葛根 湯 食後。 漢方薬の「葛根湯」とは?葛根湯の効果効能4つと飲み方・副作用

葛根湯・医師長谷川が自信をもってお勧めする漢方薬の効果と使い方

葛根 湯 食後

葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ) 概説 葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ) は、肩こりや神経痛などに用いるです。 作用 働き 葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ)という方剤です。 発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。 体がゾクゾクし、冷えて痛むときに向いています。 具体的には、 肩こり、筋肉痛、神経痛、上半身の関節リウマチ、頭痛などに適応します。 組成 は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 葛根 カッコン• 麻黄 マオウ• 桂皮 ケイヒ• 芍薬 シャクヤク• 甘草 カンゾウ• 大棗 タイソウ• 生姜 ショウキョウ• 蒼朮 ソウジュツ• 適応証(体質)は、 表証(急性期)、中間証(体力中くらい)、寒証(悪寒)となります。 注意 診察で 持病のある人は医師に伝えておきましょう。 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。 注意する人 冷えの強い「寒証」向けの方剤です。 したがって、体力が充実し、暑がりで、のぼせのある人には不向きです。 逆に、体がひどく弱っている「著しい虚証」の人、また発汗の多い人も 避けたほうが無難です。 胃腸の調子が悪い人も慎重に用いるようにします。 麻黄には、 心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。 そのため、 高血圧や心臓病、脳卒中既往など、循環器系に病気のある人 は慎重に用いる必要があります。 注意が必要なケース.. 実証・熱証(体力充実・のぼせ)、虚証・裏証(虚弱、病中・病後の衰弱期)、 発汗の多い人、胃腸の病気、腎臓病、排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人、 循環器系に病気または既往歴のある人(高血圧、心臓病、脳卒中)、など。 飲み合わせ・食べ合わせ エフェドリンやテオフィリンなど交感神経刺激作用のある薬との併用は、 慎重におこないます。 また、など甘草を含む他のといっしょに飲むときは、 「」の副作用に注意が必要です。 飲み合わせに注意.. 他の麻黄剤、エフェドリン類含有製剤、甲状腺製剤(チラーヂン)、 カテコールアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)、 テオフィリン(テオドール)、グリチルリチン(グリチロン等)、 甘草含有製剤、など。 使用にあたり ふつう、は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。 むかつくときは、水で飲んでもかまいません。 もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。 効果のないときは、医師と相談してみてください。 証の再判定が必要かもしれません。 効能 効能 悪寒発熱して、頭痛があり、項部・肩背部に緊張感あるものの次の諸症。 肩こり、肩甲部の神経痛、上半身の関節リウマチ。 用法 通常、 成人1日7. 5gを3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 にも少しは副作用があります。 人によっては、胃の不快感や食欲不振、吐き気などを催します。 また、動悸や不眠、発汗過多などもまれにみられます。 つらいときは、早めに受診してください。 重い副作用はまずありませんが、 配合生薬の甘草の大量服用により、 浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。 「」と呼ばれる症状です。 複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。 重い副作用 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください ..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、 筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。 その他 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く 動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感 のぼせ、舌のしびれ 発疹、発赤、かゆみ 備考 中国の中医学中薬と日本の 中医学中薬は中国で生まれた体系医学です。 その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。 そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげ漢方となりました。 の特徴 漢方の特徴は、体全体をみるということです。 体全体の調子を整え、病気を治していくのです。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。 このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、 その考え方にあるといっても過言でないでしょう。 の保険適応 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。 これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます。 (一部の専門外来では、生薬のまま調合することも) 現在、をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。

次の

なぜ漢方薬は食前や食間に服用しないといけないの?

葛根 湯 食後

「君たち学生諸君は、徹夜明けで試験に臨むことがあるかもしれないが、肩が凝って頭もさえない…そんな時には葛根湯を服用してごらんなさい。 とっても似ていますね。 ほぼ水酸基(-OH基)一つの違いだけと言ってよいでしょう。 確かに、高齢者・高血圧や甲状腺機能異常の方などでは慎重に対応するべきことはありますが、米国で問題になったような高用量のエフェドラによる重篤な副作用の事例は極めて稀なことです。 (もちろん!眠気覚ましとしての使用目的は保険適応ではありませんから、積極的にお勧めしているわけではありませんけど…。 このように体の治癒力を助けるように体温を上げる作用と、眠くならずにだるさも取れるという点が、総合感冒や抗ヒスタミン薬との大きな違いと言えるでしょう。 漢方薬による花粉症治療は、ただ鼻水を止めるというばかりでなく、頭がぼーっとしたあの気だるい不快なだるさも解消してくれるというわけです。 漢方薬による風邪の初期治療の原則は身体を温め、発汗させることが中心です。 それゆえ、街場の薬局で温める麻黄含有の漢方薬に解熱作用を有するアセトアミノフェンを混ぜた風邪薬を売られているのを見受けますと、私たちはとても違和感を覚えるのです。 身体を温めながら冷やすなんて…と。 確かに対症療法と言われる西洋薬の風邪薬も決して侮ることできず、症状が楽になって、それですっきり治ることもあります。 けれどもそれは私の見解では、ある程度以上の体力があって治る力のある方、休息のとれる方のお話と思われます。 平素から虚弱で風邪が治りにくい人、冷え性の人、なかなか休めず無理をしてしまいがちな方々は、症状を抑え込むだけの治療には十分に注意が必要かと思われます。 各々の生薬には生体に対して種々の効果があり、それを漢方医学では「薬能」と呼びます。 生薬はただ一つの効果によってではなく、その分量や他の生薬と組み合わせで、さまざまな薬能が引き出されます。

次の

漢方薬は食後飲んじゃダメなのでしょうか?|周南リハビリテーション病院

葛根 湯 食後

「漢方は効きにくい」「風邪で葛根湯を飲んだけど改善しなかった…」 漢方薬の効果を引き出すために大事な「飲み方」と「飲むタイミング」が間違っていませんか? 「風邪を引いたので葛根湯を飲んだけど効かなかった」と、何人かに言われたことがあります。 そのうえ「漢方ってなかなか効かないのよねぇ」と小耳にはさむことも……。 国際中医師としては、なんとかこの誤解を解かなければなりません! 「葛根湯」を例に、漢方薬の誤解と正しい使い方のコツについて解説します。 葛根湯が効かない理由と正しい飲み方 「風邪に葛根湯が効かない」理由は大きく分けて2つあります。 とってもポピュラーな薬だけに、気になりますよね。 葛根湯の効果的な飲み方について、ポイントを押さえておきましょう。 しかしこのポイントで対処しないと、次の段階である発熱にと移ります。 これらは一般的にいえば、ウイルスの力を弱まらせるための、自然なカラダのしくみなのですが、その時々の症状にあわせる漢方では、対処するお薬も変わってくるのです。 具体的にいうと、• ゾクゾクっと寒気がする• 首筋や背中がこる• 頭痛や筋肉の痛みがある このような風邪の初期症状の段階で威力を発揮するのが、葛根湯なのです。 このタイミングでお湯に溶いて飲み、消化の良いお粥などを食べ、早く寝れば、じわっと汗をかき、翌日には身体もすっきりとし、「葛根湯」の効果を実感できると思います。 これは「葛根湯」の発熱を助けるという働きと、ウイルスが弱ったことを察知すると、発汗作用によって熱を下げる、という二つの働きからくるもので、 言い換えるとすでに汗をかいていたり、熱が上がってきてから飲んでも、正しい効果は出ないということなのです。 「葛根湯」のように、寒さからくるタイプの風邪(風寒邪=ふうかんじゃ)と、熱感が強いタイプの風邪(風熱邪=ふうねつじゃ)です。 悪寒より発熱がひどい• のどが痛い• 口が渇き、冷たいものを飲みたがる このような症状の風邪タイプには、「葛根湯」は効果がありません。 そもそも風邪のタイプが違うので、残念ですが治るはずがないのです。 ちなみに、こういった熱タイプの風邪の代表的な漢方薬に「銀翹散」(ぎんぎょうさん)がありますが、漢方薬局や一般の薬局では取り扱っているものの、この漢方は保険適用外なので、病院などでは処方できないのが現状です。 ヤブ医者? 名医? 落語に登場する「葛根湯医者」 原因が同じならば、いろんな科をまわらずに済むのも漢方ならではです 落語のネタに、どんな人にも「葛根湯」を飲ませるヤブ医者を「葛根湯医者」と揶揄する話があります。 しかしこの話には、実は漢方薬を自由自在に使いこなす「名医」であるという、まったく逆の意味合いも含まれています。 というのも、「葛根湯」は風邪だけでなく、頭痛、腹痛、鼻炎、関節炎、結膜炎、神経痛などにも応用することができるからです。 これは「葛根湯」に限らずいえることですが、別々の症状でもその体質(証)が一緒であれば、処方は同じという漢方の特性からくるものです。 どちらにしても、「葛根湯」は寒さから来るタイプの風邪で、ベストなタイミングで飲めば、即効性が期待できる漢方です。 もちろん、見立てが大切ですので、服用したい場合は漢方に詳しい専門家に相談してから購入くださいね。 葛根湯についてさらに詳しく知りたい方は「」も合わせてご覧ください。

次の