スカーレット あらすじ 最終 回。 朝ドラ【スカーレット】結末や最終回ラストをネタバレ予想!家族の絆に涙?|mama♡sapu

スカーレット最終回のネタバレ公開!武志は亡くなる!琵琶湖と2年後の喜美子|朝ドラあらすじネタバレ考察

スカーレット あらすじ 最終 回

連続テレビ小説「スカーレット」の最終週である25週のネタバレ・感想やあらすじなどを予想と合わせて最終回、最終話・結末まで紹介していきたいと思います! 朝ドラ「スカーレット」の24週では、実話通りにいけば、川原武志のモデル、神山賢一は、滋賀県でドナーを捜したのですが、ドナーは見つかりませんでした。 そこで、神山賢一はHIAが一部一致していた叔母・静子から骨髄移植を受けることになり、名古屋の病院に入院します。 実話では、神山賢一が白血病を発症した時点で、既に子続いバンク運動は始まっており、名古屋で民間の「東海骨髄バンク」が設立されていました。 そして、当時、日本の白血病治療の最先端は名古屋だったので、神山賢一は骨髄移植を受けるために、名古屋の病院に入院したのです。 朝ドラ「スカーレット」で離婚した夫の十代田八郎が名古屋で働いているというのも、そういう実話を反映したからだと思われます。 そして、モデルの神山賢一は、叔母・静子から骨髄移植を受けて回復していくのですが、再び白血病を発症してしまいます・・・。 朝ドラの「スカーレット」でも、川原武志が骨髄移植を受けて、改善に向かったとしても、再び発症してしまう・・・という展開になっていくのではないかと予想されます。 また、川原喜美子のモデルである神山清子は、骨髄バンク運動に関わったのですが、ドラマでそこを描く時間は無さそうなので、骨髄バンクは描かれないかもしれません。 描かれたとしても、ダイジェストくらいな感じかもしれませんね。 このような展開が予想されます。 展開が予想されます。 それでは、「スカーレット」最終週である第25週はどのようになるのか・・・紹介していきたいと思います。 【この記事も読まれてます】 もくじ• 「スカーレット」最終週第25週のあらすじを予想 「スカーレット」の最後の週である25週では、実話をもとにして考えると、川原武志のモデルの神山賢一は、HLAが一部一致している叔母から骨髄移植を受けたのですが、白血病が再発してしまいます。 最初に白血病と診断されたとき、ドナーが見つからなければ2年で死ぬと余命宣告を受けていたので、もう打つ手はなく、あとは死を待つだけという、悲しい現実を迎えてしまいました。 そこで、あまりにも早すぎる息子の死を悲しんだ、川原喜美子のモデルである、母・神山清子は、神山賢一に、一緒に献体登録をしようと提案します。 献体とは、死んだあと、自分の遺体を医大などに提供して、医大生の解剖などに使ってもらう事です。 献体登録をすれば、死後2年間は遺体がそのままの状態で安置されるため、医大に行けばいつでも神山賢一に会える・・・。 2年間で気持ちも整理できるだろうと、母・神山清子は考えたのです。 神山賢一は提案を受け入れ、母・神山清子と共に献体登録をします。 さらに、母・神山清子は 「入院前に作った壺があっただろ?お母ちゃん、賢一の作品を自然釉で焼いてみたい」 と提案しました。 母・神山清子は、釉薬を使わない古代信楽焼を再現した「信楽自然釉」の第一人者だったのですが、神山賢一は、母親をライバル視して、釉薬を研究し、天目茶碗を作っていたので、神山賢一の「信楽自然釉」の作品はなかったのです。 すると、神山賢一は 「本当は自然釉をやってみたかったんだ・・・」 と言い、母・神山清子は神山賢一の壺を焼くために穴窯に挑むのでした。 この実話通りにいけば、朝ドラ「スカーレット」でも、川原武志は、献体登録をして、川原喜美子に遺作の壺を焼いてもらうという展開になる事が予想されます。 しかし、不倫の事などが描かれなかったように、実話と異なる点がいくつかあるので、もしかすると、川原武志は、亡くなる事なく、存命として描かれるかもしれません。 とにかく、この25週が最終週となるので、どう展開されるのか・・・朝ドラ「スカーレット」が見逃せませんね! 「スカーレット」最終週第25週のあらすじ「炎は消えない」 武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。 しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。 そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。 信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。 喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。 武志もさらに作品を作りはじめる。 直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。 一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。 そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。 照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。 ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。 ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。 変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。 「スカーレット」145話のあらすじ 武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発させる。 武志が念願の作品を完成させる。 その出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。 しかし、達成感を味わう武志に異変が起きていた。 武志は通院して、大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる。 家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと食事を準備中。 だが、武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。 実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた。 同級生に貧乏を囃し立てられ屈辱に耐えるある日、常治が買い出し先で出会った引揚者・草間宗一郎を連れ帰り、沈鬱する彼を療養目的で居候させる。 給食費支払いも困難な生活を逼迫するゆえに草間を当初疎ましく感じた喜美子だったが、彼から人としての分別や柔道を教わり、草間も彼女に励まされ互いに打ち解けていく。 一方喜美子は、大野家の一人息子・信作と、裕福な信楽焼窯元「丸熊陶業」の娘・熊谷照子から勉強を教わったり、一緒に柔道に励んだりし、友情を築いていく。 5年後、教員が進学を勧めるほど成績優秀で絵が得意な中学3年生になった喜美子は、家計のため卒業後は丸熊陶業で働く予定であった。 しかし卒業目前に、丸熊陶業から男社会を理由に内定を取り消され、事を知った常治は喜美子に大阪の「荒木商事」への就職を決めてくる。 就職話を承諾するも信楽を離れる寂しさを感じた喜美子だが、常治が勧める丘から見える美しい夕陽を見て気持ちを切り替え、その場で古い信楽焼の欠片を拾って旅のお供として、大阪へ旅立つ決意を固める。 喜美子は、社長・荒木さだの自宅兼下宿屋である「荒木荘」の女中の仕事を与えられる。 当初、先輩女中の大久保のぶ子に、仕事は出来ないと見解され、彼女が促すまま信楽に帰ろうとした喜美子だったが、応援する母・マツの手紙を見て考え直す。 大久保から休む間も無く仕事を命じられ、更にさだから「大久保が辞めるまでは見習いのため月給千円と言い渡され、苛立ちながらも表には出さず、喜美子は真面目に仕事に取り組んでいく。 ある日、下宿人の新聞記者・庵堂ちや子の会社から好条件な転職話が舞い込み気持ちが揺れる喜美子だったが、ちや子の働きぶりを知り自身の半人前な現状に気づいたことや、大久保のさり気ない優しさを知り「3年は実家に帰らない」と誓い、改めて荒木荘で働き続ける決意を固める。 2年半後、大久保から引き継ぎ独りで荒木荘を切盛りするようになった喜美子は、貯金し美術学校への進学を目指していた。 そんななか、下宿人の医学生・酒田圭介に恋をするが、彼が恋人の希望で転居し失恋。 その後、志望校の講師で世界的芸術家・ジョージ富士川のサイン会で喜美子は、仕事で会場を訪れていた草間と偶然再会する。 「スカーレット」喜美子はジョージ富士川のサイン会に行く。 すると『半分だけ神』というジョージ富士川の作品があった。 そして外国人がいろんなポーズをしながら見ていたので喜美子は真似をしながらその作品を見る。 するとサインをお決まりの方こちらへ並んでくださいと言うとジョージ富士川が現れる。 — シグナル elefl69 草間との別れの後、マツが倒れたとの常治の嘘を信じ信楽に駆けつけた喜美子は、理由を告げず帰郷を迫る彼に対し、荒木荘の仕事と進学への夢を理由に反発する。 しかし、窃盗被害と仕事の不調で自棄を起こした常治の借金で荒んだ家庭事情を知り、急遽荒木荘の仕事を卒業し信楽に戻る。 常治の交渉で丸熊陶業の社員食堂に再就職した喜美子は、絵付係の仕事現場を見て絵付け師になりたいと思い、更に絵付け師で日本画家・深野心仙の生き様を知り、弟子入りを望む。 当初、修行の長さや家庭との両立の難しさなどから現状では無理と諦めようとした喜美子だったが、彼女の本音を知ったマツは協力に動き、妹たちは応援する。 喜美子を早く結婚させ婿を取ろうと画策していた常治は猛反対するも、偶然深野と酒を交わし話すうちに喜美子の弟子入りを認めることとなる。 修行を重ねて絵付け師の仕事をもらえるようになった3年後の昭和34年夏のある日、深野からの打診で喜美子は火鉢の絵柄をデザインする。 デザインは照子の夫で次期社長候補・敏春の目に留まり採用されるが、利益を上げたい彼の画策で、喜美子は不本意ながら会社のマスコットガールに仕立て上げられる。 程なく社長に就任した敏春は主力商品を従来の絵付け火鉢から植木鉢に移行し、絵付係の縮小を決定。 深野と弟子たちはそれぞれ進路を見つけ旅立つことを決める。 一人で絵付係を請け負うことになった喜美子は、高校進学を志望する末妹・百合子の学費のため、敏春に賃金引き上げを直談判。 敏春に承認された喜美子は、深野から一人前の絵付け師と認められる。 同時期、喜美子は新入社員・十代田八郎と親しくなり、彼から陶芸を教わるうちに相思相愛へと進展する。 陶芸家を目指す彼との結婚に常治は不安を感じ猛反対するが、展覧会で受賞を条件に承諾。 紆余曲折を経て新人賞受賞を果たした八郎は、川原家の婿養子になる形で喜美子と結婚する。 その後、喜美子と八郎は丸熊陶業から独立し「かわはら工房」を立ち上げる。 同年の夏、常治が末期がんと診断され冬に死去。 すれ違っていた喜美子と八郎は、葬儀後話し合い絆を深める。 そんななか、東京で働いていた長妹の直子が会社を辞め帰省。 恋人の鮫島正幸と大阪で商売を始めるため再び旅立つ。 またジョージ富士川の講演会が信楽で開催。 喜美子は諸事情で行けなかったが、八郎の計らいで再会を果たし、夫婦は彼から英気をもらう。 そして4年前の受賞以来燻っていた八郎は翌年春の陶芸展で金賞を受賞。 それまで陶芸職人に徹していた喜美子も、八郎の後押しもあり、初めて自分のために陶芸作品を生み出す。 昭和44年、かわはら工房は八郎の陶芸作品の製造販売が中心となる。 喜美子も陶芸を創作することはあるものの公にすることはなく、相変わらず八郎を支えていた。 八郎は個展を開催し2人の弟子がつくようになるが、作品の売れ行きは不調で、関係者らから新作を促されるも傑作は出来ず、壁にぶつかっていた。 銀座での個展開催に向け、八郎は創作に集中するために弟子らを解雇。 その直後、松永三津がやって来て弟子入りを懇願する。 当初固辞した夫婦だったが、三津が八郎の創作に良い影響を与えると感じた喜美子は、彼女が泥棒被害を食い止めてくれた礼として弟子に採用する。 一方で喜美子も八郎を励まそうと陶芸を創作し、展覧会に出展する。 しかし、上手くいかない自分の隣で、才能を発揮し進んでいく喜美子を目の当たりにした八郎は、同じ経験を持つ三津に「しんどい」と吐露。 三津のアドバイスで八郎は初期の作風に戻り、彼女の話から和食器のディナーセットを作る事を思いつき創作に拍車がかかる。 喜美子は変化した八郎に戸惑うある日、三津から八郎の本音を聞くも、彼の気持ちを理解出来ず、価値観を同じとする八郎と三津の仲や、三津が八郎に惹かれつつある様子に複雑な思いを抱いていく。 結局、展覧会で落選した喜美子は、展覧会で受賞し八郎を喜ばす目標を掲げる。 大阪就職前に拾った信楽焼の欠片と同じ、自然釉の陶芸を作りたいと思うようになった喜美子は、その為の穴窯設置を計画する。 維持と使用に莫大な費用がかかることが判明し、計画見送りを考えた喜美子だったが、八郎に背中を押され、家族からも理解と支援を得て、設置を決める。 やがて穴窯が完成し、期待を込めて初めて火入れをするが、結果は失敗。 同じ頃、三津は八郎への想いを断つため、表向きは穴窯使用反対を理由に、かわはら工房を去っていく。 2度目の穴窯挑戦も失敗し、多額の支出が続くことを危惧した八郎は、穴窯使用の中止を喜美子に説得する。 しかし、家族の貯蓄を切り崩してでも穴窯を諦めようとしない喜美子に八郎は憤り、家出する。 夫婦別居生活が始まった直後の3度の挑戦も失敗した喜美子は、百合子の勧めで12月末、息抜きがてら武志を連れて大阪に行き、ちや子の自宅を訪問する。 そこで、荒木荘時代の人々と再会を果たした喜美子は英気を養い、再び穴窯への挑戦を胸に帰宅する。 翌年、喜美子は信楽信用組合から借金しつつ失敗と研究を重ね、7度目の挑戦は穴窯を2週間炊き続ける事を決める。 事を知った八郎は、穴窯が破損し火事になる恐れもあり猛反対するが、同時期に駆けつけた草間の応援を力にし、喜美子は実行に移す。 八郎の予想通り穴窯は一部崩落するも応急処置で乗り切り続行、その結果12月、喜美子が目指した自然釉の信楽焼が成功する。 八郎が陶芸展に出品した大鉢は緋色(スカーレット)ではないよ。 あれは辰砂釉(しんしゃ)。 信楽焼の緋色は釉薬の色ではなくて炎で焼かれた土そのものの色のこと。 八郎が喜美子の笑顔から引き出した釉薬の色と、喜美子がのちに追い求める緋色は違うということ。 示唆的。 — ハマの隣人 hamanorinjin ちや子が穴窯成功を取材し女性陶芸家として名が広まった喜美子は個展を開催、昭和53年には後援会が出来るほどの陶芸作家となっていた。 高校2年になった武志は進路に悩み続けるが、5年前に離別した八郎を訪ねて相談した結果、陶芸家を目指すことを決意。 猛勉強を経て昭和54年春、京都の美術大学に合格し大学近くで寮生活を始める。 同年夏にはマツが他界。 既に百合子も信作と結婚し家を出たため、喜美子は独り暮らしとなる。 武志が卒業し帰宅するも束の間、武志は自ら家を出て、信楽窯業研究所での釉薬の研究とゲームセンターでのアルバイトを掛け持ちしながら独り暮らしを始める。 ある日、かわはら工房に資産家出身を名乗る老女・小池アンリがやって来て、初成功した自然釉薬の作品の買取を願い出る。 喜美子が非売品と説明するも小池は聞き入れず、大金を積み重ねてでも作品を欲しがり根競べとなるが、最後には小池が諦める。 そして喜美子作品に心酔する小池と話を交わすうちに喜美子も打ち解け、小池を川原宅に受け入れる形で一緒に暮らし始める。 また、喜美子の本心を知った小池のアドバイスや、武志との他愛ない話から、自分が意識する以上に周囲が八郎との仲を気遣っていると気づいた喜美子は、再び八郎との距離を縮めていく。 喜美子の作品と人柄に英気を養った小池からパリへの旅に誘われた喜美子だったが、工房に残り作品作りに精を出す。 そうしているうちに喜美子は信作から頼まれて観光客向けの陶芸教室を開きます。 その頃、武志は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦することに。 そんな折、喜美子は、照子が敏春のことで病院にいくのに付き合い、医師の大崎を見かけます。 喜美子は改めて、陶芸教室を自分で企画し、八郎にうきうきと計画を話す。 一方、武志は亜鉛結晶を使った作品は無事完成させます。 しかし、陶芸の次世代展に応募した武志は、体調に不安を感じてきてしまう・・・。 人づてに聞いた喜美子は心配するが、武志は受けつけない。 ある日、武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされる。 武志の前では不安を押し殺す喜美子。 二人で訪れると、担当はあの大崎医師だった。 検査を受け、武志が命にかかわる病気にかかっているとわかる。 大崎は親身な言葉をかけるが、喜美子は容易に受け止められず、武志に病名告知をするか悩む。 いつもどおりに振る舞おうとする喜美子だがついに照子の前で感情を抑えられず感情を吐露します。 NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は? NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。 民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。 しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。 有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。 しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。 なのでご注意くださいませ。 【関連記事】.

次の

朝ドラ【スカーレット】結末や最終回ラストをネタバレ予想!家族の絆に涙?|mama♡sapu

スカーレット あらすじ 最終 回

スポンサーリンク こんにちは、どら子です。 朝ドラ『スカーレット』は、2020年3月28日で最終回を迎えます。 残り2週間となったところで視聴者の誰もが注目しているのが、 「武志の病気は治るのか」「亡くなってしまうのか」 という点だと思います。 スカーレットは、喜美子と八郎の離婚を描き、 容赦ない脚本とファンから言われていることもあり、ヒロインの最愛の息子・武志が最後死んでしまうという展開も十分に予想されるだけに、注目が集まっているのです。 (私もかなり気になります) この点について、一部ネタバレが公開されましたので、詳細にお伝えしていきます! (考察も交えてますのでご注意ください) ここから先はネタバレを含みますので、知りたい方だけご覧ください。 スポンサーリンク Contents• 【スカーレット】武志は病気で亡くなる 最終回は第150話の3月28日。 その結末は「武志は亡くなる」というもの。 3月28日最終回の公開あらすじには、病気が完治するとも亡くなったとも書かれていません。 ちなみ最終回の28日まで、武志が登場することもわかっています(作陶する様子が回想シーンではなくしっかりと描かれる)。 しかし、 「二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。 作品作りに挑戦する大崎。 そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…」 と書かれており、 2年後の喜美子の横に武志という言葉がありませんでした。 (泣) 八郎が訪ねてきて…の後に武志が一緒にくる、というのをあえて隠している可能性もありますが、今までのストーリー展開としては八郎と武志が一緒にいる可能性は低いかと思います。 武志の亜鉛結晶、作品づくりのために八郎に弟子入りした、とかならわかりますが…八郎はしばらく陶芸から離れていましたし、武志の作品づくりも最終回前に一旦成功していますし… この検証を強固たるものにすべく、最終回までのネタバレあらすじを振り返りつつ、最終回・スカーレットの終わり方をみていきます。 【スカーレット】第24週の終わり方 まずスカーレット最終週の直前、第24週は、 武志が作品を完成させて終わります。 24週では武志が発熱し、体調が再び悪くなる様子も描かれますが、それ以上に陶芸への熱い気持ちや周りの子が亡くなることなどが中心に描かれることになります。 24週はそこまで武志の悪化がみられずに終わり、真奈との関係も切れることなく続きます。 「もしかしたらこのまま武志は生きるのかも」という 期待を視聴者は持つことになります。 (私は週ネタバレを観てそうなのかもしれないと思いました) 【スカーレット】ラスト週!第25週のネタバレ 武志の体調悪化と焦り 武志は、待望の作品を完成させ達成感を味わっていましたが、 身体に異変が起きます。 大崎医師に「味覚がない」ことを告げる武志。 一方家では、武志の作品完成のお祝い会の準備が進んでおり、そのこともあって武志はやり場のないイライラを八郎にぶつけてしまいます。 武志は、亡くなった高校生から亡くなる前に手紙をもらっていたのです。 その手紙に書いていた内容が自分の身に迫っていると感じ、焦りや恐怖を感じた武志。 八郎はただただ寄り添ってやるしかできないのでした。 武志は食欲も日に日になくなっていきます。 関連記事: 武志の作品が人気に。 生きる気力をもらう 【亜鉛結晶釉】武志が出会った亜鉛結晶釉。 もしかしたら以前 八郎が どうしても果たせなかった あのフカ先生の絵葉書のような作品への挑戦は、武志がこの亜鉛結晶釉を使って それを作ってしまうことへの伏線だったのかもしれない。 ちなみに亜鉛結晶釉の青いのはこんな感じです。 — ひぞっこ musicapiccolino 武志が完成させた作品が、ピキピキと音と立てていることに気づく喜美子。 これは焼き上がった陶芸作品に細かなヒビが入る時の音です。 これを観た武志は「 お皿が生きてるんや」と生きる勇気や希望をもらいました。 その後、市役所の若手職員が信楽の陶芸作品を集めた陶芸展に喜美子の作品を出させてくれないかと話にきました。 その話は武志の作品にも及び、喜美子は武志に相談。 考えた末、出展することになり、事前に関係者に披露するとなんと武志の作品は人気を集めるのです。 鮮やかな色をまとう武志にしか作れない作品がみんなの心にささったのです。 武志と真奈はドライブに出かけて… 武志と真奈は、第24週の真奈の宣言「病気だから私を避けてたんですか?…そんなのは許可しません!また来ます〜」により、関係が途切れることなく続きます。 (真奈ちゃんええ子すぎる、かっこいい…) そんなある日、二人の関係を知った直子の粋な計らいにより、武志と真奈はドライブに出かけることになりました。 運転手・直子付きだったためか、ふたりはくっつくこともなく離れて過ごしていたそうですが、その様子を見ていた直子は「 本当に好きなんやな、想いやってるんやな」と感じとのこと。 「好きになってはいけない」と距離をとろうとする武志の気持ちにも変化が出てきます。 (直子ちゃんさすがや) ドライブ後、家でふたりきりになった武志は、「記念」と言わんばかりに真奈の似顔絵を描き始めるのでした。 プレゼントされた真奈はとても嬉しそうでしたね。 関連記事: 武志が寝込むシーン 3月26日、148話では陶芸を元気な姿でする武志が描かれつつ、寝ている武志を喜美子と信作が眺めるというシーンがありました。 「体調が悪化している」 という切迫した雰囲気もなく、穏やかなあったかいシーンではありました。 しかし、確実に武志に病魔が迫っている。 そんな伏線にも感じるシーンでした。 関連記事: 信楽の陶芸展で過去登場メンバーが集結 信楽の陶芸展が開催され、ちや子の計らいで大阪時代のメンバーが、そして百合子の計らいで草間さんもやってきます。 まさかのジョージ富士川も。 (スカーレットの終わりがこんな盛大な感じになるとは予想できませんでした…!人情、人との繋がり、人を敬う気持ちを大切に描いてきたスカーレットらしい終わり方ですよね) (チビ武志も出て欲しいところですがそれはないですね…!笑) 陶芸展では、「自由は不自由」のジョージ富士川が自由な作品を作ろうと皆に提案しました。 大きな白い紙に武志は「変わらない日々は、特別な一日である」と描きました。 関連記事: スカーレットの最終回前日は出発の琵琶湖で 最後、武志は大崎医師の診察を受けます。 完治したとは言われませんでしたが、快方に向かっており、このままいけば完治も夢じゃないと思わせる雰囲気。 少し安心したような晴々としたような表情を見せる武志。 喜美子は八郎と武志、そして仲間みんなで琵琶湖にいきます。 喜美子と八郎は目を合わせて武志、その横で微笑む真奈を眺めるのでした。 大切な仲間が集い、武志も幸せを噛み締めるかのような表情をしています。 その後、またいつのも日々がやってきます。 いつもと変わらない、特別な日々です。 スカーレットの最終回では武志の姿と、武志がいない生活が描かれる そして、ラストのラスト、 3月28日の第150回では、武志の姿と武志がいない生活の両方が描かれます。 (覚えてますか?) — 2019年 9月月25日午後8時30分PDT 最終回は、八郎の姿はなく、喜美子・武志・真奈という3人で描かれましたね。 その後、武志が信作の娘である桜と桃のピアノの発表会に行けたというナレーションが流れます。 (真奈と二人で行ったようですね^^) いつもと変わらない1日は、喜美子にとっても特別な1日です。 喜美子は武志を抱きしめて「幸せか?」と武志に問います。 武志は「すごく幸せだ」と答えます。 その言葉に喜美子は笑顔で返します。 その後、展開が一転して2年後が描かれます。 個人的には、「喜美子と大崎医師が一緒にいるのに武志がいない、八郎がやってくる」という公開あらすじから、 武志は亡くなったものと推測していますが、まだそれも確定ではありません。 スカーレットは、最後の最後まで武志の死、そして武志と喜美子の生き様を描いた作品となりました。 いや〜なんとも。 武志が亡くなるのかについてここまで引っ張るとは思いませんでしたが、それほど「息子 子供 の死」というのは、人生に大きく関わることだということなのでしょう。 スカーレットは「生きる」ということがテーマでもあると言われていますが、まさに、そのことを視聴者が考えさせられた作品となりました。 関連記事: スポンサーリンク 【スカーレット】最終回のその後 スカーレットは、スピンオフがすでに放送済 第21週のスペシャルサニーディにて であるため、最終回後の様子が描かれない可能性が高いです。 そのため、最終回後、喜美子たちがどのように暮らすのか、ちょっと考察してみました。 八郎が信楽に引っ越してくる 喜美子と八郎は「 新しい関係を作ろう」という喜美子の提案で、再婚はしないものの父母としての役割を果たすかのように、協力しあっていました。 喜美子は、武志が病気だとわかったあと八郎が引っ越してくることを一度拒否していますが、武志のことが落ち着いたことでそれもありだと考えるようになるのかなとも思っています。 「 大事なもんを大事にする」という喜美子の言葉を受けての、「お姉ちゃんも大事にしいや」という直子の言葉。 これは八郎のことも含まれているのかな〜?と個人的には思いました。 ただ、武志が亡くなったあととなると、八郎が信楽にいるというのは喜美子のため、喜美子と暮らすため、という意味合いがかなり強くなってしまうので、可能性は低いかな〜と思います。 最終回のあらすじにも「八郎が訪れてきて…」とあるので、喜美子と同居していないことがわかります。 もしかしたら信楽には引っ越して来ているかも、とは思いますが、多分名古屋に住んだままたまに信楽で過ごす、というスタイルを継続しているのではないかなと思います。 武志は陶芸家として成功する? 武志については、作品展で人気を集めた勢いのまま、次なる作品づくりに励みます。 その後、すぐに二年後が描かれており、武志の姿はあらすじからは確認できませんでしたが、亡くなっているものとして考察すると… 作品展で人気を集めたあと、「川原武志」という名前はどのようになるのでしょうか? 実在モデルだと、まだ若かったこともありそこまで有名になることはなかったようですが、テレビに取り上げられるなど(白血病のこともあり)したようです。 関連記事: 陶芸家としても成功を最終回でどの程度伝えるのか、気になるところですが、「いろんなところからお声がかかりました」くらいのナレーションはあると嬉しいですね〜 スポンサーリンク 【スカーレット】最終回で武志は?まとめ スカーレットは、 全150話の重くも深みがある朝ドラ作品となりました。 過去作品の中で、視聴率こそ芳しくなかったもの熱いファンは多い気がします。 私もそのひとりですが、派手じゃない演技やシーンの中にしっかりとしたメッセージが込められているので、深みにハマるとどんどんハマる、そんな感じです。 正直、あと1週間でスカーレットが終わるなんて考えられない(考えたくもない)ですが、ラスト第25週はスカーレットらしさを噛み締めて視聴したいと思います…! 私の中でスカーレットはかなり思い出の作品となりました。 もしかしたら全話見返すかもしれません(泣)好きなシーンは必ず…!!!皆さんもぜひ…!! 関連記事: 今ならUーNEXT経由のNHKオンデマンドで、全作品が観られますので、スカーレットを観たことがない方もぜひこの機会に観てみてください! スカーレットの虜になること間違いなしです!.

次の

『スカーレット』最終回・第150話では、喜美子(戸田恵梨香)が幸せな時間を胸に刻む|Real Sound|リアルサウンド 映画部

スカーレット あらすじ 最終 回

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の最終回のあらすじと結末のネタバレです。 遺品の中から川原武志(伊藤健太郎)に充てた手紙が出てきたため、母親は川原武志に智也の手紙を渡した。 川原武志は何も言わなかったが、川原喜美子(戸田恵梨香)は医師・大崎茂義(稲垣吾郎)から川原武志が味覚障害になったことを教えた。 その日、十代田八郎(松下洸平)が来て料理を作ってくれたので、川原武志は美味しそうに食べたが、「ごめん。 味が分からない」と謝罪した。 川原喜美子は「気にしないで。 味付けに失敗したのよ」とフォローしたが、川原武志は苛立ちをぶつけて部屋に籠もった。 川原喜美子が薬を持って行くと、川原武志は川原喜美子に智也の手紙を見せた。 智也の手紙は、「おれは」だけで終わっており、川原武志は「何を書きたかったのだろう。 やりたいことがいっぱいあったのに、『おれは』で終わってる。 俺は終わりたくない。 生きていたい」と言い、泣いた。 ある日、川原武志(伊藤健太郎)の皿が焼き上がる。 その皿を冷ましているとピキン、ピキンと音がした。 皿の表面がヒビが入る音だった。 その音を聞いた川原武志は「焼き上がって終わりだと思ってたのに。 皿は生きてるんだ」と喜んだ。 川原喜美子、「生きるために食べないと駄目。 何かあるやろ、食べたい物が」と尋ねると、川原武志は普段の料理を食べると言い、「食べることが俺の仕事だ」と言った。 そのようななか、川原喜美子は、大野信作(林遣都)から「みんなの陶芸展」に作品を出展して欲しいと頼まれた。 川原喜美子は、川原武志に「みんなの陶芸展」の事を教えると、川原武志も出展することにした。 ある日、川原武志は、川原直子(桜庭ななみ)の運転で、と琵琶湖へドライブデートに出かけたが、道を間違って、その辺をグルグルしただけだった。 帰宅すると、川原直子は川原喜美子を居酒屋に誘い、2人切りにしてあげた。 川原武志は石井真奈と2人切りになると、描けるうちに描いておきたいと言い、石井真奈をスケッチしたのだった。 数ヶ月後、大野信作(林遣都)が川原武志(伊藤健太郎)の見舞いに行くと、川原武志の衰退が激しくて驚くが、「みんなの陶芸展」に特別ゲストを呼びたいと、川原喜美子に相談する。 さて、陶芸展が始まり、酒田圭介(溝端淳平)や庵堂ちや子(水野美紀)やジョージ富士川(西川貴教)も駆けつけた。 川原武志はジョージ富士川にサインを頼むと、ジョージ富士川は即興でイベントを開催し、川原武志もベントに参加した。 川原喜美子はそれを見守り、幸せをかみしめ、陶芸展が終わると、みんなで琵琶湖へ行くのだった。 その後も、川原武志は作陶を続け、川原喜美子は川原武志を抱きしめて幸せをかみしめる。 2年後、医師・大崎茂義(稲垣吾郎)は、川原喜美子の工房で、川原武志の作品を見て感心しながら、川原武志が死ぬ3日前に収集治療室で手を握った事を話した。 ある日、十代田八郎(松下洸平)が現われ、長崎で江戸時代の「卵殻手(らんかくで)」に挑戦する事を川原喜美子(戸田恵梨香)に報告した。 そして、十代田八郎は、川原武志が昔、「お母ちゃんに言うといて。 俺を産んでくれてありがとう。 やっぱり言わんでええ。 無し、無し、無し、取り消しや」と言っていた事を教えた。 その後、川原喜美子は窯に火を入れ、炎を見つめていた。 みなさま半年間、お疲れ様でした。 次に始まるNHKの朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは「」をご覧ください。

次の