スタバ キャラメル シロップ。 【スタバ再現レシピ】キャラメルフラペチーノ風ドリンクの作り方

スタバのソースは無料?種類・味わい・カロリー・おすすめカスタマイズをご紹介

スタバ キャラメル シロップ

コーヒーシロップは、濃いめのブラックコーヒーだけでなく、カフェオレやカフェモカ・ソイラテなど、ミルクや豆乳と合わせたコーヒーに入れてもおいしく飲めます。 シロップを選ぶときは、自分がいつもどんなコーヒーのメニューを好むのか、そのメニューを引き立たせるにはどんなフレーバーのシロップがいいのかを追求すると、楽しめるでしょう。 例えば、カフェオレはマカダミアナッツのフレーバーと相性がぴったり。 加えるとコーヒーに上品な香りと味わいを与えます。 また、薄めのアメリカンでもキャラメルや中東で人気のデーツシロップを加えると、いつもとはひと味違ったコクが味わえますよ。 このように、最初は自分の好きなコーヒーとの相性を考えたシロップから購入してみましょう! コーヒー用のフレーバーシロップの中でも特に人気の高いのは、「ダ・ヴィンチ」「トラーニ」「モナン」の3大メーカーです。 特にR. トーレ社が出しているトラーニのシリーズは、シロップの元祖と言っても過言ではありません。 フランスのモナンも業務用サイズの700mlの他に、お手頃サイズの250mlのシロップを出すなど、試しやすくコストパフォーマンスが抜群の商品です。 ダ・ヴィンチはコーヒーになじみやすい甘さを追求し続けて高い支持を得ているメーカー。 定番のキャラメルやバニラだけでなく、ローストアーモンドやマロングラッセなど季節感のあるフレーバーシロップも多く出しています。 シロップを購入する時は、まずは有名なメーカーのものを選んで購入した方が失敗が少ないでしょう。 そこから自分の好きなフレーバーを見つけて、そのフレーバーをメーカー別に比べてみるのもいかがでしょうか?同じフレーバーでもメーカーごとに香りや味わいが違うので楽しめますよ。 フレーバーシロップの老舗としておなじみのトラーニから販売されているキャラメルソース。 「ソース」という区分ではありますが、ミルクを入れたコーヒーに合わせる方も多い商品です。 シロップのようにブラックコーヒーに入れても楽しめますが、物足りない人もいるようなので、コーヒーにミルクを入れる時に活用することをオススメします。 ミルクを入れたコーヒーの中でも、特にカプチーノとの相性は抜群です。 その他、キャラメルマキアートやフラペチーノなど、自宅でカフェの定番メニューを楽しみたい時に大活躍します。 冷蔵庫で保存できますが固まりやすいので、スムーズに使うために、使用前には早めに取り出して常温で柔らかくしましょう。 内容量 468g 南国のイメージが強いココナッツフレーバー。 暑い夏にアイスコーヒーやアイスカフェラテに入れてぜひ試してみたいですよね。 しかし、ココナッツは独特の香りと味わいがあるので、たくさんの量では使いきれなさそう…そんな心配をされている方もいるのではないでしょうか? そんな方におすすめなのがモナンから出ている250mlのフレーバーシロップのシリーズ。 価格も1000円以内なので初めて購入するフレーバーも気軽に試せますよ。 ココナッツ・シロップはカフェラテなどのミルクを入れたコーヒーに合いますが、ミルクと混ぜてもココナッツミルクのようにおいしく飲めます。 さらにカクテルに使用している方もいるようです。 内容量 250ml デーツとは英語でナツメヤシのこと。 中東ではメジャーでドライフルーツとして食べられる事も多い果物です。 この商品はそんなナツメヤシを原料にしたシロップ。 黒糖のように少しクセのある甘さのため、好き嫌いが若干分かれそうですが、後味がしつこくなくすっきりとしているので、日本でも密かに人気があり、リピーターもいます。 カフェラテやソイラテなど、ミルクや豆乳を入れたコーヒーの味わいを引き立てるシロップですが、アメリカンなど薄めのブラックコーヒーとも相性抜群。 エスプレッソのような濃い目のブラックコーヒーには合いませんが、コーヒーの他に紅茶に入れたりプレーンヨーグルトに入れてもおいしく食べるなど、活用の幅が広い商品です。

次の

【完全版】キャラメルマキアートのカスタマイズやカロリーは?値段も!|スタバ/スターバックスLOVER

スタバ キャラメル シロップ

クラシックシロップをホワイトモカシロップに変更することで、ロイヤルミルクティーのような味わいに 変えることができます!普段とは違ったスタバでのティー体験を楽しんできてください。 【スタバ裏メニュー2019】元スタバ店員の僕が絶句したカスタマイズ一覧! ここからは、スタバ裏のメニューについての記事です。 ネットで話題の、 アポロフラペチーノや白桃フラペチーノなどが裏メニューと呼ばれています。 当時働いてまもない頃に、 「白桃フラペチーノください」って平気でオーダーされたことがあります。 もちろん、絶句しました。 笑 そのときに スタバ店員でも知らない裏メニューが存在していることに気づかされました。 ホワイトモカ追加だけで味の変化がすごいです。 具体的に味はカルピスみたいになりますが 、カルピスよりもスッキリしていて、 ライムの爽快感とホワイトモカの甘みの相性が抜群に良いです。 というわけでスタバの裏メニューカスタマイズでした。 2019年、現在取り扱いがなくなったシロップなどもありますので、既存のカスタマイズができるとは限りません。 なので、確認が必要になると思います。 スタバのカスタマイズは、何通りもあるので作ろうと思えばいくらでもカスタマイズできます。 その中でも、自分のオリジナル・好みのカスタマイズをぜひ見つけてみてください。 冬にひときわ人気になるのが、抹茶ティーラテ。 個人的にハマっているのが、中のシロップをホワイトモカに変更し、ミルクを豆乳にするカスタマイズ。 抹茶との相性が非常に良いです。 さらにフォーミーにすることでこれまでにない充実感に浸れます。 おすすめです。 スタバのカスタマイズ方法 番外編 ここまでご紹介しましたが、これはほんの一部にすぎません。 笑 個人的にも好きですし、割と世間でも多くの方が好んでしているカスタマイズばかりをピックアップしたのでどれも美味しいはずです。 僕が働いていた頃は、これらのカスタマイズはどれも人気でよく注文が入っていたカスタマイズばかりですので、ぜひ気になったものがあれば試してみてください。

次の

【スタバ再現レシピ】キャラメルフラペチーノ風ドリンクの作り方

スタバ キャラメル シロップ

コーヒーシロップは、濃いめのブラックコーヒーだけでなく、カフェオレやカフェモカ・ソイラテなど、ミルクや豆乳と合わせたコーヒーに入れてもおいしく飲めます。 シロップを選ぶときは、自分がいつもどんなコーヒーのメニューを好むのか、そのメニューを引き立たせるにはどんなフレーバーのシロップがいいのかを追求すると、楽しめるでしょう。 例えば、カフェオレはマカダミアナッツのフレーバーと相性がぴったり。 加えるとコーヒーに上品な香りと味わいを与えます。 また、薄めのアメリカンでもキャラメルや中東で人気のデーツシロップを加えると、いつもとはひと味違ったコクが味わえますよ。 このように、最初は自分の好きなコーヒーとの相性を考えたシロップから購入してみましょう! コーヒー用のフレーバーシロップの中でも特に人気の高いのは、「ダ・ヴィンチ」「トラーニ」「モナン」の3大メーカーです。 特にR. トーレ社が出しているトラーニのシリーズは、シロップの元祖と言っても過言ではありません。 フランスのモナンも業務用サイズの700mlの他に、お手頃サイズの250mlのシロップを出すなど、試しやすくコストパフォーマンスが抜群の商品です。 ダ・ヴィンチはコーヒーになじみやすい甘さを追求し続けて高い支持を得ているメーカー。 定番のキャラメルやバニラだけでなく、ローストアーモンドやマロングラッセなど季節感のあるフレーバーシロップも多く出しています。 シロップを購入する時は、まずは有名なメーカーのものを選んで購入した方が失敗が少ないでしょう。 そこから自分の好きなフレーバーを見つけて、そのフレーバーをメーカー別に比べてみるのもいかがでしょうか?同じフレーバーでもメーカーごとに香りや味わいが違うので楽しめますよ。 フレーバーシロップの老舗としておなじみのトラーニから販売されているキャラメルソース。 「ソース」という区分ではありますが、ミルクを入れたコーヒーに合わせる方も多い商品です。 シロップのようにブラックコーヒーに入れても楽しめますが、物足りない人もいるようなので、コーヒーにミルクを入れる時に活用することをオススメします。 ミルクを入れたコーヒーの中でも、特にカプチーノとの相性は抜群です。 その他、キャラメルマキアートやフラペチーノなど、自宅でカフェの定番メニューを楽しみたい時に大活躍します。 冷蔵庫で保存できますが固まりやすいので、スムーズに使うために、使用前には早めに取り出して常温で柔らかくしましょう。 内容量 468g 南国のイメージが強いココナッツフレーバー。 暑い夏にアイスコーヒーやアイスカフェラテに入れてぜひ試してみたいですよね。 しかし、ココナッツは独特の香りと味わいがあるので、たくさんの量では使いきれなさそう…そんな心配をされている方もいるのではないでしょうか? そんな方におすすめなのがモナンから出ている250mlのフレーバーシロップのシリーズ。 価格も1000円以内なので初めて購入するフレーバーも気軽に試せますよ。 ココナッツ・シロップはカフェラテなどのミルクを入れたコーヒーに合いますが、ミルクと混ぜてもココナッツミルクのようにおいしく飲めます。 さらにカクテルに使用している方もいるようです。 内容量 250ml デーツとは英語でナツメヤシのこと。 中東ではメジャーでドライフルーツとして食べられる事も多い果物です。 この商品はそんなナツメヤシを原料にしたシロップ。 黒糖のように少しクセのある甘さのため、好き嫌いが若干分かれそうですが、後味がしつこくなくすっきりとしているので、日本でも密かに人気があり、リピーターもいます。 カフェラテやソイラテなど、ミルクや豆乳を入れたコーヒーの味わいを引き立てるシロップですが、アメリカンなど薄めのブラックコーヒーとも相性抜群。 エスプレッソのような濃い目のブラックコーヒーには合いませんが、コーヒーの他に紅茶に入れたりプレーンヨーグルトに入れてもおいしく食べるなど、活用の幅が広い商品です。

次の