あの 竹下 が こんなに 可愛い わけ が ない。 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』完結を記念して、あの妹?キャラが再び秋葉原に降臨っ♪

あの竹下がこんなに可愛いわけがない【天空音パレード】 竹下絵莉ファースト写真集/ 本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメをTポイントで通販

あの 竹下 が こんなに 可愛い わけ が ない

今回はまた随分とバランスを崩してきたなあ、というのが大きな印象です。 このシリーズはこれまで、恋愛関係にせよ、友人関係にせよ、家族関係にせよ、決定的なひと言は言わずにまわしてきました。 まあ、黒猫がキスはしてましたけど、あれも「呪い」という言い訳付きでした。 誰もが自分の好意を相手に伝えることなくここまできたのは、お互いが臆病という言い訳の元、現状に甘んじていたから。 何も言わなければ、少なくとも現在のポジションを失うことはないから。 それが、京介を中心としたラブコメシステムを支えていました。 最初に桐乃がそのバランスを崩してきたのは意外でした。 二度の狂言彼氏騒ぎ、明らかにどちらも、京介の気持ちを量るためにやってますからね。 正直、桐乃の気持ちというのは、妹としての好意にとどまるはずだと思っていたので、ここまでの行動に出てくるとは……意外でした。 作中で桐乃自身も言っていますが、この桐乃の行動を触発したのは、麻奈実と黒猫の存在です。 「自分はっ! 自分はっ! 地味子とかっ……あの黒いのとかといちゃついてるくせに! 勝手なこというなっ!」 でもって、この次に、桐乃は気になることを言っています。 「あのときは気持ち悪いみたいな顔したくせに! なんでいまさら! いまさら! そんなこと言うのよ!」 『あのとき』……普通に考えれば、7巻前半の京介とのデート、最後の口論のことを指すような気がしますが、良く考えてみるとちょっとおかしい。 「せっかく俺が嫌々協力してやったっつーのによ」 「おまえの彼氏役なんざ、もう二度とごめんだね」 桐乃を怒らせたと思われる京介の台詞はこのあたり。 ウザ顔はしていそうですが、嫌悪感をみせているシーンではなさそうです。 更に『いまさら』という言葉も気になります。 『いまさら』という言葉には、もうある程度古い過去のことで、しかも取り返しがつかない後悔のニュアンスがあると思います。 ……どうも、あの未回収の伏線『押入れの中のまだ見せられない秘密』がからんでいるような気がします。 今回、『妹の彼氏』という存在をテーマに、兄妹がぶつかったわけですが、恐らく次は、この構図がそのまま反転するものと思われます。 すなわち『兄の彼女』。 桐乃のほうについては、恐らく最後の長電話で、これからする黒猫の告白について聞かされていると思うので、ある程度は冷静に対処してくると思いますが、問題は麻奈実ですね。 京介にとって麻奈実とはどういう存在なのか。 京介が常に軽く扱ってきた麻奈実ですが、それでいて麻奈実に彼氏が、なんていう話になると不機嫌になったりして、独占欲だけは発揮してきました。 思うに、京介にとって麻奈実というのは、妹かつ姉のような存在だったんじゃないかと思うんですよね。 今回見せた桐乃への執着と近い意味で、麻奈実にも執着してきた。 でも麻奈実のほうはそんな気持ちからは一歩も二歩も踏み込んでいるわけで……このすれ違いが、トラブルを生まずにはおかない。 これに桐乃との過去もあわせて、京介はこれまでのツケをまとめて払わされる、手痛いしっぺ返しをくらうことでしょう。 ……あやせと麻奈実とのつながりが、今回わざわざ示唆されたことも考えると、更に恐ろしいことになる可能性も……。 数日後っていうのがポイントですよね。 京介はこの場ではOKしていない。 恐らくこの間のすったもんだが、次巻で描かれることでしょう。 この期に及んで最終的に黒猫振ったりしやがったら京介覚悟しやがれって感じですよ。 ようやく執筆が始まったかどうかというところであるようなので、まだ先でしょうけど、今から次の巻の発売が待ち遠しくてたまりません。 niu. net 掲題通りモロにネタバレを含みます。 まだ読んでない人は今すぐスクロールをやめるか閉じた方が身のためです。 警告したよ?…... トラックバック時刻: 2010年11月10日 21:07 コメント 実は京介の周辺にいる女性たちに対する桐乃の反応って「兄を取られる妹」の形式にわりと忠実なんですよね。 7巻でもギリそのラインは崩してないように思います。 俺「いまさら」は、あやせが言ってたプリクラにかかってくるかと思ってたんですよ。 「あのとき」っていうのは相当に昔の話で。 つまり、昔に撮影したプリクラ。 んで、ブラックボックスの中身はその当のプリクラじゃねーかな、と。 最初は血縁がないことを証明するなにものかじゃないかなー、と思ってたんですけども。 どうも俺は、設定上、桐乃と京介は血のつながりがなくて、そのことを桐乃だけは知っている、という設定があると整合性がとれる気がするんですよね。 というより、俺の意見って実は桐乃エンドを望んでる人間のバイアスは相当にかかってますね。 投稿者 えむけーつー : 2010年11月10日 11:04 おお、ようこそMK2さん。 いやいや私も黒猫に都合の悪い情報は見えない(見てない)だろうという自覚があるので、まったく人のことはいえません。 ああ、プリクラですか! 単に桐乃が一部隠し持ってたというだけの話かと思っていましたが、なぜプリクラをとったのか、なぜそれでも隠し持っていたのかというあたりの事情をあやせが把握しているとすると、ありうる話ですね。 その観点はありませんでした。 そうだとすると、あの偽装デートそのものの本当の目的がプリクラを『また』二人で撮ること、だった可能性もありますね。 やられやくだったか、アキバブログだったか、どこだったか忘れましたが、最近作者が8巻以降の展開を訊かれて、『「兄と妹のお茶の間コメディー」の路線は外さない』『あまりシリアスにはしません』、と言っていたので、エグい展開にはならないと思っているんですけど…。 というか、そうなら黒猫の線が消えないと思うからそういう情報にすがるんでしょうけどね…。 不安だわ…。 投稿者 文月そら : 2010年11月10日 11:31.

次の

妹キャラ人気ランキング!可愛いアニメキャラ&女性声優も紹介♪「エロマンガ先生」「SAO」「俺ガイル」のあの子も?

あの 竹下 が こんなに 可愛い わけ が ない

【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 関連記事.

次の

【朗報】ラノベ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』黒猫if、加奈子ifが発売決定!!

あの 竹下 が こんなに 可愛い わけ が ない

今回はまた随分とバランスを崩してきたなあ、というのが大きな印象です。 このシリーズはこれまで、恋愛関係にせよ、友人関係にせよ、家族関係にせよ、決定的なひと言は言わずにまわしてきました。 まあ、黒猫がキスはしてましたけど、あれも「呪い」という言い訳付きでした。 誰もが自分の好意を相手に伝えることなくここまできたのは、お互いが臆病という言い訳の元、現状に甘んじていたから。 何も言わなければ、少なくとも現在のポジションを失うことはないから。 それが、京介を中心としたラブコメシステムを支えていました。 最初に桐乃がそのバランスを崩してきたのは意外でした。 二度の狂言彼氏騒ぎ、明らかにどちらも、京介の気持ちを量るためにやってますからね。 正直、桐乃の気持ちというのは、妹としての好意にとどまるはずだと思っていたので、ここまでの行動に出てくるとは……意外でした。 作中で桐乃自身も言っていますが、この桐乃の行動を触発したのは、麻奈実と黒猫の存在です。 「自分はっ! 自分はっ! 地味子とかっ……あの黒いのとかといちゃついてるくせに! 勝手なこというなっ!」 でもって、この次に、桐乃は気になることを言っています。 「あのときは気持ち悪いみたいな顔したくせに! なんでいまさら! いまさら! そんなこと言うのよ!」 『あのとき』……普通に考えれば、7巻前半の京介とのデート、最後の口論のことを指すような気がしますが、良く考えてみるとちょっとおかしい。 「せっかく俺が嫌々協力してやったっつーのによ」 「おまえの彼氏役なんざ、もう二度とごめんだね」 桐乃を怒らせたと思われる京介の台詞はこのあたり。 ウザ顔はしていそうですが、嫌悪感をみせているシーンではなさそうです。 更に『いまさら』という言葉も気になります。 『いまさら』という言葉には、もうある程度古い過去のことで、しかも取り返しがつかない後悔のニュアンスがあると思います。 ……どうも、あの未回収の伏線『押入れの中のまだ見せられない秘密』がからんでいるような気がします。 今回、『妹の彼氏』という存在をテーマに、兄妹がぶつかったわけですが、恐らく次は、この構図がそのまま反転するものと思われます。 すなわち『兄の彼女』。 桐乃のほうについては、恐らく最後の長電話で、これからする黒猫の告白について聞かされていると思うので、ある程度は冷静に対処してくると思いますが、問題は麻奈実ですね。 京介にとって麻奈実とはどういう存在なのか。 京介が常に軽く扱ってきた麻奈実ですが、それでいて麻奈実に彼氏が、なんていう話になると不機嫌になったりして、独占欲だけは発揮してきました。 思うに、京介にとって麻奈実というのは、妹かつ姉のような存在だったんじゃないかと思うんですよね。 今回見せた桐乃への執着と近い意味で、麻奈実にも執着してきた。 でも麻奈実のほうはそんな気持ちからは一歩も二歩も踏み込んでいるわけで……このすれ違いが、トラブルを生まずにはおかない。 これに桐乃との過去もあわせて、京介はこれまでのツケをまとめて払わされる、手痛いしっぺ返しをくらうことでしょう。 ……あやせと麻奈実とのつながりが、今回わざわざ示唆されたことも考えると、更に恐ろしいことになる可能性も……。 数日後っていうのがポイントですよね。 京介はこの場ではOKしていない。 恐らくこの間のすったもんだが、次巻で描かれることでしょう。 この期に及んで最終的に黒猫振ったりしやがったら京介覚悟しやがれって感じですよ。 ようやく執筆が始まったかどうかというところであるようなので、まだ先でしょうけど、今から次の巻の発売が待ち遠しくてたまりません。 niu. net 掲題通りモロにネタバレを含みます。 まだ読んでない人は今すぐスクロールをやめるか閉じた方が身のためです。 警告したよ?…... トラックバック時刻: 2010年11月10日 21:07 コメント 実は京介の周辺にいる女性たちに対する桐乃の反応って「兄を取られる妹」の形式にわりと忠実なんですよね。 7巻でもギリそのラインは崩してないように思います。 俺「いまさら」は、あやせが言ってたプリクラにかかってくるかと思ってたんですよ。 「あのとき」っていうのは相当に昔の話で。 つまり、昔に撮影したプリクラ。 んで、ブラックボックスの中身はその当のプリクラじゃねーかな、と。 最初は血縁がないことを証明するなにものかじゃないかなー、と思ってたんですけども。 どうも俺は、設定上、桐乃と京介は血のつながりがなくて、そのことを桐乃だけは知っている、という設定があると整合性がとれる気がするんですよね。 というより、俺の意見って実は桐乃エンドを望んでる人間のバイアスは相当にかかってますね。 投稿者 えむけーつー : 2010年11月10日 11:04 おお、ようこそMK2さん。 いやいや私も黒猫に都合の悪い情報は見えない(見てない)だろうという自覚があるので、まったく人のことはいえません。 ああ、プリクラですか! 単に桐乃が一部隠し持ってたというだけの話かと思っていましたが、なぜプリクラをとったのか、なぜそれでも隠し持っていたのかというあたりの事情をあやせが把握しているとすると、ありうる話ですね。 その観点はありませんでした。 そうだとすると、あの偽装デートそのものの本当の目的がプリクラを『また』二人で撮ること、だった可能性もありますね。 やられやくだったか、アキバブログだったか、どこだったか忘れましたが、最近作者が8巻以降の展開を訊かれて、『「兄と妹のお茶の間コメディー」の路線は外さない』『あまりシリアスにはしません』、と言っていたので、エグい展開にはならないと思っているんですけど…。 というか、そうなら黒猫の線が消えないと思うからそういう情報にすがるんでしょうけどね…。 不安だわ…。 投稿者 文月そら : 2010年11月10日 11:31.

次の