プラスチック 黄ばみ 取り。 放置するとやっかい…トイレの黄ばみを落とす6つの方法

プラスチックの黄ばみの原因や落とし方や手順、おすすめグッズは?

プラスチック 黄ばみ 取り

キレイに使っていても、いつの間にか付着しているプラスチックの黄ばみ。 まだまだ使えるのに黄ばみがあると劣化したように見えてしまい、見栄えがよくないですよね。 長く使うためにも、気になる黄ばみは落としてしまいましょう! プラスチックの黄ばみ取りは原因を知ることからスタートします。 プラスチック製のケースや家具が黄ばむ原因は主に3つ。 黄ばむ要因によっておすすめしたい掃除方法が異なるため、掃除したいアイテムを見ながら原因を見定めましょう。 化学変化によるもの プラスチックは品質を保持するために「酸化防止剤」が用いられています。 この 酸化防止剤の「ブルーム現象」と呼ばれる化学変化が起こることが黄ばみの原因のひとつです。 また 暗所での保管も原因のひとつ。 「暗所黄変」と呼ばれ、「大切に保管していたのに黄ばんでいた……」ということが起きるのは、この暗所黄変が要因と考えられます。 食品やニコチンによるもの 食べ物やニコチンが付着することもプラスチックが黄ばむ原因のひとつ。 化学変化と異なり、外的要因のため黄ばみを落とすのは比較的簡単です。 黄ばみを取る方法も難しくないため、気が付いたときにすぐ対処すれば頑固な汚れにはなりにくいでしょう。 経年劣化によるもの プラスチック自体の材質劣化も黄ばむ原因のひとつ。 多くのプラスチック製品で使われている「ABS樹脂」は、劣化とともに黄ばんでしまう性質があります。 この経年劣化は避けることが難しく、また劣化による黄ばみは落とすことが困難です。 【プラスチックの黄ばみ取り】家にある〇〇を使った落とし方 食べ物やニコチンによる軽度の黄ばみ汚れにおすすめしたいのは 100均やホームセンター、通販サイトでも気軽に購入できる「メラミンスポンジ」です。 メラミンスポンジにたっぷりの水を含ませる 2. 軽く絞り、黄ばみが気になるところを撫でるようにこする 3. 雑巾で水気を拭きとる ポイントはたっぷりの水です。 水が足りないと汚れが落ちにくくなるだけでなく、表面を必要以上に研磨してしまうおそれがあります。 また、メラミンスポンジは研磨効果で汚れをこすり落とすアイテムです。 力の入れ方によっては表面が傷ついてしまうことも。 傷を付けたくないプラスチック製品をキレイにする際は、力の入れすぎに注意しながら行いましょう。 除光液はニオイが強いため、換気をしながら行ってくださいね。 メラミンスポンジに除光液をしみ込ませる 2. 黄ばみが気になるところを撫でるようにこする 除光液がもつ高い溶解力と脱色力で、メラミンスポンジだけではなかなか落ちなかった黄ばみも取れていくでしょう。 ただし除光液は汚れを落とす力が強いため、塗装が取れてしまったり表面が傷んでしまったりするおそれもあります。 色落ちが心配なプラスチック製品の場合は注意してくださいね。 バケツに水と漂白剤を規定の割合で入れて混ぜる(商品によって異なります) 2. 黄ばみを落としたいプラスチック製品を浸す 3. ラップでフタをし、紫外線があたる場所に置く 4. 1~6日ほど経ったら水ですすぐ 5. タオルで水気を取り、しっかりと乾かす 化学変化が原因と思われるプラスチックの黄ばみは、紫外線を当てることで落ちていきます。 プラスチック製品を溶液に浸したら、太陽の光が入る窓際やベランダに移動させましょう。 黄ばみを落としたあと水分が残っていると素材が劣化してしまうおそれもあるため、最後にしっかりと乾かしてくださいね。 たっぷりの水で濡らしたメラミンスポンジでやさしくこする 3. タオルで水気を取り、しっかりと乾かす メラミンスポンジが必要かどうかは、1度つけ置きしてから考えましょう。 メラミンスポンジを使う場合は、浮いた汚れを拭きとるようにやさしくこすってくださいね。 【豆知識】プラスチックにできる黄ばみの予防策 プラスチックが黄ばむ原因は多岐にわたり、すべてのメカニズムは解明されていません。 現在分かっている原因による黄ばみは、日々のちょっとしたことで予防することができます。 食品が原因の黄ばみは、 色移りしやすい食品はプラスチックケースでは保存しないことで予防可能です。 カレーの作り置きやキムチを入れる際は、ガラス容器や陶器などを使用しましょう。 また プラスチックは暗所での保管も、直射日光に長時間当てることも黄ばみの原因になります。 シンク下や引き出しで使っているプラスチック製品は定期的に日光に当てて、リビングや寝室で使っているプラスチックアイテムは日焼けしないよう注意してください。 紫外線を防止する車用コーティング剤やUVカットアイテムの使用もおすすめですよ! プラスチックの黄ばみの取り方をマスターして長く大切に使おう 100均や『ニトリ』『無印良品』の商品と、プラスチックはとても幅広い製品に使用されていて「プラスチックの黄ばみ」からはなかなか逃れられないもの。 経年劣化もあるため黄ばみを完全に防ぐことは難しいのですが、家にあるお掃除道具を使うことでキレイはキープできます。

次の

プラスチックの黄ばみを取る除去方法と日焼けの落とし方や防止予防法

プラスチック 黄ばみ 取り

車のヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りの方法• 車のヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りの方法 カテゴリー 自動車の悩み ジャンル ヘッドライトのメンテナンス 目的(解決できる悩み) 自分でヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りを行い費用を節約すること 節約できる金額 自分で樹脂レンズの黄ばみ取りを行えば約7200円の節約ができます 目次 1.ヘッドライトの樹脂レンズの基礎知識 ヘッドライトの樹脂レンズは経年劣化で徐々に黄ばんで透明度がなくなってきます。 樹脂レンズが黄ばむと前方を照らすライトの明るさが暗くなって前方が見えにくくなるので気をつけてください。 ヘッドライトが黄ばむとどうなるの? 最近車のヘッドライトが暗くなったと感じている方はいませんか? ヘッドライトが暗くなる原因の1つに、ヘッドライトの樹脂レンズが黄ばんでいることが挙げられます。 ヘッドライトは、夜間時やトンネルを走行している時に点灯させ前方を照らしたり、自分の車の存在を対向車に知らせ事故から自分の身を守る危険回避の役割もあります。 ヘッドライトを点灯させれば、ロービームでは40m前方、ハイビームでは100m前方までを照らすことができますが、ヘッドライトの樹脂レンズが黄ばんで透明度が悪くなると、前方を照らす明るさが落ちて障害物の確認が遅れてしまい夜間の運転は大変危険です。 また、ヘッドライトの樹脂レンズが黄ばんでいると光量不足で車検に通らないことも稀ですがあります。 ヘッドライトの樹脂レンズは何もしていなくても直射日光を浴びると経年劣化で徐々に黄ばんでくるので、ヘッドライトの明るさを保つためにもヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみを除去するケミカル(ポリッシュといわれるコンパウンド)を使って磨いて樹脂レンズのコンディションを整えてみませんか。 スポンサーリンク 2.ヘッドライトの樹脂レンズのメンテナンス ヘッドライトの樹脂レンズが黄ばんでしまったら自分で磨くことをおすすめします。 黄ばみ取りのケミカルはホームセンターやカー用品店で1000円くらいで販売していますので自分で磨けば費用の節約ができます。 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみの点検方法 上の写真はポリッシュで磨いてから1年経過した状態のヘッドライトの樹脂レンズです。 屋根がついていない駐車場に長年停めておくと直射日光の紫外線を浴びて段々黄ばんできますし、日なたに駐車していると黄ばみ度がさらに増します。 樹脂レンズを目視してみて透明度が落ちたと感じたら黄ばみ取りを行う時期です。 黄ばんでしまった樹脂レンズは洗車しても黄ばみは取れないので、ケミカルを使って磨いて除去するしか方法はありません。 ケミカルを使ってもレンズの外側の黄ばみは除去することはできますが、内側の曇りは除去することはできませんので注意してください。 なお、紫外線による経年劣化を少しでも食い止めるには日陰に駐車するようにすることです。 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りの費用と作業時間 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りをカーショップに依頼した時と自分で行った時のおおよその費用と作業時間を比較してみます。 カーショップで黄ばみ取りした時の費用と時間• ケミカル代と技術料:3000円• コーティング料:5000円• 作業時間:作業自体は30分くらいで完了しますが、ピットが混雑していると1時間以上待つこともあります カーショップで黄ばみ取りとコーティングをした時の費用は合計すると8000円です。 自分で黄ばみ取りした時の費用と時間• 作業時間:作業は20分くらいで完了できます 自分で保護成分入りのケミカルで黄ばみ取りをすると費用は合計すると800円です。 カーショップに依頼した場合は8000円、自分で行った場合は800円なので、8000円-800円=7200円となり、自分でヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りを行えば7200円の節約ができます。 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りで使う用品と工具 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りを行う時は、工具は何も必要ないので黄ばみ取り用のケミカルだけ用意しましょう。 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみを取るケミカル ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りで用意するもの スポンサーリンク 3.ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りの方法 ヘッドライトの樹脂レンズの黄ばみ取りはとても簡単です。 レンズの黄ばみを取るケミカルをカー用品店で購入して、後はケミカルでレンズを磨くだけです。 作業時間は約30分あればピカピカにできますので、レンズが黄色くなってきた方は磨いてみてください。 樹脂レンズの汚れを取ります ヘッドライトの樹脂レンズに水をかけて土ぼこりなどの汚れを取り除きます。 樹脂レンズの表面に汚れが付着していると磨いた時にレンズにキズがつくので必ず汚れを取ってください。 樹脂レンズの表面を水洗いした後はウエスなどで水滴を拭き取って乾燥させましょう。 クロスで磨きます 樹脂レンズの表面の汚れを取ったら黄ばみを取るケミカルを樹脂レンズにつけて、付属のクロスで黄ばみが目立たなくなるまで磨いていきます。 新しいクロスで仕上げます 1つの樹脂レンズに対して10分くらい磨くとだいぶ黄ばみが取れてきます。 樹脂レンズがクリアになったら綺麗なクロスでケミカルを拭き取っていき、樹脂レンズの表面につやが出てきたら作業は完了です。 上の写真を見てもらうと磨いた直後はピカピカでクリアになっていますよね。 しかし、時間が経過するとまた徐々に黄ばんだり曇ってくるので、クリアにするには定期的に磨く必要があります。 黄ばみを起こさないようにするには、できるだけ直射日光が当たらないように駐車場所を工夫しましょう。 黄ばみ取りの作業自体はとても簡単なので、樹脂レンズが黄ばんでお困りの方は市販されているケミカルで磨いてみてはいかがでしょうか。

次の

【プラスチック食器についたカレー黄ばみの落とし方】簡単!!汚れの取り方を紹介

プラスチック 黄ばみ 取り

プラスチックの黄ばみの原因 プラスチック用品は、長年つかっていると黒や黄色だと目立ちませんが、実は 【黄ばみ】がおこっています。 特に白いプラスチック用品だと長年つかっていると、とても黄ばみが目立つんです! ずっと使用していると使っている本人は気づきにくいかもしれませんが・・・。 いざ新品と比べてみると、その差にちょっと残念な気持ちになることもあるほど。 黄ばみはできれば避けたいものです。 そして、黄ばみが目立つプラスチック用品と言えば、 家電製品が多いですよね。 エアコンのリモコンやパソコンのキーボードなど・・・。 「黄ばんでしまっても、まだまだ使えるし・・・」 と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。 しかし洋服ならわかりますが、プラスチックが黄ばむなんておかしな話ですよね。 まずは、その理由から解説していきます。 経年劣化 機械も、年月が経つと【劣化する】と、いいますよね。 その理由はプラスチックの原材料にあります。 主にプラスチックに使用されている素材はこの3つになります。 スチレン• アクリルニトリル• ブタジエン ご存知の方もいるかもしれませんが、この3つの素材の頭文字を並べて 【ABS樹脂】 と、呼ばれているんです。 プラスチック樹脂としてとても有名な素材で 【ポリスチレン系高分子素材】といいます。 この3つの素材が、 加工しやすい上に衝撃耐性も高いといわれています。 その理由から、プラスチックにはこちらの素材が加工され作られているんです。 しかしその3つの素材が全部、黄ばむわけではありません。 劣化して黄ばむ素材は、このABS樹脂の中の、【ブジエタン】と言われています。 この【ブジエタン】という素材が、 プラスチックの劣化に伴い変色します。 そして黄ばみの原因となるんです 暗い場所での長期保存 暗い場所に保管することで、プラスチックに黄ばみの現象が起こる場合もあります。 それはABS樹脂に【酸化防止剤】が添加されていることが原因なんです。 この性質は、プラスチックや家電にとても必要な性質ですが・・・。 この酸化防止剤が周辺の環境と関係して、 【黄ばみ】が起こるとされています。 通常に使用していれば、その【黄ばみ】も気にならない程度にとどまるかもしれません。 しかし、 「しばらく使わないし、倉庫にしまっておこう」 と、暗いところに長期にわたってしまいこんでしまうと危険です。 暗いところに置いておくと、さらに酸化防止剤は周辺の環境と化学変化を起こします。 そして さらに【黄ばみ】を広げてしまうのです。 しかし、この『周辺の環境』っていったい何?と、思いますよね。 これは、押し入れや段ボールなどのことを示しています。 押し入れはベニア板をつかっていてますし、ダンボールにも共通する物質が【接着剤】です。 この 接着剤と、酸化防止剤が反応して【黄ばみ】が起こるとされています。 この現象は【暗所黄変】といわれていて、プラスチックを使用する『プラモデル』などでよく注意されている現象なんです。 また、北海道では 「プラスチックの黄ばみ少ない!」 と、言われているそうです。 これは北海道のほうが都会よりも、空気中の【窒素】の量が違うせい・・・という説が流れています。 しかしその他に【酸化防止剤】や【難燃剤】、その他の添加物が入って、プラスチック製品は作られています。 そして化学変化によって、黄ばみを生じるんですが・・・• 【タバコのニコチン】• 【カレーライス】 も、黄ばみの原因にあげられるんです! この場合は、プラスチック本体が変色したのではなくて 【汚れが付いている状態】なので、一番黄ばみが取れやすい状況です。 と、いうことは 「黄ばみって除去できる可能性がある!! 」 ということなんですね。 では、黄ばみをとる方法を調べてみました! 黄ばみの除去方法7つ! 大事にしまっていて、中古品で売ってみようかな・・・と久々に箱を開けてみると 「き、黄ばんでる!!! 」 と、愕然となった経験はありませんか? そんなときのために、黄ばみをとる方法を事前に知っておくと安心ですよね。 しかもその方法はかなりあるので、心強いです。 まずは分解 まずは黄ばんだリモコンや、プラモデルなどを 【分解】します。 中の電子機器などは壊れてはいけないので、丁寧に分解しましょう。 分解していくと、どの部分がひどく黄ばんでいるのかもよくわかりますね。 漂白活性化剤• 過酸化水素• 紫外線 これらに弱いと言われています。 そして【漂白活性化剤】と【過酸化水素】は 漂白剤にはいっていますのでお手軽ですね! 【紫外線】は、夏場の天気のいい日ならいつでも取り放題なので、是非お試しください。 まず漂白剤に、劣化した(黄ばんだ)プラスチック製品を1週間ほどヒタヒタに浸します。 このときに 【紫外線】に当てないと効果はないので、気をつけてください。 メラミンスポンジでの拭き取り プラスチックの黄ばみには、目の細かいスポンジが効果的です。 その中でも、さらに良いのが 【メラミンスポンジ】というスポンジなんです! このメラニンスポンジに水を含ませ、軽くこすると茶渋、油汚れ、プラスチック用品の黄ばみまで! ! 見事に落とせるので、驚きです。 ただし、メラニンスポンジを使用する場合は、水を使うので電子機器の黄ばみの場合は気をつけてください。 また、 漂白した後でもメラニンスポンジでこすると、黄ばみが落ちる場合があるので、お試しください。 水につけれない場合はオキシドールで 電子機器の黄ばみでを落としたいけど、【分解】もできなさそう!と、いう場合もありますよね。 そんな時に役立たつのは 【オキシドール】です。 まず、オキシドールを布地に染み込ませ、プラスチックの黄ばんだところを拭きます。 それでも黄ばみがなかなか落ちない場合は、 キッチンペーパーにオキシドールを染み込ませて、貼りつけた後、ラップしておきましょう。 その後で、乾いた布地で拭き取ると黄ばみもとれます。 除光液 そのほかの方法に 【徐光液】が、あります。 マニキュアを落とす時に、かならず使われる除光液は、実はプラスチックの黄ばみを落とすことができるんです。 除光液は女性なら、持っている方も多いですし、 身近なもので黄ばみをとれるので便利ですよね。 そしてメラニンスポンジに除光液を含ませて、黄ばみをこするとWの効果がありますので、お試しください。 しかし、 除光液はその効果が強すぎるので、機器を傷めてしまう恐れがあります。 ですので除光液を使う際は、十分に気を付けてください。 ただ、 除光液は脱色力が強く、素材を傷めてしまう可能性があるので、注意が必要です。 重曹 水に重曹を溶かして【重曹水】をつくります。 重曹水を布地に染み込ませて、プラスチックの黄ばみ部分をふき取る。 ワイドハイター 容器に入れた黄ばんだプラスチックを、ワイドハイターでヒタヒタに浸します。 あとは太陽に十分に当てて放置します。 1日から1週間ほど放置すれば、いつの間にか黄ばみがとれています。 プラスチックの黄ばみ予防方法 黄ばんでしまったプラスチックの対応方法はわかりましたが、今から買う新品のものは予防しておきたいですよね。 そんな時のために、 プラスチックの黄ばみ予防方法を紹介します! 透明なケースにしまう 「買ったけどあんまり使わないなぁ」 というプラスチックの電化製品などもあると思います。 そんな時は、しまう場所を暗いところではなく、透明ケース(最低限の明るさが確保できる)などにしましょう。 直射日光を避ける 頭を悩ますプラスチックの黄ばみ・・・。 そんな黄ばみは、 直射日光を避けるだけでも防止することができるんです。 大きな白もの家電の移動はむずかしいですが、軽い家電やプラモデルであれば、移動した方がいいですね。 プラスチックの黄ばみの除去方法まとめ 今回は プラスチックの黄ばみの対処法、予防法について紹介しました。 買ったときは高いお金を出したり、思い入れがあったりした新品のプラスチック製品。 久々に見てみると 「あれ?こんな色だっけ??」 とショックを受けても、黄ばみを落とす方法を知っていれば、安心ですよね。 しかしハイターにつけるなど、かなり大胆な方法です! 初めてやる時は、 正直けっこう怖いです(笑) ちょっと不安な方は、できる限り【予防法】を積極的に行ってください。

次の