おり もの 緑 - おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

もの 緑 おり おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気]

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

おりもの異常から疑われる主な病気一覧 おりものの状態別に、疑われる病気を簡単にまとめてみました。

  • 飲み薬と膣内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。

  • おりもの量の変化は異常ではない おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変わり、排卵期や月経直前はおりものが増える傾向にあります。

  • 「」の項目も確認の上、一度婦人科を受診するようにしましょう。

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

  • よく抗生物質を飲むとカンジダ膣炎になる人がいますが、これは抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうため。

  • たまに「おりものの量が多く、常におりものシートをつけていないと落ち着かない」という人がいますが、他の病気への感染がないと確認できればおりものの量を無理に減らす治療をする必要はありません。

  • 自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、膣剤などを処方してもらいましょう。

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

雑菌でも腟内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。

  • ビデを使うのは月経の時期だけにして、過度に洗いすぎないよう注意が必要です。

  • 気にしすぎるのは逆効果なこともあるのです おりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったもの。

  • おりものは多少あるのが普通。

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

2~3日様子を見て改善しないようなら、早めに受診しましょう。

  • 月経直後は臭いが強めのこともありますが、それ以外の時期はあまり臭いがないのが普通。

  • ただし以下の内容だけで自己診断せず、病院での検査を受けることが正しい治療の第一歩です。

  • 排卵期や月経前の一時的な増加以外では、感染があったときや膣内に異物があったときにおりもの量が増えます。

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

「おりものが増えていない=病気ではない」とは言い切れないので、おりものの量だけで異常の有無を判断することはできないのです。

  • 膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きを持っています。

  • 抗生物質を1~2週間飲めば治療できますが、炎症が卵管まで広がると不妊症の原因になることも。

  • おりものの中にはデーテルライン桿菌(かんきん)という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [婦人病・女性の病気] All About

乾くと少しポソポソしたクリーム色の状態になることがありますが、これは異常ではありません。

  • 雑菌なら自然に治ることもありますが、淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。

  • おりものが急に増え、生理周期に関係なく量が減らないといった異変があった場合、一度きちんと検査を受けた方がいいでしょう。

  • 口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。




2021 cdn.snowboardermag.com