履歴 書 テンプレート a4。 職務経歴書・履歴書ダウンロード(すぐ使える手書き・パソコン用テンプレート・サンプル)|職務経歴書の書き方マニュアル完全版【マイナビ転職】

【履歴書】用紙・サイズ ~履歴書はA4かB5か?~ |転職ならdoda(デューダ)

履歴 書 テンプレート a4

基本項目の書き方|日付・氏名・住所など 日付 履歴書に使う日付の年号は、西暦(例:2019年)でも和暦(例:令和)でもOKです。 学歴欄など履歴書内の他の項目の年号と表記を統一しましょう。 また、「令和」を「R」とするなど元号を略さず、正式に漢字で記入します。 また、右上の日付は、持参の場合は面接当日、郵送なら投函日、メールなら送付日を記入します。 氏名・ふりがな 氏名は、姓と名の間にスペースを空けます。 「ふりがな」とある場合はひらがなで、「フリガナ」とある場合にはカタカナで記入します。 印鑑 印鑑欄がある場合、曲がらないように確認し、かすれやにじみ、欠けが無いよう、しっかりと押印します。 欄が無い場合は、応募先から要望がない限り、押印不要です。 基本的には朱肉タイプの認印を使い、シャチハタ、実印は使いません。 通勤時間欄 ドアtoドアの最短時間を5分単位で記入します。 営業所などが複数ある場合は、カッコ書きで「〇〇支店勤務の場合」などと付記します。 1時間を超える場合は「例、1時間10分」、また1時間以内の場合は「例、0時間50分」のように記入します。 引っ越す予定があり、引っ越し先がわかっている場合は、引っ越し先からの時間を書きます。 扶養家族欄 扶養している家族の有無と、人数を記入します。 扶養家族の定義は税法上と健康保険上で異なりますが、履歴書では健康保険上の扶養家族を記載しましょう。 いない場合は0人と書きます。 健康状態欄 業務をするうえで影響がなければ「良好」と記入します。 業務に支障はないけれど、治療中で通勤日に通院する可能性がある場合は「業務に支障はありませんが、〇〇のため月に1回定期検診が必要です」などと書きます。 病歴などを詳細に記入する必要はありません。

次の

【経験別に選べる】履歴書テンプレート(エクセル、ワード、PDFで無料ダウンロード)│#タウンワークマガジン

履歴 書 テンプレート a4

職務経歴書・履歴書のフォーマットや職種別の見本(サンプル)・テンプレートがダウンロードできます。 テンプレートを活用して、あなたの強みをアピールできる職務経歴書・履歴書を完成させてください。 職務経歴書のテンプレート・フォーマットには「編年体形式」「逆編年体形式」と「キャリア形式」の2つがあります。 ご自身の経歴に適した形式で記載しましょう。 職種カテゴリー一覧• 職務経歴書は、履歴書と共に転職活動において重要な書類です。 書き方の基本とポイントをしっかり押さえて、書類選考を突破できる職務経歴書を作成しましょう! 履歴書フォーマット・テンプレート ダウンロード/手書き(PDF)・パソコン(Word、Excel)両対応 履歴書のフォーマット・テンプレートがダウンロードできます。 無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。 手書き用(PDF)、パソコン用(Word、Excel)それぞれありますので、自分に合った履歴書フォーマットをダウンロード&印刷してください。 履歴書の完成度によって、採用担当者の印象は変わります。 基本をしっかり押さえて履歴書を作成し、面接に進みましょう!• 履歴書は手書き? パソコン? どっちがいい? 履歴書を書く際、手書きにするか、パソコンで作成するかで悩む方もいるのではないでしょうか? 現在、パソコンで書類を作成することが一般的になっているため、「履歴書もパソコンで作成したい」と思う方も多いかもしれません。 応募企業からの指定がない場合は、どちらで作成しても構いません。 大切なのは、手書き・パソコンを問わず、その履歴書が「見やすいかどうか」です。 履歴書でいくら自分自身をプレゼンテーションしても、字が汚かったり、レイアウトが乱れていると、採用担当者が読みづらく、マイナス評価を受けてしまいかねません。 ただし、手書きの履歴書を好む採用担当者もいます。 履歴書に書かれた文字から、人柄をイメージできるというのがその理由です。 WordやExcelなど、パソコンで履歴書を作る時に使えるワザ 履歴書をWordやExcelなどパソコンで作成する際、きれいなレイアウトに見せる便利なワザを紹介します。 ・フォント(書体)や文字の大きさを揃える 履歴書の中で、フォントや文字の大きさが統一されていると読みやすくなります。 ただし、自己PR欄や志望動機欄で小見出しがある場合は、小見出しだけフォントを変える、文字を大きくするなどの工夫をすると、メリハリが付いて良いでしょう。 フォントを変更したいセルまたは行を選択• 「ホーム」タブをクリック• フォントの種類と大きさをプルダウンで変更できます なお、ビジネス文書で使うフォントは、「MS 明朝」「MS ゴシック」などが一般的と言われています。 ・左寄せを行い、文頭を揃える 文頭を揃えることでも、統一感が生まれ、読みやすくなります。 左寄せを行いたいセルまたは行を選択• 「ホーム」タブをクリック• 「挿入」タブをクリック• 「図形」をクリック• 楕円のマークを選択• 描いた円をクリックして「描画ツール(書式タブ)」を開く• 「図形の塗りつぶし」をクリックし「塗りつぶしなし」を選択• 「図形の枠線」をクリックし「色」を選択(文字の色と同じにする)• ほかのバージョンのソフトやレイアウトによっては、操作方法が異なる場合がありますので、ご了承ください• JIS規格の履歴書とは? JISとは、日本の工業製品にかかわる規格や測定法などが定められた国家規格のことで、「Japanese Industrial Standards」の略称です。 つまり、「JIS規格の履歴書」とは、国が定めたフォーマットの履歴書と言うことができます。 職務経歴や資格、自己PR、志望動機、特技・趣味など、バランスよく記載項目があります。 求人情報の応募方法などに「JIS規格の履歴書提出」などと記載がある場合は、このJIS規格の履歴書を選ぶと良いでしょう。 記載がない場合は、必ずしもJIS規格の履歴書を使用する必要はありません。 ただし、オリジナルの履歴書を作成・提出する場合、「書きたくない項目を削除しているのでは?」と考える採用担当者もいるので注意が必要です。 履歴書を書く前に、こちらもチェック• あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

履歴書テンプレート/フォーマットの無料ダウンロード(Excel/Word)

履歴 書 テンプレート a4

応募側の考え• 受ける会社の分、作成する必要があって 手間がかかる(面倒)• 手間を減らしたいが、1つ1つ真剣に作る必要がある• 志望度が高い企業にはちゃんとアピールしたい 採用側は実は履歴書をそこまで重視していません。 なんとなく経歴・写真・自由記述欄は見ますが、 細かいことは職務経歴書で見ます。 確かに履歴書で変なところがあると気になります。 たとえば、志望動機が明らかにコピペであったり、写真がスマホかなにかで取ったものだったり、離職期間が異常に長かったりする場合には注目します。 ただ、 若手であっても学歴・職歴、志望動機、写真だけで判断するのは難しいですし、経験があるならなおさら履歴書だけではよくわかりません。 もちろん、写真を見てなんとなく好青年だなという印象を受けたり、手書きの場合には字がきれいだなと思うことはあります。 ただ、そこまでプラスになることはありません。 ポイント つまり、応募者から見たポイントは3つあります。 できるだけ 減点されないようにする• できるだけ 手間をかけない• アピールできる要素は残しておく 履歴書での加点は難しいので、 減点を避けるようにすることと、手間をかけすぎないということです。 上のフォーマットはこれを踏まえて、お勧めしています。 そこについても見ていきます。 おすすめのフォーマット(JIS規格準拠)がいい理由 最初にご紹介したおすすめフォーマットはJIS規格に準じて作成したものを紹介しています。 JIS規格とは JISとは、 Japanese Industrial Standardsの略で日本工業規格を意味します。 国家標準の1つで、品質の改善や安全性の向上を目指して作られている規格です。 要は、勝手に民間各社や個人が作成するよりも標準を定めたほうが都合がいいので作られています。 なぜいいのか? なぜJIS規格のものがいいかというと、シンプルに上の2つの要素を満たすことが簡単だからです。 まず、減点されにくくするためには、 書く項目や量が少ないことが重要です。 履歴書はフォーマットによっては、特技・趣味・自己PRなどが欄に分かれているものがあります。 このように多岐に渡る項目に触れるには、1つ1つ書き方に注意する必要がありますし、単純に時間もかかります。 逆に志望動機欄など自由記述欄がほとんどないものもありますが、これはこれで 違和感が残ります。 楽をするためにわざと消しているのではないかと思われるのもあまりよくないですよね。 JIS規格のものでは、1つだけ自由記述欄があるので、そこで アピールもできますし、 たくさんの項目を書く手間もリスクもないので、都合がいいわけです。 余裕がある人はフルバージョンも 上で紹介したフルバージョンの方では、趣味・特技・自己PRといった欄も設けています。 もちろん、履歴書はしっかり書いておくに越したことはありません。 ただ、転職では 履歴書以外にも職務経歴書、面接対策、求人検索などやれることはたくさんあります。 そちらを優先したほうがいというのが個人的な意見です。 ただ、すべて完璧にしたい、普通のアプローチでは書類に通りそうにないというときはこうしたアプローチもいいでしょう。 他人にチェックしてもらう ここまで見てきたように、履歴書では いかにミスをせずに、手間もかからず、多少アピールができるかという点が重要です。 最も早いのが他の人に見てもらう方法です。 履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。 さらに、 書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。 ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと 後から修正するのは困難で、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。 プロのサポートを受けましょう 自分で対策するのは構いませんが、 自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。 自分では気づかない点に関するアドバイスをもらえます。 たとえば、書類のアドバイス以外にも、このようなメリットがあります。 転職市場の状況• あなたの市場価値• あなたが受かりそうな仕事• あなたが興味のある仕事の内部事情• 面接に対するアドバイス 非常に有効な情報とアドバイスがたくさんもらえます。 自力で転職サイトでも求人は探せますが、転職のアドバイスをくれる人はいません。 書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。 転職エージェントの場合には、 落ちた理由に関してもわかります。 いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。 僕も3回転職をしていますが、 転職のときには必ず転職エージェントに登録します。 おすすめの転職エージェント 選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、ぜひ相談しましょう。 書類も面接もしっかり対策できれば、成功には大きく近づきます。 選考書類に強い転職エージェント• やはり大手の転職エージェントが安心です。 あわせて活用したいサービス 自分のペースで探したいという人は転職サイトのを活用しましょう。 転職する人のほとんどが使う転職サイトで、登録しておくだけでスカウトももらえます。 また、というサービスは 登録するだけで市場価値がわかり、起業からスカウトを受けることもできます。 転職は頻繁にするものでもないので、あらゆる選択肢について検討しましょう。 よくある疑問 志望動機なしはありですか? 志望動機について触れるメリットは明確にあります。 あなたが、若手であったり、その業務の経験が少なかったりすると経験でのアピールが難しいからです。 未経験職種への転職の場合などは他の部分での判断が難しいので、書いておきたいです。 経験が豊富な場合にはさほど問題がないかもしれませんが、昔ながらの会社ほど形式的なことを気にするので注意しましょう。 写真なしでも大丈夫ですか? 写真は絶対にあった方がいいです。 履歴書においても非常に重要なポイントなので、必ず準備するようにしましょう。 自作するのはありか? どうしてもこだわりがあるという人は自分で作ってみるのもありです。 また、テンプレートはたくさんありますので、そうしたものから選ぶ方法もあります。 一番、重要なのはあなたのアピールポイントが書けて、ネガティブなものを書かないで済むものです。 ただ、 必要事項がなかったり、奇抜すぎるものは避けましょう。 履歴書の書き方は? 履歴書の書き方については別記事でも詳しく説明しています。 こちらもあわせてどうぞ。

次の