ブラウザ に 問題 が 発生 したため 終了 し ます。 Android版Onedriveアプリを起動すると「問題が発生したため、Onedriveを終了しますӍ

問題が発生したため「Googleアプリを終了します」が頻発する

ブラウザ に 問題 が 発生 したため 終了 し ます

次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされている場合、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にした状態でエラーが発生しないときは、Internet Explorerに追加されたツールバーやプラグインなどの拡張機能が影響している可能性があります。 拡張機能の動作条件や設定について、提供元に確認してください。 アドオンを無効にする サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にしても改善しない場合は、すべてのアドオンを無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 GPUレンダリングを無効にする 画面の表示を行うレンダリングエンジンの設定が影響している可能性があります。 次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にした状態でエラーが発生しないときは、Internet Explorerに追加されたツールバーやプラグインなどの拡張機能が影響している可能性があります。 拡張機能の動作条件や設定について、提供元に確認してください。 アドオンを無効にする サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にしても改善しない場合は、すべてのアドオンを無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 GPUレンダリングを無効にする 画面の表示を行うレンダリングエンジンの設定が影響している可能性があります。 次の手順で、GPUレンダリングを無効に設定します。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「設定」欄の「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックが付いているかどうかを確認します。 チェックが付いていない場合は、クリックしチェックを付けます。 「OK」ボタンをクリックして、「インターネットオプション」を閉じます。 もう一度、Internet Explorerを起動し、動作を確認します。 次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 Windows 7の場合• Windows Vistaの場合• Windows XPの場合 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 インターネットの接続設定を除いて、次の設定が初期化または消去されます。 オフラインで表示していたホームページ• Internet Explorerで表示したページの履歴• Cookie(ホームページが閲覧者を識別するために、パソコンに作成されるファイル)• セキュリティのレベル• サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 次の手順で、サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にします。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「 」ボタンを何度かクリックし、「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」を表示します。 「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」をクリックし、チェックを外します。 インターネットの接続設定を除いて、次の設定が初期化または消去されます。 オフラインで表示していたホームページ• Internet Explorerで表示したページの履歴• Cookie(ホームページが閲覧者を識別するために、パソコンに作成されるファイル)• セキュリティのレベル• サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 次の手順で、サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にします。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「 」ボタンを何度かクリックし、「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」を表示します。 「サードパーティー製のブラウザ拡張を有効にする」をクリックし、チェックを外します。 Windows XP Service Pack 2を適用すると、Internet Explorerにアドオンを管理するための機能が追加されます。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「スクリプトのデバッグを使用しない」をクリックし、チェックを付けます。 「OK」ボタンをクリックし、「インターネットオプション」を閉じます。 「Windows の終了」が表示されます。

次の

問題が発生したため「Googleアプリを終了します」が頻発する

ブラウザ に 問題 が 発生 したため 終了 し ます

次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされている場合、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にした状態でエラーが発生しないときは、Internet Explorerに追加されたツールバーやプラグインなどの拡張機能が影響している可能性があります。 拡張機能の動作条件や設定について、提供元に確認してください。 アドオンを無効にする サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にしても改善しない場合は、すべてのアドオンを無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 GPUレンダリングを無効にする 画面の表示を行うレンダリングエンジンの設定が影響している可能性があります。 次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にした状態でエラーが発生しないときは、Internet Explorerに追加されたツールバーやプラグインなどの拡張機能が影響している可能性があります。 拡張機能の動作条件や設定について、提供元に確認してください。 アドオンを無効にする サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にしても改善しない場合は、すべてのアドオンを無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 GPUレンダリングを無効にする 画面の表示を行うレンダリングエンジンの設定が影響している可能性があります。 次の手順で、GPUレンダリングを無効に設定します。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「設定」欄の「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックが付いているかどうかを確認します。 チェックが付いていない場合は、クリックしチェックを付けます。 「OK」ボタンをクリックして、「インターネットオプション」を閉じます。 もう一度、Internet Explorerを起動し、動作を確認します。 次の項目を順番に確認してください。 Internet Explorerの設定を初期化する Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)が影響している可能性があります。 Internet Explorerの設定を初期化し、Internet Explorerの動作を確認します。 Windows 7の場合• Windows Vistaの場合• Windows XPの場合 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 インターネットの接続設定を除いて、次の設定が初期化または消去されます。 オフラインで表示していたホームページ• Internet Explorerで表示したページの履歴• Cookie(ホームページが閲覧者を識別するために、パソコンに作成されるファイル)• セキュリティのレベル• サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 次の手順で、サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にします。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「 」ボタンを何度かクリックし、「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」を表示します。 「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」をクリックし、チェックを外します。 インターネットの接続設定を除いて、次の設定が初期化または消去されます。 オフラインで表示していたホームページ• Internet Explorerで表示したページの履歴• Cookie(ホームページが閲覧者を識別するために、パソコンに作成されるファイル)• セキュリティのレベル• サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にする マイクロソフト社製以外の拡張機能(検索用のツールバーや、様々な形式のファイルを再生したり表示したりするためのプラグインなど)がインストールされていると、それらの動作が問題の原因になっている可能性があります。 サードパーティ製のブラウザー拡張を無効にし、問題が解決するかどうかを確認します。 次の手順で、サードパーティ製のブラウザ拡張を無効にします。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「 」ボタンを何度かクリックし、「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする」を表示します。 「サードパーティー製のブラウザ拡張を有効にする」をクリックし、チェックを外します。 Windows XP Service Pack 2を適用すると、Internet Explorerにアドオンを管理するための機能が追加されます。 Internet Explorerを起動します。 「インターネットオプション」が表示されます。 「詳細設定」タブをクリックします。 「スクリプトのデバッグを使用しない」をクリックし、チェックを付けます。 「OK」ボタンをクリックし、「インターネットオプション」を閉じます。 「Windows の終了」が表示されます。

次の

nox player 「問題が発生したためgoogleplay」を解決した方法

ブラウザ に 問題 が 発生 したため 終了 し ます

最近、アプリを使用中に、 頻ぱんに「問題が発生したため「Googleアプリを終了します」 というメッセージが表示されるようになりました。 Googleとは関連のない全く別のアプリを使用中にも出ます。 実際に本家の「Googleアプリ」を立ち上げようとしましたが、 「問題が発生したため「Googleアプリを終了します」で終了します。 もちろん検索のウィジェットも無反応で使えないし、 関連のアプリは全滅のようです。 出現するメッセージは「OK」を押して消しますが、 消しても消してもメッセージが重なって表われ、 3度ほどOKを押さないと消えてくれません。 お化けみたいです。 あまりにしつこくて鬱陶しいし気持ちが悪いので調べてみました。 最近のGoogle系アプリのアップデートが関係しているらしく、 アップデート以降に頻発しているようです。 また、Androidのバージョンや機種によっても差があって、 私の使っている Z3 Compactには多いみたいです。 頻ぱんに出現する「~を終了します」メッセージの対処法 こちらは 「「Google Play開発者サービス」を終了します」のメッセージの対処法が 書かれていました。 「キャッシュの削除」も実施 4. 端末の再起動 5. Play Storeから「Google Play開発者サービス」を再度アップデート はっきりした理由はわからないと しながらも、 紹介されて方法でやってみて直れば儲けものです。 ちなみに、私の場合は「Googleアプリ」が問題なので、 Googleアプリをアンインストールしてみました。 と言ってもGoogleアプリはアンインストールはできないので、 「出荷状態に戻す」という表現で表示されますが。 上記の「Google Play開発者サービス」アプリの手順もやってみました。 それからは一度も 「Googleアプリを終了します」のメッセージは出ていません。 【追記】----------------------- この記事は当時使用していたXperia Z3 Compactに起こった症状で、上記のサイトに基づいて、自己責任でやってみたことと個人的に感じたままを書いています。 症状が同じでもすべてのものに同じ対処法が通用するかどうかは分かりません。 ここでお断りをさせていただきます。 --------------------------- 端末に最初から入っているアプリで削除できないものは 触ると怖い感じがしていたのですが、大丈夫なんですね。 は 覚えておくといいですね。 再アップデート後に規約の同意やログインの必要があったりで、 少々面倒ではありますが。 今後、Googleアプリのアップデートがあったりすると、 これらの症状は改善されるのかもしれませんね。

次の