デュアル スイーパー - デュアルスイーパー

スイーパー デュアル デュアルスイーパー系のメイン性能アップの効果・検証! 疑似3確のダメージに!!

【スプラトゥーン2】デュアルスイーパーカスタムの立ち回りとおすすめのギア【デュアカス】|ゲームエイト

スイーパー デュアル デュアルスイーパーと対面してはいけない訳

スイーパー デュアル デュアルスイーパーカスタムの長所短所

スイーパー デュアル 武器(メインウェポン)

スイーパー デュアル 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!

スイーパー デュアル 【スプラトゥーン2】デュアルスイーパーの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

スイーパー デュアル デュアルスイーパーって強くね?立ち回り方や対処方法

【スプラトゥーン2】デュアルスイーパーの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

スイーパー デュアル 武器(メインウェポン)

スイーパー デュアル デュアルスイーパーが強い、うざいと思う人に倒し方を教えるよ

スイーパー デュアル デュアルスイーパーが強い、うざいと思う人に倒し方を教えるよ

デュアルスイーパー系のメイン性能アップの効果・検証! 疑似3確のダメージに!!

後ろ歩き射撃を1~2発当ててからスライド引き撃ちに移ると、長いキルタイムという弱点を補えるだろう。

  • 逆に2vs1の状況を作れたら、2方向からデュアルスイーパーに迫ろう。

  • サブはスプラッシュボム、スペシャルはアメフラシとなっておりどちらも用途が多くメインとも相性の良い優れたサブスペを持っています。

  • 敵の位置さえわかれば、射程を活かした攻撃がより効果的になるので、立ち回る上でのこまめな索敵は必須です。

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×りうくんが語るガチマッチでの戦い方~1~

メイン性能アップの効果のギアパワー数の上昇値 メイン サブ 57 効果(ダメージ数) 0 0 0 14. 例えば、壁の右側に起きボムして左に誘導するとかですね。

  • 1本分くらいまで。

  • あとばる:ノーチラスはキル速も速いもんね。

  • このことから、無印のデュアルスイーパーは索敵能力に非常に優れているといえよう。

デュアルスイーパー

射程は長いものの、同じ射程であるプライムシューターの方が攻撃力や正面にいる相手を倒しやすい。

  • 反面、単発威力の低さ、キルタイムの遅さ、通常射撃での精度の低さ、故の左右の照準合わせがシビアであることが災いし、非スライド射撃のキル性能では劣る。

  • りうくん: スライドした後の硬直がないと言ったらいいのかな。

  • 中射程で引き気味に戦い、短射程に倒されず、圧をかけ続けるもよし。

デュアルスイーパーの戦い方と立ち回り。おすすめのギアを紹介。

圧倒的な個人スキルの持ち主で、鮮やかな立ち回りで次々と敵を倒すそのプレーはまさに圧巻。

  • 特にで有用。

  • 基本的な立ち回り 他のマニューバー種よりも長い射程、中射程を活かそう。

  • だが、相手と正面で撃ち合っている時にデュアルスイーパーの射程で攻撃が当たったら、 ほんの少しだけ敵の方向に向かって動きながら撃とう。

【スプラ2】デュアルスイーパーの評価とおすすめギア考察!|パンケーキ|note

今回は私のデュアルスイーパー使いの経験から倒し方のヒントをお伝えした。

  • むしろ注目すべきなのは攻撃力が上がることで 確定数維持射程が伸びることである。

  • なので、「攻撃をしながら近づく」のではなく、 「仕留められる距離まで近づいて攻撃する」が正解だ。

  • それで、なんで自分を誘ったのか聞いたら、クーゲルシュライバーヒューがうまい人を探していて、「りうくんという人がうまいらしい」みたいな話を聞いたらしくて。

デュアルスイーパーと対面してはいけない訳

対等な武器を考えず、デュアルスイーパーに対面を挑まない。

  • 初心者に今お勧めするならなんの武器ですか? シマネですかね。

  • ちょっと真剣に私が愛用しているケルビン525とデュアルスイーパーをデータで比較して考察してみました。

  • そこが最初は難しくて。

デュアルスイーパーカスタムの長所短所

中衛ブキではありますが、スライドで詰まる力も高いため、積極的に前に出る立ち回りをすることも多いです。

  • あとばる:そうです。

  • 強力ではあるが、他の部分をで殆ど補正出来なくなるのは辛い。

  • おすすめギア例 擬似3確ギアはほぼ確定枠 デュアルスイーパーはメイン性能を2. ほんの少し相手の方向に動きながら撃つことで追い打ちしやすくなるぞ。




2021 cdn.snowboardermag.com