シーリング ライト 取り付け 方。 引掛けシーリングの工事は意外と簡単?工事手順と注意点を把握しよう|生活110番ニュース

LEDシーリングライトの取り付け方と注意点|エネチェンジ

シーリング ライト 取り付け 方

ご自宅の照明を自分好みのおしゃれなものに変えたいと考えたとき、まず疑問として出てくるのが「どうやって取り付ければいいのか」という点でしょう。 蛍光管を取り替えたことはあっても照明器具自体を取り換えたことのない方は少なくないはずです。 じつは、照明を取り替える作業は非常に簡単だったりします。 現代の家屋では「引掛けシーリング」という道具が使用されており、それのおかげで誰もが簡単に照明の取り付けができるようになっているのです。 このコラムでは、そんな引掛けシーリングについて解説していきます。 引掛けシーリングの設置には資格が必要ではありますが、それさえ所持していれば作業はそれほど難しくありません。 もし資格があるようでしたら、DIYにチャレンジしてみるのもよいでしょう。 照明器具の取り付けを便利にする引掛けシーリング 引掛けシーリングとは、正式名称を「引掛けシーリングローゼット」といい、室内型照明器具を天井に取り付けるための電源ソケットおよびプラグのことを指します。 天井側の電源ソケットを「引掛けシーリングボディ」、そしてそこに取り付ける端子が「引掛けシーリングキャップ」です。 引掛けシーリングの仕組み 天井や壁面に設置した引掛けシーリングボディの穴には、引掛けシーリングキャップの金属端子を差し込むことができます。 ボディに端子を差し込んだキャップを指定方向にひねることでカチッと両者がはまり合う仕組みとなっているのです。 一度接続されると固定され、規定重量までの荷重に耐えることができます。 もし円盤型のシーリングライトが取り付けられている場合、円盤部分のカバーを取り外してみましょう。 その中から引掛けシーリングボディが出てくるはずです。 直付けとの違いは? 照明器具を取り付ける手段は、引掛けシーリング以外にも「直付け」があります。 こちらは天井に直接照明器具を取り付けるというもので、電線を取り扱う関係上、電気工事士の資格がないと取り付けをおこなうことができません。 なお引掛けシーリングは便利な取り付け方ではありますが、一定の重量以上の照明器具を吊り下げることはできません。 目安として約10kg以上の照明器具を設置したい場合は、引掛けシーリングに頼らずに直付けで取り付ける必要があるでしょう。 引掛けシーリングの種類 引掛けシーリングボディにはいくつか種類があります。 一般的な天井照明器具に付いている引掛けシーリングキャップは、基本的にどのタイプの引掛けシーリングボディにも対応しています。 そのため、種類を選ばず接続することができるはずです。 この項目では、引掛けシーリングボディの5種類をご紹介していきます。 角型引掛けシーリング ブロックのような直方体の形をした引掛けシーリングボディです。 和室竿縁天井などによく使用されるため、一般的な木造住宅に多く見られるタイプです。 ペンダントライトの多くは、この角型が適しています。 もしも照明を設置したい場所にシーリング器具がない場合は、電気工事の業者に引掛けシーリングの取り付け工事を依頼してください。 引掛けシーリングの設置方法 先ほども触れたように、引掛けシーリングの設置工事は電気工事士の資格がなければおこなうことができません。 無資格で工事をするのは法律違反に当たるほか、思わぬ事故につながる危険性があります。 資格がない場合は、必ず電気工事の業者に依頼するようにしましょう。 引掛けシーリングの取り付け手順 電気工事士の資格がある場合のみ、引掛けシーリングのDIYが可能です。 どういった流れで施工すればいいのか、作業の手順を簡単に紹介していきましょう。 ブレーカーを落とす その部屋の照明に対応するブレーカーを落とし、配線に電気が流れないようにします。 既存の照明を取り外す 取り替える部分の照明の固定を取り、電線を交換する照明器具から外します。 長さに余裕があればニッパーなどで切ってしまうのも手でしょう。 電線の被覆を剥く 天井から垂れている電線の絶縁被覆を剥いていきます。 どれだけ被覆を剥くかについてですが、引掛けシーリングボディ側に目安線が刻まれているので、それに合わせて剥くようにしましょう。 この目安線はない場合もあります。 シーリングに電線を差し込む 次に、剥いた部分を引掛けシーリングボディの穴に差し込みます。 このとき、「接地側」と書かれた方の穴に白線を差し込むようにしてください。 もしも失敗した場合は、「電源はずし穴」と書かれた部分をマイナスドライバーなどで押し込みながらケーブルを引っ張ると、安全に取り外すことができます。 シーリングをビスで固定する 引掛けシーリングボディを天井にビスで固定しましょう。 このとき、しっかりビスを下地に利かせておく必要があります。 下地がどこにあるのか分からない場合は、下地を探すための「下地探し」という道具も販売されているので、そちらを活用するのがよいでしょう。 照明の取り付けと動作確認 シーリング部分へ回してひっかけるように照明機器を取り付けます。 ブレーカーを戻し、ちゃんと付くか確認できれば作業完了です。 もし電気工事士の資格を所有していないのでしたら、電気工事の業者にシーリング設置の依頼をしましょう。 その場合、必要となる費用の相場は約3,000~5,000円となっています。 シーリング設置の際の注意点 引掛けシーリングを設置する際には、いくつか注意すべき点があります。 以下の要項をしっかりと理解をしたうえで作業をおこなうようにしましょう。 電気工事士の資格は必須 引掛けシーリングの設置工事は配線を取り扱う作業のため、電気工事士の資格が必要です。 いくら設置工事が簡単なものであっても、電気を取り扱う以上は感電事故の危険を伴います。 そのため、電気工事の知識があるという証明が可能な資格がないと、取り付け工事ができないのです。 ご家庭の引掛けシーリングの取り付けでしたら、「第二種電気工事士」の資格があれば十分です。 毎年2回は全国で試験をおこなっているので、興味がある方は挑戦してみるのをおすすめします。 詳しくは「 」でも解説していますので、参考にしていただければ幸いです。 照明の重さに合ったシーリングを選ぼう 角型引掛けシーリング、丸形引掛けシーリング、丸形フル引掛けシーリング、引掛埋込みは、耐荷重が約3kgまでです。 また、フル引掛ローゼットや引掛埋込みローゼットといったハンガー金具が付いているものは、耐荷重が約8kgまでとなっています。 引掛けシーリングの耐荷重などを考慮せずに照明器具を設置してしまうと、天井板が照明ごと崩落してしまう恐れさえあるでしょう。 そのため、設置した引掛けシーリングが耐えられる重量の照明を採用するようにしてください。 まとめ 引掛けシーリングが登場したことにより、照明器具の取り付けが一般人でもできるようになりました。 しかし、シャンデリアをはじめとした一定の重量以上の照明器具となると、直付けでないと吊り下げることができないこともあるでしょう。 引掛けシーリングを新設したり直付けで照明器具を設置したりするには、電気工事士の資格を所有している必要があります。 獲得には相応の勉学が必要になる資格ですが、電気工事のDIYが可能となるので、試験を受けても損はないはずです。 とはいえ、照明のためにわざわざ資格を取るのは面倒だという方も少なくはないでしょう。 すぐにでも電気工事をしたい場合には、電気工事の業者に工事を依頼するのをおすすめします。 照明工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2019年3月6日に加筆・修正しています).

次の

引っ掛けシーリングの取付け方法

シーリング ライト 取り付け 方

取り残されてしまった照明器具 先に書いておきますが、電気工事には資格が必要です。 家庭内レベルの工事を行なうには 第二種電気工事士という国家資格を持っていないといけません。 私は一応この資格を持っており、簡単な電気工事であればやっちゃいます。 プロではありませんし、施工レベルは素人レベルです。 そのため、基本的に今回のシェアハウスの電気工事は業者にお願いしました。 しかし、1点だけ古い照明器具の交換をお願いするのを忘れてしまい、これだけ取り残されてしまいました。 ゴツいし。 この取り残されてしまった照明器具を発見してしまったとき、最初はまた業者に頼んで交換して貰おうと思ったのですが、この1点のためだけにまたわざわざ業者に来てもらって、取り付けてもらうのは申し訳ない気持ちがありました。 また日程の調整をするのも面倒くさかったので、自分でやっちゃいました。 配線がどうなっているのかを確認する まずはこの古くさい照明器具がどのように取り付けられているのか確認を行ないます。 ドライバーを使ってネジを外していき、現れました! 天井からFケーブルが出ており、白と黒の配線がそれぞれコネクタに繋がって、最終的に3箇所の電球に繋がっているのが分かります。 このように配線が直接、照明器具に繋がっているものを「直付け」っていいます。 当然このまま、シーリングライトを取り付けることは出来ませんので、1度この器具を全て取り外して「引掛シーリング」を取り付ける必要があります。 写真は「角型引掛シーリング」です。 要は私が今回行なったのはこの「引掛シーリング」を取り付ける作業です。 既存の照明器具を取り外します とりあえず天井から配線が生えている初期の状態に戻すべく、既存の器具を外していきます。 遠慮は要りません。 配線をペンチで切断していきます。 あとはこの丸い天板をドライバーで外すと・・・ シースという灰色の皮に包まれた白と黒の配線が見えました。 周りには既存で取り付けていた天板の施工穴がありますが、シーリングライトで隠せるので特に何もしません。 さて、この白と黒の配線を専用工具を使って、適切な銅線の長さに剥いて、引掛シーリングを取り付けます。 専用工具が無い場合はカッターやペンチで剥くことも可能ですが、銅線を傷つけないように気をつけましょう。 「カチッ」と音がなるまで押し込んでいったら、取り付け完了です。 あとはビスとドライバーを使って天井に取り付けるだけです。 順調に取り付けることが出来ました。 シーリングライトを設置してみましょう。 今回設置するのはこちらのシーリングライト! 値段もお手頃です。 これであとは点灯すれば成功です。 電気が通りました。 無事に成功です。 コストは削減、施工は自己責任 通常、電気工事屋さんに直付の照明器具からシーリングライトへの交換をお願いすると 「照明器具代+2,000~4,000円」が掛かります。 私はDIYでこの交換作業を行なったことによって、この2,000~4,000円のコストを削減することが出来ました。 また、私は電気工事の資格こそあれど、施工経験はほぼ0でしたが、今回初めて自分でやってみると、かなり簡単でした。 ただし、施工レベルはアマチュアのため、やはり自己責任で出来る工事内容かどうかがポイントになると思います。 エアコン取り付けのような施工経験がある程度必要な工事は業者に任せて、照明器具の交換レベルであれば、今後は材料だけ買ってDIYでやっていこうと思います。

次の

古い直付の照明器具をDIYでシーリングライトに交換してみた | 年金に頼らない!20代から始める資産運用

シーリング ライト 取り付け 方

1階左下和室をメインルームにする この家に住むことになって、はじめに決めたことは、どこをメインの生活部屋にするかです。 広くてボロボロの家ですが、住む場所さえ決めれば、そこを優先的にきれいにすれば、とりあえず快適な生活を送れるからです。 まず、2階に住んでしまうと、いちいち1階と上り下りする必要があり、面倒なので、1階に住むことにしました。 そして、その中で最もきれいだった部屋が左下の和室だったのです。 他の部屋はすごいホコリやゴミが散乱していましたが、この和室だけは、掃除すればすぐに住める程度の汚れでした。 畳が想像以上にきれいでした。 畳を剥がすと床板が出てきました。 とりあえず、見える部分は掃除しました。 照明の取り付け しかし、この部屋には照明がついていませんでした。 でも大丈夫です。 他の部屋に照明がついているので、それを持ってくればいいだけです。 ちょうど2階の右上の和室に良さげな照明がありましたので、それを持ってくることにしました。 ホコリが被っていて非常に汚いです。 を買ってきたので、これで拭いてみます。 すごい汚れがよく落ちます。 もう一枚使いました。 パット見、だいぶきれいになりました。 1週間後 とりあえず、余っている照明を使っていましたが、個人的にこの照明はあまり好きではありません。 その理由は、 天井からぶら下がっているため邪魔なのと、もっと明るい照明がほしいという点からです。 YouTubeやブログをやっている立場なので、 照明というのは非常に重要です。 明るい撮影ライトもありますが、天井照明が明るいといちいち撮影ライトをつける必要もないからです。 ということで、近くのビバホームで12畳用の明るいシーリングライトを買ってきました。 明るさが5500lmで、6畳タイプだと4000lm程度だったので、少し明るくなります。 シーリングライトが取り付けできない いざ、開封して取り付けしようとしたのですが…なんと取り付けできませんでした。 なぜか、取付金具のマイナスネジの頭が出っ張っており、差し込もうとしても、ネジ頭にぶつかってしまうのです。 取り付けできた照明は空洞になっているため、ぶつからないが 購入した新しいシーリングライトは空洞になっていないため、ぶつかる。 Twitterで聞いてみたところ「ネジを更に締め込むと良い」というアドバイスを頂いて、やってみたのですがすでに限界まで締め込まれており、これ以上締め込むことはできませんでした。 根本から最新の口金に付け替えないといけないのか…と思いながら、近くのホームセンターにアダプターが無いか探しに行ったところ、それらしいものを見つけられました! それがこちらです。 これをカポッと取り付けて、更にその先に、シーリングライトを取り付けると、すんなりとライトが点灯してくれました。 やっぱり、探せばあるもんなんですね。 わざわざ工事しなくてよかったです。 まとめ 困ったときは、ホームセンターに行けば解決するかも? ネットの画像だけだと、いまいちわからないものも、現物だとよく分かるので、知識がない分野は現物を見るのに限りますね。

次の