雅子 様 饗宴 の 儀。 即位の礼|雅子さまの衣装やティアラのブランドは?値段も徹底調査!|おさこ屋

饗宴の儀 第1日 やはり強運?雅子さまのドレスや欧州王族方のドレス、感想など

雅子 様 饗宴 の 儀

カーテシーで皇后雅子様が笑顔に! 即位礼正殿の儀から連日行われている茶会などで来賓との挨拶が交わされますが、 皇后雅子様とデンマークのメアリー皇太子妃との挨拶の場面で、メアリー皇太子妃がおじぎをした瞬間、 雅子様が満面の笑みをこぼします! デンマーク皇太子夫妻が天皇陛下皇后に歩み寄り、挨拶しているところですね。 とても親しい間柄にあるようにも思いますが、メアリー皇太子妃が行った膝を曲げる 「おじぎ」は 《カーテシー》と呼ばれるヨーロッパの伝統的な挨拶のようです。 男性の方は単に握手だけでしたが、女性だけのものなのでしょうか? また今回だけに限らず、多くの女性王族たちが両陛下にカーテシーをしていました。 皇室にの文化では、フランスのマナーを最初に取り入れたようですね。 カーテシーをするようになったのはこのような理由があったと言われます。 雅子様の笑顔の理由は? 両カップルはこれまで何度もお会いされており、お互いに大変親しいので、むしろ顔を合わせた瞬間に緊張が解けてリラックスされてしまい、お二人が自然にチークキスとなってしまったので、妃殿下がカーテシーを忘れてすみません!という感じになったように見えました。 — 駐日デンマーク大使館 DanishEmbTokyo 雅子様が満面の笑みをこぼしていたのは理由があるようです。 ヒントは「挨拶の順序」。 本来は敬意を払ったカーテシーで挨拶をしてからチークキスをするところですが、先にチークキスをしてしまったのです。 メアリー皇太子妃だけ、順番が逆になっていました。 実は22日の饗宴の儀でも、順序が逆でした。 これはメアリー皇太子妃と雅子様が、これまで何度も顔を合わせるような親しい仲であったことが考えられます。 以前は互いに皇太子妃として対等な立場にあったため、挨拶のときは「チークキス」でよかったが、皇后になられ立場が変わりきちんと挨拶しないとといった感じで親しい間柄がでていたと考えられています! カーテシーの意味ややり方と文化について調査! 「カーテシー」とは、挨拶の1種で、ヨーロッパの伝統的な挨拶でもあります。 女性のみが行います。 片足を斜め後ろの内側に引き、もう片足の膝を曲げ、背筋は伸ばしたまま挨拶します。 ひざまづく意志を示しています。 フォークダンスやバレエ、フィギュアスケートなどの演目で行われることがあります。 カーテシーの文化は、王室の文化のようですね。 特に、王室の方とお会いするときで、正式な場のときは「カーテシー」をするのが慣例のようです。 しかも、深く膝を曲げたおじぎでないと不十分のようです。 男性の場合は首からおじぎすることになっています。 また使用人の女性が、家の主人に対して行っていたカーテシーもあったり、観客に対して行うものもあります。 女性の優雅さや上品さを表す最大の敬意を表した挨拶として行われてきました。 おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「カーテシーで皇后雅子様が笑顔に!意味ややり方と文化について調査!」と題してお送りさせていただきました。 こういった目出度い即位の礼でのちょっとした微笑ましいできごとでしたね! これから世界各国の挨拶を見たり、その場に居合わせるようなことがあれば、注目してみてはいかがでしょうか? それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

雅子 様 饗宴 の 儀

雅子 様 饗宴 の 儀

目次 皇后陛下雅子様とメアリー皇太子妃の挨拶のある表情が話題? 駐日デンマーク大使館の公式Twitterでも一連の挨拶についてツイートされています。 天皇陛下の即位の礼「饗宴の儀」で両陛下のお出迎えを受けるデンマークのフレデリック皇太子とメアリー皇太子妃🇯🇵🇩🇰全員が笑顔なのは、カーテシーの前に皇后陛下と皇太子妃殿下がチークキスをしてしまい、その後で妃殿下がカーテシーをなさったことで場が和んだためです😊 — 駐日デンマーク大使館 DanishEmbTokyo 両カップルはこれまで何度もお会いされており、お互いに大変親しいので、むしろ顔を合わせた瞬間に緊張が解けてリラックスされてしまい、お二人が自然にチークキスとなってしまったので、妃殿下がカーテシーを忘れてすみません!という感じになったように見えました。 その一方で今回メアリー皇太子妃はカーテシーを行ってからチークキスという一般的なあいさつの順序をこの時は逆になってしまい、場が和んでしまったのではないかという見方もあります。 実は、茶会のこのあいさつの前日の饗宴の儀の際の挨拶も順序が逆でチークキスからでした。 2日続けての逆の順番の意味は? 皇后になる前はメアリー皇太子妃という同じ立場であり抱擁して両頬に接吻という挨拶をされていました。 今回2日続けて逆の順番というのは親しい間柄ならではで、そのワケが笑顔に隠されていたようです。 そのワケというのが『立場の違いを明確にしなきゃね』『いや、そんなことしなくても』という打ち解けた雰囲気や親交と交流の深さが垣間見れるお姿だったと専門家が開設されていました。 メアリー皇太子妃が『敬意を表さなきゃ』ということをユーモアたっぷりに表現したということだそうです。 そんな仲睦まじいやりとりから周りの人もつい笑顔になってしまうほどの素敵な笑顔になられたようですね。 または、お辞儀の一種。 ヨーロッパの伝統的なあいさつ。 女性のみが行う。 片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を軽く曲げ、背筋は伸ばしたままあいさつをする。 これは、ひざまずこうとする意思を示している。 双子、三つ子のママ、おおらかで綺麗な人が多い。 — 北欧留学情報センターBindeballe bindeballe タスマニア大学で法律と商学を学んだ後、シドニーの広告会社や不動産会社に勤務。 フレデリックとの交際が本格化すると、デンマークへ移り、マイクロソフト社に就職した。 その後結婚ということで、 キャリアウーマンで民間出身という皇后雅子さまとの共通点があります。 1972年2月5日(47歳)• 2004年5月14日に結婚• 2005年10月15日 クリスチャン王子を出産。 2007年4月21日にイサベラ王女を出産。 2011年1月8日、1男1女の双子、ヴィンセント王子とヨセフィーネ王女を出産。

次の

雅子 様 饗宴 の 儀

雅子 様 饗宴 の 儀

10月22日、午前は「賢所大前の儀」午後1時過ぎから「即位礼正殿の儀」 夜、「饗宴の儀」の3つの儀式が無事に終わり良かったです。 これにパレードが加わったら、雅子さまはかなり疲れたと思いました。 延期になったのは、もしかしたら強運雅子さまへの体調を考慮しての 配慮だったのか、と思いました。 また即位礼正殿の儀の最中に晴れ間が見え 虹がかかったとTwitterなどに画像があがっていたそうです。 強運の持ち主とは雅子さまのような方を言うのでしょう。 昨日は「饗宴の儀」まで画像を集めてブログにアップする気力があませんでした。 雅子さまより私の方が疲れていたような気がします。 (苦笑) 年齢も雅子さまの方が私より10才も年下ですから、当然といえば当然かな。 饗宴の儀でお召しになったローブデコルテはラメ入りか、金糸を織り込んだのか? 光るベージュの生地で襟元はフリルと同じ生地で作られた薔薇のコサージュ風に 右肩からセンターまで飾ったなかなか凝ったネックラインのドレスでした。 パレードでも着用するドレスだったのでしょうか。 私など50才過ぎてもフリフリを着ていた人なので、雅子さまも 意外とこういうフリル系が好きなのかな?などと思いました。 欧州王室の王妃方のようにもっとデコルテを出してゴージャスな ネックレスを見せびらかすくらいのドレスも着て欲しいとは思いますが 日本の皇室はなかなか出来ないようです。 皇室流ファッションでしょうか。 欧州王室の王妃が着用したドレスでは、ダントツでベルギー王室の マチルド王妃が着用したドレスがとてもよく似合って好きでした。 ゴージャスでもありエレガントの極みでした。 ベルギー王室は 大きなティアラは所持していないので、いつも小ぶりなティアラを使用していますが 豪華なティアラ、宝飾のスペイン王室、オランダ王室より品良く見えたのでした。 ベルギー王室 オランダ王室 スペイン王室 スウェーデン王室、国王と王太子が参加しました。 ブータン王室。 昨日の「即位礼正殿の儀」に招待された海外王室の方々の画像も あるのですが、昨日は十二単に魅了されてアップできませんでした。 いずれアップするか?他のブログ、サイトを見て頂けたらと思います。 第1日のこの夜は、まず外国元首らが宮殿に招かれた。 えんび服姿の陛下と、ロングドレス姿の皇后さまは「竹の間」 で参列者とあいさつを交わされ、宴会場の「豊明殿」へ。 シャンデリアが輝く会場には流麗な雅楽の調べが流れ、 キクやアイビーなどの草花を配した華やかな宴席が設けられた。 陛下は隣のブルネイのボルキア国王と、皇后さまはスウェーデン のカール16世グスタフ国王と和やかにご歓談。 祝宴は遅くまで続いた。 記事引用 産経新聞 イギリス王室、カミラ夫人も同行して欲しかったな。 ルクセンブルク公国 こちらもマリアテレサ公妃に同行して欲しかったのですが、長距離飛行機恐怖症で無理なのでした。 モナコ公国 こちらも美人の誉れ高いシャルレーヌ公妃に来て欲しかった。 赤坂御所に戻られたのは23日の日付になっていたでしょう。 早朝から夜中まで一日ご苦労様でした。 天皇皇后両陛下は勿論のこと、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さま、三笠宮家、高円宮家、 他、沢山の方々が動き回り、こうして恙なく3つの儀式を無事に終えて良かったです。 雅子さま、帰りはお疲れのようにも見えますが、元気に儀式をこなして自信がついたのでは。 令和になってからの雅子さまは本当に元気ですよねぇ。 これからも頑張ってください。 画像は宮内庁提供、代表撮影が主で、他に mayuさん、たくさんの記事アップありがとうございます! 最も心配された雅子さまを始め 笑 、皆さま昨日は大役を最後まで果たされて、お慶び申し上げます。 ご苦労が報われた思いの方も、きっと多かったのでは…と思います。 オペラなどもそうなのですが、パンフレットや舞台にお顔やお名前がない多くの方々のおかげで、歌い手は自分の役を演じることに集中できます。 本当にありがたいことです。 饗宴ではにこやかに過ごされていましたね。 フリル、mayuさんの仰るように、きっとお好きなのでしょうね。 見えない所で支えた方々には本当にご苦労様と言いたいです。 何事もなく無事に終えて安堵されていることでしょう。 マスコミの雅子さまアゲは去年から始まっていたので、あと半年くらいは 続くんじゃないかな? 雅子さまアゲしても良いけど、セットで紀子さまサゲ記事を書かれるのは かなり心外です。 今まで雅子さまの替わりに頑張ってきたのは紀子さまなのに。 結婚の儀の時はフリルのついたジャケットを着用していたのですが あの時よりは小ぶりなフリルでした。 もう少しネックラインを広げてフリルも小ぶりにして豪華なネックレスを 見せても良かったなぁ~と思いました。 共布で作った薔薇のモチーフは綺麗でしたね。 即位礼正殿のビデオは、昨晩夫と共に見ましたが、夫はとても感動していました。 まるで一つの絵画のようだねなんて言っていました。 昨日のお昼にフランスのTVニュースでサルコジ元大統領が出席されたと言う事でその席も映していましたが、本当に柱のところの端っこでした。 内閣府のビデオには映っていません。 そして、フランスメディア等では、何故サルコジさんが出席されたのかなどと言う記事が出ていました。 マクロンさんはたまたま海外に出ていたんですが、オランド元大統領は国内にいたけれど用事があってとか色々のようで、それでサルコジさんだとか。 それにしても、シラク元大統領が生きて元気でいらっしゃったら、出て下さっただろうなと思って少し悲しくなりました。 シラク元大統領は最近亡くなったんですが、そのお葬式に日本からは誰も要人が来ていなくて、フランスメディアでは日本からは来ていないと結構大きく報道していました。 シラク元大統領は日本が大好きだったと言う事で有名なんですが。 チャ-ルズ皇太子はいらして下さって良かったですね。 今、英国王室の中は本当に色々あってお疲れではないかなとも思いますが。。 でも少し気分転換で良かったかもしれませんね。 YUKIさん ご主人とビデオで見られたんですね。 ご主人、日本の伝統的な衣装と儀式に感動してくれて良かったです。 私たちも御代替わりがなければ見られない儀式なので。 フランスからサルコジ元大統領が出席していたんですね。 柱の陰で見えない方は結構いらっしゃいました。 シラク元大統領が亡くなったのは私は知りませんでした。 高齢だったはずですが、日本からは誰もお葬式に行かなかったのですか。 親日大統領だったのに日本は何をしていたんでしょ、残念ですねぇ。 チャールズ皇太子だけでなくカミラ夫人も同行したらティアラなど見せて くれただろうなぁ~でも前回の平成の時は故ダイアナ元妃と来日したので 1人で来たのかしら。 イギリス王室の色々はヘンリー王子とメーガン妃のことかな。

次の