砂 の 惑星 歌詞。 米津玄師 (ハチ)

【ニコニコ動画の今】米津玄師「砂の惑星」が及ぼした影響を振り返る

砂 の 惑星 歌詞

砂の惑星 「ハチ」としては、『ドーナツホール』以来、約3年9ヶ月ぶりのボカロオリジナル曲 初音ミクを使用した楽曲としては『Christmas Morgue』以来6年7ヶ月ぶりとなっており、瞬く間に再生数を伸ばしました。 『初音ミク「マジカルミライ 2017」OFFICIAL ALBUM』のテーマソングとして制作され、動画公開から5時間27分という驚異的なスピードで殿堂入り(動画再生数10万回超え)を記録。 ちなみに本曲は、米津玄師さんの4thアルバム『BOOTLEG』に本人歌唱バージョンが収録されており、初音ミクはコーラスで参加しています。 砂の惑星はイントロにも意味が込められている。 本曲はイントロの段階で既に米津さんからのメッセージとも取れる内容が含まれているのです。 ガヤガヤしているだけのように聞こえる冒頭部分ですが、よく耳をすますと 「Back to the history and remember when I was born」 と言っていることが分かります。 この歌詞を訳すと 「私の過去に戻って、私が誕生した時を思い出して。 ボカロというコンテンツが肥大化し続け、一大コンテンツとなった今、改めて原点を見返してみようよ。 という彼なりの愛情が見え隠れしています。 インタビュー内で米津さんは 「ニコニコ動画=砂漠」と揶揄しており、刻々と衰退していくニコニコ動画を非難しているような、寂しいような感情を語っています。 全盛期に比べて投稿数が少なくなり、視聴人数も減少する一方。 次に気になるのが、18人の面相です。 これはハチとして手がけた楽曲(18曲)+ハチさん自身と考えていいでしょう。 面相たちがギターなどの楽器を背負っていることからも間違いないです。 最後に映し出されるケーキとロウソクの意味 MVで最後に映し出される18個のロウソク。 何気ないシーンですが、これにもシリアスな意味が含まれていることに気付いたでしょうか。 MVの最後に、ハチさんは砂漠の外側へと向かって去っていきます。 18個のロウソク=ハチさんが手がけた18曲と解釈するのが妥当でしょう。 しかし、そこにハチさん自身の数は含まれていません。 つまり、「自分はニコニコ・ボカロ界隈から姿を消すが、今まで作った曲たちは永遠に残り続ける。 」というメッセージなのではないでしょうか。 ロウソクの火を消すという行為から「 過去のボカロ曲は一旦忘れ、新しい時代を築いていこう。 」という米津さんなりの決意表明も感じられます。 『砂の惑星』となったニコニコ動画に対する警鐘 本曲で米津さんが訴えていることはとてもシンプル 「ニコニコよ。 俺はいなくなるけど応援してるぞ」というメッセージなのです。 衰退という現状 前述したように「砂場=ニコニコ動画」と考えてください。 さらに今のままでは草も生えない不毛な場所で終わるとも言っていますね・・・ 「すり減る運命」とはそのまま「ニコニコ動画が歩む危ない未来」のことでしょう。 さらに、このままだと星の周りを彷徨う衛星のように、いつかは墜落して終わるぞ。 とも言っています。 自由がウリだったはずのニコニコ動画なのに、今となっては規制が厳しくなり、才能あるクリエイターは去っていくばかりです。 この現実を受け入れようとせず、何もしないと滅んでしまうぞと訴えているのが分かります。 『砂の惑星』のまま滅んで欲しくない。 という意味が込められた歌詞 ただニコニコ動画を批判するだけの楽曲で終わらないのが米津玄師たる所以です。 彼は本楽曲に、きちんとした前向きなメッセージを込めています。 ハチ(米津玄師)の願い のらりくらり歩き回り たどり着いた祈り 君が今も生きてるなら 応えてくれ僕に ボカロPとして人気を博したハチとしての人格が本当に思っていることが、この部分に凝縮されています。 君(ニコニコを支えている人達)に対して、「応えてくれ」と懇願していることから、「どうかこのままで終わらずに、もう一度ニコニコ動画を繁栄させてくれ」という本音が垣間見えますね。 直訳すると「太陽が落ちる」の意 輝きを失い切ってしまったニコニコ動画が元通りになる。 つまり再び盛り上がる日までバイバイすると表明しているのです。 「思いついたら歩いていけ」という歌詞からは、例え砂漠の中でも諦めずに進んでくれという応援ともとれる感情が読み取れます。 これは恐らく運営に向けたメッセージでしょう。 「僕はまたニコニコが盛り上がる時が来るのを信じている。 だから現状が砂漠でも諦めずに改善を目指してくれ。 」 厳しくも優しい彼の性格が見え隠れするような感覚になりますね。 初音ミクが作った歴史。 そしてこれからのボカロ界 ふと思い出したように誕生日を示唆する内容。 これは初音ミクが誕生してから10周年を祝おうという意味でしょう。 しかし、砂漠となった場所で心から祝福をあげることなんてできません。 「甘ったるいだけのケーキを囲んで歌を歌う」 全盛期の想い出に浸りながら、過去の楽曲にすがりついているボカロ界隈の現状を痛烈に皮肉っています。 いま存在する初音ミクの楽曲たちは、ryo氏による不朽の名曲『メルト』があってこそです。 「メルトショックにて生まれた生命=メルトに触発されて生み出された楽曲」と捉えるのが自然でしょう。 ここを出て、新しい時代に乗り遅れないようにしようぜ。 米津さんは常に未来を剥き続けているのです。 自分は身を引く ラストのサビで再び登場する「バイバイ」というセリフ。 ハチとしての活動はこの曲で最後になるという強い意志を感じぜずにはいられません。 自分はもう「米津玄師」として活動していくのだと。 過去は振り返らないという確固たる決意表明と言って良いでしょう。 「もう少しだけ友達でいようぜ今回は」 衰退が激しいニコニコ動画ですが、『砂の惑星』という楽曲を通して繋がっていたいという気持ちは持っているんです。 風が吹き曝しなお進む砂の惑星さ 誰がどう見ても「厳しい」としか言えないニコニコ動画の現在地。 そこには風が吹き荒れ、大地は荒んでいます。 それでも逃げちゃいけない。 まとめ ニコニコ動画自体を題材にした楽曲をオフシャルで制作するあたりに米津玄師という男の凄さ・本気度を感じてしまいます。 ただの皮肉で終わるだけの曲ならごまんと存在する現代。 批判だけでなく今後の応援も兼ねている『砂の惑星』はニコニコ動画ユーザー、運営に響く内容となっていました。 いや、ニコニコ動画だけではありません。 いま繁栄しているコンテンツ全てに対しての警鐘歌とも取れるメッセージ性の高い珠玉の一曲と言えるでしょう。

次の

ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!「砂の惑星」の歌詞の意味!

砂 の 惑星 歌詞

砂の惑星 「ハチ」としては、『ドーナツホール』以来、約3年9ヶ月ぶりのボカロオリジナル曲 初音ミクを使用した楽曲としては『Christmas Morgue』以来6年7ヶ月ぶりとなっており、瞬く間に再生数を伸ばしました。 『初音ミク「マジカルミライ 2017」OFFICIAL ALBUM』のテーマソングとして制作され、動画公開から5時間27分という驚異的なスピードで殿堂入り(動画再生数10万回超え)を記録。 ちなみに本曲は、米津玄師さんの4thアルバム『BOOTLEG』に本人歌唱バージョンが収録されており、初音ミクはコーラスで参加しています。 砂の惑星はイントロにも意味が込められている。 本曲はイントロの段階で既に米津さんからのメッセージとも取れる内容が含まれているのです。 ガヤガヤしているだけのように聞こえる冒頭部分ですが、よく耳をすますと 「Back to the history and remember when I was born」 と言っていることが分かります。 この歌詞を訳すと 「私の過去に戻って、私が誕生した時を思い出して。 ボカロというコンテンツが肥大化し続け、一大コンテンツとなった今、改めて原点を見返してみようよ。 という彼なりの愛情が見え隠れしています。 インタビュー内で米津さんは 「ニコニコ動画=砂漠」と揶揄しており、刻々と衰退していくニコニコ動画を非難しているような、寂しいような感情を語っています。 全盛期に比べて投稿数が少なくなり、視聴人数も減少する一方。 次に気になるのが、18人の面相です。 これはハチとして手がけた楽曲(18曲)+ハチさん自身と考えていいでしょう。 面相たちがギターなどの楽器を背負っていることからも間違いないです。 最後に映し出されるケーキとロウソクの意味 MVで最後に映し出される18個のロウソク。 何気ないシーンですが、これにもシリアスな意味が含まれていることに気付いたでしょうか。 MVの最後に、ハチさんは砂漠の外側へと向かって去っていきます。 18個のロウソク=ハチさんが手がけた18曲と解釈するのが妥当でしょう。 しかし、そこにハチさん自身の数は含まれていません。 つまり、「自分はニコニコ・ボカロ界隈から姿を消すが、今まで作った曲たちは永遠に残り続ける。 」というメッセージなのではないでしょうか。 ロウソクの火を消すという行為から「 過去のボカロ曲は一旦忘れ、新しい時代を築いていこう。 」という米津さんなりの決意表明も感じられます。 『砂の惑星』となったニコニコ動画に対する警鐘 本曲で米津さんが訴えていることはとてもシンプル 「ニコニコよ。 俺はいなくなるけど応援してるぞ」というメッセージなのです。 衰退という現状 前述したように「砂場=ニコニコ動画」と考えてください。 さらに今のままでは草も生えない不毛な場所で終わるとも言っていますね・・・ 「すり減る運命」とはそのまま「ニコニコ動画が歩む危ない未来」のことでしょう。 さらに、このままだと星の周りを彷徨う衛星のように、いつかは墜落して終わるぞ。 とも言っています。 自由がウリだったはずのニコニコ動画なのに、今となっては規制が厳しくなり、才能あるクリエイターは去っていくばかりです。 この現実を受け入れようとせず、何もしないと滅んでしまうぞと訴えているのが分かります。 『砂の惑星』のまま滅んで欲しくない。 という意味が込められた歌詞 ただニコニコ動画を批判するだけの楽曲で終わらないのが米津玄師たる所以です。 彼は本楽曲に、きちんとした前向きなメッセージを込めています。 ハチ(米津玄師)の願い のらりくらり歩き回り たどり着いた祈り 君が今も生きてるなら 応えてくれ僕に ボカロPとして人気を博したハチとしての人格が本当に思っていることが、この部分に凝縮されています。 君(ニコニコを支えている人達)に対して、「応えてくれ」と懇願していることから、「どうかこのままで終わらずに、もう一度ニコニコ動画を繁栄させてくれ」という本音が垣間見えますね。 直訳すると「太陽が落ちる」の意 輝きを失い切ってしまったニコニコ動画が元通りになる。 つまり再び盛り上がる日までバイバイすると表明しているのです。 「思いついたら歩いていけ」という歌詞からは、例え砂漠の中でも諦めずに進んでくれという応援ともとれる感情が読み取れます。 これは恐らく運営に向けたメッセージでしょう。 「僕はまたニコニコが盛り上がる時が来るのを信じている。 だから現状が砂漠でも諦めずに改善を目指してくれ。 」 厳しくも優しい彼の性格が見え隠れするような感覚になりますね。 初音ミクが作った歴史。 そしてこれからのボカロ界 ふと思い出したように誕生日を示唆する内容。 これは初音ミクが誕生してから10周年を祝おうという意味でしょう。 しかし、砂漠となった場所で心から祝福をあげることなんてできません。 「甘ったるいだけのケーキを囲んで歌を歌う」 全盛期の想い出に浸りながら、過去の楽曲にすがりついているボカロ界隈の現状を痛烈に皮肉っています。 いま存在する初音ミクの楽曲たちは、ryo氏による不朽の名曲『メルト』があってこそです。 「メルトショックにて生まれた生命=メルトに触発されて生み出された楽曲」と捉えるのが自然でしょう。 ここを出て、新しい時代に乗り遅れないようにしようぜ。 米津さんは常に未来を剥き続けているのです。 自分は身を引く ラストのサビで再び登場する「バイバイ」というセリフ。 ハチとしての活動はこの曲で最後になるという強い意志を感じぜずにはいられません。 自分はもう「米津玄師」として活動していくのだと。 過去は振り返らないという確固たる決意表明と言って良いでしょう。 「もう少しだけ友達でいようぜ今回は」 衰退が激しいニコニコ動画ですが、『砂の惑星』という楽曲を通して繋がっていたいという気持ちは持っているんです。 風が吹き曝しなお進む砂の惑星さ 誰がどう見ても「厳しい」としか言えないニコニコ動画の現在地。 そこには風が吹き荒れ、大地は荒んでいます。 それでも逃げちゃいけない。 まとめ ニコニコ動画自体を題材にした楽曲をオフシャルで制作するあたりに米津玄師という男の凄さ・本気度を感じてしまいます。 ただの皮肉で終わるだけの曲ならごまんと存在する現代。 批判だけでなく今後の応援も兼ねている『砂の惑星』はニコニコ動画ユーザー、運営に響く内容となっていました。 いや、ニコニコ動画だけではありません。 いま繁栄しているコンテンツ全てに対しての警鐘歌とも取れるメッセージ性の高い珠玉の一曲と言えるでしょう。

次の

米津玄師 砂の惑星 ( + 初音ミク) 歌詞

砂 の 惑星 歌詞

ハチによる大人気ボカロソング「砂の惑星」。 初音ミク、VOCALOIDを題材に作られている曲で、その深みたるや、聴いた人の心を掴んで離しません。 おしゃれで現代的なサウンドもかっこいいですよね! この記事ではそんな「砂の惑星」の魅力にグイッと迫ります! 作者やMVにも触れていきますよ! 砂の惑星とは 「砂の惑星」はボカロP、ハチが2017年7月21日に公開した初音ミクを使った楽曲です。 前作「ドーナツホール」から約3年9ヶ月振りの投稿ということもあり、すぐさま話題になりました。 ニコニコ動画では約5時間半で10万再生を達成、その後、1週間とかからず100万再生、2018年現在では560万再生されています。 YouTubeでも公開されており、こちらはなんと3300万再生以上!とんでもない人気作品ですね。 初音ミクを使った創作文化を体感できるイベント「マジカルミライ 2017」のオフィシャルアルバムにテーマソングとして収録されています。 作者はハチこと「米津玄師」 作詞作曲をしたのはボカロPハチですが、彼にはもうひとつの顔があります。 それが、米津玄師。 HondaのCMソングに起用された「LOSER」やドラマ「アンナチュラル」の主題歌である「Lemon」など、数々のヒット作を生み出した、超人気シンガーソングライターです。 ハチという名前は知らなくて、米津玄師なら分かるという方もいらっしゃるのでは? もともとはバンドマンで、2009年頃からVOCALOIDを使った楽曲をニコニコ動画で発表し始めました。 「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」などのヒットを受け、ニコニコ動画を代表するボカロPに。 2013年にソロシンガーとしてメジャーデビュー。 独特でおしゃれな曲調とやわらかい歌声、そして曲に込められた深いメッセージ性が受け入れられ、今では日本中から注目されているミュージシャンです。 また、CDジャケットや動画などで見られるイラストも自身で描いています。 これまた独特なタッチで、曲の雰囲気とばっちり合っているものばかり。 歌詞の内容についてはあとでじっくり触れていきますが、非常に意味深な言葉が多い作品です。 この曲にはニコニコ動画やVOCALOIDを使った数多くの作品についての、ハチの思いが込められています。 そこで最初から「何もない砂場」「しょうもない音」など、なかなかネガティブな言葉選びがされていますね。 これがファンや聴いた人の間で「どういう意味だ?」と議論を呼びました。 ハチ本人は「自分が一番ボカロPの活動をしていた頃と現状を見比べて考え、今の自分にできる形で表現した」という風なコメントをしています。 この歌詞をどう捉えるか、今の自分にどう当てはまるかをどうしても考えてしまう、そんな意味深なメッセージ性が込められた作品だからこそ、多くの人に聴かれています。 クールなサウンド、歌いたくなるメロディー メッセージ性もさることながら曲自体、とてもかっこいいですよね! ゆったりめなテンポですが様々な音色が使われていて、聴き飽きることがありません。 バンドサウンドではなく、しかし打ち込みシンセサイザーっぽい作りでもない。 音楽に詳しい人ならちょっと不思議な気持ちになるはずです。 ジャンル分けが難しい。 これはいわば「ハチサウンド」と言えますね。 彼にしかできない、彼だけの音楽です。 そしてメロディー!言葉数が多く、まるでヒップホップのようです。 曲のクールな雰囲気とぴったりハマっていますね。 しかし、サビでの楽しげな「イェイ」。 友達と行くカラオケで、みんなで一緒に歌いたくなります。 VOCALOIDらしい高速フレーズと合唱したくなる合いの手。 歌いきれると本当に気持ちが良い曲ですよ! VOCALOIDの未来を思う歌詞 ではここからは歌詞の中身を見ていきましょう! 上にも書いた通り、「何もない砂場」から歌詞は始まります。 現在の(公開の日時を考えると2017年頃の)ニコニコ動画、VOCALOID文化などを「今後千年草も生えない 砂の惑星さ」と表現しています。 「草も生えない」は笑った時に使うネットスラング「草」からきています。 ということで「草が生えない」=「笑えない」となります。 笑えないような状況だと、暗に示しています。 砂の惑星には「立ち入り禁止の札」が立ち並びます。 ハチがボカロPとして精力的に活動していた頃は、VOCALOID文化や動画サイトなどが成長途中の時期です。 今では当たり前になったYouTuberなどの数も少なく、まだまだこれから、という感じでした。 しかしそういう時期だからこそ、ある意味自由ではありました。 ジャンル開拓が精力的に行われていたので、みんながみんな切磋琢磨、自分なりの表現を探して、文化を発展させていました。 その頃活動していた人からすると、現在の成熟したネット社会、VOCALOID文化は「やり尽くされた」と感じているかもしれませんね。 「砂の惑星」が公開された2017年でちょうど10周年。 10年…って長いですよね。 発売当時10歳の小学生だった人なら、もう成人です。 最近はボカロ曲聴いてないな…という方も中にはいらっしゃるでしょう。 でも「君が今も生きてるなら」ぜひ応えて欲しい、今でも好きな人、久しぶりに聴いた人、とにかく「君」の言葉が欲しいと書かれています。 今日が終わります。 楽しかった今日ですが、お別れをすると「元どおり」の関係になります。 人に曲を聴いてもらうことは、直接話せる友達ができることではありません。 曲が聴き終わると作者と聴き手の関係はいったん終わります。 でも誰かに自分の曲を聴いてもらえるのは嬉しいことです。 作り続ければ、また作者と聴き手の関係が生まれます。 「思いついたら歩いていけ」新しいもの、やりたいことを思いついたらそこに向かって進んでいけ。 もしかしたら、次にやりたくなるのは曲作りではないかもしれませんね。 でもどういう形であれ「心残り残さないように」後悔のないようにしよう、と歌っています。 今は「今日」が終わる直前です。 だから、この曲を聴いてくれている間は「友達でいようぜ」ということです。 思い思いのお祝いをしようという意味です。 「そうメルトショックにて生まれた生命」このあと書いていきますが、この曲にはVOCALOIDの有名曲に関係する歌詞がたくさん登場します。 その大元、初音ミクが使われた楽曲として最初期に流行した「メルト」がまずここで出てきます。 ---------------- ねえねえねえあなたと私でランデブー? 曲の後半のフレーズには、また違う曲を示している、ような歌詞も登場。 そうやって「この曲だろう」と考察する楽しみ方もありますね。 音楽って楽しい!だけではありません。 「戸惑い憂い怒り狂い」のように、ネガティブな思いで作られているものもたくさんあります。 しかし、それを乗り越えて生み出された「祈り」つまり音楽たち。 「君の心死なずいるなら 応答せよ早急に」ぜひ聴いて、何かを感じ取ってくれ、というメッセージですね。 そして「思い出したら教えてくれ あの混沌の夢みたいな歌」。 君が昔聴いていた、好きな音楽のことを思い出してくれ、という作り手側の願いが綴られています。 もしその中に自分の曲があれば、作者は嬉しいものです。 「誰かが聴いてくれるから音楽を作る」これが商業的ではないVOCALOID文化が発展してきた理由ではないでしょうか。 プロじゃないけど、でも聴いてくれる人がいるから時間を割いて作る。 創作が好きな人ならこの気持ち、分かるはず。 「あとは誰かが勝手にどうぞ」ハチ自身がVOCALOID界隈から離れることを言っているように見えますね。 笑えないような状況ではあるし、自分自身もその文化から離れたところへ行く。 でもまた、新しいものが生まれて欲しいと願っている。 「砂の惑星」に込められたメッセージの核心はここだと言えます。 大変だけども、それでも前に進んでいくVOCALOID文化。 ハチの目線がぎゅっと凝縮された終わり方です。 ちなみに公式には発表されていませんが、イントロや間奏で聴こえる英語のような歌フレーズは、ファンの間では「Back to the history and remember when I was born」ではないかと言われています。 意味は「過去に戻って、そして私の生まれた時のことを思い出して」です。 「私」は初音ミクのことでしょう。 ただVOCALOIDだけではなく、物作り、創作をする人なら誰しもの心に深く刺さる言葉です。 「砂の惑星」のオススメ歌ってみた動画を紹介 そらる、まふまふ 男性も女性も、また英語バージョンで歌って方もいらっしゃいます!どれもかっこいいですね!もしカラオケで歌うのあれば、早口のパートで口が回るようにしっかり練習しましょう。 また、原曲を聴くと初音ミクのバックコーラスで男性が歌っています。 これはハチ本人が歌っています。 このようにデュエットソングとして挑戦してみるのもアリですよ! 映像と歌詞を見比べながら楽しもう ハイクオリティなアニメーションは南方研究所という映像サークルが手がけています。 有名アーティストのMV制作など、多岐に渡って活躍しているクリエイター集団です。 ハチとは何度もコラボレーションしていて、そのうちハチ自身もメンバーとして加入しました。 そんな彼らのMVなので、しっかりと「砂の惑星」のメッセージ性が映像の中に落とし込まれています。

次の