、すべて専用コンテナに入れられてトラックで輸送されるため、荷物を直接作業員人が触れることは少ないために、荷物の破損や紛失のリスクは低くなります。 コンテナボックスが大事な荷物を保護してくれるので、通常の引越しの荷物の運送よりも安心して任せられます。 単身パックのデメリットは? 単身パックは、コンテナボックスを利用することによって、格安な料金で引越が出来るサービスですが、配送方法に制限がある為に、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。 コンテナボックスに入りきらないと割高になる 単身パックは、各引越し業者共に決められた規定のコンテナボックスにピッタリと荷物が収まる荷物の量になることで、運送費用がお得になるサービスです。 したがってこの規定のコンテナに荷物が収まらないと、収まらなった荷物を追加で運搬してもらうことになってしまいます。 その追加の量がかなり多めになってしまったりすると、そもそも単身パックは利用しないで通常の引越し契約の方がお得になる場合も出てきてしまいます。 逆のケースだとコンテナボックスのスペースの中の、半分程度の荷物しか無いような場合には、コンテナボックスを利用するよりも、荷物自体を宅急便などで送った方が安くなる場合もあります。 ダンボールの無料提供や回収が無い 引越業者に一般的な引越し作業を依頼したときには、一定量のダンボールが無料で提供され、引越し終了後には不要になったダンボールはすべて無料で回収されます。 ところが単身パックの場合には、料金を格安で提供していることもあってダンボールの無料提供や、無料回収のサービスは一切ありません。 そのために必要なダンボールはスーパーなどから無料でもらってくるか、インターネットやホームセンターなどで購入するしかありません。 輸送できる荷物のサイズが決まっている 単身パックで輸送できる荷物のサイズは、基本的にコンテナボックスよりも大きな荷物の運送には対応していません。 そのために、コンテナボックスに収まらないソファー・ベット・家具などの大型の荷物がいくつかある場合になると、単身バッでの荷物の輸送は的確な契約とは言えなくなってしまいます。 明らかに単身パックのコンテナには収まらないような荷物がたくさんあるのであれば、無理に単身パックは利用しないで、通常の引越しのプランを選択するようにしましょう。 また1つだけコンテナボックスに収まらない荷物があるという場合には、その荷物だけを「家財専用便」として依頼して運送することも出来るので、そういったときには引越し業者に相談してみましょう。 単身パックの見積もりで必要な情報とは? 単身パックの見積もりを依頼する場合には、電話かインターネットで申込みが出来ます。 その時に見積もりするに当たって必要な情報としては、「運送を希望する日」「郵便番号と現在の住所」「郵便番号と引越し先の住所」「家財の種類と寸法」になります。 これらの情報を伝えることによって、単身パックの見積もりを依頼することができます。 単身パックの料金の相場はいくらくらい? 単身パックの相場は引越し業者によって、また運送するエリアが同一市内から同じ地域内なのか、それ以上なのかなどによっても料金が分かってきます。 同一県内の引越しをした場合に、コンテナボックス1.2㎥程度の容量の運送料金は、平均的な料金だと15,000円程度が相場となるようです。 仮に100㎞を超えるような長距離になったとしても、コンテナボックスを混載便として運送できるために、費用の相場としては20,000円台で利用することが可能です。 荷造りの梱包作業はどうするの? 単身パックの荷造りに関しては、引越しの前日まで自分でダンボール箱などにある程度の荷物は梱包しておきます。 大物の梱包に関しては、引越しの当日になると作業員が到着して、家具や家電などはきちんと梱包してくれるので、お任せで大丈夫です。 また引越し業者によっては、単身パックでの利用に最適な単身用資材パックと言ったような、ふとん袋・食器パット・ダンボールの大小セット・梱包材・クラフトテープなどがセットになったものを斡旋しています。 料金も3,000円程度で利用出来るので、利用すると梱包がかなり楽に出来ます。 単身パックは輸送距離の制限とかはあるの? 単身パックを利用しての荷物の輸送を行う場合には、サービスを提供している地域が各引越し業者によって違い、希望している地域への輸送が出来ないと言う場合があります。 そのために依頼を考えている引越し業者の単身パックが、希望している地域への輸送に対応しているのかを、事前に確認しておく必要があります。 単身パックは利用出来ない期間があるの? 単身パックは、多くの引越し業者が1年間でも一番忙しくなる一定期間 例えば3月20日~4月5日までなど は、利用を休止している引越し業者がいます。 また利用出来たとしても1ボックス当たり2,000円程度、割割増料金を設定しているところもあるので、事前に確認をしておきましょう。 荷物はどのくらいで届くの? 通常の引越しの荷物はトラックを貸し切りにするので、そのトラックが現地に到着すればすぐに荷物を受け取れますが、単身パックは混載便での運搬となるのでそうはいきません。 基本的な考え方としては、宅急便で荷物を送ったような感じになり、距離が近い場合には当日に届けてもらえる場合もあれば、遠距離の場合だと2~3日掛かってしまう場合もあります。 受け渡しの時間指定も可能になっているので、そのあたりをうまく利用して活用していくと良いでしょう。 引越し業者によっては、時間指定をする場合はオプション料金が加算されたり、時間して医自体に対応していない業者もいるので、確認しておきましょう。 単身パックで輸送することができないものは? 単身パックでは、基本的にコンテナボックスに収まらない大型の家電や家具、ソファーやピアノなどの荷物は輸送することが出来ません。 コンテナボックスにどうしても収まらないような場合には、オプションとして家財宅急便としての取り扱いが出来るので、料金は別料金になりますが、そちらを利用するようにしましょう。 クロネコヤマトの単身パックは「単身引越サービスパックmini」の「単身引越サービスパック」の2つのプランが準備されていて、荷物の量によって選ぶことが出来ます。 同一エリア内であれば追加料金無しで利用出来て、「平日割引き」「WEB割引き」「複数ボックス割引き」「エリア割引」など割引き特典がたくさんあります。 おすすめのポイント 大手引越し業者ならではの安心感があり、料金も他社と比べると割引きをフルに利用するとかなりお得になります。 時間指定も無料で行えるので、上手に活用すればかなりお得に引越しが出来ることもあって、非常に人気の高い引越パックとなっています。 参照: 2位 日本通運の単身パック 特徴 運送会社としては非常に知名度の高い、日本通運が取り扱う引越の単身パックです。 日通の単身パックは運ぶ荷物の量に合わせて「単身パックS」と「単身パックL」があり、それぞれ荷物が少なめの場合多めの場合で選択する事が出来ます。 同一エリア内であれば追加料金無しで利用出来て、「WEB割引き」「複数ボックス割引き」「エリア割引」などの特典があります。 おすすめのポイント クロネコヤマトとならんで、知名度は高いのに料金が割安なのがポイントで、割引きプランも豊富に準備してあります。 単身パックSには100万円まで、単身パックLには150万円までの保険金額が付いていて、クロネコヤマト同様に時間指定が無料で利用出来ます。 参照: 3位 ハトのマークの引越センター 特徴 ハトのマークの引越センターには「小鳩プチトラパック」「小鳩パック」「小鳩スカイパック」「青春引越便」と、それぞれの荷物の量や移動距離に応じて々なプランが準備されています。 「小鳩プチトラパック」は同一都道府県まで、「小鳩パック」は200kmを越えるエリアである事などの条件が付いています。 おすすめのポイント 各種ある単身パックの中でも、基本料金が11000円と非常に安い料金を設定しているのがオススメポイントです。 また200kmを越える距離での引越しプランも、うまく活用すればかなりお得に引越しが出来るでしょう。 4位 佐川急便の単身パック 特徴 佐川急便の単身パックは「単身カーゴプラン」といって、最低限度の家財とダンボール5個前後の輸送が出来るサービスです。 積載に制限がある為に単身赴任社荷物の少ない人向けで、料金的には他社と比べてやや高めの設定となっています。 おすすめのポイント 大手の荷物運送会社の佐川急便が行っているという安心感があり、ハウスクリーニング・ピアノ搬送・不用品回収・エアコン取り付け取り外し・荷物一時預かりなどオプションが充実しています。 ネットからの簡単な情報を入力するだけで、簡単に複数の引越し業者からの一括での見積もりを依頼する事が出来るので、大変便利なサービスです。 相見積もりをして費用の交渉をしよう 単身パックの格安料金とは言っても、閑散期などの条件が良いタイミングでオプションなども追加されている場合には、相見積もりをすることで、今の料金よりも安くなる可能性があります。 単身パックの料金は安いから今よりも値引きは無理だろうと諦めないで、相見積もりをうまく活用して今より安い料金になるように、上手に交渉してみましょう。 テレビのCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりの業者はこちら。 是非チェックしてみてください。 それぞれの特徴やおすすめポイントを比較して、よりお得で便利な引越し単身パックを活用してみましょう。 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照:.

次の

単身パックの引越し業者を比較。最安値料金のサービスのいい業者は?

単身 引越し 費用 比較

実家を出て初めて一人暮らしを始める、転勤や住み替え、就職のため新しいアパートに単身引越しする…。 このような単身引越しの場合、単身パックや赤帽のプラン、カーゴ便などを選べば、上手に引越し費用を抑えることができます。 ただ、実際に引越し見積りを依頼してみると「このくらいの金額なら、自力で引越しした方が安いかも?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。 単身(一人暮らし)の引越しについて料金を安く、上手に引越しをするためのポイントは以下です。 引越しの料金相場は同都道府県の場合、通常期(5月~1月)で約45,000円、繁忙期(2月~4月)で約67,000円• 同都道府県外の場合、通常期(5月~1月)で約53,000円、繁忙期(2月~4月)で約69,000円• 自力で引越しをする場合、料金は安くなるが労力と時間が必要• 料金を安く抑えるには『繁忙期を避ける』『大型家財のみ依頼』『赤帽利用』『単身パック利用』• 学生や就職で遠方へいく場合、不用品は処分し、宅配便で配送できるものだけ引越す ここでは単身(一人暮らし)の引越し料金相場と、費用を安くするコツとして引越し業者に頼むか?自力で行うか?それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして単身(一人暮らし)の引越を安く抑えるためのテクニックについて詳しく説明していきます。 単身(一人暮らし)の引越し料金相場 単身(一人暮らし)の引越しにかかる実際の料金相場を見てみましょう。 料金相場を知ることで、引越し業者に見積もりを取る際に、目安をあらかじめ理解した上で交渉ができます。 単身(一人暮らし)の引越し料金 通常期(5月~1月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 45,149円 67,178円 5月 55,940円 72,321円 6月 42,480円 66,357円 7月 41,080円 80,896円 8月 42,718円 61,904円 9月 51,327円 61,473円 10月 47,865円 66,959円 11月 54,537円 57,385円 12月 34,315円 63,807円 1月 36,082円 73,500円 繁忙期(2月~4月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 53,526円 69,449円 2月 36,736円 52,354円 3月 63,047円 80,844円 4月 60,796円 75,149円 引越しの料金相場は、同都道府県の引越しの場合は5万円前後、同都道府県外の場合は7万円弱が全体の平均費用となります。 細かく見ていくと、同都道府県内の引越しでは、通常期の料金相場の平均は45,149円。 繁忙期の場合は53,526円でした。 時期により約8,000円の差があります。 同都道府県外の場合、通常期の料金相場の平均は67,178円。 繁忙期の場合は69,449円なので約2,800円の差があります。 単身(一人暮らし)の引越し料金を安くする3つのコツ それでは実際に引越し料金を安くするコツについてご紹介します。 大きく分けると『安くなる時期を選ぶ』『自力で引越しをする』『単身向けサービスを利用する』の3つがポイントです。 安くなる時期を選ぶ 例えば通常期の同都道府県内の引っ越しでも12月の場合、費用の相場平均は34,315円、繁忙期の3月になると63,047円。 安い時期を選べば約5割も安く引越しができます。 進学や卒業、入学、転勤の時期に当たる3・4・9月は特に料金が高くなります。 また、引越が集中する月末は引越し業者に空きがないこともあるかもしれません。 どうしても繁忙期の真っただ中に引っ越さなければならない場合は自力で引越しすることも考えて、どちらが安くなるか検討してみるといいでしょう。 自力で引越しをする 家族や友人に頼んで自力で引っ越しをするケースについて考えてみましょう。 自力で引越しする場合の相場は、軽トラックを借りると1日のレンタル料金は7,000~8,000円程度。 それにプラス、距離に応じた燃料代が必要です。 荷物を一人で運びきれない場合、家族や友人、知人に手伝いを依頼しなければならないこともあるでしょう。 手伝ってくれた人へのお礼や交通費なども考えると、無料にはならず、1万円~は費用が必要となりそうです。 自力引越しのメリットは、引越し業者に依頼した場合にかかる平均相場5万円前後の料金が半額程度に節約できます。 また自分の好きな時間に作業ができ、家族や友人、知人に頼むことで、気兼ねなく作業ができます。 自力引越しのデメリットとしては、時間と労力が必要となります。 引越し業者へ依頼をする場合、荷物の新居への搬入は業者が対応してくれますが、自力では自身で対応する必要があります。 また、レンタカーを手配し返却する手間がかかりますし、レンタル時間に制限もあります。 普段運ばない荷物を積んでいるため、運転にも気を配らなくてはいけません。 単身向けサービスを利用する 荷物が少ないとはいえ、料金が抑えられれば引越し作業に慣れている業者に頼みたいのが皆さんの本音ではないでしょうか。 引越し業者では単身引越し用のパックプランが充実しているところも多く、安心して引っ越ししたいという方や荷物が多い方にはオススメです。 料金の相場はワンルーム程度の荷物が少ない場合で東京・大阪間で約25,000円程度。 同一都道府県内なら15,000円くらいから依頼することができる引越し業者もあるようです。 利用するメリットは、引越し作業になれた作業員が荷物を搬出してくれるため、安心感があります。 また家電の設置や不用品の回収など、こちらの希望に合ったサービスを提供してくれるのもメリットでしょう。 また引越し業者によっては女性の作業員に依頼できるレディースプランや学割プランを用意しているところも。 荷物の量によってさらに安いプランが適用されることもありますので、単身プランを利用する場合はまず、一括で複数の引越し会社に見積りを依頼するのが賢い選択と言えるでしょう。 単身向けサービスのご紹介 荷物が少ない単身(一人暮らし)の引越しの場合、単身向けサービスとして『赤帽を利用する』『単身パックを利用する』2つの方法があります。 赤帽を利用する 低価格で使いやすい赤帽の引越しサービスを利用します。 貨物軽自動車運送業を営む個人事業主が集まった事業協同組合のことを赤帽と呼んでいます。 軽トラックの最大積載量は350kg。 ドライバーの重量を除くと実質の荷物は280kg程度まで積むことができます。 赤帽を利用するメリットは、赤帽を利用すると貸切で荷物を運ぶことができます。 移動距離が短く、荷物が少なめという方、実家から初めての1人暮らしのために引っ越しするという方に人気があるサービスです。 距離20km以内・軽トラック1台、ドライバー1名、2時間以内の作業であれば、13,500円とコスパも抜群。 ただし、土日祝日は2割増しの料金となるので注意してくださいね。 また赤帽は個人事業主が経営しているので、大手の引越し業者より融通が利くという利点があります。 家の前の道路が狭くて大手の引越し業者に断わられた• 近所に迷惑をかけないように配慮しながら夜、引っ越し作業をしたい• 仕事の都合でどうしても引越が深夜になってしまう• 急な引っ越ししなければならなくなった というような事態にも対応してくれるところがあるので、まずは相談してみましょう。 大型の家具・家電・荷物だけを依頼することもできます。 「単身引越しなので、荷物の量は自力で引越しできる程度。 でもベッドや冷蔵庫、ソファなどは自分で運べないものだけ運んでほしい……。 赤帽はそんなニーズにもしっかり答えてくれます。 例えば、冷蔵庫やベッド、タンス、テレビなど軽トラックに載せられる荷物であれば、時間指定なしで5,400円から運んでもらえます。 時間指定ありの場合でも8,000円から対応してもらえるので安心です。 赤帽を利用するデメリットは、赤帽や軽トラックを使用したプランでは積載できる荷物量に限度があります。 そのためドライバー以外の作業員は頼めない、養生や梱包の依頼もNGということが多くなっているようです。 引越し業者と異なり、ダンボールや衣装ケースなどの梱包材の提供もないので注意しましょう。 ドライバーの方以外に助手を頼むとその分料金がかかってしまいます。 荷物の運搬は『お客様のご協力があること』を前提としているところも多いので、ある程度自分で手伝うことが条件となります。 また、積める荷物の量が意外に少ないため、当日になって荷物が積み切れずに、宅急便で荷物を送らなければならなくなった…というケースも。 軽トラックの場合、15kgの段ボール20個以下が目安ということを覚えておきましょう。 単身パックを利用する 単身パックは『カーゴ便』や『混載便』、『らくらく家財宅急便』のサービスが代表的です。 『カーゴ便』に代表される単身パックは、例えばある運送業者では高さ145cm、幅100cm、奥行75cmのカーゴを使用して引越しの荷物を運んでもらい格安の料金で引越しができます。 カーゴ便は他の荷物と一緒にトラックに積み込むため、料金を抑えることができます。 料金は繁忙期外で神奈川県から東京23区の場合で約23,000円程度が相場。 この大きさならテレビ、パソコン、ミニコンポ、掃除機、カラーボックスとローテーブル、段ボールが5箱程度まで運んでもらうことができます。 ワンルーム程度の荷物量の引越しや実家に荷物を送る場合などはこの大きさでも十分でしょう。 カーゴ便は一人暮らしをする方はもちろんのこと、単身赴任のための引越しの他、高齢者の方がグループホームなどに入居する際にもよく利用されているようです。 またwebから予約した場合のweb割引を用意しているところも多くなっています。 カーゴ便を依頼するときには、荷物の送付先までの距離によって料金や荷物が到着するまでの日数が異なるため、余裕をもって依頼する必要があります。 荷物が到着するまでの日数はおよそ3~5日が一般的。 引越しまでの期間が短い場合には適していません。 『混載便』とは、混載便とは長距離トラックの空いているスペースを利用して荷物を運ぶサービスです。 例えば東京から大阪、名古屋、広島などの地方都市に進学・転勤するなどで移動距離の長い引越しをする場合、混載便を利用すると引越し料金を安く抑えることができます。 自分の荷物だけを運んでもらうチャーター便と違い、日数はかかるものの料金をぐんと安く抑えることができるのが特徴です。 自分の都合ではなく、トラックの都合に合わせて荷物をピックアップしてもらうことで料金を安くできるのです。 引越し業者によって差はありますが、東京・大阪間の単身引っ越し(ワンルーム程度)の荷物なら約37,000円~というところも。 大手引越し業者が提供するカーゴ便よりも多く荷物を積める場合もあり、大きな荷物に対応してもらえる場合もあるので、移動距離の長い単身引越しを予定している方は是非、混載便の見積もりも依頼してみましょう。 『らくらく家財宅急便』は、ヤマトホームコンビニエンスが提供する『家具や家電など大物家財だけを1点から運送依頼』ができるサービスです。 自身で運搬できない大物家財だけを引越し依頼ができるので、必要な分だけの引越し料金に抑えられます。 料金相場は家財や距離により異なりますが、Aランク(一番軽量)料金の相場は1点1,400円~からあります。 宅配便だけを利用する方法 家財の引越しが不要な場合は、宅配便を利用して料金を安くする方法があります。 学生の方が実家に帰る、あるいは就職して職場の近くに新居を借りるといった場合、引越業者ではなく宅配便のみで引越しを済ませることも不可能ではありません。 もともと学生の単身(一人暮らし)の場合、大型の家具や家電は『学生の間だけ使えればいい』という基準で選んでいることが多いのではないでしょうか。 実家に戻る場合も、こうした家具は必要なくなることが多いですよね。 大きな荷物を初めとする不用品を処分し、ダンボールに詰められる荷物だけを新居に運ぶようにすれば宅配便の料金だけで引越しをすることも可能になります。 ベッドや冷蔵庫、ソファ、食器棚などがあると高くついてしまうので、事前に処分したり友人に譲ったりするなどしておきましょう。 ダンボールの3辺の合計が170cm、重さが30キロgまでなら『ゆうパック』を使用することが可能です。 さらにゆうパックは郵便局への持ち込み割引、同じ宛先に2個以上の荷物を送ることでの割引があります。 例えば、170cmサイズ、30キロまでの荷物を2つ同一県内での移動の場合、『持ち込み割引』と『複数口割引』が適用されて1個当たり1,890円、合計料金は2つで3,780円となります。 無料で時間帯指定も可能です。 これに対して、クロネコヤマトでは160cm、25キロまでの荷物が同一県内で1個当たり1,836円(持ち込みは100円引き)。 ゆうパックの方が5キロ多い分、お得と言えそうですね。 大きな荷物がない方はこうした方法を検討してみてもいいのではないでしょうか。

次の