獨協 医科 大学 シラバス。 獨協医科大学 看護学部シラバス入稿システム(第1~2学年)

スタッフ紹介|獨協医科大学病院総合診療科・総合診療教育センター

獨協 医科 大学 シラバス

ご不便をおかけしました。 現在、学認の認証に問題が発生しており、ご利用ができない状況となっております。 原因調査中ですので、状況に変化がありましたらこちらでお知らせいたします。 再生が正常に行えない場合には、可能であれば少し時間をおいてから視聴するなどの対応をお願い致します。 マイクロソフトからの公式な情報が得られた場合にはこちらでお知らせいたします。 ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。 とても便利な仕組みである一方、学術系ネットワークへの大きな負荷が想定されています。 現在、すでに学生の授業をオンラインで始めておりますため、ビデオ会議システムを用いたリアルタイムの会議の開催については、以下の点をご留意頂きますようお願い申し上げます。 1.学術系ネットワークの混み具合と「飽和状態」について ネットワーク環境は、利用状況によって混み具合が変化し、流れるデータの限界(上限)があります。 本学の学術ネットワークでも、毎年利用量が増加し、平日には上限に達することもあります。 その飽和状態の際には「ネットが遅い!重たい!」という影響が出ています。 これを改善するため、今年度、インターネット接続速度の高速化を進めていますが、当面はこの状態が継続します。 また、現在、学生の授業もオンラインで行われており、今後の多くのビデオ会議の実施による負荷上昇が懸念材料の一つとなっています。 2.リアルタイムのビデオ会議システムを利用した会議等実施の注意点 リアルタイムの映像を視聴するタイプのビデオ会議は、利用中、ネットワークに多量のデータを流します。 例えば、20名の会議参加者が「学内から」その会議へ参加すると、20名分のデータ量となります。 また、複数の会議が同じ時間帯の場合(例えば17時頃からなど)、多くの参加者が「学内から」接続すると、その合計人数分のデータが学術ネットワークを使用します。 これにより、すでに飽和状態に達することもある学術系ネットワークが、さらに過密状態となり、現在行われているオンライン授業や、他の業務にも影響を及ぼすことが十分考えられます。 ビデオ会議自体もうまく機能しない可能性があります。 このようなネットワークの過密状態は、種々業務への影響も大きいことから、ビデオ会議を利用される場合、以下の点をご理解頂き、ご対応くださいますようお願いいたします。 とくに「学内から」の参加者が、10-20名程度、あるいはそれ以上の会議の場合、ネットワークへの負担が大変大きくなりますので、ご注意ください。 なお、今後、ネットワークの状況次第で、ビデオ会議システムの利用を限定もしくは控えて頂くこともありますことをご承知おきください。 *ビデオ会議利用時の「学術ネットワーク」への負荷軽減策: ・「学内から」のビデオ会議参加者を少なくする。 (学外からの場合は負荷が分散します) ・参加者のビデオカメラはできるだけOFFにして、各個人の様子を映すことは控える。 ・授業時間帯や、他の部門と同じ時間帯の会議開催をできるだけ少なくする。 ・資料等は、事前に配布しておくなど、会議時間帯のネットワーク負荷を少なくする。 上記回覧は以下からダウンロードできます。 (PDFファイル形式) ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。 全業務を通常どおり行っておりますが、電話での問い合わせはつながりにくい状況も予想されます。 そのため、可能な限りメールでのお問い合わせをご利用いただきますようお願いいたします。 メール:cict@dokkyomed.ac.jp 半角英数字に直してください) なお、本学で利用しているOffice365は、自宅や学外でもインターネットに繋がる環境であれば学内と同じようにご利用いただけます。 機密情報の管理などにはご注意いただいたうえで、ご活用ください。 office365. office. Office365ポータルから利用できる一部のサービスをご紹介します。 【OneDrive】 USBメモリを使わずに済むクラウド上の個人用のファイルボックスです。 個人のデータの保管だけではなく、他の人とのデータの共有にも利用できます。 USBメモリでの情報持ち出しの際の紛失のリスクなどを減らせます。 スマホアプリやデスクトップアプリも利用できます。 機能紹介(参考) 【Teams】 部門内や委員会・会議等のメンバーなどで利用できる情報共有ツールです。 リアルタイムに情報が反映し、どこにいても状況を把握できます。 学内の人とのチャットなどでの会話やビデオ会議なども利用できます。 (Microsoftアカウントを持っている学外の方も招待が可能です) スマホアプリやデスクトップアプリも利用できます。 ご不便をおかけしました。 Microsoft Office365で、Webメールにサインインした際に、メールが表示されない不具合が発生しています。 Microsoftで調査中となりますので、復旧まで少しお待ちください。 ご不便をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。 なお、メール以外のOffice365サービスは今のところ問題ありません。 Office365ポータル 上記のリンクからサインインしてご確認ください。 ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。 その際一時的に利用ができない時間が発生します。 ご不便をおかけ致しますが、ご理解ならびにご協力の程、よろしくお願い致します。 【メンテナンス日時】4月11日(土)15時~15時半 この間の3分程度LMSに接続ができない時間が発生します ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。 【情報基盤センター】 メール:cict@dokkyomed.ac.jp 半角英数字に直してください) 壬生内線:2242、2241 直 通:0282-87-2274(埼玉・日光・三郷からはこちら).

次の

獨協医科大学 情報基盤センター

獨協 医科 大学 シラバス

神経内科学 資格・所属学会 日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 役職など• 獨協医科大学病院 院長• 獨協医科大学病院 脳神経内科教授• 医学博士 取得• 日本頭痛学会 認定専門医/指導医/副代表理事• 日本老年精神医学会 認定専門医/指導医• 日本睡眠学会 認定医/副理事長• 日本臨床神経生理学会 認定医• 日本神経治療学会 会員• 日本自律神経学会 会員• 日本てんかん学会 会員• 日本薬物脳波学会 副理事長• 日本認知心理科学会 会員• 日本栓子検出と治療学会 会員• 日本神経救急学会 会員• 日本脳神経CI学会 会員• 日本脳地図脳磁図研究会 会員• 日本内科学会 関東地方会常任幹事• 日本脳卒中学会 評議員• 日本神経感染症学会 評議員• 日本臨床生理学会 代議員• 日本神経救急学会 評議員• JHBM 評議員• てんかん学会関東地方会 世話人• 不眠研究会 世話人• 睡眠時無呼吸研究会 世話人• 関東睡眠懇話会 世話人• International Pharmaco EEG Group,ICME 会員• Neuropsychobioloy 編集委員• Sleep and Biological Rhythms 編集委員• Cadiovascular Psychiatry and Neuroscience 編集委員• Neurological Research and Therapy 編集委員• Neuroscience and Biomedical Engineering, 編集委員• Progress in Computed Imaging, 編集委員• 日本頭痛学会誌 編集委員• 自律神経 編集委員• 睡眠と臨床 編集委員• Brain and Nerve 編集協力• Epilepsy 編集協力• 日本脳卒中協会 栃木県支部長• 日本ブレインヘルス協会 副理事長• 栃木県神経難病連絡協議会 会長• 日本医師会 疑義解釈委員会委員• 日本臨床医療福祉学会 理事• 栃木県県認知症対策協議会 委員• 栃木県心筋梗塞・脳卒中対策協議会 委員 所属病院.

次の

インフォメーション

獨協 医科 大学 シラバス

2005年愛媛大学医学部卒業。 江東病院、市立堺病院内科チーフレジデント修了。 数ヵ国での総合内科武者修行・教育活動とともに、2012年練馬光が丘病院総合診療科ホスピタリストディヴィジョンチーフ、2014年東京城東病院総合内科チーフとして2つの総合診療科の立ち上げを経て、2016年4月より獨協医科大学。 2018年4月より獨協医科大学総合診療医学初代主任教授。 著書『』(医学書院)に代表される、診断思考大系の第一人者。 また『』(日本医事新報社)や『』(羊土社)の出版、『ドクターG』(NHK)の出演など、国内外で多くの後進のロールモデルとなっている。 公衆衛生学修士()、経営学修士()、医学博士。 趣味は診断戦略とワインと映画。 好きなスイーツは甘栗、ガトーショコラ、タルト・タタン。 獨協総診は世界をリードする総合診療医の養成チームを目指しています。 総合診療の訓練には明確な到達指標がないだけに、 その設定はメンバーの成長を規定する上でとても重要です。 日本はもともと世界に誇る医療文化があります。 更に私たちには、高齢化社会を反映した様々な医学・社会的背景を持つ患者さんへの 広範で迅速な標準的ケアだけでなく、時に柔軟性のある斬新な発想を提供する能力も求められます。 このような現場の特徴を最大限に活かし力を合わせて、独自のデザインで 世界の医療文化の臨床・教育・研究におけるリーダーシップの一角を担い、 貢献していくことができると私たちは考えています。 若手医師がそれぞれのキャリアで頑張る中、 頑張るからこそ目の前に乗り越えるべき壁が立ち塞がると思います。 高い壁に絶望を感じるかもしれません。 そのような困難な状況を志水やメンバーたちはよく理解します。 こんなとき志の近い仲間と切磋琢磨すれば、何倍ものスピードとタフネスで 抜群に鍛えられると思います。 壁を乗り越えるアイディアも出るでしょう。 仲間の成長に貢献できることは、私たちチームにとっても大きな意味があります。 総合診療が健康的に力を発揮することは、専門科の先生方の業務体制やその組織本体の状況もあり 立ち上げから困難を伴うことが一般的です。 逆に、組織と構成メンバーの理解とバックアップの環境があれば、立ち上げの成功は十分に可能です。 獨協医科大学病院総合診療科は、大学側の「総合診療を本気で推進する」という強力な信念と 現場レベルでの各科先生方の現場でのバランス感覚の良さ、臨床の協力体制のスムーズさに支えられ 現在素晴らしい環境でのスタートを得られています(すでに各科とのカンファやコンサルトも密です)。 また、当科ではスタッフが生涯教育として自分たちを高めていくシステムを内部で開発・推奨しています。 もちろん、立ち上がって間もないチームですのでこれから様々なことを決めていく必要がありますし、 課題も色々出てくると思います。 どの職場もそうですが、楽しいことばかりではないかもしれません。 しかし、医療業界そのものともいえるようなこの不確実性を許容し、 起伏に満ちた冒険を「楽しいだろうな」と思った方は、その直観が大切だと思います。 ぜひ冒険の仲間に加わってきて下さい。 心躍る経験と感動がきっと沢山待っています。 このような立ち上げの経験は一度きり、先にも後にもありません。 今です。 この今を一緒に共有して、次のキャリアに向かって進んでいく仲間を私たちは求めています。 現在、南は沖縄から北は北海道まで、また重症管理から家庭医療まで幅広い バックグラウンド・能力を持った新進気鋭の素晴らしい仲間たちがチームに集結しつつあります。 忙しいことはもちろんですが、スタッフルームには楽しさ、団結力、そして 新しいものを創造したいという、情熱ある仲間が集まっています。 最良の仕事をするうえで決定的な要素は仲間です。 優しさ、折れない魂、そして平静の心を持った あなたの参加を心よりお待ちしています。 出身は埼玉県、筑波大学編入後、2011年に卒業後は沖縄で沖縄県立中部病院を中心に5年間トレーニングを積ませていただきました。 後期研修医時代には、内科チーフレジデントもさせていただきました。 卒後5年目には、石垣島の県立八重山病院にて循環器内科を中心とした内科医として勤務させていただき、離島医療に従事させていただきました。 病歴、身体所見やグラム染色の結果を基に臨床決断をしていく過程を研修医や医学生皆さんと学び、共有して、高め合っていければと思います。 獨協医科大学は臨床を重視されており、またグラム染色の染色できる場所へのアクセスも非常によく、働きやすい環境であることを実感しております。 趣味は読書です。 今後共よろしくお願い申し上げます。 2009年に東北大学医学部を卒業。 その後8年間、仙台市立病院で主に救急医療に従事し、救急科専門医を頂戴しました。 一方その中で、「特定の専門科」に振り分けられない病状を抱えた多くの方々の診療が、ほぼ我流で症候学・診断学を学んだ研修医・非救急専攻医の「時間外労働」によって支えられているのを目の当たりにしてきました。 自身の内科的な総合力・教育力を高め、仙台の現状に一石を投じたいと思い、2017年4月より獨協総診に単身赴任して勉強させて頂いています。 趣味は、ビジネス書に時々啓発されること、妻とLINE、娘・息子と遊ぶことですが、仙台から獨協に戻ろうとするたびに子供達に泣かれてしまうことに、今一番悩んでいます(泣かれなくなっても寂しいかもしれませんが)。 大阪生まれの大阪育ち、灘高校卒業後、紆余曲折を経て2012年奈良県立医科大学を卒業、大阪の八尾徳洲会総合病院にて初期、後期研修を過ごしました。 本当に尊敬できる、ロールモデルとなりうるたくさんの先生方の背中を見て、その背中を追いかけることで、頼りなかった私がここまで成長できました。 内科レジデント時代には、救急・集中治療・一般病棟・化学療法・外来・訪問診療・離島医療含めて様々なフィールド・分野で素晴らしい経験を数多く積ませていただきました。 本当に感謝しています。 次のステップとして、診断・治療困難症例に対して、どのようにアプローチしていくのか、よりアカデミックに自身の診療を洗練させるためこちらでお世話になることにしました。 入職の一番の決め手は同世代の優秀なスタッフと、共に働き、共に高めあっていきたいと思ったことです。 各科専門科が豊富な大学病院で立ち上がった総合診療科が、どう発展できうるのか興味があります。 慣れない栃木の地で不安もありますが、精一杯頑張っていきますので、ご指導・ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

次の