セリア アクリル 絵の具。 100均ダイソーでアクリル絵の具を手軽にゲット!DIYにも使える!

ターナーガラスペイントと100円ショップのガラス絵の具の違いを比べてみた

セリア アクリル 絵の具

セットになっているわけでは無いので、単品で購入する必要がありますが、欲しい色が手軽に手に入るのは嬉しいですよね。 また、ダイソーのアクリル絵の具は25mlと容量が多めになっているのも注目するポイントです。 他のショップに比べて、容量が多いので、たっぷり使うことができます。 発色も良く、100均の絵の具とは思えないほどしっかりとしているので、普段から絵を描く方にも重宝されていますよ。 良く使用される赤・黄色・青・緑・水色・白の5色がセットになっているので、お子さんなどにいいですよね!アクリル絵の具は混ぜることができるので、自分流の色を作る事も可能です。 100円でセットの絵の具が買えるのは非常にラッキーです。 かなりコスパがいい商品ですよね!100均にはたくさんの種類の絵の具がありますが、コスパ重視の方におすすめですよ。 良く使う赤や白などから、金色などの種類も揃っているので、欲しい色が無いということもありません。 発色もよく、しっかりと色が出てくれるのでおすすめですよ。 やはりアクリル絵の具は、しっかりとした色合いが重要です。 水彩絵の具では出すことのできない、べっとりとした質感と発色が魅力ですから、発色の良いアクリル絵の具を選びたいですよね!セリアのものは、その点もしっかりしているので安心です。 DIYなどの時には、絵の具よりもペンキが必要になってきます。 ホームセンターでないと入手できないように思えますが、100均であれば、ペンキも手に入ってしまうんです!以下の記事では、100均のペンキについてまとめているので、是非チェックしてみてくださいね。 セットになっている絵の具は非常にコスパが良くて嬉しいですよね。 チューブタイプなので、最後までしっかり使えるのもおすすめポイントです。 こげちゃいろや藍色など、珍しいカラーが揃っている種類の水彩絵の具セットです。 絵の具同士は色を混ぜ合わせて新しい色を作れますが、やはり最初から完成している色を欲する時ってありますよね!そんな時、このダイソーの水彩絵の具のような、珍しい色がセットになっていれば、最初から色が完成しているので便利です。 7色セットですが、どれも品のあるラメが入っているので非常に満足度の高い種類となっています。 使いやすい5色なので、作品のアクセントになりますよね!発色はとてもきれいで、ザクザクとしたラメではなく、パールのような繊細なラメが特徴です。 口コミでも人気が高い商品で、他の100円ショップでは見ることができないため買い求める方が多く見受けられました。 これなら、子どもだけでなく、大人の方でも絵の具を楽しむことができますよね。 また、作品の幅が広がるのも嬉しいポイントです。 パレットタイプで、16種類もの色が一つにまとまっているため、かさばることもありませんし、かなり使いやすいです。 これならお子さんの遊び用にもおすすめですよ!発色は、水彩絵の具独特の淡い発色となっています。 青や赤だけでなく、黄土色や深い紫なども揃っているので嬉しいですよね!アクリル絵の具と違い、水彩絵の具は絵の具同士を混ぜ合わせるのに不向きな種類の絵の具です。 特に固形タイプとなるとさらに難しくなるので、様々な種類の色が揃っているのは嬉しいですね。 色が多い方がダイソー。 セリアさんの良いところは個人的に私は肌色をよく使うので肌色が始めからあるのはありがたい。 そのため、ちょっとしたお絵描きの時にもぴったりですね!水彩絵の具の良さを活かした、水っぽい質感の絵を描く場合には、この絵の具をチョイスすると良いでしょう。 口コミでも発色がいいと評判でした。 見た目がシンプルで、透明のケースに入っているので掃除もしやすいですし、生活感がありますよね。 この見た目であれば、100均の商品だと分からないので、高見え商品だと言えます。 オーソドックスなカラーのみを集めているので、普段使いにおすすめの固形絵の具です。 そもそもガラス絵の具とは、プラスチックや金属にも塗ることができる絵の具で、乾かすとガラスのように透明感のある仕上がりになる絵の具です。 ダイソーのものは、色の種類も豊富なので人気が高いですよ。 出来上がると、ペリッっと簡単に剥がすことができるので、失敗しても大丈夫ですし、何かを一定期間だけ加工したいという時にもおすすめです。 特に赤色のガラス絵の具は、血の質感を出すことができると評判なので、グッズやコスプレ用に活用している方が多いですよ。 見た目が可愛らしいのが特徴的ですね。 ガラス絵の具は、セットになっているのではなく、1つ1つが個別になっているので、大容量なのも嬉しいポイントです。 特に、ガラス絵の具をアクセサリーやコスプレグッズに活用する場合は、大容量タイプが嬉しいです。 使い道の多い赤色や黄色などは、たくさん入っていた方がコスパもいいので、おすすめですよ!キャンドゥのガラス絵の具は、たっぷり入っているタイプなので、ガラス絵の具をたくさん使いたいという方におすすめです。 キャンドゥとダイソーのガラス絵の具は、チューブになっているので、一度パレットなどに出す必要がありますが、セリアはボトルタイプなので、ボトルにそのまま筆をつけて塗ることができます。 仕上がりも、ほどよい透明度なので、まるで最初からガラスに色付けがされているかのような仕上がりが期待できます。 メタリックカラーがいい感じで、これを見つけたのでゴールデンカードバック作ろ!と思えた。 筆も一緒に買ったらめちゃ毛が抜ける…細、中、太の三本セットで100円だし仕方ない。 — 山咲みどり tokumorimix キャンドゥオリジナルの絵の具が、このメタリックカラーです。 6色の水彩絵の具がセットになっており、どれもが、メタリックに仕上がります。 ラメ入りの絵の具はセリアで販売していますが、メタリックに仕上がる絵の具は、キャンドゥでしか手に入りません。 オリジナルの作品を作りたい方におすすめですよ。 色の展開も、金や銀などオーソドックスなメタリックカラーだけではなく、ピンクや緑など、珍しいメタリックカラーも入っているのが嬉しいポイントですよね。 全8色となっており、そのどれもが和の色となっています。 普通の水彩絵の具では表現できない、和の色がSNSを中心に大人気となって絵の具です。 和風のイラストを描きたい時には便利ですよね。 最近では、大人のお絵描きや塗り絵が流行っています。 和の色絵の具は、大人受けのいいカラーが揃っているので、大人の方が何か作品を作る場合や、趣味で絵を描く時におすすめの絵の具ですよ。 どれも素敵なカラーで目移りしてしまいますね。 100均の絵の具を使ってみよう! 100均には、それぞれ様々な絵の具が揃っています。 オーソドックスなものやコスパのいいものだけでなく、普通はおめにかかることのできない珍しい色を集めた絵の具も多いので、是非チェックしてみてくださいね。 100均には絵の具だけでなく、マーカーも揃っています。 なかには売り切れになってしまうようなマーカーもあるくらいなんですよ!以下の記事では、そんな100均のマーカーについてまとめているので、是非チェックしてみてくださいね。

次の

【100均絵の具】ダイソー・セリアの21個!キャンパスも!アクリル/筆

セリア アクリル 絵の具

イラスト描きやお子さんのお絵かきアイテムとして欠かせないのが絵の具です。 近年 100均でも販売されている絵の具はクオリティが上がり、商品の種類も豊富に成っています。 100均を代表するダイソー・セリア・キャンドゥ3社が販売している絵の具は、各社ごとに特徴があり、色味など個性も様々です。 手軽に購入できることやセット商品とバラ売り商品共に販売されていることもあり、100均の絵の具は安いのに使いやすく便利だと非常に人気となっています。 100均最大手のダイソーは種類の豊富さ、若い女性にファンが多いセリアは個性的な商品が、キャンドゥは誰もが使いやすい商品を販売していて好みの絵の具を探すのが楽しくなるほどです。 絵の具そのものも代表的な水彩絵の具やアクリル絵の具など種類も豊富なだけでなく、絵を描く際に必須のパレットや筆なども充実しているためセット買いがおすすめです。 ダイソーの絵の具でもうひとつ注目したいのが、アクリルガッシュです。 通常のアクリル絵の具は透明アクリルなので、重ね塗りすると下色が反映しますが、アクリルガッシュは不透明水彩のため下色が反映されないマットタイプです。 アクリル絵の具は水彩絵の具の様に絵を描いたときの絵の具の伸びの良さは勿論、 乾くと耐水性になる性質を持っています。 また水や汚れに強いという特徴があります。 そのため流行のDIYなどに使われることが多いのです。 またダイソーのアクリルガッシュには普通の絵の具では滅多に見ることの無いラメ入りタイプが有ります。 アクリルガッシュのラメ入りは5色展開しており、発色も良く、100均とは思えないクオリティだと主にDIY趣味を持つ人の間で話題の商品です。 女性好みの商品を多く販売している セリアでは12色入りの水彩絵の具を販売しています。 セリアの水彩絵の具は発色のよさと滑らかさで人気です。 またよく使われる色を2本いりでの販売をしていたり、1本のバラ売りでも購入が可能です。 そのためセットのみならず、よく使う色をバラ売りで購入する方も多いようです。 そして セリアの水彩絵の具で高い人気を誇っているのが 和の色という8色セットの水彩絵の具です。 その名の通り、日本の伝統色を水彩絵の具に取り入れた商品で、通常の水彩絵の具と比べ落ち着いた色味が特徴です。 このセットの伝統色は100均他社の水彩絵の具には含まれていないセリアのオリジナル色です。 和の色が落ち着いた色味とはいえ、セリアの絵の具が持つ本来の発色の良さや滑らかさはそのままなので様々な絵を描くときに活躍しますが、一点注意しなければいけないのが通常入っている白や黒が含まれていないことです。 白黒が欲しい場合はバラ売りで購入すると良いでしょう。 耐水性が有り様々な用途で使えるのがアクリル絵の具です。 ここ数年、多肉植物の流行から植物を入れる容器として リメイク缶が人気となっています。 空き缶や100均で販売しているシンプルな缶にアクリル絵の具で色を塗ったり絵を描くとオリジナルの容器が完成します。 またペン立てやちょっとした雑貨入れとしても活躍します。 そして 布や革製品にも描けるのがアクリル絵の具です。 布や革に使う布用絵の具は高価な物が多いのですが、アクリル絵の具を使えば安価で仕上げることが可能です。 また近年人気のステンシルでも使えます。 ステンシルは型紙を作り絵の具をスポンジでポンポンと押し付けるだけで出来上がります。 また、 セルフネイルでも活躍するのがアクリル絵の具です。 ベースコートを塗った上から、絵の具を使って色を塗ってもいいですし、マニキュアを塗った上から絵の具で柄を描いてもいいでしょう。 慣れるまでは付け爪を使って練習することがおすすめです。 付け爪はヤスリがけしていた方が色が綺麗にのります。 セリアとダイソーで販売されているのが直接ガラスやプラスチックに描くことができるガラス絵の具です。 ガラス絵の具はマットなタイプと透明感があるタイプ、ラメ入りなど種類も豊富です。 ガラス絵の具を使って シンプルなグラスに模様を描いてキャンドルを入れればオリジナリティ溢れるキャンドルグラスに、皿やカップに絵を描いてもいいでしょう。 そしてもうひとつ おすすめなのがステンドグラスが作れるということです。 作り方は2種類あって、シールタイプと直接塗るタイプです。 シールタイプの場合、クリアファイルなどに好きな絵を描いて乾くまで待ちます。 完全に乾くと描いた絵をクリアファイルから剥がしてください。 剥がしたら窓ガラスなどに貼れば出来上がりです。 乾いたガラス絵の具は直接貼れるので接着剤などは必要ありません。 もうひとつは直接ガラスに塗っていくやり方ですが、ステンドグラスらしくするなら黒で輪郭を描くと良いでしょう。 輪郭が乾いたら他を好みの色で塗りつぶすだけです。 但し、あまり厚塗りすると日の光が通りにくくなり折角のステンドグラスの良さが失われてしまうので気をつけてください。 キラキラと輝くラメが特徴のメタリック絵の具は、キャンドゥで販売されていて売り切れることがある程の人気商品です。 キャンドゥのメタリック絵の具はゴールドやシルバーなどをはじめとした6色入りで、アクセントカラーとして使うのにピッタリな色がセットと成っています。 水彩絵の具やアクリル絵の具を使って描いた絵にメタリック絵の具をプラスするだけで、インパクトある絵が仕上がります。 年賀用や贈物に付けるカードなどに使用すれば、ゴージャス感がアップします。 メタリック絵の具は薄く塗ってもラメのキラキラ感は出ますが、絵の具を厚く置く感じで使用した方がメタリックの良さをいかせます。 水彩絵の具の為、紙に描いた絵にプラスして使うことがおすすめです。

次の

ダイソーのアクリル絵の具がセットでおすすめ!種類や使い方を詳しく紹介

セリア アクリル 絵の具

イラスト描きやお子さんのお絵かきアイテムとして欠かせないのが絵の具です。 近年 100均でも販売されている絵の具はクオリティが上がり、商品の種類も豊富に成っています。 100均を代表するダイソー・セリア・キャンドゥ3社が販売している絵の具は、各社ごとに特徴があり、色味など個性も様々です。 手軽に購入できることやセット商品とバラ売り商品共に販売されていることもあり、100均の絵の具は安いのに使いやすく便利だと非常に人気となっています。 100均最大手のダイソーは種類の豊富さ、若い女性にファンが多いセリアは個性的な商品が、キャンドゥは誰もが使いやすい商品を販売していて好みの絵の具を探すのが楽しくなるほどです。 絵の具そのものも代表的な水彩絵の具やアクリル絵の具など種類も豊富なだけでなく、絵を描く際に必須のパレットや筆なども充実しているためセット買いがおすすめです。 ダイソーの絵の具でもうひとつ注目したいのが、アクリルガッシュです。 通常のアクリル絵の具は透明アクリルなので、重ね塗りすると下色が反映しますが、アクリルガッシュは不透明水彩のため下色が反映されないマットタイプです。 アクリル絵の具は水彩絵の具の様に絵を描いたときの絵の具の伸びの良さは勿論、 乾くと耐水性になる性質を持っています。 また水や汚れに強いという特徴があります。 そのため流行のDIYなどに使われることが多いのです。 またダイソーのアクリルガッシュには普通の絵の具では滅多に見ることの無いラメ入りタイプが有ります。 アクリルガッシュのラメ入りは5色展開しており、発色も良く、100均とは思えないクオリティだと主にDIY趣味を持つ人の間で話題の商品です。 女性好みの商品を多く販売している セリアでは12色入りの水彩絵の具を販売しています。 セリアの水彩絵の具は発色のよさと滑らかさで人気です。 またよく使われる色を2本いりでの販売をしていたり、1本のバラ売りでも購入が可能です。 そのためセットのみならず、よく使う色をバラ売りで購入する方も多いようです。 そして セリアの水彩絵の具で高い人気を誇っているのが 和の色という8色セットの水彩絵の具です。 その名の通り、日本の伝統色を水彩絵の具に取り入れた商品で、通常の水彩絵の具と比べ落ち着いた色味が特徴です。 このセットの伝統色は100均他社の水彩絵の具には含まれていないセリアのオリジナル色です。 和の色が落ち着いた色味とはいえ、セリアの絵の具が持つ本来の発色の良さや滑らかさはそのままなので様々な絵を描くときに活躍しますが、一点注意しなければいけないのが通常入っている白や黒が含まれていないことです。 白黒が欲しい場合はバラ売りで購入すると良いでしょう。 耐水性が有り様々な用途で使えるのがアクリル絵の具です。 ここ数年、多肉植物の流行から植物を入れる容器として リメイク缶が人気となっています。 空き缶や100均で販売しているシンプルな缶にアクリル絵の具で色を塗ったり絵を描くとオリジナルの容器が完成します。 またペン立てやちょっとした雑貨入れとしても活躍します。 そして 布や革製品にも描けるのがアクリル絵の具です。 布や革に使う布用絵の具は高価な物が多いのですが、アクリル絵の具を使えば安価で仕上げることが可能です。 また近年人気のステンシルでも使えます。 ステンシルは型紙を作り絵の具をスポンジでポンポンと押し付けるだけで出来上がります。 また、 セルフネイルでも活躍するのがアクリル絵の具です。 ベースコートを塗った上から、絵の具を使って色を塗ってもいいですし、マニキュアを塗った上から絵の具で柄を描いてもいいでしょう。 慣れるまでは付け爪を使って練習することがおすすめです。 付け爪はヤスリがけしていた方が色が綺麗にのります。 セリアとダイソーで販売されているのが直接ガラスやプラスチックに描くことができるガラス絵の具です。 ガラス絵の具はマットなタイプと透明感があるタイプ、ラメ入りなど種類も豊富です。 ガラス絵の具を使って シンプルなグラスに模様を描いてキャンドルを入れればオリジナリティ溢れるキャンドルグラスに、皿やカップに絵を描いてもいいでしょう。 そしてもうひとつ おすすめなのがステンドグラスが作れるということです。 作り方は2種類あって、シールタイプと直接塗るタイプです。 シールタイプの場合、クリアファイルなどに好きな絵を描いて乾くまで待ちます。 完全に乾くと描いた絵をクリアファイルから剥がしてください。 剥がしたら窓ガラスなどに貼れば出来上がりです。 乾いたガラス絵の具は直接貼れるので接着剤などは必要ありません。 もうひとつは直接ガラスに塗っていくやり方ですが、ステンドグラスらしくするなら黒で輪郭を描くと良いでしょう。 輪郭が乾いたら他を好みの色で塗りつぶすだけです。 但し、あまり厚塗りすると日の光が通りにくくなり折角のステンドグラスの良さが失われてしまうので気をつけてください。 キラキラと輝くラメが特徴のメタリック絵の具は、キャンドゥで販売されていて売り切れることがある程の人気商品です。 キャンドゥのメタリック絵の具はゴールドやシルバーなどをはじめとした6色入りで、アクセントカラーとして使うのにピッタリな色がセットと成っています。 水彩絵の具やアクリル絵の具を使って描いた絵にメタリック絵の具をプラスするだけで、インパクトある絵が仕上がります。 年賀用や贈物に付けるカードなどに使用すれば、ゴージャス感がアップします。 メタリック絵の具は薄く塗ってもラメのキラキラ感は出ますが、絵の具を厚く置く感じで使用した方がメタリックの良さをいかせます。 水彩絵の具の為、紙に描いた絵にプラスして使うことがおすすめです。

次の