神 姫 バス 明石 営業 所 - 神姫バス神戸営業所

姫 営業 明石 所 バス 神 神姫バス西脇営業所

姫 営業 明石 所 バス 神 淡路市生活観光バス路線

本四海峡バス株式会社

姫 営業 明石 所 バス 神 本四海峡バス株式会社

神姫バス神戸営業所

姫 営業 明石 所 バス 神 営業所・窓口・事業所一覧|神姫バス株式会社

姫 営業 明石 所 バス 神 神姫バストピックス(車両編)

神姫バスの歴史~その7近代化への歩み~

姫 営業 明石 所 バス 神 淡路市生活観光バス路線

姫 営業 明石 所 バス 神 神姫バス姫路営業所

姫 営業 明石 所 バス 神 神姫バストピックス(車両編)

姫 営業 明石 所 バス 神 神姫バストピックス(車両編)

神姫バス姫路営業所

姫 営業 明石 所 バス 神 営業所・窓口・事業所一覧|神姫バス株式会社

神姫バスの歴史~その3明石本社編~

4 - 9系統は欠番。

  • 東河原 - 伊川谷出張所間は3通りのルートがあるが、もともとあったのは伊川谷小学校前経由で、その後1987年に白水橋・北別府経由が、に和井取・北別府経由が新設された。

  • 甚だ略儀ではありますがお詫び申しあげます。

  • 上大野・姫路獨協大学を経由しない便もあるが、土日祝日はほとんどが経由しない。

神姫バス西脇営業所

打越を経由する系統。

  • 2014年2月の開業時は淡路交通の停留所には停車しなかったが、2014年10月より停車開始している。

  • 八千代プラザ - 八千代小学校前 - 多可町役場 - 日赤病院 - 多可高校口• (23年):明石 - 西脇営業所間(神姫バス)運行開始。

  • 本数は毎時1本前後で、西神営業所との共同運行。

神姫バス神戸営業所

早朝に大道町東始発便がある。

  • 明石駅 - 平野八幡神社前は、早朝深夜を中心に運転。

  • 頃まで、のりばはのような駐車場タイプであったが、再開発に伴いからは一般的な型となった。

本四海峡バス株式会社

将来導入予定のの車両基地としても活用する予定。

  • 伊川谷出張所での転回が不要となるため。

  • 姫路駅 - 大手前通り - 姫路城追手門前 - 姫路郵便局前 - 一丁町 - 五軒邸 - 城東町 - アンビック前 - 小川橋西詰 - 小川 - 庄西口 - 庄 - 豊国西口 - 豊国 - 飾東出張所前 - 春日野 - 清水 - 飾東山崎 - 八重畑 - 北野口 - 小原 - 畑法華口 - - 坂本 - 法華山口 - 善防 - 笠原 - 法華口駅前 - 鶉野南 - 中野 - 中野学校前 - 九会 - 下宮木 - 繁昌 - 五六 - 常吉 - 農林水産技術総合センター前 - 別府 - 東別府 - 東別府口 - 青野ヶ原 - 高岡 - 社町駅 - 河高社駅前 - 貝原 - 西垂水 - 鳥居 - 県総合庁舎前 - 社• 西神中央駅前にも乗り入れないので乗車の際には注意が必要である。

  • 関連項目 [ ]• 朝霧駅 - 大蔵谷清水 - あさぎり病院 - 神戸学院大学• 黒数字で周りがオレンジ)。

神姫バスの歴史~その7近代化への歩み~

明石と神戸市西区を結ぶ中距離路線。

  • 92系統の区間運転であり、滝川第二中学校・高等学校への通学路線である。

  • 2012年3月17日に新設され、神戸学院大学発は、毎時1本ずつだが明石駅発は、夕方から毎時1,2本運行される。

  • 2021年4月より、明石駅 - 藤江駅間は、朝夕時間帯のみの運行となったため、林崎循環と貴崎循環の毎時2本の運行となっている。

乗車券販売・NicoPa取扱窓口|路線バス|神姫バス株式会社

淡路市の旧淡路町・旧北淡町内で運行しているの西浦線がに部分廃止される予定で、利用者の足を確保すべく運行を計画、旧東浦町内をかつて運行していた同社の仮屋・北淡線も含めた路線を循環形式で運行することを決定する。

  • また、2004年9月までは明石駅より南の「銀座」停留所発で、明石駅を経由していなかった。

  • 当路線専用の小型車()が運行に当たっている。

  • 午後以降の便で運行されているカワサキ前経由の系統。

神姫バスの歴史~その3明石本社編~

若宮団地発の明石駅行は数便程度。

  • 平成24年06月• ・に発着する路線の大半を担当しているが、多くはと共同で運行している(路線図も両者とで共通)。

  • 姫路駅は2番のりばから発車する。

  • 脚注 [] この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

営業所・窓口・事業所一覧|神姫バス株式会社

3月まではとの共同運行を行なっていた。

  • 神姫バスの歴史~その7近代化への歩み~ 神 姫 バ ス の 歴 史 ~ そ の 7 ~ 7. 見野循環の前後に、市川台を経由する基本系統。

  • の運行委託にてに「淡路市北部生活観光バス路線」として運行を開始する。

  • ほぼ毎時1本の運転。




2021 cdn.snowboardermag.com