なごり 雪 歌詞 - なごり雪

歌詞 なごり 雪 小野由紀子の舞曲・雪月花の歌詞全文

歌詞 なごり 雪 「なごり雪」歌詞の意味を考察!季節はずれの雪が意味するものとは?

市川由紀乃 なごり歌

歌詞 なごり 雪 なごり雪 ~

歌詞 なごり 雪 なごり 雪

なごり雪 ~ 伊勢正三

歌詞 なごり 雪 「なごり雪」の歌詞の解釈

歌詞 なごり 雪 なごり 雪

なごり雪 イルカ 歌詞情報

歌詞 なごり 雪 なごり寿司~なごり雪~ 歌詞「嘉門タツオ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 なごり 雪 イルカ なごり雪

なごり雪

歌詞 なごり 雪 「なごり雪」歌詞の意味を考察!季節はずれの雪が意味するものとは?

歌詞 なごり 雪 小野由紀子の舞曲・雪月花の歌詞全文

「なごり雪」の歌詞の解釈

これを小説に直すと、「二人でホームに並んで、汽車を待つ気まずい時、僕はふと、季節外れの雪が降っていることに気づいた。

  • かなり詩人だなと思います。

  • しかし、この歌の中では、なごり雪がタイミングを知っていたという言い方になっています。

  • そんな季節はずれの「なごり雪」は、このフレーズの通り積もることなく溶けていきます。

市川由紀乃 なごり歌

つまり、この雪が降る季節と自分の節目・心境を重ねた歌なのです。

  • 一方で、ただ手持無沙汰で時計を見ているだけという考えもあります。

  • ****************************** 僕の心が君のことを気にしないほど新しい場所へ旅立つことに切り替わっていたら、「なごり雪」など気にならないはず。

  • 「駅」と「春」、この2つのキーワードから思い浮かぶもの、それは「 別れ」ではないでしょうか。

なごり 雪 歌詞 意味

別離を惜しんで流す涙。

  • あなたに「さよなら」って言えるのは今日だけ 明日になってまたあなたの暖い手に触れたら きっと言えなくなってしまう そんな気がして… 私には 鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに 私の目の前にあった幸せにすがりついてしまった 私の誕生日に22本のローソクをたて ひとつひとつが みんな君の人生だねって言って 17本目からはいっしょに火をつけたのが きのうのことのように… 今はただ 5年の月日が永すぎた春といえるだけです あなたの 知らないところへ嫁いでゆく私にとって ひとつだけ こんな私のわがまま聞いてくれるなら あなたは あなたのままで 変らずにいて下さい そのままで <引用:伊勢正三『22才の別れ』歌詞より> この『22才の別れ』については、伊勢正三が後日談で次のように語っている。

  • 果たして彼女は北か南か、どちらへ向かうのか気になりますね。

  • 春になり女性との別れの時が迫っているというのに、学生時代の淡い季節を名残惜しむかのように駅のホームで降り続ける「なごり雪」は、まだ精神的に大人になり切れない男性の儚く未熟な内面を暗示したものであり、すでに気持ちが未来へ向かっている女性とのコントラストとなっている。

イルカ なごり雪 歌詞

子孫、末裔、形見、財産。

  • なごり雪も降る時を知り 『なごり雪』の歌詞で最も解釈が分かれるのが、この「なごり雪も降る時を知り」という一節ではないだろうか。

  • 一つずつ補足してみたい。

  • 詩の場合は、ほとんどが一人称ですよね。

なごり雪 ~ 伊勢正三

「2人で」見ていた雪は、まさしく「さよならの瞬間」だったため、「冷たい・悲しい」雪だっだのでしょうが、 彼女が去って一人きりで見た雪を、「溶けて」いると表しているのは、 「悲しいながらも、立ち直っていく前向きさや強さ」も詠っているように感じました。

  • もしかしたら、「なごり雪」といういい方は伊勢正三のオリジナルなのかもしれません。

  • わかれの雪・なごりの雪・おんな雪 頬をぬらす 後朝 きぬぎぬ の雪 抱かれたかず しあわせになれるものならば うらみはしないけど おんなの夢は 春の雪 降りつむひまもないまま とけてゆく 燃えてはかない 恋化粧 あなたの背中 抱かれたかず しあわせになれるものならば 降る雪もいとしい 臥待月 ふしまちづき ・更待月 ふけまちづき ・夜半 よは の月 空はいつか 有明の月 足音だけ 待ちこがれている この嘆き 枕もぬれたまま おんなの夢は 露しぐれ ただひたすらに あなたを恋慕う 心はなれて ゆくのなら 命をとめて 足音だけ 待ちこがれている この嘆き 松風もわびしい 朝 あした に咲き 夕べに散る現身 うつせみ の 花のいのち くれないの色 この黒髪 紅い唇が匂うまに 私を抱きしめて おんなの夢は 曼珠沙華 まんじゅしゃか 恋しい腕に抱かれて蜜になる 燃えて散れ散れ 夢一夜 あなたのままに この黒髪 紅い唇が匂うまに 抱きしめて ひとたび. そして「止むべき時」とはすなわち、青春時代の終わりを意味する。

  • 最初に「なごり雪」を、その次にもう1曲別の作品をレコーディングした。

「なごり雪」の歌詞の解釈

1951年生まれの伊勢正三が少年時代に見ていた汽車は、文字通り 蒸気機関車のことでしょう。

  • こう考えると、「君」の「東京で見る雪はもう最後ね」と響きあいます。

  • 新幹線や飛行機を誰もが利用できる時代ではなかった1970年代。

  • 1974年に発表された「三階建の詩」というアルバムだ。

なごり雪 歌詞の意味・解釈

別れの涙。

  • 「なごり雪」の歌の意味 慣用句では「なごりの雪」が一般的です。

  • なごり雪とは、春を感じ始めたころに降る雪のことですよね。

  • ここでの「雪」は、学生時代のフワフワして簡単に風に舞うような浮ついた「夢の時間」の象徴であり、それはやがて溶けて崩れて消える儚さと脆さに満ちたおぼろげな存在。




2021 cdn.snowboardermag.com