ドコモ ギガホ amazon プライム。 NTTドコモが「ギガホ」に「Amazonプライム」が1年ついてくる特典を提供開始 │ スマホ&格安SIM情報

ドコモ新プラン

ドコモ ギガホ amazon プライム

NTTドコモは、アマゾンジャパンと連携し、新プラン「ギガホ」の契約者にAmazon プライム会員権を1年分無料で提供すると発表しました。 キャンペーン申し込み用のWebサイトは、12月1日9時に公開されます。 また、スタート当初限定のキャンペーンとして、段階制プラン「ギガライト」の契約者もAmazon プライム 1年無料特典を受けられます。 すでにギガホ・ギガライトを利用しているユーザーも対象となります。 Amazon プライム会員は動画見放題ビデオ「プライム・ビデオ」や、電子書籍読み放題の「prime reading」、Amazon. jpのお急ぎ便無料や限定セールといった特典を利用できる会員制サービス。 通常の月額料金は500円(年間契約で4900円)となっています。 なお、キャンペーンの無料期間の終了後は自動更新で課金されます。 更新を希望しない場合は、Amazonの会員ページから解約手続きが必要となります。 ギガホ向けのキャンペーンは終了時期未定。 ギガライト向けのキャンペーンも終了時期は示されていませんが「当面の間」と紹介されています。 上限は1か月あたり3000ポイントで、期間限定dポイントで還元されます。 なお、d払いのキャンペーンは2020年3月までの期間限定となっています。 そのような状況の中で、ドコモの狙いはさまざまなコンテンツサービスをセットにして、料金プランに割安感を出すことにあります。 NTTドコモの吉澤社長は、「過去のように端末値引きという競争ではなく、魅力的なサービスを付加して磨き上げていく必要がある」と語りました。 ドコモはAmazonとの取り組みの発表の前日(11月25日)、ディズニー動画が見放題の「ディズニーデラックス(Disney DELUXE)」と新プランの契約で12か月分の料金を割引するしています。 今回のAmazonとの取り組みによって、動画見放題の提供をさらに強化することになります。 11月25日にはギガホユーザー向けの1年無料キャンペーンが発表されています また、2020年にサービスが開始される5Gでは、高速な通信によって動画見放題サービスの普及が進むとみられています。 ライバルのau(KDDI)は、動画配信で世界最大手のNetflixと連携し、Netflix利用料込みのプランを提供しています。 今回ドコモがAmazonとの連携を深めたのは、5G対策と他社対抗という側面もありそうです。

次の

ドコモとアマゾンが連携強化

ドコモ ギガホ amazon プライム

このプログラムは本来、個人のギガホユーザーが対象だが、キャンペーンでギガライトの契約者も対象としている(例外あり) 適用には、からのエントリーが必要。 エントリーは12月1日午前9時から受け付ける。 Amazonプライムに加入するには、Amazon. jpのアカウントを作成の上、支払い方法として携帯決済(「d払い」など)またはクレジットカードを設定する必要がある。 Amazonプライムの会員権は標準で自動更新となるため、 特典期間が終了すると年会費が請求される。 自動更新を止めたい場合は、Amazon. jpのWebサイトで会員登録のキャンセルをしよう。 dポイント5倍還元キャンペーン(2020年3月31日まで) プログラムの開始を記念して、ドコモは「Amazon dポイント5倍還元キャンペーン」を12月1日午前9時から2020年3月31日午後11時59分まで開催する。 このキャンペーンでは、プログラムが適用されているユーザーが期間中にAmazon. キャンペーンポイント分は「期間・用途限定ポイント」として付与される キャンペーンはからのエントリーが必要。 キャンペーンポイントの付与上限は月間3000ポイントで、決済の翌々月上旬に付与される。 関連記事• ウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモが共同提供している「Disney DELUXE」にセット割が登場。 ドコモの「ギガホ」または「ギガライト」を契約した上で条件を満たすと、12カ月間の月額料金が700円引きとなる。 ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。 認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。 【更新】• NTTドコモの提供するスマートフォン向け決済サービス「d払い」が、12月1日からAmazon. jpで使えるようになる。 現在開催中のキャンペーン「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」のポイントアップ対象サイトにも加わる• NTTドコモは7月2日、同社の定額制アニメ配信サービス「dアニメストア」のコンテンツを、Amazonの動画配信サービス「Amazon Prime Video」に提供することを発表した。 関連リンク•

次の

ドコモのプランについてくるAmazonプライムを複数受け取る!ギガライト契約時は注意!

ドコモ ギガホ amazon プライム

(左から)NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏、アマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏 特設サイトからのエントリーで特典の利用が可能。 すでに対象プランやAmazonプライムを利用してるユーザーでも申し込み可能だ。 また、提供記念キャンペーンとして、低価格プラン「ギガライト」を利用しているユーザーも対象となるほか、ドコモのスマートフォン決済「d払い」でも、Amazonでのショッピングにd払いを利用(キャンペーンサイトからエントリーが必要)することで、5%のポイント還元が受けられる。 なお、Amazonプライムの特典については、「はじめてスマホ割」「ドコモの学割」が適用されているユーザーは対象外となるほか、d払いの5%還元は、2020年3月31日までの期間限定となる。 アマゾンでのショッピングも「d払い」なら5%還元 アマゾンとの連携は5G時代を見据えたもの NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏は、提携の狙いについて「d払いでアマゾンとは連携を深めている。 私どもとしても、新しい料金プラン、d払い、dポイントの魅力を高めるためにいろいろな事ができそうだと検討した。 アマゾンにとっては、ドコモの契約者でAmazonプライムを使っていないユーザーもいる。 新料金プランの魅力をもっと上げ、d払い、dポイントと絡めながら、Amazonプライムをもっと積極的に使ってもらうことでお互いのメリットが出る」と語る。 吉澤氏は、「料金が融合した形のプラン、取り組みが来年スタートする5Gにつながっていく」とし、「Amazonプライムで動画を観るときに、容量の大きなプランが親和性がある。 これを別々の料金ではなく、融合したものとして考えていくのも一つの方法」と、料金プランと親和性の高いサービスとの組み合わせが、5G時代にマッチするとの考えを述べた。 また、ドコモではdショッピングなど自前でのEコマースも手がけている。 アマゾンとの棲み分けについては、「dショッピングは商品などに特徴があり、マガシークなどファッション領域も独自でやっているが、もっと幅広いすべての商品分野になるとアマゾンのサービスは魅力的。 ドコモの会員、契約者のメリットとしては大きなものになる」とし、「競合ではなく、(それぞれの)良いところ、メリットを享受してもらう風に理解してもらえれば」とメリットを強調した。 巨大サービス事業者と手を組む例としては、KDDIとネットフリックス、グループ内ではあるがソフトバンクとヤフーなど、各キャリアが取り組んでいる。 吉澤氏は、アマゾンとの提携はd払いなどを含めた連携強化からの自然な流れであり、それ以外の事業者とは組まないという意味ではないとしている。

次の