生理痛にいい飲み物。 生理の時に起きる貧血、なんとかしたい!【女医が教える対処法】

生理痛が緩和する食べ物や飲み物は?悪化させる場合も注意!

生理痛にいい飲み物

生理痛にチョコは悪化する原因になる? そもそも生理痛が起こる主な原因としては、以下の理由が大きいと言われています。 身体の冷え、冷え性• 血行不良、血のめぐりが悪い• 子宮の収縮、血管の収縮が激しい つまり身体を冷やしてしまう生活をすることで血行不良になり、血管と子宮の収縮が激しくなることで生理痛が起きてしまう、と考えられています。 そして チョコレートにはこの3つの原因すべてを満たしてしまう理由があるため、チョコを食べると生理が悪化すると言われているのです。 チョコレートの原材料が悪化の原因 チョコレートの裏の原材料表示を見ていただくと、ほとんどのメーカーに共通して同じ成分が含まれています。 細かい違いはありますが、主な原材料は以下の通りです。 カカオマス• 植物油脂• カカオバター(ココアバター) 原材料の表示というのは含まれる量が多い順に記載されているため、チョコレートで最も多く含まれるのは 砂糖と いうことになります。 砂糖は特別な記載(甜菜糖、黒砂糖など)がされていなければ、たいていは白砂糖になるのですが、白砂糖を摂ると 身体が冷えてしまうと言われています。 白砂糖は身体を冷やす 白砂糖は食べると体の中にすぐに吸収されるのですが、その際ブドウ糖が一気に放出されることで血糖値が急激に上昇してしまいます。 上がりすぎた血糖値を元に戻すためにインスリン(ホルモンのひとつ)が大量に分泌されるのですが、インスリンが多いと脂肪燃焼がうまくできなくなります。 なので今度は急激に血糖値を下げようとしますが、血糖値が急激に低下するとき体温も一緒に下がってしまうため、白砂糖を摂るのは身体を冷やしてしまうと言われるのです。 また白砂糖の摂り過ぎは糖質を分解するためにビタミンB類をたくさん消費することになるので、不足してしまうと 血液が ドロドロになります。 その結果血流不良を起こし、体の血のめぐりを悪くさせてしまうと言われています。 カカオに含まれるチラミンは血管や子宮を収縮させる カカオ豆には「チラミン」という成分が含まれているのですが、チラミンには血管や子宮を収縮させる作用があるため、痛みを増強させてしまうことがあります。 またチラミンには血管収縮作用によって血圧を上昇させ、片頭痛を引きおこすとも言われているため、生理のときに頭痛が起きる原因となる場合もあります。 植物油脂はトランス脂肪酸 植物油脂というと一見聞こえはいいですが、いわゆる自然由来の油ではなく、工業的に化学溶剤を用いて抽出され、高温による脱臭・脱色プロセスが行われた精製油である場合が非常に多いのです。 植物油脂として扱われる油は「キャノーラ油・パーム油・大豆油」が上位を占めており、食物水素添加や高熱処理により トランス脂肪酸が多く含まれているんです。 トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングにも多く含まれているのですが、実はこのトランス脂肪酸は 排卵障害を引き起こし、生理痛が重くなる原因にもなるんです。 食用に加工されている油であれば「植物油脂」とざっくり表示してしまえるので、ただの油と思って安心することはできません。 つまり、 砂糖・カカオ・植物油脂=生理痛を引き起こす 可能性が高い原材料であるため、これらすべてが含まれているチョコレートを食べると生理痛が悪化すると言われるのです。 生理痛の緩和にココアがいいと言われる理由 こうなるとなおさら「なんでココアならいいの?」という話になってきますよね。 生理痛に冷えは大敵、白砂糖はもっての外!と言われていますが、確かにココアなら原材料や作り方によっては緩和させることもできるのでは?と思う点もありました。 一般的に温めて飲むココアには保温効果や血流をよくする効果が期待できるため、生理痛の緩和に効果があると言われています。 常温かそれ以下の温度で食べるチョコレートよりも、あたためて飲むココアの方が血行を良くすると考えられるからではないかと思います。 ココアを作るときに必要な材料と言えば• 純ココア• 牛乳 の3つになりますが、チョコレートとは違い植物油脂が入ることはまず考えられないので、添加物(光沢剤や香料なども含む)による冷えや血行不良を心配する必要はありません。 次に砂糖に関してですが、砂糖があらかじめ入ってしまっているココアではなく「ピュアココア」から作る場合であれば、白砂糖のリスクを減らすことが可能です。 急激に血統の上昇や低下を引き起こすものではなく、メープルシロップや羅漢果など比較的自然なものから作られた未精製に近い甘味がおすすめです。 またカカオには「血管や子宮の収縮を激しくするチラミンが含まれるから生理痛が起こることがある」と書きましたが、カカオも悪い点ばかりではないんです。 カカオに含まれる生理痛によい成分 カカオにはチラミン以外にマグネシウムが豊富に含まれているのですが、マグネシウムには過剰なカルシウムを排出する働きがあるんです。 細胞内のカルシウムが増え過ぎると子宮がより収縮してしまう原因となるため、生理痛の緩和にはマグネシウムが豊富に含まれる食べ物がおすすめされることが多いのです。 中でも牛乳で飲むときはカルシウムとマグネシウムのバランスが最も良いとされています。 他にも体内の余分な塩分を排出して、むくみ予防につながるカリウムやリラックス効果が注目されるテオブロミンも含まれています。 また生理のときは体内の血が足りなくなるから鉄分や亜鉛を摂るよう言われますが、カカオには両方のミネラルが豊富に含まれているため、生理を和らげる飲み物としてよくおすすめされているのですね。 スポンサーリンク 生理痛の本当の原因は? ここまで読んだ方はうっすらと気づかれていると思うのですが、チョコレートやココアの主成分である「カカオ」に関して言えば、チラミンを除けば生理痛に効きそうな成分の方が多く含まれていることがわかると思います。 またココア以外にも「ダークチョコレート」ならよいと言われることもあるため、植物油脂や砂糖などの余分な添加物が含まれていない場合であればそこまで問題ではないということですよね。 調べていてたどり着いた結論としては、チョコレートに含まれる 砂糖がよくないと言われる原因なのではないかと思いました。 白砂糖だけに注意すればいいわけではない 白砂糖は体内に入ってすぐに吸収され血糖値を急激に上げてしまう、だから生理痛を引き起こすし身体によくないと書きましたが、それなら甜菜糖やきび砂糖ならOKという わけではないんです。 白くなければ未精製と誤解している方も多いのですが、砂糖になっているもので色が茶色いのは「酸化して色がついている」「わざわざ着色している」という理由で茶色いだけなんです。 なので色の濃い砂糖であれば生理痛を悪化させることはないのか?と言えば、一概にそうだとは言い切れないということです。 比較的ましな甘味料はある とはいっても、ココアを飲むときに甘みもない状態で飲むなんて苦行でしかありませんよね。 私だったらそんなもの飲める気がしません…。 なので「まだましな方」と思える甘味料をいくつかご紹介しておきます。 黒糖もクセがないわけではないのですが、クセが強いというより「コクがある」という表現の方が近いですし、そこまでココアの風味を邪魔する感じではありませんでした。 ステビアやラカントに関しては、製造工程でよぶんな添加物を入れられていないものであればまだましな甘味料だと言えると思います。 とくに羅漢果からできるラカントという甘味料はカロリーもゼロという異例の糖分ですので、高価ではありますが砂糖のなかでも安全な方だと思います。 生理痛とチョコとココアまとめ いかがだったでしょうか。 私もずっと疑問に思っていた 「生理痛にチョコレートはダメだけど、ココアはおすすめだよ!」 というあまりにも謎な理由についてご紹介させていただきました。 どうしても甘いものを食べたい!というときは、ドライフルーツやローハニーを少量摂取したり、ごはんをよく噛んでがまんしています。 ただどうしても我慢できないときはチョコも食べることはありますし、あまり神経質にならないのが一番よいかもしれませんね。

次の

生理痛を和らげる飲み物7つ・生理痛を悪化させる飲み物4つ

生理痛にいい飲み物

生理痛にチョコは悪化する原因になる? そもそも生理痛が起こる主な原因としては、以下の理由が大きいと言われています。 身体の冷え、冷え性• 血行不良、血のめぐりが悪い• 子宮の収縮、血管の収縮が激しい つまり身体を冷やしてしまう生活をすることで血行不良になり、血管と子宮の収縮が激しくなることで生理痛が起きてしまう、と考えられています。 そして チョコレートにはこの3つの原因すべてを満たしてしまう理由があるため、チョコを食べると生理が悪化すると言われているのです。 チョコレートの原材料が悪化の原因 チョコレートの裏の原材料表示を見ていただくと、ほとんどのメーカーに共通して同じ成分が含まれています。 細かい違いはありますが、主な原材料は以下の通りです。 カカオマス• 植物油脂• カカオバター(ココアバター) 原材料の表示というのは含まれる量が多い順に記載されているため、チョコレートで最も多く含まれるのは 砂糖と いうことになります。 砂糖は特別な記載(甜菜糖、黒砂糖など)がされていなければ、たいていは白砂糖になるのですが、白砂糖を摂ると 身体が冷えてしまうと言われています。 白砂糖は身体を冷やす 白砂糖は食べると体の中にすぐに吸収されるのですが、その際ブドウ糖が一気に放出されることで血糖値が急激に上昇してしまいます。 上がりすぎた血糖値を元に戻すためにインスリン(ホルモンのひとつ)が大量に分泌されるのですが、インスリンが多いと脂肪燃焼がうまくできなくなります。 なので今度は急激に血糖値を下げようとしますが、血糖値が急激に低下するとき体温も一緒に下がってしまうため、白砂糖を摂るのは身体を冷やしてしまうと言われるのです。 また白砂糖の摂り過ぎは糖質を分解するためにビタミンB類をたくさん消費することになるので、不足してしまうと 血液が ドロドロになります。 その結果血流不良を起こし、体の血のめぐりを悪くさせてしまうと言われています。 カカオに含まれるチラミンは血管や子宮を収縮させる カカオ豆には「チラミン」という成分が含まれているのですが、チラミンには血管や子宮を収縮させる作用があるため、痛みを増強させてしまうことがあります。 またチラミンには血管収縮作用によって血圧を上昇させ、片頭痛を引きおこすとも言われているため、生理のときに頭痛が起きる原因となる場合もあります。 植物油脂はトランス脂肪酸 植物油脂というと一見聞こえはいいですが、いわゆる自然由来の油ではなく、工業的に化学溶剤を用いて抽出され、高温による脱臭・脱色プロセスが行われた精製油である場合が非常に多いのです。 植物油脂として扱われる油は「キャノーラ油・パーム油・大豆油」が上位を占めており、食物水素添加や高熱処理により トランス脂肪酸が多く含まれているんです。 トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングにも多く含まれているのですが、実はこのトランス脂肪酸は 排卵障害を引き起こし、生理痛が重くなる原因にもなるんです。 食用に加工されている油であれば「植物油脂」とざっくり表示してしまえるので、ただの油と思って安心することはできません。 つまり、 砂糖・カカオ・植物油脂=生理痛を引き起こす 可能性が高い原材料であるため、これらすべてが含まれているチョコレートを食べると生理痛が悪化すると言われるのです。 生理痛の緩和にココアがいいと言われる理由 こうなるとなおさら「なんでココアならいいの?」という話になってきますよね。 生理痛に冷えは大敵、白砂糖はもっての外!と言われていますが、確かにココアなら原材料や作り方によっては緩和させることもできるのでは?と思う点もありました。 一般的に温めて飲むココアには保温効果や血流をよくする効果が期待できるため、生理痛の緩和に効果があると言われています。 常温かそれ以下の温度で食べるチョコレートよりも、あたためて飲むココアの方が血行を良くすると考えられるからではないかと思います。 ココアを作るときに必要な材料と言えば• 純ココア• 牛乳 の3つになりますが、チョコレートとは違い植物油脂が入ることはまず考えられないので、添加物(光沢剤や香料なども含む)による冷えや血行不良を心配する必要はありません。 次に砂糖に関してですが、砂糖があらかじめ入ってしまっているココアではなく「ピュアココア」から作る場合であれば、白砂糖のリスクを減らすことが可能です。 急激に血統の上昇や低下を引き起こすものではなく、メープルシロップや羅漢果など比較的自然なものから作られた未精製に近い甘味がおすすめです。 またカカオには「血管や子宮の収縮を激しくするチラミンが含まれるから生理痛が起こることがある」と書きましたが、カカオも悪い点ばかりではないんです。 カカオに含まれる生理痛によい成分 カカオにはチラミン以外にマグネシウムが豊富に含まれているのですが、マグネシウムには過剰なカルシウムを排出する働きがあるんです。 細胞内のカルシウムが増え過ぎると子宮がより収縮してしまう原因となるため、生理痛の緩和にはマグネシウムが豊富に含まれる食べ物がおすすめされることが多いのです。 中でも牛乳で飲むときはカルシウムとマグネシウムのバランスが最も良いとされています。 他にも体内の余分な塩分を排出して、むくみ予防につながるカリウムやリラックス効果が注目されるテオブロミンも含まれています。 また生理のときは体内の血が足りなくなるから鉄分や亜鉛を摂るよう言われますが、カカオには両方のミネラルが豊富に含まれているため、生理を和らげる飲み物としてよくおすすめされているのですね。 スポンサーリンク 生理痛の本当の原因は? ここまで読んだ方はうっすらと気づかれていると思うのですが、チョコレートやココアの主成分である「カカオ」に関して言えば、チラミンを除けば生理痛に効きそうな成分の方が多く含まれていることがわかると思います。 またココア以外にも「ダークチョコレート」ならよいと言われることもあるため、植物油脂や砂糖などの余分な添加物が含まれていない場合であればそこまで問題ではないということですよね。 調べていてたどり着いた結論としては、チョコレートに含まれる 砂糖がよくないと言われる原因なのではないかと思いました。 白砂糖だけに注意すればいいわけではない 白砂糖は体内に入ってすぐに吸収され血糖値を急激に上げてしまう、だから生理痛を引き起こすし身体によくないと書きましたが、それなら甜菜糖やきび砂糖ならOKという わけではないんです。 白くなければ未精製と誤解している方も多いのですが、砂糖になっているもので色が茶色いのは「酸化して色がついている」「わざわざ着色している」という理由で茶色いだけなんです。 なので色の濃い砂糖であれば生理痛を悪化させることはないのか?と言えば、一概にそうだとは言い切れないということです。 比較的ましな甘味料はある とはいっても、ココアを飲むときに甘みもない状態で飲むなんて苦行でしかありませんよね。 私だったらそんなもの飲める気がしません…。 なので「まだましな方」と思える甘味料をいくつかご紹介しておきます。 黒糖もクセがないわけではないのですが、クセが強いというより「コクがある」という表現の方が近いですし、そこまでココアの風味を邪魔する感じではありませんでした。 ステビアやラカントに関しては、製造工程でよぶんな添加物を入れられていないものであればまだましな甘味料だと言えると思います。 とくに羅漢果からできるラカントという甘味料はカロリーもゼロという異例の糖分ですので、高価ではありますが砂糖のなかでも安全な方だと思います。 生理痛とチョコとココアまとめ いかがだったでしょうか。 私もずっと疑問に思っていた 「生理痛にチョコレートはダメだけど、ココアはおすすめだよ!」 というあまりにも謎な理由についてご紹介させていただきました。 どうしても甘いものを食べたい!というときは、ドライフルーツやローハニーを少量摂取したり、ごはんをよく噛んでがまんしています。 ただどうしても我慢できないときはチョコも食べることはありますし、あまり神経質にならないのが一番よいかもしれませんね。

次の

【2020年】生理中の食事はなにがいい?生理痛(PMS)対策になる食べ物・飲み物を解説

生理痛にいい飲み物

生理痛の改善は食生活から 生理痛は普段の食生活で緩和することができます。 生理痛が起こる原因の一つは、血行が悪くなり体が冷えていることにあります。 生理痛を軽くするためにも体を温めて血行を良くすることはとても大切です。 血行をよくするために運動やお風呂も効果的ですが、食事の改善も役立ちます。 また、生理痛は便秘やホルモンバランスの乱れといった肉体的な原因、生理への不安・憂うつな気持ちなど精神的な原因によって引き起こされる場合もあります。 肉体的な原因も精神的な原因も食べ物の改善によって和らげることが可能です。 しかし、食べ物はいい効果だけではなく反対に生理痛の原因になっている可能性もあります。 食べ物の中には体温を上げるものや下げるものがあり、普段気にせずに食べているものが生理痛の原因になっているかもしれません。 生理痛に良い食べ物・悪い食べ物を確認しましょう。 生理痛を和らげる食べ物 生理痛は体の冷えが原因となって現れるので、体を温める作用がある食べ物を選ぶことが大切です。 次のような食べ物には体を温める作用があります。 生理が始まる前から意識的に摂ると良いでしょう。 また、食物繊維が豊富な根菜類は便秘の解消にも効果的です。 ・しょうが ・ねぎ ・玉ねぎ ・大豆、豆腐 ・にんじん、だいこんなどの根菜類 効果的な食べ方 熱を通す調理法は、食材の体を温める作用をより強くしてくれます。 炒める・茹でる・油で揚げるなど、調理の温度が高いほど効果が高いので、なるべく温度の高い調理法を選びましょう。 スープやジュースなどもできるだけ温めて飲むことをおすすめします。 また、食材は旬の時期に食べることで体を温める効果がより期待できます。 次の表を参考に、季節に合ったものを食べるようにすると良いでしょう。 春 玉ねぎ、菜の花、ふき、三つ葉など 夏 いんげん、かぼちゃ、にら、にんにく、桃、ウナギなど 秋 栗、くるみ、しょうが、イワシ、カツオなど 冬 かぶ、小松菜、ねぎ、山芋、エビ、ブリ、マグロなど 生理痛のときに摂取したい成分 生理痛は「たんぱく質」・「鉄」・「EPA」・「ビタミンB群」の栄養素を摂ることでも和らげることができます。 たんぱく質・鉄はホルモンや血液を作り、EPAは子宮の収縮を抑えて生理痛を和らげます。 また、ビタミンB群は不安・憂うつ・イライラといった気分を落ち着ける効果があります。 生理になるとレバーをたくさん食べるという方もいるかもしれませんが、レバーや肉類ばかりではかえって痛みを悪化させる可能性があります。 1日1食はEPAが豊富なサバやマグロなどの魚を食べるようにしましょう。 生理痛を和らげる成分と食べ物 たんぱく質 納豆や豆腐などの大豆製品、ヨーグルト 鉄 牛や豚などのレバー EPA カツオやマグロなどの魚類 ビタミンB群 アーモンドやピスタチオ、くるみなどのナッツ類 生理痛を和らげる飲み物 生理痛を和らげるには、体を温めるために温かいものを飲みましょう。 白湯のほか、しょうが湯やハーブティーがおすすめです。 しょうが湯は体を温める効果が高く、ハーブティーは生理への不安・憂うつな気持ちを和らげるので精神的な部分からくる痛みを和らげる効果が期待できます。 好きな香りのハーブで気分を落ち着け、生理に対するマイナスな感情を取り去りましょう。 ハーブの種類と効果 ジャーマンカモミール 貧血・冷え・生理痛 パッションフラワー 憂うつな気持ち・不安な気持ち ラズベリーリーフ 貧血・生理痛 アンジェリカ 生理痛・冷え 体を温めるしょうが湯の作り方 しょうがの辛みの元となるジンゲロールという成分は、加熱することでショウガオールという成分に変性します。 ショウガオールには血行をよくし体を温める作用があるので、生理痛の緩和に期待できます。 しょうがはそのままだと辛みがあって食べづらいので、しょうが湯にして飲んでみてはいかがでしょうか。 【材料(2杯分)】 ・おろしたしょうが(チューブでもOK):大さじ1杯 ・お湯:300mL ・ハチミツ:大さじ2杯 ・水溶きかたくり粉:少量 【作り方】 ・沸騰したお湯にハチミツを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます ・おろしたしょうがを加えたら完成です。 湯のみなどに注いで召し上がってください 辛くて飲みづらい場合には、ハチミツをさらに加えて飲みやすいように味を調整してください。 しょうがが苦手な人は、お湯の代わりにホットミルクにしょうがを溶かすと飲みやすくなるのでおすすめです。 生理痛に悪影響がある食べ物・飲み物 体を冷やすような食べ物は、生理痛を悪化させる可能性があります。 次のような食べ物は体温を下げたり、痛みが現れやすくなったりするので、量を減らすなどしてなるべく控えるようにしましょう。 ・ケーキやお菓子など、白砂糖を使っている食べ物 ・脂肪の多い肉類 ・冷製スープなどの冷たい食べ物 季節ごとの体を冷やす食べ物 季節ごとの旬の食べ物の中には体を冷やす作用を持つものもあります。 生理痛がひどい場合は次のような食べ物を控えましょう。 春 グリーンアスパラ、せり、ぜんまい、たけのこ、いちご、アサリなど 夏 枝豆、オクラ、きゅうり、ゴーヤ、トマト、なす、シジミなど 秋 梨、柿、アサリなど 冬 ごぼう、だいこん、れんこん、キウイ、みかん、シジミ、カキ、タコなど 生理痛に悪影響がある飲み物 カフェインなど体温を下げやすい成分を含んでいる飲み物は、摂りすぎないよう注意しましょう。 ・コーヒー ・日本茶 ・紅茶 ・アルコール 大事なのは栄養バランス 生理痛を和らげるために、何より大事なのは栄養バランスを整えることです。 生理痛に悪影響がある食べ物でも、まったく摂らないようにすれば良いというわけではありません。 体温を下げやすい食品より、体温を上げやすい食品を多めに摂るなど、栄養バランスと体温の調節に気を使った食生活を心がけましょう。 また、甘いものが好きな方は無理にケーキ・お菓子などを我慢すると、かえってストレスとなり生理痛を促してしまう可能性があります。 好きなものは無理に我慢せず適度に食べるなど、ストレスを減らしたり溜めないようにすることも大切です。 すぐに改善したい場合は市販薬も検討を つらい生理痛をすぐにでも和らげたい場合は、市販薬の活用も大切です。 近年では生理痛専門に開発された市販薬も販売されています。 市販薬について詳しくは関連記事をごらんください。

次の