なんとなく 体調 が 悪い。 本当に具合が悪いときは、自分が体調が悪いってわからない…。|うつ こころの雑記帳。

本当に具合が悪いときは、自分が体調が悪いってわからない…。|うつ こころの雑記帳。

なんとなく 体調 が 悪い

本当に辛いものですよね。 ほとんどの場合、こういった不調の原因は「体の筋肉の凝り」だと考えがちですが、では、その「体の筋肉の凝り」にはどんな原因があるのでしょうか。 「同じ姿勢を保ち続けているから」「血行が悪いから」など、これにはさまざまな意見があります。 そんな中、体内に充分に酸素が行きわたっていない「酸欠」を原因に挙げているのが、『弱ったカラダが1分でよくなる!』(日本文芸社/刊)の著者、今野清志さんです。 今野さんによると、現代人は「運動不足」や「ねこ背」などによって「深い呼吸」をすることが少なくなり、その結果呼吸から取り込む酸素の量が不足しがちなのだとか。 しっかり酸素が行きわたった筋肉は緊張がゆるんでやわらぐのですが、体内に酸素を取り込む量が少ないと、これがうまくいきません。 一番にくるのはやはり「呼吸」です。 呼吸によってしっかりと酸素を吸いこむことが必須なのですが、呼吸は「吸う」と「吐く」でワンセットですので、「吸うこと」だけを意識してもダメ。 「しっかり吸う」ためには「しっかり吐く」ことがポイントです。 まず大きく吐いてから吸うというクセをつけると、意識せずとも深い呼吸ができるようになります。 ご存じのとおり、酸素は血中のヘモグロビンによって全身に運ばれていきますから、「血行」は酸欠防止に大きな役割を果たします。 20代~40代の血行不良というのは、よく言われるような「血液がドロドロになっている」というのではなく、「血管の収縮」によって起こるケースが多いので、「ゆっくりと入浴する」「簡単なマッサージをする」といったことで解消できます。 本書には、「酸素」という観点から、体の不調の原因を探り、その対策を授けてくれます。 「あるのが当たり前」な酸素だけに、欠乏しているとあらわれるさまざまな悪影響には、あまり目がいきません。 「なんとなく体調が悪い」「漠然としただるさがある」という方は、試してみると元気を取り戻すきっかけになるかもしれませんよ。

次の

なんとなく体調が悪い時の考えられる原因!心と体の問題|現役美容師がみんなの美容に関する悩みを解決!

なんとなく 体調 が 悪い

春という季節は花粉症もあったり、やっぱり何となく疲れる季節だと思うんですよねえ。 8割の人は春に何らかの不調を感じるんですよね。 だからね、結構な割合の人が、言わなくても、「 なんとなく体調が悪い」と思っているものなんですよ。 で、私もちょっと感じていたんですよね。 なんとなく体調が悪いから色々試してみたんです。 私以外にもそういう人がたくさんいるだろうから、私が実験台になってみようかな、と……。 運動は圧倒的な効果があった これまで、私は運動をしてこなかったんですよ。 昔は運動ばかりの毎日だったけれど、働き始めてからはやっぱり運動する機会が減ってしまった。 大学生までは通学時間も長かったりして、ある程度の運動をしていたと思う。 でも、やっぱり働き始めると難しいんですよね……。 「 全然運動する時間がないわ」みたいなことになるんです。 でね、そのまま数年が経ちました。 「 運動した方が良い」ということはわかっていた。 でも、私にはそんな余裕がなかったし、身体を大切にしていなかったんですよね……。 だからきっと、なんとなく体調が悪い状態になってしまったのだと思う。 ただね、運動を始めたら、圧倒的に体調が回復していったような気がする。 まずね、私はオランダから日本に帰国してから、 しばらくは時差ボケに悩まされたんですよ……。 結構ひどいレベルの時差ボケ。 という記事でも書いているんですけどね、本当にきつかった。 そこから体調を崩したこともあって、1ヶ月とか2ヶ月くらいはほとんど外に出ることもなく、何となく引きこもりのような状態で何とか仕事をしていた。 リモートでやっていたんですよね……。 そしたら、体力が落ちる、落ちる……。 気がついたら、60代の人くらいの体力になっていたり、坂道を上がっただけで疲れるようになっていたんですよね。 Apple Watchで最大酸素摂取量という持久力を測る指標を計測してみたのですが、60代の体力だったんですよ……。 なんとなく体調が悪いのは運動不足のせいだったのかな、と思うくらい運動は効果がありました。 私はランニングで特に効果を感じたなあ。 ウォーキングの方が良いのかもしれないけど、メンタル的にはランニングの方が個人的には効果を感じたから走っているんです。 関連記事: プロテインとサプリを試してみた 筋トレ後にプロテインを飲むようになった 最近はでも書いている通り、ランニングにもハマっているのですが、 筋トレもしているんですよね。 だから、それに伴って、プロテインを飲むようになったんですよ。 そしたら、これも中々に効果が高かった。 筋トレも割と続けていたのですが、日に日に、「 早く食事を食べなきゃ」みたいな緊張感が増してきたんですよね……。 で、うちにある「 蛋白率」もわかる体重計に乗ってみたら、めちゃくちゃ蛋白質が不足していたんですよ。 だから、これは結構効果があったなあ。 なんか、セロトニンの原料であるトリプトファンが不足すると、メンタルにも影響するみたいなんですよね……。 だから、メンタル的にも改善されたような気がします。 なんとなく体調が悪い、という人はプロテインを飲んでみても良いんじゃないかな、と思う。 単純に筋肉もつくし、良いことしかないもん。 久しぶりに亜鉛のサプリを飲んでみた サプリなんて全然飲んでいないタイプだったのですが、 周りでサプリを飲んでいる人が増えたこともあって、私も買ってみました。 今使っているのは「 亜鉛」ですね。 これはね、この前の人間ドックで亜鉛不足になっていることが発覚したので、摂り始めました。 亜鉛ってさ、体内では作ることができないのに、食事から摂ることが難しい栄養素だと思うんです。 牡蠣とか、うなぎを毎日食べている人なんていないでしょう?だから、不足しがちなんです。 これに関してはまだ飲み始めたばかりなのですが、 個人的にはメンタル的にも身体的にも良い感じがする。 プロシーボ効果かもしれないけどね。 高校生の時以来、亜鉛なんて飲んだことがなかったから、不思議な感じだけど、割と効果があったと思います。 なんとなく体調が悪い時には最適。 関連記事: 食事を気をつけるようにした 食事に関しては、今までは「 ケンタッキーが食べたい」と思ったら、好きなだけケンタッキーを食べていました。 胃袋に限界という限界がなくて、食べれてしまっていたんですよね……。 でも、そういう食生活だと早めに死んでしまいますから。 早死にまっしぐらな生活だった。 だから、食生活を見直したんですよね。 外食をした時にも必ずサラダを頼むようになったり、後は何だろう。 卵とかささみ肉を食べて、蛋白質を摂ったりね。 自分の身体やそこから派生する精神というものは全て私たちが食べた食事からできています。 自然と身体が大きくなるわけではない。 何もなくても血液が身体を流れるわけじゃない。 全ては食事なんですよ。 だから、きちんと見直した方が良いと思うんですよねえ……。 なんとなく調子が悪い時には「 メンタルが悪いんだ」と思って、不器用な方法でストレスを発散しようとする。 夜更かししてゲームをやってみたり、飲み明かしてみたり。 でも、実はそういう行動の全てがストレスを引き起こしてしまっているんですよね。 身体をさらに追い詰めてしまったりする。 だから、自分の食事には気を使った方が良い。 元気な状態で生きていけた方が良いじゃない? その瞬間を楽しむのも大事だけど、それ以上に「 長く生きられる身体」を作ることが大切だと思うからさ。 なんとなく体調が悪い、という人は色々試してみれば良いんです。 今回は私が試してみたことを書いてみたよ。 関連記事:.

次の

頭痛、腰痛、なんとなく体調が悪い……慢性的な体調不良に効く正しい呼吸法のコツ

なんとなく 体調 が 悪い

本当に辛いものですよね。 ほとんどの場合、こういった不調の原因は「体の筋肉の凝り」だと考えがちですが、では、その「体の筋肉の凝り」にはどんな原因があるのでしょうか。 「同じ姿勢を保ち続けているから」「血行が悪いから」など、これにはさまざまな意見があります。 そんな中、体内に充分に酸素が行きわたっていない「酸欠」を原因に挙げているのが、『弱ったカラダが1分でよくなる!』(日本文芸社/刊)の著者、今野清志さんです。 今野さんによると、現代人は「運動不足」や「ねこ背」などによって「深い呼吸」をすることが少なくなり、その結果呼吸から取り込む酸素の量が不足しがちなのだとか。 しっかり酸素が行きわたった筋肉は緊張がゆるんでやわらぐのですが、体内に酸素を取り込む量が少ないと、これがうまくいきません。 一番にくるのはやはり「呼吸」です。 呼吸によってしっかりと酸素を吸いこむことが必須なのですが、呼吸は「吸う」と「吐く」でワンセットですので、「吸うこと」だけを意識してもダメ。 「しっかり吸う」ためには「しっかり吐く」ことがポイントです。 まず大きく吐いてから吸うというクセをつけると、意識せずとも深い呼吸ができるようになります。 ご存じのとおり、酸素は血中のヘモグロビンによって全身に運ばれていきますから、「血行」は酸欠防止に大きな役割を果たします。 20代~40代の血行不良というのは、よく言われるような「血液がドロドロになっている」というのではなく、「血管の収縮」によって起こるケースが多いので、「ゆっくりと入浴する」「簡単なマッサージをする」といったことで解消できます。 本書には、「酸素」という観点から、体の不調の原因を探り、その対策を授けてくれます。 「あるのが当たり前」な酸素だけに、欠乏しているとあらわれるさまざまな悪影響には、あまり目がいきません。 「なんとなく体調が悪い」「漠然としただるさがある」という方は、試してみると元気を取り戻すきっかけになるかもしれませんよ。

次の