高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019。 大阪府 私立高校授業料無償化の支給日・振込み日(授業料支援補助金)

高校生等奨学給付金:文部科学省

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

給与所得者:市町村民税特別徴収税額通知書(毎年6月に勤務先から渡されます。 個人事業主:納税通知書(毎年6月に市区町村役場から郵送されてきます。 ) 住民税の課税証明書(市区町村役場で発行)でも確認できます。 年収910万円以上で就学支援金が受けられるケース 就学支援金は、「世帯年収が910万円以上だと、就学支援制度は利用できない」と思われがちです。 しかし、就学支援金の要件は「所得」です。 したがって、年収が910万円以上でも、各種控除で課税所得が所得要件を下回れば、制度を利用できるのです。 就学支援金の支給金額 就学支援金には、次の表のとおり支給限度額が設定されています。 学校の種類 支給額(月額) ・国立の高等学校 ・国立の中等教育学校の後期課程 9,600円 ・公立の高等学校(定時制) ・公立の中等教育学校の後期課程(定時制) 2,700円 ・公立の高等学校(通信制) ・公立の中等教育学校の後期課程(通信制) 520円 ・国立の特別支援学校の高等部 ・公立の特別支援学校の高等部 400円 ・その他の支給対象の高等学校など 9,900円 2014年3月以前から公立高等学校などに在籍していれば、公立高等学校授業料無償制度が適用され、授業料はかかりません。 アヤ 単位制高校、中等教育学校の後期課程、専修学校在籍の場合 単位制高校、中等教育学校の後期課程、専修学校に子供が通っている場合、就学支援金は履修単位数に応じて支給されます。 私立高校「など」というのは、具体的には次のような学校です。 私立高等学校• 私立中等教育学校の後期課程• 私立特別支援学校• 国立・公立・私立高等専門学校• 公立・私立専修学校• 私立各種学校 私立高校に対する就学支援金の支給額は次のとおりです。 年収の目安 都道府県民税と市区町村民税の所得割額の合計額 支給月額(倍率) 約250万円未満 0円 (非課税) 年額 29万7,000円 月額 2万4,750円 (2. 申請先 子供が在籍する学校です。 新入生の場合、進学予定の学校に申請します。 担任の先生に受給希望があることを伝え、申請方法や必要書類を教えてもらいましょう。 申請時期 新入生は、入学直後の4月に受給認定を申請します。 進級生は、前年度に認定を受けている場合は、6~7月に受給継続を申請します。 その他、追加で資料提出を求められることがあります。 あや 就学支援金の支給日・振込日 就学支援金の支給日・振込日は公開されていません。 そもそも、就学支援金(私立高校などへの加算を含む)は、国が授業料を負担する制度です。 子供の保護者の口座には支給されず、 学校に振り込まれて授業料に充当されます。 そのため、支給日・振込日が来ても子供や保護者には通知されません。 ただし、授業料を保護者から全額徴収し、後日、就学支援金支給額を還付する学校もあります。 この場合、支給日・振込日が保護者に通知されることがあります。 私立高校の対応はバラバラ 公立高校の場合、学校に就学支援金が支給されて授業料と相殺されます。 一方で、私立高校は対応が分かれます。 前期の授業料は保護者が支払い、後期支払い分で相殺される• 一度は保護者が授業料を全額支払い、就学支援金に相当する金額が返金される 私立高校では保護者の口座に振り込まれる? 子供を私立高校に通わせている保護者が、「就学支援金が振り込まれた」と話すことがあります。 しかし、就学支援金が保護者に振り込まれることはありません。 振り込まれたというのは、保護者が前払いした授業料のうち「支援金に相当する金額」が返金された(振り込まれた)ということです。 授業料と支援金に差額が発生した場合 学費の全額免除や一部免除などの制度を利用した結果、就学支援金の支給額が授業料を上回るケースがあります。 「差額がもらえる」と思うかもしれませんが、もらえません。 高等学校等就学支援金のまとめ 高等学校等就学支援金を利用すれば、低所得の家庭の子供も、授業料を気にせず高等教育を受けられるようになります。 奨学給付金と違って所得などの要件がゆるく、高校生などの約80%が利用しています。 離婚して母子家庭になった後は、収入が減って子供の教育に回すお金がないという家庭も少なくありません。 そんなときに就学支援金制度を利用すれば、子供に気兼ねなく高等教育を受けさせることができます。

次の

奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)について | 総務部法人局学事課

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

高校生への奨学給付金とは何? 高校生の支援策には主に、 ・国が授業料を補助する「就学支援金」 ・都道府県が教材費や学用品代などを支給する「奨学給付金」 がある。 いずれも返済不要で、 非課税世帯(年収目安が250万円未満)の場合は、 両方とも受給できる。 高校生等奨学給付金 高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に 「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び 高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律 平成25年法律第90号 」が 施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、 国がその経費の一部を補助することにより、 高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、 もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、 具体の要件、給付額、手続等については、 下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、 お住まいの都道府県にお問合せください。 mext. htm 奨学給付金の申請方法と支払い漏れの理由と給付時期について 申請方法 高校生等奨学給付金制度についての問い合わせや申請は、 保護者(親権者)が住んでいる自治体の窓口になります。 親が住んでいる自治体と生徒が通学する高校のある自治体が異なる場合は、 保護者の住民票がある自治体が申請窓口になるそうです。 支払い漏れの理由 制度の周知不足で 保護者が申請できなかったケースが想定されている。 ほとんどこのケースであると思われますね。 文部省の試算によると・・・ 16年度に国の支援金を受けた 非課税世帯の私立高校生は約15万1200人。 これに対し、都道府県の給付金を受給したのは 約13万2700人で、 その差の約1万8500人は、 両方の受給資格があるのに 支援金しか受け取っていなかったそうです。 奨学給付金支給漏れの総額は16年度の 全日制私立高校生1人あたりの年間支給額6万7200円で 試算しても12億円を超えることになります。 6万7200円という金額は 高校生をもつ親御さんにとっては 大きい金額だと思いますね。 このような制度が出来た場合の 周知方法を改善する必要がありますね。 まずは、 ・高校生が通っている高校からの告知 ・国と都道府県に支給元を分けずに1本化 等が必要で、1度ではなく何度も告知する等の 対策があると良いと思いました。 給付時期 申請漏れに対しての給付時期は 残念ながら都道府県の窓口で異なっており まとめる事が難しい状態でした。 ですのでまずは、都道府県の窓口に 「奨学給付金」ということで問い合わせをされる事をおすすめします。 ですが、今回の支給漏れ報道で 多くの方が気づき申請をされ 奨学給付金を活用されて 高校生が伸びやかに学業へ専念できる事を 心から願っています。 最後まで読んでいたきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

千葉県私立高等学校等奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)/千葉県

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

平成26年3月以前から引き続き高等学校等に在学されている方は、の適用となります。 高等学校等就学支援金制度リーフレット• 制度趣旨 本制度は、授業料に充てるための就学支援金を支給することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の実質的な機会均等に寄与することを目的としています。 制度概要 国公私立問わず、高等学校等に通う所得等要件(注1)を満たす世帯(モデル世帯(注2)で年収約910万円未満の世帯)の生徒に対して、 授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。 それぞれの詳細やお問合せ先については、「」「」のページで御確認ください。 受給資格 いずれの要件も満たす必要があります。 1.在学要件 下記の学校に在学している方が対象です(国立・公立・私立は問いません)。 また、専攻科の学生については、令和2年7月から新しく「専攻科の生徒への修学支援」が始まります。 2.在住要件 日本国内に住所を有する方が対象です。 なお、文部科学大臣の認定を受けている在外教育施設の高等部の生徒に対しては、就学支援金とは別の授業料支援(在外教育施設への支援)を行います。 3.所得要件 以下の方(いずれもモデル世帯で年収約910万円未満世帯の生徒)が対象です。 (所得基準の判断方法や提出期限については各学校、都道府県によって異なります。 ) なお、手続きに当たっては地方住民税情報による所得確認が必要になることから、地方住民税が未申告の方々については、事前に必ず地方住民税の申告を行っていただくようお願いします。 以下の書類の提出が必要です。 ・受給資格認定申請書(学校を通じて配布されます。 ) ・マイナンバーカードの写し等(マイナンバーカードの写しのほか、マイナンバー通知カードの写し、マイナンバーが記載された住民票等) マイナンバーで所得要件を確認する場合は、一度書類を提出し認定されることで、原則、進級時等のタイミングでの追加の書類提出は必要ありません。 その場合の申請方法については、都道府県や学校の案内を確認してください。 支給額 支給限度額は以下のとおりです。 授業料が下記に達しない場合には、授業料を限度として就学支援金を支給します。 国立高等学校、国立中等教育学校の後期課程 月額9,600円 公立高等学校(定時制)、公立中等教育学校の後期課程(定時制) 月額2,700円 公立高等学校(通信制)、公立中等教育学校の後期課程(通信制) 月額520円 国立・公立特別支援学校の高等部 月額400円 上記以外の支給対象高等学校等 月額9,900円 なお、単位制の高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校においては、履修単位数に応じた支給となります。 具体的には、下記のとおりです。 各都道府県における私立高校生への支援制度 上記の高等学校等就学支援金に加え、各都道府県において、授業料等の支援を設けている場合があります。 < > 要件や申請方法等の詳細については各都道府県にお問い合わせください(ページ下部の「各都道府県の担当部局」参照)。 Q&A• 各都道府県の担当部局• お問合せ先.

次の