ホーチミン カフェ。 【夜遊び】ホーチミンのカフェオム

ベスト10 ホーチミンのカフェ [トリップアドバイザー]

ホーチミン カフェ

ベトナム最大の都市、ホーチミン。 フランス統治の影響もあり、もともとカフェ文化が根づいていましたが、近年のベトナムの経済発展に伴って、現地の若者にも支持されるおしゃれカフェが急増。 「街を歩けばおしゃれカフェにあたる」というほど、カフェ天国の様相を呈しています。 ホーチミンの数あるおしゃれカフェのなかから、インテリアやテーマ、メニューにこだわりのあるフォトジェニックなカフェ6軒をご紹介。 ホーチミンに行ったら、カフェのはしごを楽しんでみませんか。 メゾンマルゥ スイーツ好き、特にチョコレート好きならマストなのが、「メゾンマルゥ」。 ベトナム発の高級チョコレートブランド「マルゥ」の直営カフェです。 マルゥは、ホーチミンで出会った2人のフランス人オーナーが立ち上げたブランド。 天然素材にこだわり、ベトナム産カカオのおいしさを追求したチョコレートは、いまやベトナム土産の新定番になりつつあります。 白いヴィラ風なお店の中は、フランスのエスプリが香るおしゃれな空間。 店内では、カカオ豆の発酵やチョコレートの成型といった、マルゥ製品の製造過程も見ることができます。 メゾンマルゥの看板商品が、チョコレートドリンクの「シグニチャーマルゥ」。 ホットとアイスがありますが、おすすめはホット。 ホットチョコレートにありがちな甘ったるさがなく、なめらかな口当たりや、カカオ本来の風味が際立たせた味わいは、感動モノです。 メゾンマルゥでは、芸術的なチョコレートスイーツの数々も見逃せません。 写真は「マンゴータルト・バナナパッション」。 サクッと軽いチョコレートタルトの上に、チョコレートムースをオン。 さらに、ムースのなかにバナナパッションのピューレを隠したケーキです。 独創的な美しさを前にすると、食べるのがもったいなくなってしまうこと請け合い。 ビンテージエンポリウム ホーチミン1区の北部に位置する、「ビンテージエンポリウム」。 観光の中心地からはやや離れているものの、わざわざ足を運ぶ人が絶えない人気の一軒家カフェです。 その秘密が、「インドシナ時代のインテリア」をコンセプトにした、おしゃれなビンテージスタイルの店内。 白壁に装飾タイルといった西洋風のインテリアと、木工細工や少数民族デザインのテキスタイルといったベトナムのインテリアが融合した、ハイセンスな空間が大人気。 客席はゆったりとした間隔で配置されているので、外の喧噪を忘れて、スローなひとときを過ごすことができます。 ランチやティータイムにも定評があるビンテージエンポリウムですが、最高のリラックスタイムを過ごすなら朝食がおすすめ。 パンケーキやエッグベネディクトなど、朝食にぴったりのメニューも揃っていて、いずれも化学調味料不使用のヘルシー志向。 写真は、南国フルーツがたっぷりのったミューズリーです。 朝は7時から営業しているので、早めに訪れれば、空いている店内でゆったりとした時間が過ごせますよ。 コンカフェ 「コンカフェ」は、首都ハノイ発のユニークなカフェチェーンで、ハノイやホーチミン、ダナンなどの主要観光都市に店舗を展開しています。 「コンカフェ」とは「共産カフェ」の意味で、そのコンセプトは、「南北統一前の配給制度下のハノイ」。 ざるやたらいを使ったランプシェードや、古めかしい本にラジオ、その時代のハノイを象徴するバラやクジャクが描かれたカーテンやクッションなど、ノスタルジックでちょっぴりダークな世界観がとてもユニークです。 ホーチミン市内中心部では、リートゥーチョン通り26番地のアパートやヴィンコムセンター、バックパッカーストリートとして知られるブイビエン通りなどに店舗があります。 こちらは、リートゥーチョン通り26番地のアパート2階の店舗。 どこか退廃的なムード漂う古アパートは、コンカフェの世界観にぴったりで、どこを切り取っても絵になります。 コンカフェのおすすめは、なんといってもこだわりのコーヒーを使ったオリジナルドリンク。 優しい甘さがクセになるココナッツミルクコーヒーや、意外にも相性抜群のヨーグルトコーヒーなど、ベトナムならではのユニークなコーヒーの数々が楽しめます。 ルージン ホーチミン在住の欧米人が足しげく通うフレンチスタイルのカフェが、「ルージン」。 カナダ出身のベトナム人姉妹が「これまでベトナムになかった特別な店を」との思いからオープンさせたカフェ兼セレクトショップで、現在ホーチミン市内に3店舗を展開しています。 最も隠れ家的な雰囲気漂うドンコイ通り店は、ドンコイ通り151番地のアパート内に。 1930年代のフランスの紡績工場をイメージしたという内装は、モダンとビンテージがほどよくミックスされたハイセンスな空間。 「家の近くにこんなカフェがあったら」と、ホーチミンっ子が羨ましくなるほどです。 写真は、しっとりとした食感と濃厚な味わいがポイントのレッドベルベットカップケーキと、レモングラス入りのアイスピーチティー。 パスタやハンバーガーなど、西洋料理を中心とした食事メニューもあり、ワインやカクテルなどのお酒も豊富にそろっているので、ビストロとして夜に利用するのもおすすめです。 併設のショップでは、ロゴ入りバッグなどのオリジナル商品を含め、ベトナム内外からセレクトされた雑貨や服飾品を販売。 ディスプレイもおしゃれなので、見ているだけでも楽しめます。 ロフトカフェ 先ほど紹介したコンカフェと同じ、リートゥーチョン通り26番地のアパートに入っているもうひとつのおすすめカフェが、「ロフトカフェ」です。 このお店のシンボルは、外からも見える大きな壁時計。 レトロな雰囲気漂うモノクロのインテリアに映える、黒いフレームの時計は、なんともフォトジェニック。 時計のそばの広い席は特に人気があり、ホーチミンっ子たちが写真を撮り合っている光景がしばしば見られます。 メニューは、ドリンクやスイーツのほか、ピザやパスタなどの西洋料理に、炒飯、春巻きなどのベトナム料理も揃っています。 スイーツなら、素朴な甘さのカスタードプリンがおすすめ。 ベトナムを代表するスイーツであるカスタードプリンは、手作りの温かみが感じられる癒しの味です。 ヴィラロイヤルダウンタウン アンティークス&ティールーム ホーチミンで優雅でクラシカルなティータイムを楽しむなら、「ヴィラロイヤルダウンタウン アンティークス&ティールーム」へ。 建物の2階にあり、看板もあまり目立たないので、そうと知らなければここにティールームがあるとは気づかないような穴場的なお店です。 階段をのぼって店内に入ると、そこは東西から集められたアンティークの調度品に囲まれたレトロ&ゴージャスな空間。 ベトナムのものだけでなく、フランス統治下でヨーロッパから持ち込まれたものもあり、それらがどこか非現実的な別世界の雰囲気を醸し出しています。 面白いことに、店内にディスプレイされているアンティークは購入することもできるとか。 ティールームの自慢が、シンガポールの高級紅茶ブランド「TWG」のお茶。 日本ではあまり飲む機会のない白茶なども含め、どれを選んでいいかわからないほどたくさんの種類がラインナップされていて、お茶好きにはたまりません。 迷ったら、ぜひスタッフに好みを伝えて相談してみてください、 お茶といっしょにいただけるケーキ類も充実。 写真は、ダラット産のラズベリーを使用したチーズケーキ。 サイズが大きいので、ケーキは複数人でシェアしてもいいでしょう。 サラダやサンドイッチ、ラザニアなどの食事メニューもあるので、ランチも可能です。

次の

ベスト10 ホーチミンのカフェ [トリップアドバイザー]

ホーチミン カフェ

日本の書店に数多く並ぶトラベルガイドブック。 ホーチミン観光のページをめくってみると、必ずといっていいほど見つかるのが『お洒落カフェ』、『カフェ巡り』といったもの。 いまでは日本女子を中心にカフェをテーマにした観光プランはホーチミン旅行の王道といっていいでしょう。 しかし、最近少しずつ現地のカフェの様子が変わってきているようす。 最近ホーチミンで流行っているのは、「お洒落よりも『おいしい』カフェ」。 日本ではバブル時代に高級焙煎珈琲の喫茶店が流行りましたが、それが現在ベトナムでもブームになっています。 とはいえまだ数はそれほど多くはなく、なんの手がかりのないまま歩いて見つけるのは困難。 そこで、今回はおいしいコーヒーを出すと現地で評判のカフェを5つ、厳選してご紹介したいと思います。 1、日本品質をコンセプトに。 「シンコーヒー」 日本でもっとも有名なサイフォン シンコーヒーには複数名の専属バリスタを配置。 カウンター越しに複雑な抽出器具でコーヒーを作っている様子をうかがうことができます。 ベトナム式のフィルターコーヒーやドリップなどオーソドックスなものから、サイフォン、フレンチプレス、パワーオーバーといった仕様でコーヒーを抽出してもらうこともできます。 コーヒー豆は世界各国から輸入し、生豆を直接仕入れたのち、同店舗にて焙煎するのがこだわり。 スタッフが手作業で一つ一つ豆の品質を確認している様子は他店には見られない特徴です。 お店のおすすめは日替わりのシンカフェ・オリジナルコーヒー。 観光の休憩がてら、立ち寄って大人の雰囲気と味を嗜んでいってください。 住所: 1号店: 13 Nguyen Thiep St. Dist. 1 2号店:18 Ho Huan Nghiep St. Dist. 000d 一番人気はこちらのCot du cafe。 コーヒーとココナッツをミックスした冷たいスムージー。 コーヒーでありながら、ココナッツの甘味と爽やかな香りが調和して飲みやすく、特に女性に支持されている一品です。 その他通常のミルクコーヒーも捨てがたいもの。 フレッシュミルクの量を多めに入れたホットコーヒーは甘さ控えめでありながらクリーミー。 2杯、3杯飲むお客もたくさんいるんだとか。 どこ産の豆を使っているかも、どんな抽出法、マシーンを使っているかも秘密。 でも、単純に「おいしい!」と言えるコーヒーに、ベトナム人の若者は親しみを覚えているようすです。 住所: リートゥーチョン通り店: 2F 26 Ly Tu Trong St. Dist. 1 マックチブオイ通り店: 2 Mac Thi Buoi St. Dist. 1 ブイビエン通り店:127-129 Bui VIen St. Dist. 1 [local, 570] 3、バリスタが丁寧に作り方を解説「ワークショップ」 全国1000店舗以上展開している チュングエンコーヒーといえば、ベトナム人は知らない人がいないほどの有名店。 全国どこでも、田舎郊外であろうとも店舗を見つけることができ、直営&FC合わせると、店舗数は2000を超える人気カフェ。 コーヒービーンやスターバックスなど外資参入による競争も激しいベトナムカフェ市場ですが、安定的な人気を保持しているのがチュングエンコーヒーの揺るぎない自信の源。 自らNo. 1Coffeeと自負し、幾種類のコーヒーは高級志向の方にピッタリ。 アラビカ種、ロブスタ主、リベリカ種の3種の配合比率を変えるだけでこうも味が違うと驚くことでしょう。 日本でも一部の愛好家からは、「エスプレッソはアラビカ種にロブスタ主は1割ほど調合するのがいい」と言われています。 そのベストな配合比率を持ったコーヒーはどれも安くはありませんが、一度は飲む価値がある味です。 ベトナム特製フィルターで抽出する ベトナムでは御覧のように特製フィルターでコーヒーを時間をかけて抽出するのが普通。 約10~15分ほどかけて、一滴ずつコーヒーが滴り落ちるのを友人家族恋人で談笑しながら待つのが彼らの楽しみ。 こうして抽出し終わったコーヒーは非常に香り立ち、風味豊か。 ベトナム流にコンデンスミルク(練乳)を混ぜて飲んでみてください。 ホーチミン市内中心部にもいくつも店舗はあるので、観光しているうちに見かけたら入ってみてください。 また、チュングエンブランドのインスタントやコーヒー豆の購入もできます。 ホーチミンで一番おいしいコーヒーを見つけよう ホーチミンを旅行するならば、否が応でもコーヒーを何杯も飲むことになるでしょう。 ここで紹介したカフェはハズレのない味ですので、一度ご賞味ください。 また、もちろんお洒落カフェや、路上カフェもおすすめ。 その道何十年と路上カフェを経営しているおばちゃんの作るコーヒーも、意外とおいしかったりするかもしれませんね。 [local, 572, 327].

次の

大学の友人がホーチミンに! おすすめのローカルフードでおもてなし!!

ホーチミン カフェ

こんにちは! ホーチミンブロガーのごっちです。 ホーチミンへの旅行を計画中なのであれば ベトナムらしさも楽しめる お洒落なカフェは絶対に押さえておきたいところ。 無駄な時間をできるだけ使いたくない 海外旅行中であれば、 カフェだからってハズレたところは行きたくない。 ドンコイ通り付近のおすすめカフェ10選 ホーチミン主要の大通りの1つ。 たくさんショッピングを楽しんだ後は 慣れない環境や旅の疲れもあり、 そこからカフェを探索するのは正直面倒… できれば旅行に行く前に お洒落で素敵なカフェを先に知っておきたいですよね。 それでは一体どんなカフェがあるのでしょうか? 1.Cong Cafe コンカフェ ベトナム北部のハノイを古き時代をモチーフにした レトロ感も味わえる「コンカフェ」 現在ベトナム全土だけでなく、 海外にも進出している人気店。 コンカフェに来たならぜひ味わってほしいのが こちらの「ココナッツミルクコーヒー」。 シャーベット状になったココナッツミルクが 年中暑く、歩き疲れた体にぴったり! 他にもヨーグルトコーヒーなど 日本では滅多にないメニューもお楽しみいただけます。 またハノイの歴史を感じさせる軍服や帽子など、 その他にもコーヒーなどのお土産品も購入できるので ぜひチェックしてみましょう。 そしてこの立地の良さなのに お値段がリーズナブルなのが嬉しいですね! カップもベトナムのデザインで可愛いです。 そのままテイクアウトして街歩きするのも良し。 写真を撮らずにはいられないその可愛さから お洒落に敏感なベトナム人女子だけでなく 最近では旅行者も多く利用しています! 場所はここで本当に合っているの…?と 不安に感じるところにありますが ホーチミンにはリノベーションされた 隠れ家カフェが流行しており こちらのカフェもそのうちの1つ。 白を貴重とした清潔感の溢れる空間。 可愛いドリンクもたくさんあるので ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? <店舗情報>Gateau de Blanc 1区Nguyen Hue店 住所:2F, 90 Nguyen Hue street. ホーチミン市内でも現時点で23店舗展開しています。 こちらのNguyen Hue グエンフエ 店なら ドンコイ通りからすぐ近くなので アクセスも便利で利用しやすいですね。 店内はこじんまりとしているものの、 中でも休憩できます。 日本では主に東京に店舗を出していますが 東京在住でないとなかなか試す機会も少ないですよね。 また、日本のように待ち時間もほとんどなく 日本の販売価格と比較するとほぼ半額! ベトナムに来た機会に ぜひトライしてみてはいかがでしょうか? <店舗情報>THE ALEEY グエンフエ店 住所:68 Nguyen Hue street,Ben Nghe ward,District 1,Ho Chi Minh city,Vietnam 営業時間:9:00~22:30 目次1 外観&店内2 メニュー3 お味は?4 店舗情報 台湾発祥、今では日本やアメリカ、フランスなど 世界にチェーン展開している人気のティースタンド 『THE ALLEY ジ アレイ 』をご紹介します... お店はNguyen Hue通りにある カフェやレストラン、ショップなど 様々なお店が入っているカフェアパートにあります。 店内は落ち着いた雰囲気なので アジアの喧騒から離れ、ゆっくり過ごしたい方に おすすめのカフェです。 こちらのカフェはレトロな室内だけでなく、 ドンコイ通りを見渡せるテラス席も。 下記の店舗は営業しています。 こちらがカフェがあるスパの 【】です。 こちらの5階に『Cafe Paul 1932』がありますよ~ スパの中のカフェだと侮るなかれ。 モダンさも感じさせながら 時が止まったような広々とした ノスタルジックな店内が広がります 【】です。 こちらの5階に『Cafe Paul 1932』があるので 旅の疲れをスパで癒やした後に こちらのカフェでまったり過ごすのもおすすめ。 所々ミシンなどの裁縫工場を感じさせる インテリアも展示されています。 場所は市民劇場から徒歩3分。 ドンコイ通りの入り口付近にある 古いアパートの一室をリノベーションして作られました。 ドリンクだけでなく、スイーツ・フードメニューも豊富。 先程ご紹介した「Cong Cafe」のリートゥーチョン店も 入っていますね。 123• 169• 201• 728• 129• 167• 224• 196• 168• 120•

次の