ご足労いただきありがとうございました。 ご足労の意味とは?正しい使い方やタイミング、類語との違いも解説

「お運びいただき」と「お越しいただき」の違い

ご足労いただきありがとうございました

Topics• 「ご足労」とは何か?「ご足労」の読み方、意味、使い方 「ご足労」は、「ごそくろう」と読みます。 謙譲語の接頭語「御(ご)」が、「足を運ばせること」という意味の「足労」についた形で、「わざわざ来てもらう」という意味の敬語表現です。 よって、自分の会社に取引先をお呼びすることになった際に、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします。 」と、お詫びをするために使ったり、来ていただいた後に「ご足労いただきありがとうございました。 」とお礼をするために使うことができます。 直接お会いして使うこともありますが、ビジネスメールで使うことの方が多い表現ですね。 ちなみに、ビジネスメールで使用する際は、「御足労」と漢字にしても大丈夫です。 「ご足労おかけしますが」の意味と使い方 会議のために自分の会社に取引先の方がいらっしゃる場合があります。 お電話やメールで日程のご連絡等の打ち合わせをする際に、「では明日、お待ちしております。 」では少しそっけないですよね。 こちらが足を運ぶこともできるのに、わざわざこちらにお越しいただけることに敬意を表し、「ご足労おかけしますが、明日はよろしくお願いいたします。 」と伝える方が、相手に好印象を与え、この先の仕事がやりやすくなります。 「ご足労おかけしますが」のように、一言付け加えると印象がアップする言葉を「クッション言葉」と言います。 例を挙げると、「お手数ですが、こちらに記入していただけますか」等が同じクッション言葉を使った表現です。 「お手数ですが」がある場合とない場合では、ある場合の方が優しく聞こえますよね。 クッション言葉をうまく使っていくことで、「気遣えるビジネスマンの自分」を演出しましょう。 「ご足労いただき」の意味と使い方 実際に会議等で自分の会社に取引先の方がいらっしゃった時、まず「来ていただいてありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えたいですよね。 そこで使いたいのが、「ご足労いただきありがとうございます」という言い回しです。 「(こちらから出向いて行くこともできたのに)わざわざ来ていただいてありがとうございます。 」という意味があり、「来てくださってありがとうございます」と言うよりビジネスマンらしい敬語表現です。 「足元の悪いなか、ご足労いただきありがとうございます。 」「本日は弊社のためにご足労いただき、誠に感謝しております」のように使います。 「ご足労いただき」の後には感謝の言葉が入ることが多いですが、稀に謝罪の言葉としても使います。 来てもらったのに急用で対応ができなかった、という場合等は、「ご足労いただいたにも関わらず、お話できず申し訳ございません。 」というように言うことができます。 「ご足労おかけしますが」を使うのは、来ていただく前ですが、「ご足労いただき」を使うのは来ていただいた後です。 「明日、本社までご足労いただけますか?」というような言い方はしませんので気を付けましょう。 「ご足労」の類義語について 「ご足労」の類義語は以下の通りです。 時と場合に応じて言い換えて使いましょう。 お手数 何かするためにかかる手段(労力)のことを「手数(てかず・てすう)」と言います。 誰かに何かをしてもらう際、してもらった際に使える言葉が「お手数おかけします(しました)」です。 「ご足労」との違いは、「来てもらう」という意味に限定されていないことです。 「お手数」のほうが労力のかかること全般を包括した言い方ですので万能と言えます。 「お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします」、「この度はお手数おかけしました」等の使い方をします。 使いやすい言葉なので、咄嗟に口から出るように訓練しておくといいですね。 ご迷惑 もうひとつ「ご足労」の類語に「ご迷惑」があります。 「迷惑」の意味は「人が原因で起こる煩わしく、嫌なこと」ですので、「ご迷惑をおかけします」という言い方は、「煩わしいことを頼んですいません」という謝罪の気持ちが入った表現です。 「ご足労」との違いは、「来てもらう」という意味に限定されないが、「面倒なこと」に限って使われる言葉であるというところです。 例えば、外出先に忘れ物をした場合、「ご迷惑をおかけしますが、明日まで保管いただけますでしょうか」と伝えたり、こちらのミスに対応していただいた時に「ご迷惑をおかけしました。 」と謝罪する際に使います。 【スポンサードリンク】 「ご足労」を使った言葉は目上の人にも使える? 「ご足労」は取引先だけでなく、上司に対しても使われる言葉です。 例えば自分が主催したイベントに出席いただいた時や、会議に出席いただいた時に「本日はご足労いただきありがとうございます。 」のように使い、出席いただいたことへの感謝を伝えることができます。 注意点としては、「取引先の前で上司に対して使わない」ことです。 当たり前のことですが、取引先に対して自分の会社の上司を「〇〇部長」ではなく「部長の〇〇」と言うように、取引先の方がいらっしゃる場合は、そちらを立てるのが筋です。 上司にも同じように「ご足労いただきありがとうございます」と言ってしまえば、取引先と上司を並び立ててしまうため、顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまう可能性があります。 使い方には、十分に気を付けましょう。 「ご足労」を使った英語表現 日本語では、お礼を伝える時に「すみません」などの謝る表現を使いますが、英語では、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for coming today. 本日は、ご足労いただきまして、ありがとうございます。 少しカジュアルな言い方ですが、Thank youでも十分気持ちが伝わります。• Thank you for coming all the way today. 本日は、遠方からわざわざご足労いただきまして、ありがとうございます。 近隣ではなく、わざわざ遠方から来てくれたことへのねぎらいを表現したい場合、「all the way」という副詞表現を使います。• I appreciate your visiting today. 本日は、ご足労いただきまして、感謝申し上げます。 動詞「thank」を「appreciate」に換えると、フォーマルな表現になります。• I deeply appreciate for taking the trouble to visit us today. 本日は、わざわざご足労いただきまして、心から感謝申し上げます。 「sincerely」や「deeply」などを使うとより感謝の気持ちを伝えることができます。 まとめ 今回は「ご足労」について、意味や使い方をご紹介いたしました。 いかがでしたでしょうか。 「ご足労おかけしますが」のようなクッション言葉は、知っておくと得をする、あなたのビジネスマンとしてのレベルを上げてくれる言葉ですので、色々な種類を覚えて積極的に使いましょう。

次の

「ご足労いただきありがとうございました」意味・敬語・目上への使い方

ご足労いただきありがとうございました

「ご足労いただき」とは? 「ご足労いただき」とはわざわざ来てもらうことへのお礼 「ご足労いただき」とは、わざわざ来ていただいたことを意味します。 こちらから出向いたときではなく、相手に自分がいるところまで来てもらったときに使用するのです。 また、こちらから場所を指定して赴いてもらう時にも使用します。 わざわざ来てもらうことに対して「ありがとう」というお礼・感謝の気持ちを伝えているのです。 「ご足労いただき」という言葉はシチュエーションや相手に合わせて文章に組み合わせてください。 「ご足労いただき」の類語の敬語は「お越しいただき」「お呼びたて」など 「ご足労いただき」のほかにもわざわざ来てもらったときに「ありがとうございました」という気持ちを使える類語があります。 「足を運んでいただき」や「お越しいただき」「お呼び立てして」は来てくれたことに対するお礼の気持ちを意味する言葉です。 また、「お手数おかけします」も相手に手間をかけさせたという表現なので使用できます。 そのほかにも会社に来てもらったときは「ご来社」にお礼の言葉を付けることで、「ご足労いただき」と同じような表現ができます。 遠くから来てもらった場合は「遠路遥々お越しくださいまして」などがおすすめです。 ご足労の類語• ・「お越しいただき」• ・「お呼び立てして」• ・「お手数おかけします」• ・「ご来社」• ・「遠路遥々」 「ご足労いただき」の使い方は? 「ご足労頂き」の使い方|目上の人に対して使う 「ご足労頂き」の使い方に悩む方もいると思いますが、敬語なので目上の人に対して使うことができます。 自分の上司に使うことはありませんが、取引先の目上の人には使用します。 かしこまった印象を与えるので、親しい相手にはあまり使用しません。 「ご足労頂き」の使い方|ビジネスシーンや接客で使える言葉 「ご足労頂き」の使い方のポイントは、ビジネスシーンや接客で使えるよいうことです。 目上の人に使える言葉なので、取引先やお客様に対して「ご足労頂き」を使用しても失礼にはなりません。 また、お客様を相手にするシチュエーションでは「お客様各位」という言葉を使用することがあります。 」です。 例文1つ目はご足労いただいた当日、その場で伝える文章でした。 2つ目の例文は「ありがとうございました。 」と過去形になっています。 そのため、「先日はご足労いただきありがとうございました。 」という文章が後日、電話やメールでお礼を伝えるときに使用します。 」です。 「申し訳ありません。 」という言葉を組み合わせることで謝罪の意味が強くなります。 相手に対して失礼なことをしてしまった場合はこちらが謝罪に向かうことの方が多いでしょう。 しかし、さまざまな都合により足を運んでもらうこともあります。 そのようなシチュエーションでは特に、真摯な姿勢を見せなければなりません。 「恐縮」とは相手に手間や迷惑をかけたことや、厚意を受けたことに対する申し訳ないという気持ちを意味します。 「ご足労いただき」に「恐縮です」を付け加えることで、「申し訳ありません」という気持ちが強いことを意味します。 「恐縮」についてもっと詳しく知りたい方には下の関連記事がおすすめです。 意味や使い方のほかに、ビジネスメールの例文もご紹介しています。 」です。 この例文は、後日足を運んでも会うという意味ななので、スケジュールが決まった時点で伝えます。 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします。 」と伝えることで、来てもらうことに対しての感謝の気持ちが伝わります。 さらに、予定の確認もできるのです。 」です。 「足元が悪い中」というのは天気が悪い日に使用します。 そのため、雨が降っている日にわざわざ来てくれた相手に対して伝える言葉なのです。 」です。 「ご足労」に「いただきたく存じます」を付け加えることで、来ていただきたいという医師・気持ちを伝えることができます。 「させていただく」は謙譲語なので、丁寧な言い回しになります。 しかし、少々回りくどい印象を与えることもあるので、多用せずにここぞという場所で使用しましょう。 下の関連記事では「拝見させていただく」という言葉について詳しくご紹介しています。 意味や類語を参考にしながら正しい文章で伝えてください。 この文は「わざわざ来ていただくのは申し訳ないので、こちらから出向きます」という意味で使用します。 こちらから伺いますと伝えることで、その後の予定や受付での対応をお願いすることになります。 」です。 この文は良くない例としてご紹介します。 わざわざ足を運んでいただくことを前提としているので、少々違和感があると思います。 相手に手間をかけさせることになるので、断定するのではなく「お越しいただけますか?」という質問の形をとることをおすすめします。 」です。 この文も9個目の例文と同じように相手に対して失礼に当たります。 こちらまで来てほしいという意味は伝わりますが、「ご足労」という言葉は適していないのです。 来てもらうという意味の言葉には「お越しください」があります。 では、「お越しください」は敬語として正しいのでしょうか?類語の表現や相手に問い合わせたいときの使い方は下の関連記事でチェックできます。 参考にしながら、取引先と連絡をとってください。 「ご足労いただき」をマスターしよう 「ご足労頂き」という言葉の使い方を何となくでしか理解していなかったという方も多いのではないでしょうか?多少間違った使い方をしていても意味は伝わりますが、ビジネスパートナーや目上の人に対して言葉を伝えるときには注意が必要です。 「ご足労いただき」という言葉に不安があるときは類語を使用しても良いでしょう。 「ご足労いただき、ありがとうございました」や「ご足労おかけしますが」など、シチュエーションに合わせて言葉を組み合わせていくのもポイントです。 「ご足労」は会う前・当日・後日にもあいさつで使用できる言葉です。 目上の人やビジネスパートナーとの関係は仕事において重要なポイントなので、「ご足労頂き」もマスターしておきましょう。 何度も同じ言葉を使うとしつこい印象になってしまうので、類語を上手に使いながらコミュニケーションをとってください。

次の

「暑い中」の挨拶|#話術.com

ご足労いただきありがとうございました

「こちらこそ」の意味と漢字 「こちらこそ」の意味は「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきこと」 「こちら」は「話し手自身、または話し手の側」を意味しています。 「こちら」は代名詞です。 「こそ」は「一つの事柄を特に強調して示すこと」を意味しています。 「こそ」は、他の強調を表す「ぞ」「なむ」という言葉よりも、度合いが強い係助詞です。 「こちらこそ」は普通の言葉に言い換えると「こっちこそ」になります。 「こちらこそ」には 「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきことだ」という謙遜したニュアンスが含まれます。 「こちらこそ」の漢字は「此方こそ」 「こちらこそ」は 「此方こそ」と書くことができます。 「此」は音読みだと「シ」、訓読みだと「これ」「この」「ここ」「かく」と読みます。 「方」は音読みだと「ホウ」、訓読みだと「かた」と読みます。 「此方」は「こちら」だけでなく、「こなた」「こち」「こっち」「こんた」と読むこともできます。 ただ「此方こそ」と漢字で表記することは少ないので、 「こちらこそ」とひらがなで表記するのが無難です。 「こちらこそ」の使い方 「こちらこそ」は相手からお詫びや感謝されたときに自分も同じことを伝える場合に使う 「こちらこそ」は、相手からお詫びや感謝をされたときに、自分も相手に同じことを伝えようとする場合に使います。 「こちらこそ」という言葉を付けることにより、相手よりも自分の気持ちの方が大きいことを表現できます。 例えば、相手に「この度はご協力いただきありがとうございました」と感謝されたときに、「こちらこそ、お忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございます」などと使うことができます。 そのため、「こちらこそ」に続く言葉でしっかりと敬意を払うように気をつけましょう。 「こちらこそ」だけで返すのは失礼にあたります。 「こちらこそお会いできて光栄です」 「こちらこそすぐに気付かずに申し訳ございませんでした」 などと使うようにしましょう。 ビジネスメールや就活でも使える「こちらこそ」の例文 感謝・お礼をするときは「こちらこそありがとうございます」など 「こちらこそ、ありがとうございます」は、相手から感謝を受けた場合に使います。 相手の感謝を受け入れ、自分も感謝していることを伝える場合に用います。 「こちらこそありがとうございます」は、相手に何か感謝されたときに、私も感謝していますよということを伝えるために使います。 例えば、上司に「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」と言われた場合は、「こちらこそ、ありがとうございました」と言うことができます。 単に「ありがとうございます」と言うよりも「こちらこそ、ありがとうございます」と言った方が、丁寧な印象を与えられます。 主な言い回し ・こちらこそありがとうございます ・こちらこそ感謝しております ・こちらこそ感謝申し上げます ・こちらこそお心遣いに感謝しております ・こちらこそお心遣いいただきありがとうございます 例文 ・(相手)「本日は貴重なご意見をいただき勉強になりました。 大変感謝しております」 (自分)「いいえ、とんでもございません。 こちらこそ、お忙しい中、弊社までご足労いただきありがとうございます」 ・(相手)「今回のプロジェクト実行に関してご助力いただいたことに、心より感謝申し上げます」 (自分)「こちらこそ、今回のプロジェクトに携わったことで、貴重な経験をすることができました。 誠にありがとうございました」 謝罪・お詫びをするときは「こちらこそ申し訳ございません」など 「こちらこそ、申し訳ございません」は、相手から謝罪を受けた場合に使います。 「こちらこそ、ごめんなさい」といったように「こちらこそ」を付けて謝る場合は、たとえ自分が謝る必要がなくても使える表現です。 例えば、相手の荷物が自分にあたってしまい、相手から「ごめんなさい」と言われたときに自分が悪いことをしていなくても「こちらこそ、ごめんなさい」と言ってしまうことがありますよね。 「こちらこそ」は基本的に「相手の意見と同じ」際に使う表現ですが、どちらも悪い場合だけではなく、どちらかが悪くない場合であっても、相手が謝ったことに対して「こちらこそ、申し訳ない」と言うことができます。 主な言い回し ・こちらこそ申し訳ありませんでした ・こちらこそ申し訳ございませんでした ・こちらこそ失礼いたしました ・こちらこそすみませんでした ・こちらこそごめんなさい ・こちらこそ面目次第もございません ・こちらこそ失礼をお許しください 例文 ・(相手)「新しい資料をお持ちしました、確認不足で不備に気付かずに大変申し訳ございません」 (自分)「こちらこそ、すぐに気付かずに申し訳ございません」 ・(相手)「この度は私の不注意によってご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」 (自分)「いえいえ、とんでもございません。 こちらこそ、ご多忙中にも関わらず、ご無理をお願いしてしまい申し訳ありませんでした」 挨拶で使われる「こちらこそよろしくお願いします」 「こちらこそ、よろしくお願いします」は、相手の挨拶に対しての返しとして使われます。 相手に「明日はよろしくお願いします」と言われた場合に、「こちらこそよろしくお願いします」と返すことができます。 例えば、ビジネスメールにおいて相手から「よろしくお願いします」ときた場合は、自分の思いや感謝を書いた後に「こちらこそよろしくお願いします」と記載することによって、相手に自分の気持ちが強いことが伝わります。 また「よろしくお願いします」と言われたときに、「こちらこそです」と返すのは明らかにおかしいので使用しないように注意しましょう。 主な言い回し ・こちらこそよろしくお願いします ・こちらこそよろしくお願いいたします ・こちらこそよろしくお願い申し上げます ・こちらこそいつもお世話になっております ・こちらこそはじめまして ・こちらこそお会いできて光栄です ・こちらこそお会いできて嬉しいです ・こちらこそ本年もよろしくお願いします ・こちらこそご挨拶が遅れまして 例文 ・(相手)「明日のイベントの手伝い引き受けてくれてありがとう。 明日は忙しくなるけどよろしくね」 (自分)「いいえ、イベントに携わることができて光栄に思います。 こちらこそよろしくお願いします」 ・(相手)「明日の午後2時に御社に伺います。 急遽決まったことですが、よろしくお願いいたします」 (自分)「お忙しい中お時間いただきありがとうございます。 こちらこそよろしくお願いいたします」 「こちらこそ」の使用上の注意点 - より丁寧に表現するには? 「こちらこそ」以降の文章は省略せずに使う 「こちらこそ〜」という表現は一般的によく使われますが、人によっては失礼だと思う人がいます。 例えば「こちらこそありがとうございます」と伝えたい場合は、先に相手が感謝を述べた上に、自分がそれにのっかる形になるので、感謝の内容を省略して表現していることになります。 お礼やお詫びをされた場合は一度否定してから「こちらこそ」を使う 相手は本来、謝る必要も感謝する必要もないけれど、一種の社交辞令としてお礼や謝罪を述べている場合があります。 それを自分が相手のお詫びや感謝だと当然のことのように受け取ってしまうと、相手に不快感を与えてしまいます。 ですので「こちらこそ」と言う前に、 「とんでもないです」「とんでもございません」を付けます。 「とんでもないです」は謙遜を表すときに使う表現です。 例えば「いいえ、とんでもないです。 こちらこそ誠にありがとうございます」といったように、相手のお詫びや感謝を一度、否定しておいてから、「こちらこそ」と続けることで、丁寧な表現になります。 例えば「むしろ」は、「この時計は女性をターゲットに作られたが、実際は、むしろ男性に人気があるようだ」といったように使います。 ・(相手)「今日はありがとうございました」 (自分)「いえいえ、とんでもないです。 例えば、相手に「ありがとうございます」とお礼を言われた場合に、「お礼をするべきなのは私の方です」と返すことができます。 こう返すことによって相手に、自分の方が感謝する気持ちが大きいということを伝えることができます。 ・(相手)「この間はご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした」 (自分)「いいえ、とんでもないです。 お忙しい中ご無理をお願いしてご迷惑をおかけしたのは、私です。 本当に申し訳ございませんでした」 ・(相手)「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」 (自分)「いえいえ、間近で課長の仕事を拝見できて、私にとってとてもいい勉強になりました。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の