アポロ オラクル。 “人生を楽しむ発想の提案”オフィスURITHUM

ワンオラクル

アポロ オラクル

開催日 競 馬 場 R 競走名 コース 馬 場 頭 数 枠 番 馬 番 オ ッ ズ 人 気 着 順 U 指数 性 齢 負担 重量 kg 騎手 調教師 馬体重 kg タ イ ム 着 差 秒 上 3F 通過順 1 2 着馬 阪神 10 芝1400 良 11 2 2 305. 1 11 10 牡4 57. 0 444 -4 1. 7 1. 2 35. 3 12 14 牡4 57. 0 448 0 1. 3 1. 4 35. 7 8 9 牡4 56. 0 448 0 1. 8 0. 6 34. 9 6 9 牡3 56. 2 0. 7 35. 1 5 8 牡3 53. 0 438 0 1. 0 0. 9 34. 8 13 9 牡3 54. 8 0. 5 34. 5 7 9 牡3 53. 8 0. 6 35. 2 13 4 牡3 54. 0 432 -4 1. 0 0. 4 34. 6 13 11 牡3 56. 9 1. 2 34. 6 15 13 牡3 56. 0 434 -4 1. 0 0. 8 35. 4 8 1 牡3 56. 0 -0. 0 34. 4 8 10 牡3 56. 6 0. 9 34. 8 13 13 牡3 56. 0 434 -2 1. 0 1. 4 35. 3 7 10 牡2 55. 0 436 0 1. 0 1. 4 35. 5 10 3 牡2 55. 4 0. 2 33. 1 3 1 牡2 54. 0 426 -- 1. 1 -0. 2 35.

次の

デルポイ

アポロ オラクル

これから一体どうなるの?2020年の今後の予想 新型コロナウイルスの蔓延や、夏に開催されるオリンピックなど、今後の動きがとても不安定な2020年です。 しかし、2020年そのものの年運は、そもそもがとても動きがあり、また予測もつかないような出来事が起こると言われていました。 その動きはすでに始まっていると言ってもいいでしょう。 では、今後はどのような動きになるのかをスピリチュアルな観点からお伝えします。 様々な噂が飛び交い、何が本当の情報かを見極める必要がある すでに新型コロナウイルスの影響は多大なものになってきています。 あらゆる対応が世界的に大幅に遅れており、日本も感染を事前に食い止めることができなかったり、また潜伏期間が長く、実際の症状が出るまで時間がかかるので、しっかりとした検査がなされていないこと、ウイルスに対しての特効薬が開発途中であることなど不安な要素が多くあります。 またSNSではデマともいえるあらゆる情報が飛び交っています。 その状況は今後しばらく続くと予想されます。 スピリチュアルな視点では、大勢の人が信じる情報に扇動されていく世の中になっていくと予想されます。 というのも、情報を拡散させようと思えば、あらゆる手段や方法で伝えることができるので、それによって恐怖の感情を植え付けることで、精神的な混乱を引き起こすことが予測されます。 「大勢の人がこうしているから、自分もこうしなければならない」ということがさらに起こってくるでしょう。 すでにマスクや消毒用のアルコールが購入できないように、今後は日用品や食料品なども同様に不足してくることが予測されます。 多くの人々があらゆる情報によって扇動され、不確かなままそれを信じてしまうことがあるかもしれません。 大切なのはどのような情報もその提供先を確かめることや、噂を鵜呑みにせず公正な判断をする姿勢が求められます。 一番怖いのは「みんなやっている(言っている)から」ということで、それに流されてしまうことです。 実際に、パンデミックへの備えとして日用品や食料品までもが不足してしまう可能性があります。 準備不足のまま、オリンピックが行われる可能性大 2020年夏の大イベントとして東京オリンピックが開催される予定です。 現在の時点ではコロナウイルスの蔓延が懸念される中で、5月に開催の判断がなされる予定です。 もし東京で開催できない場合には、ロンドンで開催がなされることが予想されています。 東京で開催できなくなってしまう場合には、何兆円もの経済的な損失が見込まれ、あらゆる企業や団体の破綻、国際的な信用を失ってしまうことが懸念されます。 今後は春の訪れとともにウイルスも減少傾向にありますが、夏のオリンピックは東京で開催される可能性は非常に高いのですが、あらゆる面で立ち遅れ、また十分なおもてなしもできないままにオリンピックを受け入れることになるでしょう。 実際に開催した方が良いかどうかはオリンピック委員会の判断になりますが、選手が十分な実力を発揮できないまま、あらゆる準備や受け入れ態勢が整わないままの開催になり、日本そのものが国際社会において不信感を残したままの開催になるでしょう。 スピリチュアル的な視点からいえば、オリンピック開催はこの時期に東京でしないほうが、あらゆる面で日本の今後の可能性を大きく開くことになっていくのですが、世の中の動きは正反対の方向に進むでしょう。 国際情勢の中の日本の立ち位置が大きく変わる すでに現在の政治状況などから見て、非常に日本の立場が危うくなってきています。 あらゆる事柄が中途半端になり、また国のリーダー的な立場の方のあらゆる失態がさらに大きく目に見えてくるでしょう。 このまま何も変わらないのであれば、国自体が大きく変化し、破綻する方向に向かって行きます。 またその際には国民一人一人の考え方が大きく変わっていくでしょう。 「このままだといけない」という意識が、大きな変革を生み出すこともあるかもしれません。 私たちに大切なのは、あらゆる事柄に関心を持ち、自分で判断すること、必要ならば変革のために行動をすることが求められます。 誰一人としてこのままではいいわけではないという気づきが大きな変化を生み出していくでしょう。 そのためにはあらゆる事柄に感性を向け、自分がどの立場に立って、何を選択するのかという意志が何よりも大切です。 今までのように、自分には関係がないという無関心の姿勢のままではいられなくなるでしょう。 自分の人生を自分で開拓する 今後はさらに経済的な格差が広がり、安定した生活を送ることは難しくなる一方かもしれません。 もはや安定した会社に務めるということはなく、一人一人が社会の中で生き残るために闘っていかなければなりません。 そのためには安定や安住を求めるより、あらゆる面で自分の人生を立て直したり、方向転換し、生きていかなければならない世の中になります。 自分を助けてくれる存在は自分しかいないと気づいた人が実際にこの世の中で生き残ることになります。 また、一つの仕事をするよりは、複数の仕事をもったり、副業で好きなことをしながら、トータルで生活を送っていくというような多方面でマルチな才能を発揮していくことが求められます。 あなたの人生はあなたが切り開いていくものです。 大きく世の中が変わっていく中で、自分が生き残るためには何をすればいいのかという先見の明やちょっとした工夫などが求められます。 様々な分野に興味を持ち、また人生を切り開いていくために自分の感性のアンテナを広げ、実際に行動していくことが何よりも大切です。 2020年はかなり大きな変化があるし、試練の年だと言ってもいいわね。 そのために自分は何ができるのかということを改めて一人一人が考えなければならないと思うわ? 今後はさらにあらゆることで大きな試練も待ち構えている。 それは社会的な情勢だけではなく、個人の生活にも大きく及んでくる世の中になってくる。 簡単にいえば、当たり前に存在していたものがなくなってしまう可能性があるのね。 その中で自分は何を選んでいくか、どう行動するのかが一人一人に求められているわ? 2020年のうちに自分の人生の方向性の再確認をする 2020年の大きな社会変動は、一人一人の人生に大きく影響を及ぼします。 もはや安定や安住といったもの、自分が描いている理想的な生活にはほど遠くなってしまう可能性が否めません。 さらに色々な面で不安や恐怖が生まれますが、その際に大切なのは、変化していく中で、揺るぎない何かを自分の中でしっかりと持っておくことです。 2020年のうちに自分の今後の人生をもう一度見直し、立て直していくことが何よりも大切です。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の

デルポイ

アポロ オラクル

のふもとにあるこの地は、古代ギリシア世界においては世界の(中心)と信じられており、・を祀る神殿で下される「 デルポイの」で知られていた。 古代デルポイの遺跡はの(文化遺産)に登録されている。 日本語では「 デルフォイ」「 デルファイ」と表記されることも多い。 表記( Delphi)、表記( Delphes)や発音に基づく「 デルフィ」も用いられる。 遺跡の西にはの名をもつ集落があり、また遺跡を含む自治体の名前にもなっている。 で使用された競技場跡 デルポイはギリシア最古の神託所の一つである。 デルポイの神託はすでにの中にも登場し、人々の運命を左右する役割を演じる。 デルポイの神託が登場する神話には、伝説がある。 神殿入口には、神託を聞きに来た者に対する3つの格言が刻まれていたとされる。 また時にはを使って、デルポイの神託を左右する一種のもあったといわれる。 デルポイに献納する便のために、ギリシアの各都市はデルポイに宝庫を築いた。 こうしたことから、デルポイは国際会議場の役割を果たしたとも考えられる。 史実において有名なデルポイの神託には、の『』が伝えるアテナイへの二つの神託がある。 時にアテナイは初め滅亡を暗示する神託を得たのち、再び使者を立て、以下の神託を得た。 されど保つのは、木の壁のみを守りとてに与え給う。 — ヘロドトス『歴史』 これをアテナイ市街を焼き払って当時は木造の壁に守られていたに籠城すると解釈するものがあったが、は「木の壁」を船を指すものと解釈し、を造らせて、でペルシア軍を破った。 またの友人はデルポイで「ソクラテスより賢い人間はいない」という神託を籤で得てその的探求を促した。 この神託に疑問を持ったソクラテスは、当時知者とされた人々を訪ねて回った。 その結果、「知っていると思っている」人ばかりがいることを見出し、真の知者はいないが「知らないと思っている」()という点でわずかに自らがそれらの人々より賢いと思うに到ったと、の『』などの古代の証言は伝えている。 その後、ギリシアの政治的地位の低下と伝統的宗教の衰微とともに、の隆盛を待たずしてデルポイの神託はその地位を失っていった。 カイロネイアの人でデルポイの神官も務めた伝記作家は、デルポイの神託について、その衰微を中心として数篇の著作を残している。 交通 [ ]• アテネより高速バスで3時間。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 2 ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 3 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 4 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 6 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。 脚注 [ ].

次の