プライバシーポリシー アドセンス 申請前。 Googleアドセンス合格後やるべきこと3つ【超簡単です】

アドセンスとアフィリエイトの併用は大丈夫なの?(審査時含む)

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

Googleアドセンス審査前にやったこと 記事を用意する 記事数が足りないとGoogleアドセンスの審査には落ちるという情報があったので最低限の記事数は用意しました。 自分の場合は 審査に出した時点での総記事数は約20記事でした。 なお、ブログ開設からは二ヶ月経過しているので、1ヶ月で換算すると10記事ペースになります。 プライバシーポリシーを記述する Googleアドセンスの必須コンテンツとしてサイトのプライバシーポリシーが挙げられています。 参考 Googleアドセンスはコンテンツやユーザーの嗜好に合わせて広告内容が変わります。 ですので、「あなたのアクセス履歴などの個人情報を利用させてもらっています」という断りを記述しておく必要があります。 「そうは言ってもプライバシーポリシーなんてどうやって書けばいいかわからない!」 という方は詳しい書き方やプライバシーポリシーの意味などは以下の記事で説明をしているので是非参考にしてみてください。 関連記事• ブログの概要を作成する ブログの概要について説明したページを作成しました。 どういった人に向けて何を発信していくのかという情報が明記することで審査する側にサイトの情報を正しく伝えることができます。 必須コンテンツではないですが用意して損はないと思います。 運営者への連絡手段を用意する こちらも必須か任意かと言われるとプライバシーポリシーほど必須なものではないです。 しかし、 多くの記事で連絡手段の設置を推奨していたため自分も用意しました。 自分の場合はtwitterアカウントのリンクとお問い合わせフォームを作成しました。 お問い合わせフォームは Contact Form 7というプラグインで作成しました。 プロフィールを作成する 運営者への連絡手段の設置に伴い、プロフィールも作成しました。 こちらも必須コンテンツではありません。 ですが、いずれ作成するわけですし用意しておいて損はないでしょう。 まとめ 以上でGoogleアドセンスの審査対策の説明を終わります。 ある程度継続して中身のあるコンテンツを書き、サイトの情報が正しく公開されていれば問題は審査には通過すると思います。 参考になれば幸いです。

次の

アドセンスとアフィリエイトの併用は大丈夫なの?(審査時含む)

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

運営者情報に書くべきこと 運営者情報として記述しなければいけない 情報としては、以下の3つになります。 運営者名• 連絡先• プライバシーポリシー えっ、名前を書かないといけないの?と驚かれたかもしれませんが ニックネームとかでも大丈夫なので安心してください! 私なんかも、ヨシって表記してますからね! 次に連絡先ですが、こちらももちろん別に住所とかを 書く必要はなく あなたに届くメールアドレスであれば大丈夫です。 そして次は プライバシーポリシーです。 この項目が、全部重要なのですが特に大事な所となっています。 このプライバシーポリシーとは何かといいますと Googleアドセンスの広告は検索ユーザーの動向に合わせて広告を表示するので あなたは広告をいちいち選んだりする必要はないから 初心者に向いていますよ!なんてお話をさせてもらったのですが そう、これってGoogleが ある意味個人の情報を収集しているということなのです。 ですので、人によってはGoogleからひいては あなたのブログから個人情報を抜き出しているのでは?と びっくりされちゃうわけなんですよね? 当然ですが、そういうことではまったくありませんので あくまでもGoogleが集めているのは 検索ユーザーがどういったサイトを訪れたことがあるかだけで 決して個人を特定できるような 名前や住所であったりではありません!ということを しっかりと明記してあげる必要があるということなのです。 これらを「運営者情報」というタイトルで 固定ページにでも作っていただいて 外観のメニューやサイドバーにでも置いておきましょう。 とにかく、これはGoogleから必須コンテンツとされていますので 公式サイトにも一度 絶対に目を通していただくようにお願いします。 運営者情報とプライバシーポリシー 書き方例 ここでは、一例を紹介しておこうと思います。 プライバシーポリシーはコピペをしていただいてもかまいませんし 同じのはちょっと気が引けるという方は 「Googleアドセンス プライバシーポリシー 例」とかで ググっていただけたらいくらでも出てくるので それらを参考に書いてみてください。 そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メール アドレス、電話番号 は含まれません を使用することがあります。 google. google. google. html32 まとめ 別に難しくとも何ともないことですが これをしっかりとしておかないと そもそも審査に通らなくなっちゃいますので しっかりと確認しておきましょう! ちなみに2019年には 兵庫県警さんが同じくGoogleのアクセスを解析するツールである Googleアナリティクスを使っていたのにそれに関する 表記を3年間もしていなかったことが発覚し ちょっとした騒動に発展しましたので 私たちもこれからネットでGoogleで お金を稼いでいくわけですから しっかりと注意していくようにしたいですね!• こんにちは、ヨシです! アドセンスとかアフィリエイトやってます! 30代男性、レッチリと「揺れ」を愛する声豚adsenser 造語 !! 2013年末アドセンス開始、3カ月で5万円突破、4カ月目で10万円突破突、5カ月目でアフィリエイトも合わせ20万円突破、以降順調に収益を伸ばしていくも見事にペナルティを受け収益がほぼ0円になり、吐きそうになるというかニートだったから吐いた。

次の

アドセンスとアフィリエイトの併用は大丈夫なの?(審査時含む)

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

誰に向けてどういう情報を発信するかを意識すると、テーマを決めやすくなりますよ! そんなこと言ってもテーマなんて決まらない・・・。 プロフィール情報を追加する。 管理者はどんな人物なのか、を知ってもらうためプロフィール情報を追加することも重要。 WordPressでの手順は下図の通りです。 上記の手順で「プロフィール情報」を投稿ページ下に配置することが出来ます。 テーマ(カテゴリ)をプロフィールに入力するとブログの中身(何が書かれているか)を知らせることが出来てお勧めです。 手順を画像を使って解説します。 色々なブログのトップページを参考にしながら、自分のブログのテーマに合ったトップページを作成してみるとモチベアップにもつながりますよ。 プライバシーポリシーを作成する! プライバシーポリシーと言われても良く分からないかもしれません。 プライバシーポリシー : privacy policy は、 のにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトのが定めた規範のこと。 個人情報保護方針などともいう。 プライバシーポリシーは、利用規約の一部として記載している場合もある。 ウェブサイトによっては、この中に「第三者に情報提供する場合がある」と明記されている場合がある。 このためサイト利用者は、個人情報をインターネットに送信する際には、プライバシーポリシーを熟読する必要がある。 免責事項には、「ウイルスなどの有害物が含まれていないこと、および第三者からの不正なアクセスのないこと、その他安全性に関する保証をすることはできません。 」と記されていることがほとんどである。 これは、インターネットの性質上、この責任まで負うと、大変な損害を被る可能性があるからである。 グーグルアドセンス審査時に用意しておいた方が良い理由は、 審査合格後にアドセンス広告を載せていることをプライバシーポリシーで明文化する必要があるから。 プライバシーポリシーを作成し、アドセンス審査合格の準備が出来てますよ!と審査員に知らせましょう。 プライバシーポリシーの追加方法 WordPressを始めた時にプライバシーポリシーのテンプレートが既に入っています。 メニューへの追加方法は以下の通りです。 最後に「メニューを保存」をクリックすれば、ブログのメニュー上にプライバシーポリシーが表示されます。

次の