イレーヌ カーン ダン ヴェール 嬢。 BS朝日

イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

イレーヌ カーン ダン ヴェール 嬢

Lieutenant Nissim de Camondo was pilot and was killed in 1917 in Lorraine. Beatrice de Camondo married Leon Reinach. They had two children: Fanny in 1920 and Bertrand in 1923. Brace of Camondo died little of time before the second world war by bequeathing its private mansion close to the Monceau park and all its furniture, at the French State. In 1943, the four family members Reinach, only heirs to Camondo fortune, were off-set in Auschwitz and Birkenau Poland , by Drancy. Fanny died on December 31, 1943, Bertrand on April 15, 1944, Leon on May 12, 1944 and BAcatrice, on January 4, 1945. The ex-wife of Brace of Camondo, Irene become catholic and countess of Sampieri, escaped the Nazis. She recovered the fortune of Camondo by the Reinach heritage after the war, and wasted it. Separately the two children illegitimate of Isaac de Camondo, which one lost the traces, there remain nothing of this glorious stambouliote family. The Camondo family had believed found progress and prosperity, while emigrating in Western Europe, like so much of Othoman Jewish families, it found desolation, cruelty there and, finally the extinction. お嬢からメッセージで、•

次の

「絵画史上、最強の美少女」とは誰?イレーヌの波乱万丈な生涯が泣ける

イレーヌ カーン ダン ヴェール 嬢

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』について書かせていただきます。 光の演出が素晴らしい『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』 今回ご紹介する『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』は、フランスの印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが1880年に描いた作品です。 『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』 に描かれている少女は当時8歳で、ベルギー出身の「ルイ・カーン・ダンヴェール伯爵」の長女、イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢です。 ルノワールは、裕福な銀行家の注文を受けて、この作品を描きました。 『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』は、印象派のモネが描いたこともあり、光の演出が素晴らしい作品です。 少女にたっぷりの光を当てることで、少女の肌はさらに透明感が増しています。 さらに、少女の髪の毛は、光を乱反射させ、まるで画面から浮き上がっているようにも見えます。 この作品には、注文主であった銀行家も、十分満足したことでしょうね。 クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像》の複製画を販売しています。 部屋に飾ってみたい方はご覧いただけます。

次の

ビュールレ・コレクション

イレーヌ カーン ダン ヴェール 嬢

《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》は、「少女イレーヌ」とも呼ばれる、1880年にルノワールが作成した肖像画である。 現在はスイスはチューリッヒにある印象派芸術の美術館、ビュールレ・コレクションの中に所蔵されている。 背景 1880年当時、ルノワールの絵画は高値で取引されず、彼にとっては財政的に厳しい時期でもあった。 一方、8歳になる娘の肖像画の作成を依頼してきたカーンは裕福なパリのユダヤ系銀行家であった。 絵の中では、少女が座し、左を向いている。 よく手入れされた髪と、上等な衣服が、少女の無垢さをより際立たせているが、それはルノワールの技術の妙でもあると言えよう。 少女の流れるような赤毛と、背景の藪とが織りなす鮮やかな対比、その一方で正確に描写される少女の表情が、極めて巧緻な技術で表現されている。 シャルル・グレイユのアトリエで絵画を学ぶ前に陶器の絵入れ職人をしていた頃の経験で培われた精緻な技能が、いかんなく発揮されているのである。 モデルと来歴 イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢は、後にイタリア貴族サンピエリ候と言う裕福な銀行家一族の縁談を受け、その後妻として嫁いだ。 ビュールレコレクションの創始者エミール・ビュールレは、フランス当局の芸術品海外持ち出し許可を得たうえで、1949年にこの絵画をダンヴェール・サンピエリ女史本人から買い受けたという。 現代文化の文脈においては、ヌーヴェル・ヴァーギュの代表作『勝手にしやがれ』では、この絵画のレプリカが、ジーン・セバーグの演じる少女の部屋に飾られていたことから、フランス映画通にはおなじみの作品である。

次の