コロナ ウイルス 真実 - マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 文字起こし|StudioRing|note

真実 コロナ ウイルス 新型コロナウイルス騒動の真実を伝える動画、サイト

真実 コロナ ウイルス 【中国が隠す恐ろしい現実】コロナウィルス・本当の死亡者数の真実・街には殺人部隊も【動画あり】

医師が語る「テレビでは報道されないコロナウイルスの真実」とは? 6/2オンライン限定オアシスカフェ開催【参加者募集中】

真実 コロナ ウイルス 報道されない「新型コロナウイルス」PCR検査の真実

真実 コロナ ウイルス コロナウィルスの真実

真実 コロナ ウイルス 最新免疫学から分かってきた新型コロナウイルスの正体―宮坂昌之・大阪大学名誉教授

真実 コロナ ウイルス 報道されない「新型コロナウイルス」PCR検査の真実

コロナウイルスと汚れちまった真実

真実 コロナ ウイルス まだ新型肺炎の真実を隠す中国、このままでは14億人の貧困層を抱える大きいだけの国になる=鈴木傾城

真実 コロナ ウイルス コロナは今後はどうなるのか?本物の専門家が初めて語る真実!「新型コロナウイルス終息へのシナリオ」|株式会社主婦の友社 のプレスリリース

真実 コロナ ウイルス コロナウイルスの真実は?『本当はこわくない新型コロナウイルス』井上正康著

真実 コロナ ウイルス コロナウィルスの真実

コロナウイルスの真実は?『本当はこわくない新型コロナウイルス』井上正康著

このデーターベースに登録するのは一定の要件を満たせば 誰でも登録できる H: あ、そうなんですか O: はい 誰でも登録できるんです H: へえ O: 審査もありません H: ああ、そうなんだ それじゃあ適当にでっちあげる O: うんでっちあげることも可能です ただ今までは それをでっちあげたところで まあデーターベースに載せましたという、そういう業績にはなるかもしれませんけど 通常ではデーターベースに載せただけでは、まあその研究業績としては認められないので データベースにペアとなったね 科学論文を出すというのが、まあ普通でしたよね H: まあそうでしょうね O: そういう趣旨でデーターベースが作られているので まあここに嘘の情報をだすということは普通はなかったんですね H: まあそういう善意を基に作られたデータベースっていうか あー O: 遺伝子情報に基づいてたんぱく質を役立てるということですから うその情報を載せて嘘のたんぱく質を作ったところで 意味ないんですよね ふつうは意味ない だけど今回のケースでよくわかったんですけれどね ここに嘘の情報を載せれば、病気が作れる H: あっそうか! ほんとのみんな、、ま病気だと思っちゃいますよね? O: つくることができると 断定はしませんよ ただそういうことが可能であると なぜかといいますと 私たちの体には まだきちっとわからないたんぱく質がいっぱいあるんです まあ遺伝子がいっぱいあると言ったらいいかな どういう遺伝子ですかっていうとね 主には遺伝子の種類でいうと 常在性のウィルスとか細菌とかね まあ常在するっていうのは H: いつもどっかにいるというか? O: 私たちの体の特に粘膜系、口から それから喉を通って、胃はあんまりいない けども H: 胃酸もありますものね O: 段々増えていくるんですね 小腸の下のほうになっていくと増えて大腸にいくと急にふえます そこには沢山の細菌がいます まあウィルスもいると そういうあの H: 腸内フローラって O: 腸内フローラ H: あれはいい意味で言っていますがね O: はいはいはい まあそういうほとんどの細菌は 実は培養もできないし、機能もよくわかっていないんですよ 今までは そこまで誰もそんなに研究しなかったっていうことなんですね ウィルスになると、その もっと手間もかかるので 分離もできない、されていない そんなものがごまんとあるというわけですよ H: あっ、そういえば風邪って、結局風邪を治すワクチンをつくれば ノーベル賞ものだって言われていますものね? 17:45 O: 風邪はね、風邪というのは総称なんですよ 色々な、そんなウィルス等々で風邪のような症状っていうことで 特定されていないから風邪っていっているんで その中で特にインフルエンザは病原体ウィルスが特定されているので インフルエンザと固有名詞がついていて H: インフルエンザっていうのは、もう、ある程度遺伝子とか解析されているんですか? O: 遺伝子はもうはっきりしていて、二つの型があるというか そういう型がはっきりしていてね だからワクチンもできていると まあ有効かどうかは別にしてね H: あーはい O: だけど他の風邪はいろんな そのウィルスが まあ、我々の粘膜系に侵入してね。

  • だから、政府も知事もマスコミも、絶対に国民に「真実」は語りません。

  • しかしそのバリアに穴が開いていますと、ウイルスはさらにその内側の層に入ってきます。

  • カテゴリ:• 新型コロナウイルスはどのように増えるんでしたっけ。

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 文字起こし|StudioRing|note

峰:要は統計データから因果関係を見極められるか、というところと、モデリングやシミュレーションなどの記述の仕方とリアルワールドの関係としてですね。

  • 何が起きているのか? どんな背景があるのか? どこに向かっているのか? すべてスルーして、メディアが作った、メディアに乗せられた世界が大前提の上での姿勢でした。

  • 「バイオ兵器」説のソースは怪しい そもそも、COVID-19バイオ兵器説に初期に言及したのは、統一教会系のアメリカの新聞『ワシントン・タイムス』(有名な『ワシントン・ポスト』とは別)や、アメリカ亡命中の中国人大富豪・郭文貴の自前のメディア『GUO MEDIA(郭媒体)』などだった。

  • 8% 中国当局がひた隠す恐ろしい数字が明らかになりました。

まだ新型肺炎の真実を隠す中国、このままでは14億人の貧困層を抱える大きいだけの国になる=鈴木傾城

例えばエラーっていうはよくある話でね とりあえずデータベース登録して、よく調べてみたら エラーがあったら後でデータ訂正するんですが 彼らの場合は丸ごと取り下げているんですよね H: まるごと?エラーっていうんじゃなくて? O: エラーじゃないんですよね。

  • どういう変異かというと、動物だけでなくヒトに感染するようになったと。

  • 今後は、これまでマスコミが行っていた民衆扇動や洗脳などの役目をネットが行うのかどうか・・・そこに注目です。

  • ミュータントが 「変異」。

医師が語る「テレビでは報道されないコロナウイルスの真実」とは? 6/2オンライン限定オアシスカフェ開催【参加者募集中】

やっかいな変異ウイルスが生まれる確率を下げるには? 峰:ただ、新型コロナはインフルエンザウイルスに比べれば変異の状況が少ないです。

  • 老年世代は若者より貯金もあるし、地位や権力もある。

  • 峰:その話も関係しているのです。

  • 2020年11月に、の控訴裁判所は「PCR検査は信頼性が極めて低く、PCR検査のみに基づいて人々を隔離することは違法である」と判断している。

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)

1週間足らずで、自動車の製造ラインを医療機器向けに作り替えた企業もあります。

  • 特に、インド型変異株の日本国内での感染例も増え、その感染力が非常に強いことから、日本でのインドに対する見方にその悲惨さが加わって強調されている。

  • 峰:ワクチンはスパイクタンパク質に対する抗体を作らせるんですけど、1カ所2カ所変異しても、効き目に大した影響はないことがほとんどです。

  • なぜ分からないのかというと、新型コロナウイルス感染症の発生率が低く、感染のひどい国でも1000人に数人程度しか感染しないからです。

医師が語る「テレビでは報道されないコロナウイルスの真実」とは? 6/2オンライン限定オアシスカフェ開催【参加者募集中】

「何を知らないのか知らない」という状況になる 大陸に住む中国人は、中国政府が許可した情報だけアクセスできて、中国政府が隠したい情報は何も知らないままにされている。

  • ほかの変異ウイルスと、もともとのウイルスといろいろ出てくるわけです、ウイルスが。

  • だそうです😭 — mei mei98862477 湖北民眾應該團結起來在湖北就地起義消滅禍害他們禍害全人類的邪惡紅魔共匪 — 🏆🔥榮光香港🔥🏆 0udRI5DKzmZJWZu 隔離を嫌がり逃げる武漢肺炎患者を捕まえる公安警察。

  • ウイルスが細胞の中に入るための時間はわずか10分ぐらいで、細胞内でウイルスが増殖するには10時間ほどかかります。

コロナ感染爆発インド「報道で見えない真実」を在住ライターに聞く(FRIDAY)

化額です。

  • ですが、コロナ騒動は庶民の善意に付け込んでいるように思えます。

  • こういうと非難されるかもしれませんが。

  • とにかくまだ論文や生データが出ていないんですよ、プレプリントも出ていなくて。

新型コロナ「バイオ兵器説」の裏に隠された真実とは どこか不自然、“噂”の否定に躍起になる中国当局(1/5)

2020年1月から3月のインフルエンザによる死者数が例年よりも約1万人少ないことから、筆者はコロナウイルスへの対応によってインフルエンザによる死亡が抑制された結果だと考えます。

  • この対立はどう解決すればいいのでしょうか? 僕はメディアもメディアなりに「正しい」ことを「使命感?」をもって伝えているつもりなんだと思います。

  • このサイトを、iPhoneやスマートフォンの画面で見ている方は、画面上部にメニュー欄があるので、次の順番でご覧になると理解が深まります。

  • 私たちは主流の科学で認めていないものは「常識」として認めない傾向があります。




2021 cdn.snowboardermag.com