エクセル パーセント 計算。 【Excel】前月比・前日比・前週比を計算する方法

Excel(エクセル)での前年比や伸び率の計算式|前月比や前期比の求め方

エクセル パーセント 計算

前年比・伸び率の求め方 では、実際にエクセルで前年比と、その伸び率を求めてみます。 では、計算式を入れましょう。 「前年比」からいきます。 「F3」をクリックして、計算式のスタートである 「=」を自分で入力します。 まず最初に、 「今年度実績」の場所をクリックします。 今回の場合は、「今年度売上」の「E3」になります。 その場所を割り算してあげます。 どこで割ればよいのかというと、「前年度実績」で割り算してあげます。 今回の場合は、「前年度売上」という項目名になっていますね。 「D3」をクリック。 そのまま 「Enter」キーを押すと計算結果が表示されます。 「あれ?パーセントで出ない」と思った方。 計算結果は全体を「100」ではなく、「1」として表示されます。 かといって、100倍する必要もありません。 後で簡単に 見た目を%表示に変更することができます。 とりあえず、オートフィル機能を使用して 計算式を下にコピーします。 結果が表示されます。 では、%表示になおしましょう。 小数点まで表示したい方は、ちょっと右にある「0」が3つあるボタンを押してみましょう。 きれいにパーセント表示になりました。 「猫缶A」を見ると、前年に比べ今年の方が売上げが上がっています。 何となく128%という数値は合っていそうですね。 このように、毎回数か所、自分の目で数字が正しいか確認すると万が一のミスを防げますよ。 では、次に 伸び率を出しましょう。 操作の方法は同じなので、ちょっとスピードを早めます。 括弧は「Shift」キーを押しながら、数字の「8」「9」の場所にありますね。 「Enter」で確定すると結果が表示されます。 今回は、先に パーセントスタイルにしてからオートフィル機能を使用してコピーしてみましょう。 パーセント表示になったまま計算式がコピーされます。 伸び率が表示されました。 「猫缶A」と「かりかりA」が絶好調みたいですね。 「前年比」と「伸び率」の結果を並べてみると、二つの関係がよくわかりますね。 まとめ 前年比と伸び率の求め方でした。 もちろん、前月比や前日比など名称や内容が変わる場合は臨機応変に対応する必要があります。 しっかり表の内容を確認して、 計算する場所を間違えないようにしたいですね。 また、このような計算が苦手な方は、 計算結果をしっかり後から見直すことをおすすめします。 売上げが低いのに数値が高いような場合は、計算場所を逆にしている場合があるかもしれませんよ。

次の

パーセンテージを掛ける

エクセル パーセント 計算

= (分子となるセルの位置) / (分母となるセルの位置) 小学校で習った割り算なので、わからない人はいないと思います^^ 割り算(割合)の計算方法 下のエクセルを例に、購入率を割り算で求めてみます。 購入率(割り算の結果)を求めるD3のセルに、次の割り算の式を入力します。 2』が計算されました。 パーセントの表示方法 割り算の結果が『0. 2』となったので、この結果に対してパーセントで表示されるようにします。 慣れてきたらショートカットキーの方が断然早くて便利なので、こちらをおすすめします^^ パーセント表示で小数点以下の桁数を指定する方法 ここまでは0. 2のように 割り切れる計算結果だったので小数点は気にしなくてよかったです。 でも、普通は 割り切れないことが多いので、 小数点以下の桁数を指定する方法を紹介します。 次のエクセルでは割り算した結果が割り切れていないので、パーセントで小数点以下1桁までを表示させたいと思います。 まずは『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)を押して、『セルの書式設定』ダイアログを表示。 ちなみに、小数点第一位を表示させるような指定なので、第二位は四捨五入されます。 まとめ.

次の

【Excel】パーセント(割合)を表示する

エクセル パーセント 計算

消費税が10%になったことにともなって 「10パーセント」を足すまたは引くといった計算が増えることが予想されます。 ということはExcelで計算することも増えてくるでしょう。 ところで、日本に消費税という制度が導入されたのは平成元年(1989年)のことですから、すでに30年が経過しています。 パーセントを足すまたはパーセントを引くという計算は日常生活に定着したものと思われます。 しかし、いまだに「パーセント 関数」「パーセント エクセル」というキーワードで検索するのは、さすがに勉強不足といわざるをえません。 そこで、今回は、Excelで10パーセントの計算をするだけの解説をしたいと思います。 0.はじめに 10パーセント以外の計算、消費税関連については、こちらの記事をご覧ください。 1.10%の計算 (1)10%の計算をする3通りの方法 問題 セルA1に「20000」と入力した。 解説 10%は元の数の10分の1にする計算です。 暗算するには右にずらせばいいだけです。 Excelで10%を計算するにはおもに、次の3つの計算方法があります。 1」と入力します。 3つとも同じ答えになります。 当たり前ですが・・・ これらの計算方法にはメリットとデメリットがありますから、3つとも使えるようにしなければなりません。 しかし、軽減税率で8%だったらどうするのかという問題があり、応用できないというデメリットがあります。 パーセントの計算は掛け算をするのが一般的です。 これについては次の3点を絶対暗記しなければなりません。 10%とは、 10%を掛けることである• %という記号は、 100で割ることと同じ(%という記号は1と0と0を組み合わせたものと覚える)• A2を8%に変えると、答えも8%(1600)になります。 2.10パーセント増、10パーセント引き 問題 セルA1に「20000」と入力した。 10%加算しなさい。 また、10%引きを計算しなさい。 解説 10%増は元の数の10分の1を加算する計算です。 つまり110%です。 Excelで10%増を計算するにはおもに、次の2つの計算方法があります。 10%増は、110%を計算するのと同じなので関数は不要です。 1」と入力します。 10%引きは元の数から10分の1を減算する計算です。 つまり90%です。 Excelで10%引きを計算するにはおもに、次の2つの計算方法があります。 10%引きは、90%を計算するのと同じなので関数は不要です。 9」と入力します。 割増、割引は次の計算方法となります。 これも絶対暗記です。 100%=1を基準として、パーセントを足せば割増、パーセントを引けば割引です。 4.10パーセント増、10パーセント引きにする前の値段 問題 (1)すでに10%増した金額をセルA1に入力した。 10%増にする前の値段を求めなさい。 (2)すでに10%引きをした金額をセルB1に入力した。 10%引きにする前の値段を求めなさい。 解説 10%増は110%のことですが、110%にする前の金額を求めるには掛け算の反対なので割り算をすればよいです。 1」と入力してもかまいません。 10%増にする前の値段は9000円です。 10%引きは90%のことですが、90%にする前の金額を求めるには掛け算の反対なので割り算をすればよいです。 9」と入力してもかまいません。 10%引きにする前の値段は11000円です。 10%引きの割引価格を求めなさい。 解説 元の販売価格の10%を減らす計算ですから、残りの90%が割引価格になります。 10分の1を減らして10分の9の部分を求める計算です。 (2)110%を100%にする 問題 消費税10%の税込金額をセルB1に入力した。 税抜金額を求めなさい。 解説 税込価格というのは既に10%の消費税が加算されて110%を計算した価格です。 そのうちの10%を無くす計算です。 つまり、11分の1を減らして11分の10の部分を求める計算です。 これは110%でわります。 (3)100%と110%の違い さて、この2つの問題の違いは何でしょうか?10%を減らす計算をするとき、元の価格が100%か110%かによって計算方法も異なり、計算結果も異なります。 10%割引の「10%」は販売価格をもとに計算されます(税込かどうかは無関係)。 販売価格を100%としてそのうちの10%を減らす計算となります(掛け算)。 これに対して、税込価格に含まれる10%の消費税は、求めようとしている税抜価格をもとに計算されたものであり、加算した結果が税込価格になるのです。 6.10パーセント増やした後に10パーセントを減らす 問題 税抜金額をセルB1に入力した。 消費税10%を加算した金額で販売し、レジでその10%を割引した金額を求めなさい。 解説 上記のことが分かっていれば、この問題も2つの答えが考えられることが分かると思います。 まず、税込み価格を求めます。 通常はこれが正しいです。 1倍x0. 9倍=0. 99倍つまり99%になるので、元の金額より1%分だけ減ります。 しかし、消費税分だけ引くという意味であれば、消費税を加算する前の金額を求めるということですから、割り算になります。 掛け算の後に割り算をしているので元の金額と同じになるのは当たり前のことです。 7.値引きの計算 問題 税抜価格10000円に10%の消費税を加算して、販売価格を11000円とした。 この販売価格を10000円未満(4桁)にするためには、税抜価格をいくらにすればよいか。 また、いくら値引きをすればよいか。 解説 販売価格が10000円の場合、その税抜価格は110%で割れば求められます。 9090. 909・・・となります。 10000円未満にするためには、元の値段もそれより少なくしなければならないのですから、9090円と設定すればよいです。 値引き金額は10000-9090で910円となります。 8.小数点以下切り捨てとパーセントの計算 (1)INT関数と小数の誤差 問題 税抜価格1234円の商品を12個購入するとき、税込価格の合計を求めなさい。 ただし、税込価格の1円未満は切り捨てとする。 解説 消費税が10%のとき、元の価格が10の倍数でないときに端数(1円未満の小数の金額)が発生します。 消費税を計算するときに、パーセントを増やすまたは減らす計算をするのと、小数点以下の切り捨てをする計算は別々に考えなければなりません。 パーセントの計算に関数は不要ですが、小数点以下を切り捨てるのは関数が必要です。 1234円の税込価格を求めます。 小数になりますが、このまま放置してはいけません。 必ず「INT 」で囲んで小数点以下を切り捨てます。 1357円となります。 これを12倍すれば税込価格の合計となります。 16284円となります。 これは商品1個1個に税込の値札(1234円+税)がついていて、これを12個買った時の値段です。 次に、税抜価格を12倍したとします。 14808円です。 税込価格にします。 小数になりますが、このまま放置してはいけません。 必ず「INT 」で囲んで小数点以下を切り捨てます。 16288円となります。 このように計算方法によって税込価格が異なります。 商品ごとに消費税を計算するのか、伝票合計に対して消費税を計算するのかは事業者が自由に決められますが、企業内で統一しなければなりません。 各企業で規則を定めて全社員に徹底しなければなりません。 (2)消費税額だけを求める 問題 税込金額が1357円のとき、税抜金額と消費税額を求めなさい。 解説 税込金額が分かっている場合に、税抜金額は110%で割ればよく、その10%が消費税額です。 また、消費税額はちょうど10%になるとは限りません。 1357円を110%でわります。 小数になります。 これは切り上げをします(参考:)。 1234円となります。 これは切り捨てです。 1234+123=1357となり、計算が合います。 waenavi.

次の