黄色 皇帝。 黄色如何打败其他颜色,成为古代皇家的御用颜色?

黄色は皇帝の色?黄色と中国伝統文化はどういう関係?

黄色 皇帝

2017-08-02 13:25 来源: 原标题:黄色服饰为什么是古代皇帝的专属? 满清末代皇帝溥仪在《我的前半生》一书中写到:每当回想起自己的童年,我脑子里便浮起一层黄色:琉璃瓦顶是黄的,轿子是黄的,椅垫子是黄的,衣服帽子的里面、腰上系的带子、吃饭喝茶的瓷制碗碟、包盖稀饭锅子的棉套、裹书的包袱皮、窗帘、马缰……无一不是黄的。 溥仪11岁的那年,二弟溥杰和大妹进宫来陪他玩捉迷藏。 百官常服,同于匹庶,皆著黄袍,出入殿省,天子朝服亦如之,惟带加十三环以为差异,盖取于便事。 黄色有什么特别的寓意吗? 1 黄色代表尊贵。 这种被后世历代皇帝所推崇的赤黄色,很接近太阳的颜色,太阳代表着天,是古人顶礼膜拜的神物,自然尊贵得很,皇帝又是人间天子,无比尊贵!所谓天无二日,国无二君,这种象征太阳的黄颜色自然是皇帝的最爱。 2 黄色代表吉利。 黄道即是好日,黄色也是好颜色了,皇帝把皇位当作自家专有,欲万世永相传,都想图个大吉大利。 3 黄色代表财富。 黄色也是黄金的颜色,黄金是稀有之物,代表金钱,象征财富。 皇帝想要钱财滚滚,当然会喜欢这种黄澄澄的黄颜色了;阴阳五行之 说。 古代管中原又称中土,这是按五行的说法来的,而土的代表色是黄色,皇帝居于中土,将黄色定为皇帝的专用色也就不足为怪了;暖色调。 赤黄在色调上属于暖色,在感官上包含希望、光明之意,也蕴有庄重、稳重之意,当然这些都是现代人的说法。 古人虽不懂得冷暖色调,但对颜色未必不敏感,未必感受不到它的内涵。 几千年来,黄作为帝王服的概念逐渐根深蒂固,其色相也渐渐扩大,黄色的地位都在逐渐转变和升级。 黄色可以说在一定程度上代表着中国文化。 在中国古代神话中很多形象都与黄色及黄色服饰有关。 这些人物多为地位尊贵、为人崇敬的人类始祖,创造天地、教人生存。 尽管这些形象大多是后人根据传说联想出来的,但从中可以看出黄色在古人心中所具有的尊贵、权威之感。 黄色作为中国传统服饰色彩具有重要的文化内涵和象征意义。 原创作品,版权所有。 未经授权,不得转载! 责任编辑:.

次の

短篇杂谈:明清两代皇帝为何都喜欢黄色_腾讯新闻

黄色 皇帝

スポンサーリンク 中国における皇帝専用の上衣としての黄袍と陰陽五行説との関係 詳しくは 「」の記事で書いたように、 紀元前 221 年に 秦の始皇帝によって 歴史上はじめて中国全土が統一され、 中国において皇帝と呼ばれる存在がはじめて誕生することになる以前の 紀元前 3 世紀頃の 古代中国の戦国時代において唱えられたと考えられる 陰陽五行説の思想においては、 五行(ごぎょう)と呼ばれる 木・火・土・金・水という 五種類の元素と 色彩や方位との間には、 木・火・土・金・水という 五行のそれぞれが、 東・南・中央・西・北という 方位や位置、そして、 青・赤・黄・白・黒という 色彩に対応するという対応関係が存在すると説明されることになります。 そして、 こうした五行のそれぞれに対応する 青・赤・黄・白・黒という 五色の色彩が万物におけるあらゆる色彩の源となる 正色(せいしょく)として位置づけられたうえで、 そうした正色のなかでも、東西南北という四つの方位の 中央に位置する 五行では土、 色彩では黄に相当するものが 万物の中心 にある 最も高い序列に位置づけられる色として捉えられていくことになります。 そして、 こうした古代中国における戦国時代以降、 中国の最初の皇帝である 秦の始皇帝においても、その後、秦を滅ぼして新たな帝国を築くことになった 紀元前 2 世紀~紀元後 3 世紀の 漢の時代においても、 上述した 陰陽五行説を中心とする古代中国思想に基づいて、 皇帝の衣には、 万物の中心を意味する 黄の色彩が用いられることが多くなっていったと考えられることになるのですが、 さらに、その後の 6 世紀にはじまる 隋や、 7 世紀から 9 世紀まで続く 唐の時代になると、黄色の色彩によって染められた上衣である 黄袍(こうほう)が、 皇帝専用の正式な常服としてより明確な形で規定されていくことになり、 一般庶民においては、こうした 皇帝を象徴する色である 黄色を用いた服を着用すること自体が禁止されるようになっていくことになるのです。 スポンサーリンク 皇太子が用いる黄丹の衣と天皇の正装である黄櫨染の衣 そして、 日本においても、特に、こうした 隋や唐の時代における 中国の文化や政治体制のあり方が広く受け入れられていくなかで、 基本的には、上述した 陰陽五行説を中心とする 古代中国思想に基づく 色彩の位置づけのあり方はそのまま踏襲されていくことになります。 例えば、 日本においては、 皇太子が儀式の際に着用する束帯装束には、 黄丹(おうに)と呼ばれる 赤みがかった黄色の色彩が用いられ、 それに対して、 天皇が儀式の際に着用する束帯装束には、 黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)と呼ばれる 茶色がかった黄色の色彩が用いられることになり、 こうした 黄丹や 黄櫨染といった色彩は、 天皇や皇太子といった 皇族以外の着用が許されない色、すなわち、 禁色(きんじき)として一般庶民はもちろん、臣下となる官人や貴族たちにおいてもそうした色によって染められた服の着用が禁止されていくことになるのです。 ・・・ 以上のように、 中国においては、古代中国における 陰陽五行説の思想に基づいて、 黄色が 万物の中心にある色として 最も高い序列に位置づけられることになり、 隋や唐の時代においては、こうした黄の色彩によって染められた上衣である 黄袍(こうほう)が、 皇帝専用の正式な常服として規定されていくことになります。 そして、 そうした 隋や唐の時代における 中国文化の影響下にあった 日本においても、基本的には、こうした陰陽五行説などの古代中国思想に基づいて 黄色を重視する姿勢はそのまま踏襲されていくことになり、 日本においては、 赤みがかった黄色である 黄丹や、 茶色がかった黄色である 黄櫨染といった 黄色を基調とする色彩が、皇太子や天皇といった 皇族を象徴する色として用いられるようになっていったと考えられることになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 関連記事: 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 550• 152• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

古代帝王为何崇尚黄色?_文化_腾讯网

黄色 皇帝

但其实这种印象是来源于电视剧的,很多电视剧中的皇帝龙袍都是黄色,也就给人留下了这样的印象。 不过我们在看到宋朝皇帝的画像的时候却会发现,他们大多数穿着的其实都是红色的袍服,这就令人有些不解了,为什么宋朝皇帝不是穿着黄色龙袍呢? 在古代九五之尊的皇帝拥有至高无上的权力,掌握臣民的生死。 皇帝在古代中国是上天派来的,统治人间的领袖,那是真龙天子,被尊为神。 因此,皇帝穿的是龙袍,而后世人们留下的画像中都是身着绣着九条进龙,皇帝专用的蟠龙朝服,来彰显帝王威仪。 自然也就与其他诸侯、大夫不一样。 那么,我们不禁要问,古代皇帝画像应当是非常正式的行为,像明清两代皇帝都是一身龙袍着身,来彰显自己威仪与华贵。 为何宋朝确是皇帝身着官服画像,难道是因为宋朝的龙袍与官服相像? 原来龙袍上古时就有,不过当时不叫龙袍。 《周礼》记载:帝王的冕服已经绘绣龙形章纹,称作龙衮。 所以,龙袍泛指古代帝王穿的龙章礼服。 从周至明,皇帝的正式着装都是黑色的冕服,虽然秦至西汉早期的冕服全黑无纹章,后来的朝代又喜欢把十二纹章的排列方式改来改去以显示自己比前朝更尊重周礼,但大体是不变的,遵循周礼的总路线也是不变的。 秦朝是水德,汉朝是火德,唐朝是土德,宋朝是火德。 水德尚黑,火德尚赤,土德尚黄,但是火德的赤并非现在流行的中国红,而是发黑的暗红,土德的黄也不是明黄,而是带点红又有点发暗的朱黄。 唐代的皇帝,依旧是以黑底十二纹章的冕服为上朝和祭祀的正式服装,但是平时也穿朱黄色的常服。 初唐时,普通臣民还可以穿戴明黄色衣服,只是不能穿朱黄色,但是到后来,由于明黄和朱黄太容易混淆,所以凡是黄色系的衣服都被禁止了。 宋朝和明朝都是火德,尤其明朝皇帝姓朱,都以红色为贵,皇帝的常服也多为红色,日常也有黄色,但不是那种会发亮的明黄。 现存的明代皇帝画像中的明黄色常服,是因为那些画像多是死后遗像。 而那种纯金打造的黄澄澄的金冠,更是只有在皇帝的墓穴里才能找到的陪葬用品。 宋代服饰总体来说可分官服与民服两大类。 官服又分朝服和公服。 朝服用于朝会及祭祀等重要场合,皆朱衣朱裳,佩带和衬以不同颜色和质地的衣饰,还有相应的冠冕。 公服的式样是圆领大袖,腰间束以革带,头上戴幞头,脚上穿革履或丝麻织造的鞋子。 通天冠 宋朝皇帝服饰,有裘冕、衮冕、通天冠服、履袍、衫袍及御阅服等。 北宋皇帝画像穿戴并非官服,而是履袍,是宋代帝王祭祀用黑革履和绛罗袍作礼服。 宋代皇帝朝服——为绛纱袍、蔽膝、方心曲领穿戴展示图及通天冠、黑舄图。 这种服装仅次于冕服,是皇帝在大朝会、大册命等重大典礼时穿着的服饰,相当于群臣百官的朝服。 华夏之制,冠服都依周制,宋朝也一样。 中兴之后则有之。 标签: 上一篇: 下一篇: 我要分享.

次の