糸 ようじ 臭い。 デンタルフロスで取った歯垢が臭い! 歯垢や口臭が臭くなる原因のまとめ

糸ようじが臭い原因は歯周病?虫歯?詰め物の不具合?

糸 ようじ 臭い

デンタルフロスが臭いのは、付着した歯垢のせいです。 今回は、デンタルフロスに付着する歯垢があまりにも臭い場合の原因や、臭い歯垢がもたらす悪影響についてご説明したいと思います。 歯垢のニオイが臭くなるのは、歯垢のかたまりに含まれる、虫歯菌も含めた色んな種類の細菌が、タンパク質をどんどん分解する際に出るニオイが臭いためです。 そんなに嗅いだことはないかも知れませんが、腐敗臭に近い嫌なニオイがします。 歯垢が臭くなるメカニズムについては、下記記事で詳しく説明しておりますので、参考にしてみてください。 」ことになるのか、一概に述べることはできませんが……。 深刻に悩んでしまうほど、デンタルフロスに付いた歯垢が臭いと言うなら、歯垢そのものだけがニオイの原因とは限らないと思われます。 ニオイのきつい食べ物や飲み物は、歯垢が臭くなりがち! ニオイのきつい食べ物や飲み物からなる歯垢は、通常よりも臭くなりがちです。 にんにくやニラなど、食べる時に美味しいけど臭い食べ物は、食べた後の歯垢も臭くなってしまう可能性が高いのです。 また、口臭の原因の1つとしても考えられているコーヒーなども、飲むときはいい香りが楽しめますが、他の飲み物と比べてニオイが強い飲み物であることは確かなので、歯垢が臭くなる一要因になっていると言えます。 歯垢があまりにも臭い場合、歯周病や虫歯になっている危険性もある 「歯垢が臭いからと言って、神経質になる必要はない」と先述しましたが、 デンタルフロスに付着した歯垢があまりにも臭い場合、虫歯や歯周病になっていることを警戒した方がいいです。 神経にも到達しそうな ひどい虫歯の場合は、歯垢から何かが腐っているような強烈な悪臭がします。 もちろんそのニオイは、口臭にも反映されてしまいます。 また、歯周病や歯槽膿漏のような歯茎の炎症が起きている場合でも、酸で何かが溶かされたような、酸っぱい悪臭を感じます。 「以前と比べて歯垢が臭い気がする」という場合は、虫歯や歯周病が原因かもしれませんので、1度歯医者さんに診てもらった方がいいでしょう。 歯垢が臭いのではなく、口臭が臭い場合も考えられる 「歯垢があまりにも臭い! 」という場合は、歯垢そのもののニオイではなく、口臭が原因である可能性も十分考えられます。 歯垢が臭い=口臭が臭いというように、それぞれのニオイは関わり合っているといっても過言ではありません。 そして、口臭が酷いことには、様々な理由が考えられます。 胃腸など、消化器官の具合が悪い• 耳鼻咽喉系の具合が悪い• ストレスが溜まっている• タバコを吸う• お酒を飲みすぎる• 加齢 自分で出来る範囲のブレスケアで全く効果がなければ、病院で診てもらった方がいいかもしれません。 虫歯や歯周病もそうですが、病気の予兆を早めに発見することが推奨されます。 デンタルフロスを習慣にすると、取れる歯垢の臭さがマシになる! ちなみに、 デンタルフロスの使用を習慣にすると、取れる歯垢の臭さはマシになります。 デンタルフロスを使い出して直ぐは、歯周ポケットに溜まっていて、 これまで取ることが出来なかった古い歯垢がデンタルフロスに付着するので、「臭い!」と感じる人が多いと思います。 「臭いデンタルフロスを持つのは嫌!」なら、香り付きのデンタルフロスがオススメ! デンタルフロスに付着した歯垢が臭いのは仕方無いことですが、「臭いデンタルフロスを持つのは嫌!」という方も、いらっしゃるでしょう。 そんな方には、フレーバー 香り 付きのデンタルフロスを試してみるのをオススメします。 オカムラが取り扱っているデンタルフロスも、香り付きのものが多いです。 オカムラのデンタルフロスの、エキストラミント味は、他社製品のミント味よりも更に清涼感が強いことがポイントです。 歯垢が臭いかどうかを確かめる必要はないが、歯垢がしっかり取れているかのチェックは大事 何度も述べていることではありますが、歯垢が臭いこと自体はおかしなことでも何でもないので、神経質になってニオイをチェックする必要はありません。 しかし、使用したデンタルフロスをポイッとすぐにゴミ箱に捨ててしまう前に、 歯垢がしっかり取れているかどうか確かめておくことは正しいです。 「歯垢が全くついていないんだけど?」という場合は、デンタルフロスの使い方があまり良くないのかもしれません。 虫歯や歯周病のリスクが抑えられていないので、もう1度デンタルフロスの使い方を見直してみましょう。

次の

糸ようじ(フロス)がメリットしかない理由。 効果的な使い方とは?

糸 ようじ 臭い

皆さんは歯磨きをする時、糸ようじや歯間ブラシを使いますか?「気になった時だけ使う」「時間にゆとりがあれば使う」という方もいるかと思いますが、毎日使う方は少ないかもしれません。 しかし歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間は、汚れがとても溜まりやすい部分です。 磨き残しが蓄積し続けると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。 ここで活躍してくれるのが、「糸ようじ(フロス)」!今回は、糸ようじの効果や、おすすめの糸ようじについてお伝えしていきます。 糸ようじはなぜ使う?本当に効果があるの? 虫歯や歯周病の9割は、「 歯と歯の間の汚れ」が原因と言われています。 それだけ、歯と歯の間は磨きにくく汚れが溜まりやすい場所なのです。 実は 歯ブラシだけでは、約60%しか歯の汚れを落とせません。 しかし、糸ようじやフロスを合わせて使うと、なんと 約80%の汚れを落とすことが可能なのです。 糸ようじやフロスは、「歯と歯の間の歯垢除去」をするための道具です。 歯ブラシだけでは落とせない最も重要な部分に使うことで、磨き残しを減らすことができます。 まだまだある、糸ようじを使う 4つのメリット 1.寝る前の使用で、虫歯・歯周病予防に! 寝ている間は歯や歯茎を守る唾液の分泌が少なく、お口の中の細菌が活性化する危険な時間帯です。 寝る前に歯ブラシ+糸ようじを使うことで、 細菌の餌となる歯垢が減り、虫歯予防に効果的なのです。 2.劣化した詰め物の早期発見 以前治療した銀歯などの詰め物は、経年劣化し、詰め物と歯の間に隙間が出来ることが多いです。 実際に、「詰め物が取れて歯医者に行ったら、中で虫歯になっていた」というのも、よくある話です。 糸ようじを使った時に、 詰め物がひっかかる・外れる・糸がほつれるという場合は、詰め物の適合性が悪い可能性が高く、劣化や虫歯を疑いましょう。 3.歯周病の早期発見 汚れが溜まり、歯茎が腫れている時は、糸ようじにうっすらと血がつくことがあります。 実はそれ、歯周病のサインかもしれません。 歯周病には軽度~重度まであり、ほとんど自覚症状がない状態で進行していきます。 放っておくことは、大変危険です。 毎日糸ようじを使っても出血が続く場合は歯医者に相談に行きましょう。 4.磨き残しを減らして、口臭予防 歯ブラシだけでは、歯と歯の間には磨き残した歯垢が溜まったままになってしまうことも。 残った歯垢が発酵すると、口臭の原因になります。 糸ようじを使った後、においを嗅いでみて「臭い」と感じたら、口臭のもとになっている可能性があります。 ちょっと面倒に感じる「糸ようじやフロス」ですが、実はこんなにもメリットがあるのです。 あなたも、日々の歯磨きに糸ようじを取り入れてみてはいかがでしょうか? 糸ようじ(フロス)に関するよくある質問 糸ようじやフロスを、実際に使ってみないと分からないこともありますよね。 ここでは、よくある質問をご紹介します。 Q.フロスが通らない・ひっかかる A. 糸ようじやフロスが一見通らないところも、「ゆっくりとノコギリを前後に引くように」入れると通る場合が多いため、 ご自身のやり方や 糸ようじの角度を変えてみましょう。 「どうしてもフロスが通らない」、「途中でひっかかる」、「フロスが切れてしまう」、といった場合には、虫歯や詰め物の劣化、歯並びの問題の可能性があります。 どちらも、ご自身では分かりづらいため、一度歯医者で相談してみることをおすすめいたします。 歯と歯の隙間が小さい所は、糸ようじやフロスの使用が虫歯予防には効果的です。 虫歯・歯周病予防に最適です。 サイズが合っていないものを無理に通すと歯茎を傷めてしまいます。 無理なくスッと通る、適度なサイズを選びましょう。 糸ようじ(フロス)をこれから始める方へ 「よし!糸ようじを使ってみよう!」と思った方に、糸ようじを使う際の注意点、おすすめの糸ようじをご紹介します。 自分に合うタイプ・サイズを選ぶことが、長く続けられるコツですよ! フロス使用上の注意点 ・鏡を見ながら、慣れるまでは焦らずゆっくりと行いましょう。 ・衛生上、フロスは同じ部分を使わないようにしましょう。 糸ようじも清潔な状態のものを使いましょう。 ・無理に力を加えたり、何度も強く通したりすると、歯や歯茎を傷つけてしまうので注意が必要です。 ・糸の太さや形など色々な種類があります。 自分のお口にあったもの、使いやすいものを選びましょう。 初心者にオススメのデンタルフロス 4選 1.リーチデンタルフロス ワックス 【歯科医推奨!】ワックス加工で歯間に入りやすいので、フロス初心者の方にもおすすめ。 実際の歯科医療の現場でも使われ、「歯垢がとてもよく落ちる」と評判です。

次の

糸ようじとデンタルフロスの違いと選び方 正しい使い方動画あり

糸 ようじ 臭い

スポンサーリンク 歯垢が取れたほうがいいに決まってる 糸ようじとはホルダーのついたデンタルフロスで、歯と歯の間の歯垢をとるための道具になります。 虫歯や歯周病は歯と歯の間から始まることが多く、きちんと歯と歯の間のケアを行っているかどうかで発症率が大きく変わってくることがわかっています。 虫歯や歯周病を予防するのに最適な糸ようじですが、使用していると臭いと感じてしまうことがあります。 糸ようじを使って歯垢を除去しても臭いがする…と残念がっている方も多いかも知れませんね。 取れた歯垢の臭いをついかいでしまったときに、ショックを受けてしまうのは確かですが… でもこれは、 逆に考えてみてはいかがでしょうか? こんなに臭いのする歯垢をずっと歯の間に残している恐ろしさに比べれば、糸ようじで除去してよかったのだと。 歯垢を取り除いていなければ、周りの人に臭いが伝わっていた可能性もありますからね… 口の中がすっきりして口臭も消えて歯周病の予防につながったと思えば、取れた歯垢の臭いにも耐えられる…かも? 歯垢が臭い理由は?そもそも歯垢って何? 歯垢が臭い理由って何なのでしょうか? そもそもの話…歯垢って何でしょう? 歯垢は、食べたものの食べかすだと思っている人は多いです。 しかし…実は、 歯垢=食べかす、ではないのです! 歯垢とは、プラークと呼ばれていて、虫歯菌や歯周菌といった細菌塊のことを指します。 1mgの歯垢の中に、300種類もの細菌が10億個以上生息しているとのことです。 歯の間に挟まっている歯垢って目に見えるほどの量がある気がするのですが、あれが全部細菌だとは…驚きです。 歯垢の中に含まれているこれら多くの細菌が、「 硫化水素」とか「 メチルメルカプタン」といった 臭いの強いガスを発生してしまうのです。 これは、ますます糸ようじで取り除く必要がありますよね。 こんなに臭いものを口の中に放置していると想像すると、なんだか恐ろしいですよね。 歯垢だけじゃない!口臭を発生する原因は? 歯垢から臭いが発生するのはわかりますが、他にも口臭につながってしまう原因ってあるのでしょうか? 他には、以下のような原因が挙げられます。 ・歯石に歯垢がついて臭い ・歯周病になって臭い 歯石に歯垢がついて臭い 歯垢が固まったものを歯石といいます。 歯石にはさらに歯垢がたまり、取りづらくなります。 さらなる口臭につながってしまうという、悪循環に陥ってしまうのです。 歯垢の状態だと、糸ようじを使っていれば比較的簡単に取り除くことが可能です。 しかし固まって 歯石になってしまうと、糸ようじでも取り除くことが困難になってしまいます。 歯医者へ行き、「スケーラー」という専用の器具で歯石とりをしてもらう必要があります。 私自身も、実際に歯石取りをしてもらったことがあるのですが… 痛いんですよね、やっぱり。 何だかんだ、歯肉にチクチク刺さります。 「取る」いうよりも「削る」という感覚に近いのでしょうか? あくまでも、歯石を取ってもらっている側の感覚でしかないのですが… 歯垢が歯石になってしまう前に、 糸ようじで取ってしまうほうがどんなに楽か?…と思い知らされた件でした。 2000円くらい支払いましたし。 (料金については、それぞれの歯医者によって違いがあると思いますが) 歯周病になって臭い この臭いと感じてしまう臭いの原因の多くは、歯周病が疑われます。 歯垢を放置しておくことは、歯周病にかかり、進行させる原因ともなります。 歯周病にかかることで歯茎が赤く腫れたり、歯周ポケットが作られそこから血や膿が出ます。 この血や膿が臭いを発し、口臭の原因となるのです。 歯周病とは口の中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こして、進行すると周囲の骨などの組織を破壊してしまう病気です。 歯だけではなく歯周病菌が全身に回ることによって、心疾患や糖尿病・肺炎・脳梗塞・消化器系の疾患や、早産・低体重児出産の原因になることがわかっています。 臭う原因としては、歯と歯茎の間にある歯周ポケットが深くなることで、そこで増殖した細菌が悪臭のガスを発生。 細胞が傷つくことで膿が出るようになってしまい、臭いにつながっていることが考えられます。 歯と歯の間のケアをするたびに血が出てしまったり、膿が出る、悪臭がする… そんな場合は歯周病である可能性が高いため、歯科医院での治療を行うことをおすすめします。 歯周病の治療は毎日の丁寧な歯磨きと、定期的な歯科医院での歯石除去など口の中を清潔に保つことが大切です。 進行するほど歯周ポケットは深くなってしまい、それに伴って細菌の増殖もひどくなるため、こまめなクリーニングが必要となってきます。 また、虫歯でも臭いは発生します。 重度になると歯に穴が開いてしまいます。 穴に中で細菌が増えたり汚れが溜まることで臭いが発生するのです。 ケアするためには、歯科医院で治療していきます。 また、詰め物が合っていなかったりすることも原因のひとつになります。 詰め物が合わないと段差ができてしまい、汚れが溜まり悪臭につながります。 糸ようじを使うと引っかかってしまったり、切れるなどしている場合には詰め物があっていない可能性が高いため、歯科医院で詰め物を作り直すことが必要です。 歯と歯の間は、たとえ意識をしている場合でもどうしても汚れが溜まりやすい場所になります。 汚れは、放っておくと口臭にも繋がってしまいます。 口臭予防や虫歯・歯周病の予防のためにも、一日一回糸ようじで歯と歯の間のケアをきちんと行うことをおすすめします。 ただし、使い方を間違えてしまうと歯茎を傷つけてしまうこともあるため、正しいやり方で自分に合った使い方をすることが大切です。 歯周病にまで進んでしまうとさすがに自力で治療することは困難です。 その後は、歯医者通いをせざるを得なくなりますので… 糸ようじを使って、こまめに歯垢を取り除く習慣を今後も続けてゆきましょう! スポンサーリンク.

次の