操虫棍 スキル。 システム/猟虫

モンハン4gで操虫棍を使う場合、おすすめスキルは何がいいですか?

操虫棍 スキル

操虫棍とは、で新たに登場する武器である。 概要 操虫棍って、こんな武器 先端に刃が付いた細身の武器。 現実に存在する武器でいうならに近い。 棒術のようなアクロバティックな攻撃ができる。 「棍」と名は付いているが攻撃は斬属性。 また印弾(後述)の射出孔からガスを放出し、 そのガス圧と棒高跳びの要領を利用することで、 段差の無い場所でもジャンプができる。 真の主役・猟虫 そして注目すべきは右腕に引っ付いてる巨大な虫である。 これは狩猟用に飼い馴らされた「猟虫」という虫で、 ハンターがモンスターに発射した印弾(しるしだま)めがけて飛ぶ性質を持っている。 モンスターに引っ付いた猟虫はモンスターから「強化エキス」を採取し、 エキスによってハンターを強化してくれる。 一度に3種類の強化が可能。 エキスは全部で4種類ある。 さらに風圧【小】と咆哮【小】を無効化する。 強化エキスの効果は猟虫で攻撃したモンスターの部位によって変わるので、いつどんなタイミングでどの部位に猟虫を飛ばすかが重要になると思われる。 なお、猟虫は虫餌と呼ばれる専用の餌を与えることでステータスを強化していくことが可能。 一定の条件を満たすことで進化させることもでき、その際にスピードタイプかパワータイプかスタミナタイプを選択することができる。 操虫棍におすすめのスキルは? おすすめのスキルは 【乗り上手】と【(高級)耳栓】と【ランナー】 この3つを揃えれば、乗り状態からダウンまでを成功させやすくなるはず。 閑話 他のハンターが乗り状態になっている間こそ、回復のチャンスだ… ___ 中級ハンターからのお言葉 悲しいことだが、操虫棍は御用達武器であることが多い。 前述のようにセルフジャンプができていかなる時でも乗り状態に持ち込めるのはいいのだが、周りの状況の判断もできずにひたすらジャンプ攻撃をするだけのハンターが多く、その様は「バッタ」と蔑称される程である。 乗り状態に持ち込めばモンスターが暴れるため、かえって味方の攻撃チャンスを潰していることもあるという点も考えてみてほしい。 それだけではなく、攻撃されるのが怖いので遠くから虫を飛ばすだけのハンターもいるが、これまた地雷扱いされることが多い。 それは矢斬りで戦う弓のようなものであり、用途を理解していない、もしくは臆病者と見られる。 また操虫棍は作成するだけなら他武器に比べてコストが比較的少ない。 (その分強化に素材を大量投入されるが。 )よって、モンスターをちょこっと狩るだけで簡単に作れてしまい、プレイヤースキルが碌に上がってもいないのに武器を作って満足してしまうハンターが多いというのも地雷扱いされてしまうことに一役買っており、「」なんていう地雷認定用語が生み出されてしまっている程である。 しかし、操虫棍を使うハンターのすべてが地雷というわけではないということだけは理解してほしい。 追伸、…間違っても女性ハンターに向けて猟虫を飛ばしてエキスを吸収とか、やましい事を考えてはいけないぞ。 ___通りすがりのハンター 閑話休題 「みんなは操虫棍を沙蚕…いや、誤解しているニャル。 」 操虫棍は上級者向けの武器である。 …もういちど言いましょう。 操虫棍はっ!上級者向けのぉ!武器であぁる! 「…操虫棍は前に出て戦う武器ではない…」 言ってみれば、操虫棍は弓と同じく近距離~中距離用の武器である。 ムシを飛ばしてぶつけたり 棍で攻撃したりと、 その場の状況に応じてさまざまな手段の攻撃ができるので 苦手な相手がほとんどいないし、 特にやなどの大きめの相手や に対して有利に戦える。 …が、操虫棍の棍による攻撃はエキスが溜まるまで緩慢…もっさりしているので、 棍での攻撃はムシから ひと通りエキスをもらってからにしたほうがよい。 「えっ、猟虫ってそんなに強いんですか!?」 そして、ムシの攻撃力も結構バカにできない。 初期の形態でもムシのパワーを上げていれば 棍の一撃の威力を軽く上回り、 同段階の強さの大剣やハンマーでも2回攻撃して倒せる耐久力のを一撃で倒せるのである。 なので、猟虫をパワー型にして猟虫メインで戦うという戦法もアリなのである。 「操虫棍は攻撃範囲が広いんスよ!」 また、 この武器種で狙えない部位はないほど攻撃範囲が広いので オンラインで、ほかのハンターの狙えない部位を狙って攻撃できれば 操虫棍の出番がないということもない。 (攻撃で他のハンターを巻き込んだり、逆に攻撃に巻き込まれないように注意がいるが) そして、操虫棍は マルドローン系統の猟虫によるスタンや 乗り状態や武器の属性などでサポートタイプの武器でもあるので、 しっかり使いこなせれば を乗り状態で転倒させてスキだらけにしたり 空を飛ぶを撃ち落とすことだってできるはずである。 戦術指南 操虫棍は猟虫の成長のさせかたにあわせて戦い方を変えたほうがよいかもしれない。 たとえば、こんな戦い方はどうだろうか。 パワータイプ ムシを呼んだり戻したりする動作にスキが少ないことを利用して 高くなった猟虫の攻撃力を活かす。 近距離からムシをぶつけては戻し、ぶつけては戻しを繰り返す。 印弾を当てる必要はない。 スピードタイプ ムシの早さを利用して猟虫はエキス集めだけに使い、 棍での攻撃をメインに戦う。 系などの状態異常タイプの操虫棍におすすめ。 スタミナタイプ ムシの飛距離と命令回数が増えるので 飛翔中の3回めの攻撃命令時に発生する ムシが黄色く光って飛ぶ強撃状態を当てることを目的とする。 まず、しっかりと印弾を当てる。 そして、遠目の間合いから相手に向けて猟虫を飛ばし、 連続で攻撃命令をしてムシを何回か相手に当てるか、ムシが疲れたら戻し、 相手が近づいてきたら貯まっているエキスの効果を利用し、棍で迎え撃つ。 猟虫で部位破壊をしたいハンターにおすすめ。 バランスタイプ 猟虫と棍のコンビネーションで戦う。 古龍種などの複雑な行動パターンを持つ相手に有効。 関連イラスト.

次の

操虫棍(そうちゅうこん)の特徴、初心者向け使い方、オススメスキル|まず赤エキスを取ろう

操虫棍 スキル

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の話。 アイスボーンに伴うアップデート内容のスキル 「ひるみ軽減」の項目に「操虫棍の猟虫エキスを3色そろえた時、ダメージアクションの軽減の効果がさらにアップします。 」の文字があった。 操虫棍好きとしてはどんな効果かワクワクしていたが、フタを開けてみるとその効果は ひるみ軽減のスキルレベルと同じ値の耳栓・風圧耐性・耐震スキルの効果が得られるという強力なものだった。 実際に使ってみると実に快適で、それからはほぼ常時「ひるみ軽減Lv3」を発動して戦う様になったほど。 ひるみ軽減そのものの効果と合わせて過去作の「金剛体」スキルに似た効果になるが、耐震が加わっているためほぼ上位互換と言える。 さらに重要なポイントは それぞれの効果が単独のスキル効果に加算されること。 例えば「ひるみ軽減Lv2」と「耳栓Lv1」を同時に発動して3色エキスを揃えれば、合計で耳栓Lv3になり咆哮小を防ぐことができるようになる。 これが何を意味するかというと、 ひるみ軽減Lv3・耳栓Lv2・風圧Lv2を同時発動して3色エキスを揃えれば咆哮・風圧・振動を完全にシャットアウトできてしまう。 字面で見るとスゴイ。 かなり効率が良い。 リオレウス(亜種)・ディアブロス・ウラガンキン・そして クシャルダオラなどは特に快適に戦えるようになる。 別モンスターの乱入で咆哮や振動を喰らってイライラしたことは誰しもあると思うが、このスキル構成ならほぼストレスフリー。 なので常時つけておいてもメリットがある。 ストーリークリア後に多くやることになる探索に特に向いていると言える。 常時効果を得るには3色エキスを維持する必要があるが、スピード限界がアイスボーンでさらに上がった猟虫と、猟虫強化【気・力】を利用すればそれほど難しくない。 他の武器を使ってる人からしたらそもそもエキス取り自体が面倒かもしれないけども……。 そもそもマスターランク序盤のモンスターのほとんどが咆哮小や風圧小しか使ってこないので「ひるみ軽減Lv3」のみで十分なケースも多い。

次の

耳栓+風圧耐性+耐震が快適! 操虫棍&スキル「ひるみ軽減」について(MHW:IB日記)

操虫棍 スキル

達人芸火力特化装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器 頭• ひるみ軽減Lv3を付けているため、エキス3色をキープして立ち回るのが基本です。 斬れ味は達人芸で維持できるので伸ばさず、残り3枠は攻撃力強化に割きます。 マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 自由枠 - 頭• 装飾品で耳栓を付ければ、耳栓Lv5を発動できるので、クラッチクローや溜め攻撃の使い勝手が飛躍的に向上します。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 自由枠 なし 頭• 操虫棍は攻撃しながら細かく動けるので、スタミナを消費せずに連続して攻撃でき、渾身を安定して発動できます。 EXディノ装備のシリーズスキルで渾身のレベルが5まで上げられるので、装飾品や護石で5にするのがおすすめです。 マスターランクのクリア後おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 自由枠 なし 頭• 空いているスロットが多いので、使用武器に合わせてスキルを変えやすい点も優秀です。 エキス3色を常に維持して戦う場合はひるみ軽減を付け、エキス2色 赤白 のみで戦う場合は火力に特化したスキル構成にしましょう。 護石 なし 発動スキル 赤白エキスの2色中心に戦う場合の火力に特化したスキル構成です。 高い会心率と超会心でダメージを稼ぎやすく、強化持続Lv3でエキスをとる手間を減らしています。 スロットの空きが残っているので、挑戦者でさらに火力を上げたり、ひるみ軽減を付けて立ち回りを安定させるのがおすすめです。 麻痺属性を付与する能力だけでなく、弱点特効や超会心を始めとした火力スキルを盛っているため、攻撃面においても高い性能を発揮します。 胴 腕• 火力面に注力しており、ひるみ軽減や体力増強などの便利スキルを採用していませんが、装飾品の付け替え次第で火力と耐久を両立できる装備への切り替えも可能です。 腰 脚• 業物が付いているとはいえ、他の切れ味スキルを併用してないため、戦闘をしていると必然的に切れ味が落ちてしまいます。 火力スキルが増えたため、モンスターに効率的にダメージを与えられます。 武器枠が自由なので、 あらゆる武器を担げる汎用性が魅力です。 ジャンプ鉄人を採用しているので、 地上だけでなく空中戦でも安定して戦える点が魅力です。

次の