ミリム 声優。 【クラフィ】破壊の暴君 ミリムの評価【クラッシュフィーバー】

【コトダマン】ミリム|評価・性能まとめ

ミリム 声優

イントロダクション スライム生活、始めました。 サラリーマン三上悟は通り魔に刺され死亡し、気がつくと異世界に転生していた。 そして、時にユーモラス、時にシリアスに展開する物語の先に待つのは、魔王の存在。 1匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、知恵と度胸で仲間を増やしていく。 ファンが待ち望んでいた転生エンターテインメント、いよいよアニメで開幕! PV第1弾&先行カットが公開 リムルとミリムの声が聴けるPV第1弾と先行カットが公開されています。 PV第1弾 先行カット 追加キャラ&メインキャスト情報 リムル(声優:岡咲美保) サラリーマン・三上悟は、事件に巻き込まれ、異世界に転生してスライムに。 大賢者(声優:豊口めぐみ) リムルのユニークスキルの1つ。 リムルの身の上に何かあると、リムルにだけ聞こえる声で解説を加えてくれます。 時には、余分な事柄の解説までしてくれることも……。 ヴェルドラ(声優:前野智昭) リムルが転生して最初に出会った天災級(カタストロフ)のドラゴン。 暴風竜の名でも知られ、勇者によって洞窟の中に300年にわたって封印されています。 シズ(声優:花守ゆみり) リムルと出会い、その運命に大きな影響を与えることになる女性。 類い稀な強い炎の力を操ります。 ベニマル(声優:古川慎) オークによって滅ぼされた大鬼族(オーガ)族長の息子。 真紅の髪と瞳、漆黒の角を持ちます。 正義感の強い性格で、許せないことには真っ直ぐに立ち向かいます。 シュナ(声優:千本木彩花) ベニマルの妹で大鬼族(オーガ)の姫。 薄桃色の髪に白磁のような角を持ちます。 可憐な美貌だけでなく、調理や被服の才能に恵まれています。 シオン(声優:M・A・O) 紫の髪と黒曜石のような角を持つ大鬼族(オーガ)の一族。 見た目はクールビューティーですが、その戦闘力は髙い。 ソウエイ(声優:江口拓也) 大鬼族(オーガ)の一族の1人。 青黒い髪に褐色の肌、純白の一本角を持ちます。 つねに冷静沈着な性格で隠密行動が得意です。 ハクロウ(声優:大塚芳忠) ベニマルにつき従う老大鬼族(オーガ)。 老体ではありますが、すぐれた剣術の使い手です。 最古の魔王の1人。 リムルが只者でないことを見抜き、自ら姿を現します。 キャストコメントが到着(原文のママ掲載) リムル役の岡咲美保さんのコメント リムル役に決まったと聞いた時は、一瞬何が起こったのか頭が追いつかずびっくりしてしまいましたが、その後、すごく嬉しくてしばらくニヤニヤが止まりませんでした! 主役ということもあり、緊張や責任感を感じることも多々ありますが、それ以上に素敵な経験をさせてもらえていることが何よりも幸せです! 皆さまにワクワクドキドキした気持ちを届けられるように、私もリムルと一緒に、声優として成長していきたいです。 リムル、そして『転スラ』をどうぞよろしくお願いいたします! 大賢者役の豊口めぐみさんのコメント 初めての収録の時、人の役が少ないので、「正解がわからないね」なんて話していたのですが……本当に正解がわかりません(笑)。 この役は男性でもやれるのかも……とかこの役は女性でもやれるのかも……とか、原作を読んでいて、とてもいろいろな可能性を感じられる作品だなと思いましたが、選んでいただいたからには全力で挑みたいと思いますっ!! ……なんて気負わずとも、現場は楽しくやっております。 1話からかなり飛ばしてますので! お楽しみにっ!! シズ役の花守ゆみりさんのコメント オーディションのお話をいただいた際、シズは普段なかなか受けることのないタイプのキャラクターだったのですが、不思議と惹かれ、すんなりと役に入ることができたのが印象的でした。 彼女の強さと同時に普通の女の子としての顔も見せられるよう、精一杯演じさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ヴェルドラ役の前野智昭さんのコメント リムルが最初に出会う大切なキャラクターなので、それを任せていただけるのはとても嬉しいです。 ヴェルドラ自体も非常におもしろいキャラクターなので皆さんの記憶に残るお芝居ができるといいなと思います。 気合いを入れてアフレコに臨みます! ベニマル役の古川慎さんのコメント ベニマル役を演じさせていただくことになりました古川慎です。 スライムが主人公となるこの作品。 オーガとして、カッコよく傍を彩れたらなと思います! どうぞよろしくお願いします!! シュナ役の千本木彩花さんのコメント 『転スラ』にてシュナ役を演じさせていただくことになりました! リムルたちが紡ぐ物語がとてもおもしろく、アニメになったらどんな風になるのか今からとてもワクワクしています! その中でオーガ族の姫ということで、とてもかわいらしいシュナを演じることに緊張していますが頑張りたいと思います! 皆さんお楽しみに! シオン役のM・A・Oさんのコメント シオン役を演じさせていただくことになりました、M・A・Oです。 最初にお話をうかがった時、凄くユニークでインパクトのあるタイトルに驚きました! 個人的には、転生したら港の近くに住む野良猫になりたいと常々考えております(笑)。 シオンさんはクールな外見とは裏腹に、とても直情的なキャラクターだということなので、喜怒哀楽の感情を思い切り解放できるよう頑張りたいです。 どうぞよろしくお願いいたします!! ソウエイ役の江口拓也さんのコメント タイトルのインパクトで気になっていたので、かかわることができて嬉しいです。 選んでいただいたソウエイという役を、全力で演じたいと思います。 ミリム役の日高里菜さんのコメント 原作のPVのナレーションでお世話になっていたので、TVアニメの方でもミリム役として作品にかかわれること、大変うれしく思っています! アフレコも気合いを入れて頑張ります!! 先行上映会 TVアニメ『転生したらスライムだった件』先行上映会の開催が決定しました。 先行上映会には、リムル役の岡咲美保さん、シズ役の花守ゆみりさん、ベニマル役の古川慎さん、シオン役のM・A・Oさん、ソウエイ役の江口拓也さんが登壇予定です。 なお、詳細は後日発表されます。

次の

【クラフィ】破壊の暴君 ミリムの評価【クラッシュフィーバー】

ミリム 声優

出典 : Amazon. jp 『転生したらスライムだった件』の女性キャラクター、 ミリム・ナーヴァをピックアップ! 作中でも最強クラスの力を持っているのに子供っぽくて可愛い彼女の魅力やアニメ1期での活躍、そして意外な一面についてまとめました! ミリム・ナーヴァ キャラクター概要 出典 : Amazon. jp 『転生したらスライムだった件』に登場する女性キャラクター。 外見年齢は非常に若く14~15歳の幼い容姿ですが、服装は露出度がかなり高め。 ツインテールで纏めた桜金色(プラチナピンク)の髪が特徴で、胸は「膨らみかけ」くらいのサイズです。 最初の竜種 「星王竜」ヴェルダナーヴァ(暴風竜ヴェルドラの兄)と 人間との間に生まれた 竜魔人(ドラゴノイド)。 父ヴェルダナーヴァに与えられたペットで唯一の友達でもあった元ドラゴンのガイアがとある王国に殺され、復讐のためその王国を滅ぼし、 魔王へと進化を果たしました。 最古にして最強の魔王ギィ・クリムゾンに次いで生まれた魔王で、ギィと七日七夜戦った伝説を持つ 作中トップクラスの実力者です。 数千年の時を生きる存在ながら、性格は天真爛漫かつ好奇心旺盛。 退屈を嫌い、無類の戦闘好きで手も早く、自分や自分のお気に入りに対して牙を剥こうとする相手には容赦なく実力行使に出ます。 反面、本格的な戦闘の際には長年生きてきた経験もあって、常人とは一線を画した発想力や洞察力を発揮します。 基礎的な戦闘力に加えスキルも強力で、途方もない範囲を見通せる竜眼(ミリムアイ)や究極の地獄耳の竜耳(ミリムイヤー)といったユニークスキル、青白い光で敵を攻撃する竜星拡散爆(ドラゴ・バスター)や一撃で都市を丸ごと壊滅させる最強魔法の竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)といった必殺技を用います。 また、究極能力として絶対的な崩壊因子「虚無崩壊」と似た性質を持つ大罪系究極能力・憤怒之王(サタナエル)も使用できます。 担当声優は 日高里菜(ひだか りな)。 アホっぽいけど実は賢い魔王 出典 : Amazon. jp アニメから入った転スラファンの恐らく大半が誤解しているかと思われますが、 ミリムは決して頭は悪くありません。 むしろ 作中でも屈指とさえ言える策士で、本来ならアニメ1期の範疇(原作1~4巻、コミック版1~11巻)でもその片鱗を確認できる場面があったのですが…… アニメでは尺の都合でカット・簡略化されています。 例えばミリムの初登場時もそうです。 カリオン、フレイ、クレイマンとの魔王会談の最中、水晶球に映し出されたリムルたちとオークロード軍との戦いを見たミリムはリムルたちに興味を持ち、自ら調査を買って出ます。 しかし、彼等のいるジュラの大森林は 不可侵条約により、手回し抜きで入ることはできない模様。 そこで、ミリムが 「ヴェルドラが消えた今、撤廃してしまえばいいのだ」と提案します。 アニメ版はこの主張がサクッと通り、そのままスピーディーに展開していったため、視聴者のミリムの印象は 「単純な発想を口にする子供っぽい魔王だな」になったと思われます。 実際子供っぽい性格なので間違ってはいませんが、原作では この提案に至る筋道や他のメンツの見解が詳細に書かれていて、心証がかなり変わってきます。 原作ではこの場面、ミリムがまず 「自分がリムルたちに会いに行って交渉する」と主張。 その提案に対し他の3人が 「不可侵条約があるからそれは無理」と否定し、そこでミリムが 「なら不可侵条約を撤廃すればいい。 魔王4人がここにいるからこの場でそれができる」と答え、その発想に他の3人が驚きつつ 「一見単純だが実は合理的だ」と気付きます。 その上、3人は不可侵条約が長年生きていた 理由を知りません。 その理由とは 「ヴェルドラがジュラの大森林の洞窟に封印され、それが外的要因で解けないように」であり、ヴェルドラの存在が(リムルに捕食されたことで) 消失した今、 不可侵条約を保持する理由はなくなり、だからこそミリムは撤廃を提案した……という流れです。 原作の地の文でもかなりしっかり解説されていますが、ミリムは物事の道理を弁えていて、しっかり筋道を立てて考えられる 聡明な魔王です。 ただし仮定をすっ飛ばして結論だけを行動として示すことがしばしばあり、それが短絡的に見えてしまう……というキャラなのです。 上記の場面はまさにそのミリムの性質がよく表れています。 アニメ版の簡略化された描写だと、「不可侵条約の撤廃」というミリムの発想は単なる身勝手で適当な意見という印象ですが、実際には 相当トリッキーな発想でありつつ 最適解という高度な考案だったりします。

次の

【転スラ】★6ミリム・ナーヴァ[天魔龍魔王]の能力評価【スラテン】

ミリム 声優

どこの時点かによるけどweb版最終回時点について考えます。 ギィ 300『深淵之神』 最後の戦い ユウキ戦 でミリムもギィもユウキに勝てなかったが大戦後、深淵之神 ノーデンス を獲得したギィとリムルが話す場面でリムルが「少なくとも、本気になったギィならばユウキとも互角以上に戦えそうな気配を感じた。 」と言っていた。 また、その後リムルと何度か戦ったとあるため相当強いと思う。 ラミリス 15『迷宮創造』 チビラミリスなら0だが大人になったラミリスは天界でのユウキ戦にも参加していたし、ラミリスやその他最終決戦の場にいた者達の全力攻撃をリムルが「世界を滅ぼせそうなエネルギーの束」と言っていたし、昔ギィとミリムの戦いを止めたことがあるためそれなりに強いと思う。 レオン 45『純潔之王』 ディアブロは天界の戦場にいて、「この世界の最強の一角」とも言われているので70〜80くらい。 そのディアブロよりかなり弱いベニマルよりも弱いのでこれくらいかなと。 ルミナス 40『色欲之王』 正直レオンとどっちが強いかわからない。 この2人は「強え!」ってなる場面がないので自分の中ではあんま強いイメージがない。 レオンの方が先にアルティメットスキルを取得していたのでレオンより下。 ディーノ 65「怠惰之王、堕天之王」 アルベルトやグラソードを凌ぐあの世界における最強の剣士。 神格武装を発現して本気を出すとゼギオンやベニマルと同等になると考えられる。 ヴェルダナーヴァの腹心であり四凶天将のNo. ダグリュール 85 ルミナスが不意打ちで最強技を放っても無傷。 ヴェルドラからエネルギーを大半奪い究極能力を獲得したシオンと、不利な時間停止世界の中で戦って互角。 フェン、グラソードと三位一体になると本気のヴェルドラと互角。 ディーノと同じくヴェルダナーヴァの腹心であり四凶天将のNo. リムル 1000『虚空之神、豊穣之王』 ちょっと大袈裟かもしれないけど規模が大きすぎてどれくらい強いのわからない。 ヴェルダナーヴァは世界を創造して虚無崩壊を失ったが、リムルは何万回も世界を創造出来るだけの虚無エネルギーを有している。 また、ギィに「テメーとは戦うつもりはない。 オレは勝てない戦いはしない主義なんだ」とまで言わせるほど。 空間転移だけでなく時空間をも転移出来て、自分の前世の世界に転移し前世の自分を治療し助けたり、宇宙が終わった時空の果てに飛ばされた際はほぼ正確に元の時間に戻った。 相手の究極能力すらも神智核の解析によりコピー出来るし、創造神ヴェルダナーヴァしか出来ないと言われる他人のスキルの統合・最適化出来る。 創造神であるヴェルダナーヴァを超えている可能性もある。 かなり長文になりました。 あくまで戦闘力ですので「ミリムが3人いればギィに勝てる」ということではないです。 一部個人的な見解などもあり、確実ではないので参考までに。

次の