お 会計 トレー。 トレーディング目的で保有する棚卸資産

会計時の接客マナーでお客様の獲得・損失につながるってホント!?

お 会計 トレー

棚卸資産の評価に関する会計基準(企業会計基準第9号、以下、「棚卸資産会計基準」)においては、そのような目的で保有される棚卸資産を「トレーディング目的で保有する棚卸資産」として分類しています。 そして、評価方法についても通常の販売目的で保有する棚卸資産とは区別しています。 通常の棚卸資産は仕入を行い、製造業等では加工が行われた上で、最終的には販売されることにより、仕入価額と販売価額との差額が利益となります。 しかしながら、トレーディング目的で保有する棚卸資産は市場価格の変動による差益を得ることが目的のため、加工や販売のプロセスを得ることがありません。 トレーディング目的で保有する棚卸資産の具体例としては、金などの貴金属を売買差益の獲得を目的として保有することが挙げられます。 しかしながら、トレーディングを目的に保有する棚卸資産は、売買・換金に対して事業遂行上の制約がなく、市場価格の変動に応じて容易に売却することが可能と考えられます。 このため、形態としては棚卸資産であるとはいえ、保有目的を考慮すると、同じく市場価格の変動により差益を得ることを目的に保有される売買目的有価証券に近い性格を持つものと考えられます。 このため、期末時点の貸借対照表価額は市場価格により評価されます(棚卸資産会計基準15項)。 その際、損益計算書においては、原則として純額で売上高に表示されます。 このため、保有目的による分類を行う際の留意点や、保有目的の変更に伴う会計処理は「金融商品に関する会計基準(企業会計基準第10号)」や関連する指針における売買目的有価証券の会計処理に準じて行うとされています(棚卸資産会計基準16項・61項)。 たとえ企業内部において売買・換金に制約が生じていないとしても、実際に外部への売買・換金を適時に行うことが容易でない棚卸資産は、売買・換金に際して制約が生じているといえ、期末時の評価を市場価格で行うのは適当ではないことになります。 保有目的区分の変更が認められる場合としては、企業における資金運用方針の変更又は特定の状況の発生に伴い、保有目的区分の変更を行う場合が挙げられます(金融商品に関する実務指針80項)。 その際は、会計方針の変更として、変更の内容、変更を行った正当な理由、影響額等の注記が必要となります。 なお、同一品目の棚卸資産について、一部は通常の販売目的で保有する棚卸資産に区分し、その他をトレーディング目的で保有する棚卸資産に区分することも可能であると考えられますが、棚卸資産の取得時に区分することが必要となります。 また、売却原価の算定時は両者を通算せず、保有目的区分毎に計算を行うことが求められます(金融商品に関する実務指針79項)。 では、今回はこの辺で失礼いたします。 お読みいただきありがとうございました。

次の

100均のコイントレー・釣り銭トレー商品一覧。ダイソーとキャンドゥで100円

お 会計 トレー

会計時の接客マナーが重要な理由とは 「終わりよければすべてよし」ということわざがあります。 「始まりや途中はどうであれ、最後の締めくくりがよければ高く評価される」といった意味で、このポジティブ思考は成功するための大原則ともいわれています。 なぜ終わりの部分が重要かというと、人間は不快感を抱いたり、つまらないと思ったりしても、最後に感動することや楽しいことがあるとそのプラスの感情が優先的に記憶されるという性質をもっているからです。 逆に、最後に不快な思いをさせられれば、それまでのよい感情はかき消され、悪い印象だけ残ってしまうということでもあります。 飲食店の場合は、会計から見送りまでの接客態度がお客様の満足度を左右し、その評価はいつまでも記憶に残ってしまいます。 とくに会計時の応対のしかたはリピートしてもらえるかどうかを決定づける重要なシーンとなります。 それまでお客様は楽しいひとときを過ごしてきたのに、会計担当者のミスのせいで酔いも冷めてしまったなどということのないよう、細心の注意を払う必要があります。 会計のしかたは大きく分けてテーブル会計とレジ会計の2通りあります。 次にそれぞれのマナーについて見ていきましょう。 接客マナー ~テーブル会計~ テーブルチェックアウトは欧米ではごくふつうのスタイルです。 日本では高級レストランなど一部の店でしか行われていませんでしたが、最近は居酒屋などでもこのスタイルを取り入れているところが増えてきています。 テーブル会計のメリットは、席に掛けたままなので場の雰囲気を損なわずスマートに会計ができること、混み合うレジ前で待たせなくてもすむことなどがあげられます。 デメリットとしては、お客様がいつ会計をするのか、そのタイミングを見計らう必要がある点です。 会計の合図をしているのを見逃したりしないように、つねに態勢を整えておかなければなりません。 テーブル会計の手順• お客様が手を上げたりして合図を送っているときは、すみやかに席に近づき、「お会計ですか?」と伺います。 「お願いします」と言われたら、「ありがとうございます。 少々待ちください」とレジに行きます。 伝票ケースをテーブルに置いてある場合はそれを持ち、「伝票をお預かりします」と言って下がります。 できるだけ待たせないように早く・正確に計算をすませて戻ります。 「お待たせいたしました。 お会計をお持ちしまた」と、伝票ケースを裏にして渡します。 現金で支払われた場合は、枚数をかぞえて「〇千円でございますね」と確認します。 次に「領収書かレシートはいかがいたしましょうか」と尋ね、領収書をと言われた場合は、「かしこまりました。 お名前はいかがいたしましょうか」と伺います。 「〇〇で」と言われたら「〇〇様でございますね」と復唱して間違えないようにします。 レジで会計作業をして間違いのないことを確認してから、おつりと領収書をキャッシュトレイに乗せて戻り、「お待たせいたしました。 おつりと領収書でございます。 お確かめください」と、トレイをテーブルに置きます。 お客様の確認が終えたら「ありがとうございました」とていねいにお礼を言います。 支払いが現金ではなくカードの場合は、カードをいったん預かる必要があります。 お客様のなかにはその間に不正使用されないかと不安になる人もいます。 店側にとってもサインをしてもらうための手間がかかります。 このような煩わしさを解消するために、最近はiPadレジを使用する店舗が多くなっています。 サインもiPadですませることができますし、レシートプリンター機能も導入しておけばワイヤレスで印刷できるので、レジとテーブルを往復する必要もありません。 これからテーブル会計を採用しようと考えている方はiPadレジを検討してみることをおすすめします。 (iPadレジについては「」を参照してください。 ) 接客マナー ~レジ会計~ 入り口付近などにレジスターを設置し、お客様に伝票を持ってきてもらって精算をするレジ会計は、とても合理的なスタイルです。 難点は、会計が集中する時間帯は長い列ができてしまうことです。 それを避けるためには、最初から個別にオーダーしてもらい、伝票も別々にしておく方法があります。 レジ会計の手順• お客様から伝票を両手で受け取り、「ありがとうございます。 伝票をお預かりいたします」と言ってからレジに打ち込みます。 このとき、打ち間違いを防ぐとともにお客様の確認を促すためにもメニューと金額を読み上げるのがベストです。 金銭を受け取ったらすぐにレジにしまわないで、枚数をかぞえて「〇〇円お預かりいたします」と、いったんキャッシュトレイに置きます。 札と小銭のつり銭がある場合は、お札を「千、二千……」と数えてから渡し、小銭はキャッシュトレイに載せて「〇十円をお返しいたします。 お確かめください」と渡します。 領収書が必要かどうかを尋ね、必要という場合はあて名を確認して作成します。 お客様がおつりと領収書を財布にしまうのを確認したところで「お忘れ物はございませんか?」と気遣います。 お帰りになるときはホールのスタッフにも聞こえる声で「ありがとうございました!」とお礼を言います。 そして自分もドアの外まで出て「ありがとうございました。 またお越しくださいませ」と深く頭を下げます。 頭を上げたらすぐに店内に入るのではなく、しばらく見送るようにしましょう。 接客マナー 〜会計ミスが起きたとき〜 お金の受け渡しには細心の注意を払うべきですが、いくら気をつけていても間違えてしまうことがあります。 レジで会計をする際に、500円を誤って50円と打ってしまい450円も少なく請求してしまったなどということがあります。 こちらが正しい金額でございます。 まことに申し訳ありません」と丁重に頭を下げて、不足分をいただくようにします。 お客様としては気分のいいものではないでしょうが、確かな金額ですから納得してくれるはずです。 そのへんのお客様の心理も理解して、自分の不手際をお詫びしましょう。 反対に、同じ料理を二度打ちしたりして本来の請求金額より多く受け取ってしまうこともあります。 これは少ない額をいただいたときより問題です。 少ない分にはお客様に実質的な損を与えていないからです。 仮にお客様から不足分を支払ってもらえなかったとしてもお店の損失だけですみます。 多めにいただいた場合でも、すぐに気づいてお詫びとともに返金できればいいのですが、お客様が後になってから払いすぎに気づいて連絡をしてきた場合は、対応のしかたを誤ると厄介なことになります。 領収書を持って直接来店された場合は、相手の主張を受け入れるようにします。 相手の勘違いかもしれないと思っても、悪質なクレーマーでもない限り、争うような姿勢を見せるのは得策ではありません。 レジの記録をたどれば問題を解明できるとしても、話がこじれてしまっては二度と来店してもらうことができません。 ここはお客様をリピーターとしてつなぎとめるための戦略を考えるほうが賢明です。 その1つとして、まずは店長か経営者が前面に出て謝罪し、返金します。 お詫びの品を差し出すのが礼儀ですが、その場では難しいという場合は、追って自宅か会社に送り届けるといいでしょう。 店にわざわざ足を運んで苦情を言ってくれたことに対し、誠意をもって応えるのは経営者の基本的なスタンスといえます。

次の

会計時の接客マナーでお客様の獲得・損失につながるってホント!?

お 会計 トレー

2016年入社 第3事業部 スタッフ 中村 友美 経済学部経営学科卒業後、エレクトロニクス系のメーカーに就職。 財務経理部に配属され、約2年半、経理業務に携わる。 その後、監査トレーニー制度を利用してEY新日本に転職。 現在に至る。 お二人とも一般事業会社勤務を経た後、EY新日本に入社されていますね。 中村 私が公認会計士の道を志したのは中学時代でした。 その夢をかなえようと学生時代に本格的に勉強を始めたのですが、残念ながら合格できず、メーカーに就職して財務経理部で連結業務や開示業務を担当しました。 その間も会計士への夢がしぼむことはなかったです。 西田 私の場合、もともと英語が得意で学生時代に留学も経験したことから、USCPAの資格を取ろうと思ったことがスタートでした。 卒業後、IT企業に入社してエンジニアの仕事をする傍ら、予備校に通いながら勉強を続けていたのですが、中村さんと同じく、監査トレーニー制度のことを知って、思い切ってチャレンジすることにしました。 中村 最初に監査トレーニー制度を知ったときは、ちょっと信じられなかったです。 残業がなく、試験休暇が取得でき、予備校の授業料も一部負担していただけるなんて、そんなにうまい話があるわけがないと思ったほど(笑)。 西田 しかも正社員としての採用ですから、万一、会計士の道を諦めるようなことになったとしても、キャリアが途切れる心配をしなくてすみます。 同様の制度は他法人にもあるようですが、正社員での採用はEY新日本だけ。 社会人から一念発起してチャレンジする私にとって、この安定感は魅力でした。 中村 何より、監査補助者として実際の監査業務に携われるというのが、嬉しかったです。 試験のための勉強と並行して実務も経験できることで、しっかりとした知識を身につけられると考えました。 西田 私はIFRSに興味があったので、その旨を伝えたところ、IFRSとJGAPPの両方を採用しているクライアントのチームにアサインされました。 実務を通じて学べる環境が得られたのは、本当によかったです。 中村 入社の時期を自分で決められるのも、転職者にとってありがたいですね。 西田 後任者への引き継ぎは責任をもって行いたいですから、私は入社まで4ヵ月ほど時間をいただきました。 こちらの都合に合わせていただけるのは、助かりました。 監査トレーニーとして、業務と試験勉強をどのように両立されましたか。 中村 普段から定時で帰らせていただき、毎日、予備校に通っていました。 往査先から学校までちょっと距離があったので、パートナーから「ちゃんと間に合う? 早めに帰ってもいいですよ」と言っていただいたこともあります。 おかげで平日でも6時間は勉強できました。 西田 事業会社だと、仕事は仕事、勉強は勉強と分けて考えなければならないので、なかなか十分な時間は確保しづらいですよね。 その点、EY新日本は、たとえ繁忙期でもしっかり勉強の時間を取ることができます。 法人全体として、若い人材を育てようというカルチャーが根づいていることもあると思います。 中村 最近では選択シフト勤務制度が導入されたので、これから監査トレーニーになる方は、私たち以上に時間の融通が利くようになって、しっかりと勉強時間を確保できるようになると思います。 西田 チームの皆さんが応援してくれているから、勉強のモチベーションが下がることもなかったですね。 中村 そうなんですよ。 応援に応えなきゃという気持ちがわいてくるし、合格することで恩返しをしたいという思いも強くなります。 孤独感はなかったですね。 西田 マネージャークラスの先輩がサポーターとなってくれるのもありがたかったです。 中村 同感です。 勉強のアドバイスをくれたり、迷ったり悩んだりしたときには支えてくれたり、サポーターには本当に感謝しています。 その支えに報いたいという気持ちが、勉強のエネルギーになりました。 今振り返っても、監査トレーニー制度がなかったら、公認会計士という夢はきっとかなえられなかったと思います。 一般事業会社を経験したことは、遠回りでしたか? 中村 遠回りではなかったと思います。 西田 むしろアドバンテージとしての側面があると思っています。 中村 以前、ある会計基準についてチーム内で議論していたとき、前職の経験に基づいて「こういう考え方もあるのでは」と意見を口にしたところ、「なるほど、ありがとう」と上司に言われたことがありました。 前職では考えられないことだったので、びっくりしたほどです。 上下の別なく、フラットに意見を言えるのはEY新日本ならではの魅力だと思いますが、だからこそ、前職で得た知見も活かしやすい環境だと思います。 西田 中村さんは前職で経理部門にいらしたから、なおのこと、その経験を活かしやすいでしょうね。 中村 そうですね。 事業会社が数字をつくる上でどういう考え方をするかということを現場で体験していたので、逆の立場となった今、その考えが手に取るようにわかります。 西田 組織の中の力関係や会社としての考え方など、事業会社にいたからこそ理解できることも多いです。 私は現在IT関係のクライアントを担当しているのですが、前職がエンジニアだったこともあって、技術用語などが理解できるのも、アドバンテージだと感じています。 あと、ExcelなどのPCスキルも事業会社の業務で自然と鍛えられましたから、自分の武器になっています。 中村 想定外だったのが、試験に合格したらチームの皆さんが「働きながら合格するなんて、すごいね」「頑張ったね」と賞賛してくれたことでした。 私としては周囲のサポートのおかげだと思っていたのですが、皆さんはむしろ私のことを評価し、認めてくれたというのが嬉しかったです。 西田 そんなふうに公認会計士を目指す若手を応援してくれるカルチャーがあるから、ぜひ多くの方に監査トレーニー制度にチャレンジしていただきたいですね。

次の