テセウスの船 2話 あらすじ。 ドラマ テセウスの船 5話&6話 ネタバレあらすじ感想 黒幕は石坂校長説 長谷川翼 木村みきおは操られていた!

ドラマ テセウスの船 5話&6話 ネタバレあらすじ感想 黒幕は石坂校長説 長谷川翼 木村みきおは操られていた!

テセウスの船 2話 あらすじ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。 逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。 父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。 しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。 誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!? 不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!? 追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。 心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。 tbs. 「動画配信サービスってお金がかかるんじゃないの?」って思いますよね。 ですが、Paraviには、2週間無料のお試し期間があるんです! この期間内は、Paravi内のコンテンツが無料で見放題!! この期間を利用して『テセウスの船』の動画を見ることができます。 登録は簡単にすぐできます!詳しくはこちらでご紹介しています。 解約手続きについて不安な方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 月額1,017円(税込)サービスが利用できる• 2週間無料で見放題!• 登録後すぐに見られる• TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信• WOWWOWドラマの配信もあり!• ビジネス番組やバラエティ・スポーツ番組も充実• 独占配信やオリジナルコンテンツが充実 TBS・テレビ東京・WOWOWドラマの見逃し配信が充実! Paraviでは『テセウスの船』をはじめ、TBS・テレ東で放送されたドラマをすぐに見ることができるうえに、過去に放送された懐かしいドラマも見ることができます。

次の

テセウスの船/ドラマのキャストと[2話]あらすじネタバレ!鈴の行方は?

テセウスの船 2話 あらすじ

由紀の死 31年間、殺人犯の息子としてひっそりと生きてきた心。 今は妻の由紀と幸せな生活を送り、生まれてくる赤ちゃんを待ちわびていた。 由紀は音臼村の事件について調べてみたと心に言い、当時、他にも事件が集中していたことから不審に思う由紀。 もしかして文吾は罪をなすりつけられたのではないかと考え、信じたいと言う。 だが心は、今が幸せだと言い、自分には父親は居ないと思っていると言う。 その時突然お腹の痛みを訴えた由紀。 病院に運ばれ、赤ちゃんは生まれたものの、由紀は妊娠中毒症で危ない状態だと言われる。 由紀の元に駆けつけた心だったが、真実から逃げないでと言い息を引き取ってしまう。 由紀の父親からは、心のせいで心労が祟って死んだと言い赤ちゃんは引き取ると言われてしまう。 タイムスリップ 由紀の写真を見ながら、改めて子供を守って行こうと誓う心。 心は和子に、文吾の冤罪の可能性を話し、文吾に会いに行ってくると言う。 文吾に会う前に、事件のあった音臼村を訪れた心。 慰霊碑の前に花を供えていると、突然霧が深くなる。 その場に倒れていた心が気が付くと、なぜかそこには廃校になったはずの音臼小学校の校舎があった。 驚いた心は、神社に向かう。 すると女の子が雪の中で倒れているのを見つける。 近くの病院に運ぶが、院内のカレンダーを見ると1989年1月7日になっていた。 由紀が調べたノートを確認すると、その日鈴が神社の階段から転落していたことが分かり、自分が助けた女の子が姉だったと知る。 するとそこに、警察官の恰好をした男が現れる。 文吾だった。 鈴を心配してやってきた文吾は、心が鈴を助けたのだと医師から聞き、お礼を言いながら手を差し出してくる。 心は手を伸ばすことができず、名前も名乗らずにその場を去ろうとする。 だが、そこに小さな女の子を見かける。 ノートには、千夏という女の子が除草剤を誤って飲んでしまい死んだと書かれていたことから、倉庫の中から除草剤を持ち出す心。 思わず「ドロボウ!」と叫ぶ千夏だったが、そのまま持ち去って雪に撒いて捨てる。 心が逃げ去る姿を、新聞配達員の長谷川が見ていた。 だがその直後、文吾が千夏の手を引いて歩いているのを見かける。 追って行こうとするが見失ってしまうのだった。 千夏の死 すると今度は、女性に危ないからこっちに来るようにと声をかけられる。 母親の和子だった。 男の子を連れていて、慎吾と呼んだことから兄だと分かる。 先程の病院に連れていかれ、心が鈴を助けてくれたと知ってお礼を言う和子。 頬にアザができていたが、発見が早かったため痕は残らないと言う。 姉には頬にアザが残っていたため、過去は変えられると考える心。 その直後、文吾の叫ぶ声が聞こえる。 慌てて外に出ると、倉庫で千夏が倒れていた。 千夏は何かの中毒症らしく、意識が戻らないまま死んでしまう。 真相を突き止め、過去を変えようと決めた心は、駐在所の文吾の元を訪れる。 そこに長谷川が来て、心に気づく。 心が千夏と一緒にいたのを見たと言い「千夏に何をした」と掴みかかる長谷川だったが、文吾が止めて家に帰っていく。 心の名前や住まいを聞く文吾だったが、雪の中、千夏を連れて行くところを見たと聞き返す心。 そこに和子が現れ、鈴の恩人に事情聴取みたいなことするなと怒って、心を住居の方に連れていきご飯を振る舞う。 父親を探しに来たと言う心に、しばらくうちに泊まるように言う和子。 和子たちが千夏の葬儀に出かけている隙に、駐在所の机を探る。 机の中の箱を開けると、空のパラコートの容器を見つける。 やはり父親が千夏を殺したのかと、絶望する心だった。 雪崩を予言する心 再びノートを見て、過去を変える決意をする心。 慎吾と一緒にお風呂に入っている間に、心の鞄を探る文吾。 財布の中からは見たこともないお札が出てきて、免許証の有効期限が平成32年となっていることに驚く文吾。 木村メッキ工場の木村が、雪崩に巻き込まれると知った心は、行かないようにと頼む。 言うことを聞かず車で出かけて行くのを追いかけていると、文吾がパトカーで通りかかる。 乗せてくれと頼みこみ乗り込むと、娘のさつきも乗り込んで木村を追う。 車の中から大声で止まるように叫ぶ心。 仕方なく止まった木村だったが、その直後雪崩が襲う。 心のおかげで木村は無事だったが、さつきも文吾も心の予言に驚くのだった。 夜、文吾の家に金丸がやってくる。 警察に連れて行かれた心は、千夏を殺した疑いで取り調べを受ける。 このまま拘留されていると、6日後に起きる失踪事件を防げないと考える心。 すると帰ってもいいと言う金丸は、指紋のついたパラコートの容器が見つかれば終わりだからと言われる。 釈放された心は、急いで容器を捨てた場所を探すが見つからない。 その様子を見張る金丸。 そこに鈴が現れ、話を聞くと明音が行方不明だと言う。 明音が失踪するのは6日後のはずだと考えるが、とにかく周辺を探す心たち。 すると山の中で銃声が聞こえる。 足跡と血の跡を見つけた心は、それを辿っていく。 すると崖の下に倒れている明音を見つけるのだった。 上から名前を呼ぶと、気が付く明音。 そばには文吾がいて、迷子になっていたところを助けてくれたのだと言う明音。 血はどうしたのかと言うと、クマが出たのだと説明する文吾。 明音を村まで送って欲しいと言う文吾。 明音を崖の上まで引き上げた後、文吾にも手を差し出す心。 だが自分は大丈夫だからと言い、子供を守るのが大人の使命だと言う。 明音を負ぶって村まで行く途中、井沢に会い明音を任せる。 そして文吾を助けるために崖に急ぐ心だった。 文吾を信じる心 崖に戻ると、文吾は倒れていた。 声をかけると反応はあるものの、かなり寒さで弱っていた。 手を伸ばす心に、足もやられていて踏ん張れず、一人では引き上げられないと諦める文吾。 だが心は「あなたに生きていて欲しいんだ!」と叫び、心を動かされる文吾。 心の手を握り、踏ん張りながら崖をのぼる文吾。 心も必死の思いで引っ張り、なんとか引き上げることができたのだった。 自分の父親は殺人犯なんかじゃないと、信じる気になる心だった。 一緒に温泉に入りながら、免許証を見たことを話す文吾。 信じて貰えないかもしれないが、2020年の未来から来たのだと言う心。 雪崩やパラコートなど、そうじゃなければ説明がつかないと言い信じる文吾。 心が捨てたパラコトの容器は文吾が回収していたのだと言う。 「テセウスの船」1話 みんなの感想と評判 『』1話。 さんの特殊メイクはいま直ぐ止めた方が良い。 これじゃコントだよ。 竹内涼真くんも良かったし、やっぱり鈴木亮平さん!文吾役にぴったりだし、演技力でドラマが引き締まってた。 原作知らなきゃもっと楽しめたんだろうか?原作はすごくゾクゾクどきどきしたんだけど…。 やっぱ日曜9時ではないかなぁ。 原作通りの犯人なんだろうか?それご気になるのでとりあえず来週も見ます。 — nome-tasu NomeTasu なたがいることに」😢 亮平さんの文吾さんもすっばらしかった😢 涼真君の目の演技と涙が好きです。 今期のドラマも展開楽しみなのが多いなぁ。

次の

テセウスの船|第2話のあらすじネタバレ感想

テセウスの船 2話 あらすじ

「テセウスの船」2話視聴率 「テセウスの船」2話が放送されました。 気になる視聴率は、 11. 2%でした! 田村心(竹内涼真)は、犯罪者の家族として生きてきた。 妻に背中を押されて真実を知ろうと思った。 「テセウスの船」2話あらすじ 平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。 そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。 由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。 田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。 これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。 想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。 出展: ウサギ小屋の事件 心は、学校の先生になるのが夢だった。 小学校の臨時職員になることでクラスの生徒の名前を全て覚えたいた。 母・和子は、いつも笑顔で暮らしている。 心は、その笑顔を見るために事件を防ごうとする。 ウサギの死体が見つかった。 心は翼を疑う。 「心先生が殺したの?先生、ウチの倉庫からパラコート盗んだんでしょ。 翼くんが言ってた。 」 刑事が学校まで来てしまう。 千夏の死亡事件・ウサギの死、心が来てから事件が起こっている。 翼を疑ったことで明音が怒ってしまう。 「心先生は信用できない。 このキーホルダー返してよ。 鈴ちゃんになんかあげなきゃよかった。 」 「いじわる、明音ちゃんのバカ。 」 二人はケンカしてしまう。 心は、田中義男の家に向かう。 田中の家には、泣いているウサギの絵や泣いている女の子の絵があった。 田中の家は、何も起こらなかった。 その時、鈴と明音がいなくなってしまう。 二人を探しているときに翼に会った。 明音が行方不明 「明音ちゃんがこんな小さい時から一緒にいたんだ。 おしめ代えたり、風呂入れたり面倒みてた。 」 文吾は、心のノートを少しだけ見てしまう。 もう一度見せて欲しい。 それを見せることは出来ない。 文吾は心を殴ってしまう。 バス停にいる鈴が見つかる。 明音は待ち合わせに来なかった。 心は、明音を連れ去ったのではと疑われる。 「早く明音ちゃん、見つけてあげなきゃいけないのに。 」 和子は、心を小さな祠に連れて行く。 何かあったら必ずここでお祈りする。 「何があってもですか?そんなに強くいられるかな。 」 心は友人の話として、自分の未来の話をする。 父親が殺人犯で、母親からは父親のことは忘れなさいと言われていた。 「私も同じこと言うかも知れないな。 その方が子どもたちを守れるなら。 それで心の中でお父さんに言うの、これでいいんだよねって。 」 子どもたちは、大切な人との間に授かった大切な宝物だから。 子どものためなら、それで子どもたちが助かるなら。 そう言える。 心は、子どもたちに絵を見せる。 竹とんぼのような絵が風速計だと分かった。 心と文吾は、山小屋に向かう。 そこには、明音の姿があった。 「息がある。 心さん生きてる。 明音ちゃん生きてるぞ。 」 そこへ、金丸が来る。 心は、逮捕されてしまう。 緊急連絡が入った。 長谷川翼が青酸カリを飲んで死体で見つかった。 真犯人は、翼ではなかった。 「テセウスの船」2話感想 「なぁ、あのノート、見せてくれよ 俺が見てもなんも困らないだろ?」 「お前には関係なくても、俺には大切な家族なんだよ!」 「もうお前を信用出来ねぇ!」 父を傷つけないようにとする心 しん と 娘を助けたい父 すれ違う心が切ない — Saku ImamotoSaku 向かって、母、長男、次男、長女、父。 続きが気になるのはとても良いドラマだと思う。 ところで鈴役の子は、凪のお暇の隣の可愛い子役ではないか。 美少女!! — よぴ子 punipunipunikoo あかねちゃんのシーン怖すぎて心臓止まるかと思ったし、最後の家族5人のシーンは温かさと切なさを感じて胸が苦しくなった。 — なな fromage426 (記事内画像出典:).

次の