の件了解しました 英語。 「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

了解ですって英語でなんて言うの?

の件了解しました 英語

・承知…「知る」「聞く」 ・了解…「理解」 「承知」の元々の意味である「事情を知ること」「依頼などを聞き入れること」をみると、「知る」「聞く」が重点であることが分かります。 また、「了解」に使われている漢字「了」「解」は両方とも「わかること」を表しており、「理解」することに重点が置かれています。 「承知」「了解」のビジネスでの使い分け 目上へは「承知」を使うのがマナー化している ビジネスシーンでは、目上の相手へ「承知」を使うことがマナーとされています。 「了解です」や「了解しました」は日本語としては正しいのですが、人によっては軽い印象を与えたり、失礼と捉えられたりする場合があります。 よくある誤解として、「承知」には「承る」という漢字が含まれているため「謙譲語として使える」という意見があります。 しかし、「承知」は熟語の1つであり謙譲語ではありません。 謙譲語として使用するのであれば、「する」をへりくだらせた「いたす」を加えて、「承知いたしました」の形で使いましょう。 本来は「承知」「了解」どっちも適している 目上へは「承知」を使用するのが一般的なマナーだと説明しましたが、本来であれば「承知」「了解」どちらを使っても構いません。 どちらも「理解して認めること」を意味する言葉で、あえて使い分けるのであれば「目上・目下」ではなく、「どこに重きをおくか」で使い分けます。 ただ、正しい日本語だとしても、相手へ不快感を与えるのであれば避けるのが無難です。 相手との距離感をみて、使い分けてみましょう。 「了解を得る」「了解を求める」を「承知」で言い換えは不可 「了解」は「了解です」「了解しました」の他に、「了解を得る」や「了解を求める」などの使い方をします。 「了解です」や「了解しました」を「承知」で言い換えることはできますが、「承知を得る」や「承知を求める」とは言わないため注意しましょう。 「了解」「承知」を使った例文• 翌日の朝にお礼メールを送るのが暗黙の了解だ• 了解です。 改めてこちらから伺いますね• 忙しいのは重々承知しているが、そのうえで頼んでいるのだ• 承知いたしました。 「Yes, I got it」とは「はい、わかりました」を意味し、言われたことを理解した状況で使えます。 また、ビジネスシーンなどのフォーマルな場では「Certainly(確かにそうします)」へ言い換えることも可能です。 まとめ 「承知」と「了解」はどちらも「理解して認めること」を意味する言葉です。 ビジネスシーンでは「了解」を目上に使うのは失礼とされていますが、本来は「承知」「了解」ともに目上へ使える言葉です。 相手によっては「了解」に対して違和感を覚えることを考慮し、類語の「了承」や「承諾」へ言い換えてみましょう。

次の

『了解しました!』ビジネス英語で印象UPする7つの応答

の件了解しました 英語

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の

「承知」と「了解」の違いとは?ビジネスでの使い分けと類語も解説

の件了解しました 英語

「了解です」と言う表現はたくさんありますが、 今回はフォーマルでも使える表現を紹介します。 Certainly. 「確かに」という意味の副詞です。 「確かにそうします」という意味になりますので、 「了解しました」ということです。 Absolutely 「完全に、確実に」という意味の副詞です。 ですから「確実にします」という意味を表します。 この表現は口語でも使われます。 Sure thing. sureは「もちろん」という意味を表す 口語表現です。 これをsure thingにすると、 「承知しました」、「かしこまりました」 という少しフォーマルな言い方になります。 参考になれば幸いです。 1 Certainly, I understand. 「もちろん、了解しました。 」 Certainly, sureなどは、ビジネス、カジュアルどちらでも使えます。 「もちろん、はい」と同意です。 I understand. 「了解しました。 も使えます。 2 All right, no problem. 「分かりました、大丈夫です。 」 依頼を受けて、「何も問題ないですよ。 」という返事をする際に使います。 3 Ok, I will get onto it. 「はい、すぐに取り掛かります。 」 これも、了解した意を込めることが出来ますね。 ご参照有難うございました! ・Understood A. Tanaka, I need you to go and clear out that secret base! 「あの秘密基地を処分しに行けよ田中」 B. Understood. 「了解」 ・Got it A. I don't like those kind of jokes in the office Tanaka「田中さん、ここは事務所です。 汚い冗談をよしてくれよ」 B. Got it sir. Sorry. 「はい、すみません、わかりました。 」 ・Yes sir A. When you go down to the 711, get some more tea Tanaka「おい田中、ブンブンに行くときもっとお茶を買ってくれよ B. Yes sir. Certainly も意味とニュアンスとしては Absolutely と同じなのでどちらを使っても好印象の返事になります。 No problem は比較的カジュアルな聞こえになりますが、仕事の環境でもよく使われます。 日本語のビジネス用語ほど英語は堅苦しくはないので、どれをとっても大丈夫です。 例文: "Absolutely. Will get onto the project right away. " 「了解です。 直ぐにプロジェクトにかかります。 」 "Certainly. I will let you know when the task is completed. " 「もちろんです。 業務が完了した際ご連絡します。 」 "No problem. I'll get it done by Friday. " 「大丈夫です。 金曜日までに終わらせます。

次の