パッキン の カビ 取り。 窓のパッキンにカビが!自分でできる簡単カビ取り方法とは?

【お風呂】ゴムパッキンの黒カビを超キレイに落とす簡単掃除法

パッキン の カビ 取り

ゴムパッキンの黒カビはなぜ取りにくい? 1.ゴムパッキンは柔らかい 黒カビを落とす方法の前に、 なぜ風呂のゴムパッキンの黒カビが落ちにくいのか説明します。 それはずばり 柔らかいからです。 ゴムパッキンは柔らかいので、ちょっとでも 傷がつくと、そこに水分が溜まり、カビが爆発的に増殖します。 放っておくとすぐに 奥まで浸透して、通常のカビ取り剤や漂白剤が効かなくなってしまうんです。 また、ゴムパッキンは 強く擦ると剥がれてしまうので、ブラシやタワシでゴシゴシ擦ることもできません。 だからゴムパッキンの黒カビは落ちにくいんです。 2.ゴムパッキンのカビ防止効果は2年 「そんなにカビ生えやすいのかよ」 「しかも落としにくいとか」 「なんでカビ防止剤入ってないの?」 と思うかもしれませんが、お風呂場に埋め込まれているゴムパッキンには カビ防止剤入りのシリコン材が使われています。 でも、その 効果は2年ほどで切れてしまうんです。 なので新築でもない限り、 デフォルトのカビ防止剤はあてになりません。 ゴムパッキンの黒カビを落とす方法 1. ゴムパッキン用カビ取り剤 さて、ここからが本題です。 ゴムパッキンのカビを取るには ゴムパッキン用のカビ取り剤を使いましょう。 例えばこれ。 お馴染みの「 カビキラー」の ゴムパッキン専用タイプです。 「 ジェル状(ゼリー状)」なので、通常のカビキラーみたいに 下に垂れず、カビ部分にしっかり密着します。 これを塗って 半日放置しても まだカビが取れない場合は、以下のラップ攻めをしましょう。 頑固な黒カビにはラップ攻め 頑固な黒カビの場合は ちょっと使い方を工夫しましょう。 具体的手順は以下の通りです。 ゴムパッキン用カビキラーを塗る• その上に キッチンペーパーを被せる• さらにその 上からカビキラーを塗る• 最後に ラップで密閉• 半日放置 実質作業時間は10秒ほど。 この工程を3回繰り返せば、どんな頑固なカビでも間違いなく取れます。 カビ取り終了後は、ゴムパッキンのカビ予防 カビ取りが終わったら 次はカビ予防をしましょう。 カビが生えてしまう 原因をしっかり予防しておかないと、せっかく綺麗にしたゴムパッキンも、またすぐ真っ黒になってしまいますからね。 カビの予防方法としておすすめなのは「 対カビ兵糧攻め」です。 これはカビ取り業者をしている友達に教えてもらった方法です。 我が家では「対カビ兵糧攻め」をして以降、 もう5年以上もカビを見ていません。

次の

風呂のカビをたった1分で落とす業者の技、パッキンやふたも真っ白!

パッキン の カビ 取り

ゴムパッキンの黒カビはなぜ取りにくい? 1.ゴムパッキンは柔らかい 黒カビを落とす方法の前に、 なぜ風呂のゴムパッキンの黒カビが落ちにくいのか説明します。 それはずばり 柔らかいからです。 ゴムパッキンは柔らかいので、ちょっとでも 傷がつくと、そこに水分が溜まり、カビが爆発的に増殖します。 放っておくとすぐに 奥まで浸透して、通常のカビ取り剤や漂白剤が効かなくなってしまうんです。 また、ゴムパッキンは 強く擦ると剥がれてしまうので、ブラシやタワシでゴシゴシ擦ることもできません。 だからゴムパッキンの黒カビは落ちにくいんです。 2.ゴムパッキンのカビ防止効果は2年 「そんなにカビ生えやすいのかよ」 「しかも落としにくいとか」 「なんでカビ防止剤入ってないの?」 と思うかもしれませんが、お風呂場に埋め込まれているゴムパッキンには カビ防止剤入りのシリコン材が使われています。 でも、その 効果は2年ほどで切れてしまうんです。 なので新築でもない限り、 デフォルトのカビ防止剤はあてになりません。 ゴムパッキンの黒カビを落とす方法 1. ゴムパッキン用カビ取り剤 さて、ここからが本題です。 ゴムパッキンのカビを取るには ゴムパッキン用のカビ取り剤を使いましょう。 例えばこれ。 お馴染みの「 カビキラー」の ゴムパッキン専用タイプです。 「 ジェル状(ゼリー状)」なので、通常のカビキラーみたいに 下に垂れず、カビ部分にしっかり密着します。 これを塗って 半日放置しても まだカビが取れない場合は、以下のラップ攻めをしましょう。 頑固な黒カビにはラップ攻め 頑固な黒カビの場合は ちょっと使い方を工夫しましょう。 具体的手順は以下の通りです。 ゴムパッキン用カビキラーを塗る• その上に キッチンペーパーを被せる• さらにその 上からカビキラーを塗る• 最後に ラップで密閉• 半日放置 実質作業時間は10秒ほど。 この工程を3回繰り返せば、どんな頑固なカビでも間違いなく取れます。 カビ取り終了後は、ゴムパッキンのカビ予防 カビ取りが終わったら 次はカビ予防をしましょう。 カビが生えてしまう 原因をしっかり予防しておかないと、せっかく綺麗にしたゴムパッキンも、またすぐ真っ黒になってしまいますからね。 カビの予防方法としておすすめなのは「 対カビ兵糧攻め」です。 これはカビ取り業者をしている友達に教えてもらった方法です。 我が家では「対カビ兵糧攻め」をして以降、 もう5年以上もカビを見ていません。

次の

風呂のカビをたった1分で落とす業者の技、パッキンやふたも真っ白!

パッキン の カビ 取り

なぜゴムパッキンに黒カビがつくと落ちにくいの? ゴムパッキンはその材質の性質上、柔らかくキズが付きやすいものです。 その性質を知らずにブラシやタワシなどでごしごしこすって洗ってしまうと、無数の細かいキズが付きます。 その細かいキズに石鹸カスや水垢、そして水分が入り込むことで、カビの大好きな環境になり爆発的に繁殖してしまいます。 パッキンについたカビをちょっとでも放置しておくと、カビは表面から奥の方まで根を広げていってしまうので、ちょっとやそっとでは落ちなってしまうのです。 そのまま放っておくと、カビの胞子が飛散してタイルの目地などにも黒カビが発生してしまいます。 キチンとした方法でカビ取りをして、そのあとカビを発生させないようにケアすることが大切です。 パッキンの黒カビの落とし方 黒カビをきれいに落とすための、ふたつの方法を紹介します。 どちらもかなり綺麗に黒カビを落とせます。 これで落ちなかったら、もうゴムパッキンを交換するしかないかも・・・ カビ取り専用スプレーで黒カビを落とす方法 カビ取りスプレーの効果が実感できない理由 「カビキラーを使っても、パッキンの黒カビは全然落ちなかったけど・・・」 たいていの方はそんな経験があるはずです。 でも、それはやり方に問題があるのかも・・・ お風呂場のカビを落とすには、市販のカビ取りクリーナーをスプレーするのが一番手っ取り早い、と誰もが考えます。 それはそれで正解なのですが、実はテレビCMのように単純にスプレーするだけでは、カビはキレイに落ちません。 それは、スプレーしたカビ取り洗剤が時間とともに蒸発してしまうからです。 カビは乾燥した状態では、自分の水分を逃さないように、しっかりとはり付いています。 なので、いくらカビ取り剤をスプレーしても、すぐに蒸発してしまっては効果が半減してしまうのです。 超簡単、カビ取りスプレー効果倍増作戦 カビとりスプレーの効果を最大限に引き出すには、薬剤の蒸発を防いで効果を倍増させればいいんです。 用意するものはたったふたつ!• ラップ• ティッシュペーパーまたはキッチンペーパー これだけです。 この二つだけで、簡単な方法で劇的に黒カビ退治ができます。 カビとりの手順• ティッシュペーパーを「こより」状にします。 それにカビ取り剤を十分にスプレーして湿らせます。 それをゴムパッキンに貼っていきます。 そのあと洗剤の蒸発を防ぐためにティッシュの「こより」を覆うようにラップをかぶせていきます。 柔らかい歯ブラシなどで軽くこすります。 1時間~数時間放置した後、それを取り除いて水で洗い流し、乾燥させます。 ジェル状のゴムパッキン専用のカビ取り剤を使用する場合は、直接パッキンにカビ取り剤を塗ってペーパーで覆い、その上からさらにカビ取り剤を塗ってラップで覆ってください。 一度で取り切れない場合はこれを何回か繰り返します。 《注意》 カビ取り剤は強力な塩素系で刺激が強いものです。 使用の際はガスを吸い込まないためのマスク、目を保護するためのゴーグルや眼鏡、手荒れ防止のためにゴム手袋を使用してください。 衣服についてしまうと色落ちの原因になりますので、エプロンをするか色落ちしても問題のない服で作業することをお勧めします。 スポンサーリンク 重曹とお酢で黒カビを完全撃退! 第2の方法は、洗剤を使いません。 実はカビキラーでなくても、重曹とお酢でびっくりするほど黒カビが落とせます。 小さなお子さんやペットがいたりして強い刺激のあるものは使いたくない。 カビ取り剤を使うと気分が悪くなる。 という方はこの方法でカビ取りをしてみてください。 用意するもの• 重曹(100円ショップやドラッグストアに売っているもので十分です)• 酢(代わりに消毒用アルコールも使えます)• スプレーボトル 黒カビ取りのやり方• 酢1に対して水1~4をスプレーボトルに入れて十分に撹拌します。 それをパッキンの黒カビ部分にスプレーします。 蒸発を防ぐために、ティッシュペーパーとラップを使って蒸発を防ぐようにすると効果的です。 1時間~数時間放置します。 ラップとティッシュペーパーを取り外します。 柔らかい歯ブラシなどでゴムパッキンをキズつけないように丁寧にカビを取り除きます。 それで取り除けない頑固なカビには酢水で湿った状態のところへ重曹をすり込みます。 この時、酢と重曹が反応して二酸化炭素が発生しますが、人体には影響のないものです。 上から再度酢水をスプレーすると反応がより促進されて効果が高くなります。 1時間ほど放置したら再び歯ブラシなどで丁寧にカビを取り除き、洗い流して。 乾燥させます。 かなり綺麗になりますから試してみてくださいね! 黒カビの発生を予防する せっかく時間をかけて黒カビを取り除いても、何もせずにそのまま放置してしまうとすぐに黒カビたちはやってきます。 黒カビを取り除いたら、今度は黒カビを発生させないようにしましょう。 こまめに換気をする 入浴後すぐに換気扇をまわして乾燥させるか、お風呂の入り口・窓を開けて換気をします。 浴槽のお湯はできれば流してしまいましょう。 お湯を他のことに利用するなら、湯船のふたはしっかり閉めます。 熱めのシャワーを掛ける ぬるま湯はカビが悦びます。 カビは45度以上のお湯で死滅するといわれています。 その温度以上のお湯をかけ、パッキンや壁についた石鹸カス・湯垢を洗い流しましょう。 防カビスプレーを使う 入浴後に防カビスプレーを使用します。 または、酢を10倍程度に薄めたものをスプレーしても効果があります。 手遅れになる前に ゴムパッキンの黒カビは気がついたら手遅れで交換するしかないということもあります。 ここで、ご紹介した方法は時間はかかりますが、効果的で簡単にできる方法です。 早め早めのケアで黒カビがこびりつかないようにしてください。 そして、黒カビをとったら今度は発生させないことが大切です。 何事も日々の心掛けが大切ですよ!.

次の