あし な すみれ。 芦那すみれ「大変でした」いきなり板尾とぬれ場撮影

芦那すみれ「大変でした」いきなり板尾とぬれ場撮影

あし な すみれ

上のヴィオラ・ペダータ(トリアシスミレ) 2009年4月18日 撮影 栽培品 和名 ビオラ・ペダータ(トリアシスミレ) 学名 Viola pedata 科名・属名 スミレ科 スミレ属 分布 北米東部 花期 4~6月 特徴 掌状に深く裂けた葉が特徴のスミレで、無茎。 花は意外と大きく径2.5cmくらい、大輪系は4cmほどのものもあります。 花色は上弁は暗紫色、下3弁は明紫色で暗紫色のスジが入ります。 変異や品種も多いようで、紅紫、淡紫~濃紫、白色や2色咲きなどがあるようです。 地下茎は肥厚し、草丈は10~20cmほどになります。 育て方 鉢は素焼きにちかい深鉢を用い、鉢底に礫を敷き、微塵を抜いた軽石砂に鹿沼土や赤玉土を2~3割混ぜた用土に植え込み、株のまわりに、大粒を4~5粒ほど元肥として埋め込み、薄い液肥をときどき施します。 植え替えは花後の4月下旬~5月に行います。 真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。 多湿を嫌うので水は用土が乾き過ぎない程度にやり、明るく乾燥気味の場所で栽培します。 繁殖は種まきまたは株分け、根伏せで殖やします。 ビオラ・ペダータ(トリアシスミレ)まとめ 私はスミレの栽培は苦手意識がありますが、このスミレも数年間花を見ましたが、いつの間にかなくなってしまいました。 スミレを上手に栽培するにはどうすればよいのだろうかといつも思っていますが、長いこと咲いてくれるのはスミレとヒゴスミレくらいです。 山野草栽培の基本と注意点 上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。 高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。 猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。 鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。 鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。 病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。 私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。 スポンサーリンク お越しいただきありがとうございます。 不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

次の

2本脚の犬「すみれ」、新たな飼い主探し 二度見捨てられた過去経て

あし な すみれ

すみれちゃんの生命力の強さと、それを必死で助けようと努力されたボランティアの方々のご尽力には大きな感動を受けました。 その反面いい加減な飼い主や警察のTHEお役所仕事というに他ならぬ対応には心底腹が立ちます。 介護が必要なら飼えない?犬や猫だって人と同じように必ず介護が必要な時が来ます。 それも含めて共に過ごすのが家族に犬や猫を迎えるという事なのではないでしょうか。 色々想う事はありますが、すみれちゃんが現在とても素敵で良い顔をしているというのが救われます。 小学生にも分かりやすく漢字にも平がなをふってくれてありますし、怪我の酷い写真も1ページだけありますが、動物の命の尊さを学ぶためにも是非お子さんにも読んでいただきたいです。 発売後に本の存在を知りましたが、売れ切れが多く、書店を何軒も回ってようやく購入できました。 犬が犬らしくない、自然ではない格好で生きていく事に対して、色々な意見があるかも知れませんが、嬉しそうに動き回って生きているすみれちゃんの笑顔の写真に、犬でも人間でも、歩きたいように歩けて、生きていられる喜びは、変わらないのだと思いました。 安楽死が必ずしも悪いとは言えませんし、場合によっては人間のエゴで生かし続けるのは可哀相なこともあると思います。 でも医療によって、こんなに明るい未来が開ける可能性もあるということに、希望と愛情を感じました。 ただ、警察の対応は絶句ポイントです。 瀕死の重態の犬に水しか与えないとか、なんでそんな事ができるんでしょうか? 冷た過ぎませんか? 実はこのお話が本になっていることは知らずまだ未購入なので書く権利はないのですが、ニュース等で報道された部分での考えと御理解ください。 まず、この、「すみれちゃん」はいわゆる飼い主の分からないわんことして保護されました。 飼い主を捜すべくボランティァの方は活動され、ほどなくして飼い主が見つかりました。 しかし、その飼い主さんの家からほどなくして脱走(?わたしはこの部分でまずおかしいと思う。 ) そして、電車にはねられ手足を奪われる身として発見。 警察に保護されるも警察においてわんこは「物」というかたちで扱うのでいくら怪我をしていても動物病院につれてゆくということしないしできない。 悪いことに保護されたのが土曜日。 飼い主が「すみれちゃん」を見つけたのは月曜日。 いやわたしは家にいなくなった時点での対応に問題があると思う。 さがそうと思ったら休日もなにもない。 動物病院につれてゆくも手足を奪われた「すみれちゃん」をみて うちでは介護できないと安楽死を望む次第。 (だったら、引き取るんじゃない!) わたしが一番怒りに思うのはこの部分。 所詮「犬」という部分が見え隠れする。 冗談じゃない。 ようやっと見つかった家族と「すみれちゃん」は思ったはずなのに・・・ 結局、ボランティァの方に親権を譲るかたちとなる・・・ 「この本を今読むには辛すぎる。 」わたしにとって・・・ この本を手にされる方だって信頼できるものかと思う。 感動の安売りが跋扈している世の中。 「^すみれちゃん」のケースは感動すべきものではない。 他のレヴューはあまい。 ゆえ、書いた。 エセ・ヒューマズムで自己肯定をするものばかり。 わたしはよい人間です、と云わんばかり。 勿論、このわたしの怒りがおさまった頃この本は購入します。 それと思うのはこの本の印税はどこにいくのだろう? 「他の命をおもちゃにするな。 」 ただ一時の可愛いですまない。 なぜ、自分すら満足な愛情で満たせない者がわんこの様なさびしがりをかかえることができようか。 トルストイがいみじくも語った様に「この世の中で一番悪い生き物は人間だ。 」 そのとうり。

次の

bomiプロフィールまとめ『芦名すみれ』として忙しい!

あし な すみれ

最後の晩餐を2人で楽しんだ後、先に行動にでたのはスミレでした。 なんと自分の記入済みの婚姻届を渡してきたのです。 驚くトモタカでしたが、彼も用意していたものがありました。 「これの答えというわけではないけど、30日間のお礼を込めて・・・」 手にしていたのは「夢叶う」という意味を持つ、青いバラの花束。 え、これって結婚OKなやつ!?? と思いきや、スミレの口から出たのは「でも、ちょっと寂しい気分」という言葉・・・。 ついに迎えた新婚生活最終日。 なんとトモタカも婚姻届に記入していました!!! 「書いたので、出しても良いかなと私は思いました。 進むか戻るか悩むなら、進んだ方が良いかなと。 他の人生もそうやって歩んできたなということで、悩んだらGo!」 トモタカの精一杯のプロポーズでしたが、スミレのだした答えは・・・ 「傷つきあいながらも、私は人と向き合うことをあきらめたくないと思ったし、自分の人生のパートナーになる人がいるとしたら、自分にちゃんと向き合ってくれて、コミュニケーションを絶対あきらめない人がいいなって思った。 だから、ごめんなさい」 2人はお互いにエールを送り、一緒に婚姻届を破るのでした。 2人のSNSを2年分さかのぼってみましたが、再会しました~とか、一緒に呑んでます~みたいな写真も見当たらず。 いきマリの後は、多くの映画や舞台に出演し、多忙な毎日を送っているようです。 そして気になる結婚をしているのかですが、それっぽい投稿はないのですが、 左手の薬指に指輪をしている写真がお正月に投稿されているんです!!! あけましておめでとうございます史上最強に年を越した感がなかった新年の幕開け。 2020年は、今自分に出来ることを見つめながら、日々の暮らしの中でこれまで大雑把にしてきたことを、なるべくていねいに、ていねいに。 生活を作ってゆきたいです。 皆さま、今年もどうかよろしくお願い致します。 — 芦那すみれ公式 sumireashina え、役柄でたまたま付けていたのんでしょうか?? 気になる!!! トモタカさんは・・・、SNSを調べた限り、まだ結婚はしていないようですね。 あ、2年経って、トモタカさんの見た目がかなり変化してましたよ!! 本日、NHKデビューしました。 価値観の違いでよくケンカをしていた2人ですが、とっても素敵な2人。

次の