七つの海 の ティコ。 Amazon

七つの海のティコとは (ナナツノウミノティコとは) [単語記事]

七つの海 の ティコ

七つの海のティコ(ななつのうみのコ)は、に放送された。 「」第20作にあたる。 一の全作品。 ミとそのたちがの「」を捜しめて、を船でする。 登場人物 ミ・プソン (:) の11歳の。 と一緒に船をしている。 泳ぎが得意でのコと一緒によく素潜りしている。 はでミの名も「」に由来する。 また、作中での故郷(近辺の)を訪れるがある。 ・プソン (:) ミの。 幻のを探すために「号」で船をしている。 ォンゾ・ッ (:) 通称。 と知り合い「号」に同乗している。 潜「スクイド」を開発し、お宝探しのためによく潜っている。 ・・ビル (:) ビル財閥の。 冒険をめて「号」に同乗する。 の皮も剥けないほど事には疎い。 ・ント (:摩味) 10歳の。 が得意で、よくの手伝いをしている。 コ 大きなでミの親友。 こののもう1人の。 厳密には2人おり、後半でのコに交代する。 主題歌• 「 s 」• 「 Talk」• 挿入歌「で会えるよ」 : :清千穂 :修 歌:篠塚満 (3曲とも) 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

七つの海のティコ 9

七つの海 の ティコ

Amazonレビュー 海洋生物学者の父とともに、「ペペロンチーノ号」で世界の海を渡り歩く少女ナナミ。 彼女の一番の友だちは、赤ん坊の頃からずっと一緒だったシャチのティコだ。 1994年の放送作品で、20本目の記念作品として「世界名作劇場」としては初のオリジナル作品となった。 現代を舞台にした海洋冒険ファンタジーだ。 ナナミの父は「ヒカリクジラ」という幻の生物を探し求めていたが、その兵器利用をたくらむ企業、GMCがナナミたちを追ってくる。 さまざまな海での冒険を経てヒカリクジラと遭遇したナナミたちだったが、ヒカリクジラはGMCによって捕獲されてしまう…。 しかし、「地球には知られていない真実がまだたくさん隠されている」というテーマにはやはり心が躍る。 ラストが若干観念的になってしまうのは残念だが、世界のあちこちをまわっていく展開は単純に楽しい。 ちなみにナナミの亡くなったお母さんは日本人という設定で、一行が日本を訪ねるというほほえましいエピソードもある。 (安川正吾) 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 名作アニメシリーズ初のオリジナル作品となった、シャチのティコと親友の少女ナナミの冒険を描いた海洋アドベンチャーがDVDで登場。 伝説のヒカリクジラを捜す旅を続けるナナミが、世間知らずのお嬢様シェリルと出会う第1話他、全5話を収録する。 声の出演に林原めぐみ、池田秀一ほか。 レビュー 数多くの名作アニメを輩出した『世界名作劇場』の20作品目。 児童文学を原作としていたシリーズにおいて、初の完全オリジナル作品として話題を呼んだタイトルだ。 海洋物理学者を父に持ち、ティコと名付けたシャチと生まれ育った少女ナナミが、世界中の海を旅する海洋アドベンチャー。 自然との共存、たくましく生きることの素晴らしさがしっかりと描かれ、元気印の少女とシャチの活躍は夢と興奮と感動にあふれている。 ぜひ現代の子供たちに観せたいところ。 大人にとっては、失った何かを思い出させてくれる作品となるはずだ。 視聴率低迷の時代の苦労がうかがえる、新しい試みをした作品で、シャアの池田さんや主人公役 の方など、従来とは違うアニメチックな要素の強い作品でもあります。 この作品が評価が分かれるのには十分な理由があると思います。 まず、現実にはありえないような設定がいくつもあります。 主人公が生みの中で活躍する様は明らかに人間領域を超えています。 未来少年コナンやラピュタ以上の、流線型ボディでも獲得したかのような超人度です。 第一話でのサメ騒動もちょっと謎です。 また、船が陸を横断する回では、地理設定が現実と違いめちゃめちゃですし、 最終回のガンダムX的な神と語らうかのような結末は子ども心に理解しえぬものでした。 生命科学、海洋学、地理学など、処々の設定はかなり滅茶苦茶になっています。 主人公が超人的なのは楽しくていいですが、 細かい設定は雑で気になります。 第一話が鼻につく人はその後も面白くないでしょう。 また、名作劇場らしからぬ点として、悪役そのものな悪役が登場します。 ヒカリクジラの化学物質を求める 悪の科学組織との対立は、子どもに見せたいと思うか、微妙です。 人が何十と死んでいきますし、現実味のある作品なだけ、 二項対立は危険でもあります。 ただ、一方で無茶苦茶な設定を気に留めなければ、非常に面白い作品です。 動物に対する精神であったり、 やさしさであったり、そうしたものをきっちり名作劇場として描こうという姿勢があり、素晴らしいと思うし、 久しぶりの、そして最大の冒険物、という意味でのドキドキ感もあります。 案外母親がいない、というテレビ的・帳尻合わせ 的な設定も、きっちり描こうとしていて、片親だった私は共感こそできませんでしたが、悪くないと思いました。 ちょっと無茶苦茶な設定も、最終回は別として子どもは気づきもしないわけで、面白がってみてくれると思います。 だから、この作品を見るか見ないかは、設定や二項対立を気にするか、中身の面白さを取るか、の選択だと思います。 その他の名作劇場作品とはある程度離して考えたほうがいいでしょう。

次の

七つの海のティコ

七つの海 の ティコ

七つの海のティコ 1994年1月16日~12月18日放映(全39話) 主人公は11歳の少女ナナミ。 4歳で母を亡くして以来、金色に発光するクジラ(ヒカリクジラ)を探すというオカルトじみた研究にのめり込む父に連れられ、学校にも通わせてもらえずに、海洋調査船ペペロンチーノ号で世界中を旅する毎日である。 なお、ペペロンチーノ号の船名の由来は作中では明かされていないが、父親が「ナナミ(七味)とペペロンチーノ(唐辛子)を合わせて七味唐辛子…なんちゃって」とダジャレで決めていたりしたら、そんな船には乗っているだけで苦痛だろう。 ナナミと父以外のペペロンチーノ号のクルーは、太った中年イタリア人だけだ。 思春期の女の子が父と中年男の3人で狭い船で生活するのはストレスが溜まりそうだが、ナナミはいい子なのでまったくそんなそぶりを見せない。 もちろん、ナナミに人間の友達はいない。 シャチにティコという名前を付けて、よく海で遊んでいる。 『七つの海のティコ』3話 洗濯物も一緒に干す 物語が進むと、ペペロンチーノ号に3人のクルーが乗り込んでくる。 まず、財閥令嬢のシェリルとその執事。 もう一人は内気でコンピュータが得意な10歳の少年トーマス。 序盤は頼りにならないが、作中で著しく成長し、終盤ではナナミの良き相棒となる。 ナナミとトーマスのちびっこコンビが駆け回る様子は、ニコニコしながら見てしまう。 『七つの海のティコ』37話 トーマスとナナミ そんなペペロンチーノ号の仲間たちだが、ヒカリクジラをめぐって巨大企業GMCと対立することになる。 いろいろあって、GMCがヒカリクジラ研究のため南極に建てた基地は破壊され、悪の親玉の乗るヘリコプターは崖に衝突し炎上する。 それにしても、動物については必死で守ろうとするナナミが、南極海に落ちたGMCの研究員や警備員については眉一つ動かさず無視するのは、ヒカリクジラ至上主義者とでもいうべき父の長年の教育の成果だろうか。 なお、ようやく邂逅を果たしたヒカリクジラだが、実在する存在かと思いきや、オーバーマインドとか統合情報思念体とかいう名前でSFに出てきそうなオカルトっぽい存在というオチで話は終わる。 世界名作劇場のなかでは最も新しい年代を舞台にした作品なのだが、しょうもないオカルトじみたエコ思想に古臭さを感じる作品である。 カテゴリー: 投稿ナビゲーション.

次の